FC2ブログ

アマゾン決算から見えるセンチメントの悪化

2018/10/30 Tue

アマゾンが25日の引け後に18年7~9月期の決算を発表しました。

売上高は、前年同期比で+29%、営業利益は、同10倍の
好決算でした。

ところが、直後のプレマーケットで大きく売られ、翌日8%の急落
となりました。

さらに週明けの月曜日には、6%の下落となっています。

この理由について、「売上高が市場予想に届かなかったから」
と報道されています。

売上高は、565億ドルで、市場予想は、571億ドルでした。
わずかに届かなかったこれが急落の理由とは思えません。

ちなみに営業利益は、37憶ドルで、市場予想は、21憶ドルでした。
サプライズのような利益です。

私は、このアマゾンの決算結果とマーケットの反応を見て、

センチメントが非常に悪化している

と感じました。

もちろん sell the fact ということもありますが、そもそも期待されて
上げていたわけでもなく、それだけでは無い急落だったと思います。

そもそも sell the fact が起きるということこそセンチメントの悪化
がもたらすものなんです。

実は、アマゾン株は、既に9月上旬に天井をうっていました。

2018-10-30_06h11_50.jpg

このセンチメントとは、何か、ですが、日本語では、場味地合い
と表現されるものです。

場味(ばあじ)とは、市場心理、市場のムード、市場の雰囲気、
といういう意味です。

今は、地合いは使われますが、場味というのは、古い人が使う
ものなのかもしれません。

場味がいい、とか、場味が悪い、とか表現しますが、マーケットの
雰囲気や触感を表現する言葉で、昭和の時代によく使われていた
表現です。

このセンチメントを読むということは、相場を読む上で、非常に重要な
ポイントであると私は考えています。

今回のアマゾンの決算ですが、もしセンチメントがよかった1年前に
この決算が出ていれば、アマゾン株は上昇していたんじゃないかと
思っています。
少なくとも急落は無いでしょう。

今回のアマゾンの決算に対する反応で、センチメントがとても悪化
している、と強く感じました。


では、何故このセンチメントが重要なのか、というと、そもそも

株価 = ファンダメンタル × センチメント

で決定されるからです。

この両者の掛け算となりますので、どちらかだけがよくても、
株価が上がることは難しいのです。

ところが、厄介なことに、株価とファンダメンタルは客観的な数値
でわかりますが、

センチメントは、重要ではあるものの、非常にわかりにくいものなんです。

このわかりにくいセンチメントが見えてくるのが、今回のアマゾンの
決算に見えた株価の動きからの逆算なんです。

先ほどの式で見たとおり、ファンダメンタルとセンチメントの掛け算が
株価なのですから、逆算すれば、センチメントが今どういう状態なのか
がわかる、ということになります。

グーグルも同日決算発表しましたが、アマゾンと同じような結果で、
センチメントの悪化を裏付けるものとなりました。



では、何故、アマゾン、グーグルに注目しているのか、ということですが、
そもそも、今の米マーケットを先導しているのがここらの株だからです。

既にフェイスブックやツイッターは、7月に急落に見舞われていたわけ
ですが、さらに頑張っていたアマゾンなども、急落を始めたわけです。

マーケットを先導していたFANG+銘柄の急落が何を意味するのか。
こういう動きを敏感に感じ取るべきだと思っています。

2018-10-30_06h42_28.jpg

FANG+指数は、既に6月に天井をうって、下降トレンドに入って
います。

2018-10-30_07h17_01.jpg

ついでに、NYダウとラッセル2000(米小型株指数)ですが、
ラッセルが9月に頭をうっていることがわかります。
リスクオフに敏感な小型株が先行していることがわかります。

VIXに注目する人も多いですが、VIXは、先導ではなく、結果ですから、
私は注目する必要は無いと思っています。

また、日本のマーケットは、結局、NYに追随するのですから、先行する
NYに注目すべきです。

225やトピックスのチャートをいくら分析しても、それは単なる結果
なので、先についてはわかりません。

さらに、そのNYに先行するFANG+などの先導株の動きに注目すること
によって、その先行するNY株の動きが読みやすくなる、ということです。

同じ分析をするのなら、先行するものを分析すべきだ


と私は考えています。

当然、今は、FANG+が先導していますが、これは、時代時代で
変化するものです。

今年の1月には、仮想通貨の急落が先導しましたが、時代によって、
先導するものは変化します。

その変化は、マーケットを観察していれば概ねわかります。

その時代に最も人気があって、投機熱に浮かれているものが先導
しているわけです。


そして、そのマーケットの何を読むか、という上で最も重要なのが

センチメント

ということなんです。


人気ブログランキングへ
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人


あらなみの相場技術研究所別館

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR