スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化対応力

2014/11/01 Sat

昨日はびっくりしましたね。
みなさんどうお過ごしでしたでしょうか。

私は、その時、たまたま決算銘柄で売りと買いを両方持っていて、ジリジリとした展開で苦戦中でした。

そこで、いきなり先物が急騰を始めたのを音声アラームで知りました。
(いつもいつも先物を見られているわけではないので、先物急変を音声アラームで知らせるシステムを組んでいます)

為替チャートを見ると、ドル円が急騰しています。

これは日銀金融緩和か何か金融政策が出たんだ!!

225先物と為替が両方来ているのを見て、反射的にわかりました。

もちろんその時点でニュースを見たわけではありません。

脊髄反射的に売りポジションをほぼトントンで処分し、不動産株買いへシフト。
一気に買いポジションとなりました。

この間、先物が動き出して5秒~10秒程度だったでしょうか。

その瞬間には、売りポジがまだほとんど反応しておらず本当に助かりました。
というより、その瞬間はまだ動いていない売りポジを見ていたので、動いていることがわかりませんでした。
もし切る判断が10秒遅れていたら、ぶっ飛んでいたので爆死していました(汗)




今回のポイントは、バズーカ発射時、私は売りポジションを持っていた、ということです。
これは本当にやばい状況でした。

これを勝利に変えたのは、偏に変化対応力だったのです。

ここには、手法・具体的なやり方とか、読み、予想・予測など、何も関係ない、全く関係ない、ということに強くご留意ください。




この一瞬の反射的行動力によって、デイトレーダーの命運はわかれます。

もし、現場に居合わせることができたのに、呆然と見送ったとしたら、不意をつかれて

フリーズしてもうた!!

ということでしょう。

実は、急変時に人の反応で最も多いのが、このフリーズ状態なのです。




阪神淡路地震の時、たまたま大阪市内の実家にいたのですが、その時、反射的に飛び起きて、みんなの安全確保をしたのは私一人でした。
嫁や親、兄弟、みんな寝床でフリーズしていました。

びっくりして動けなかったのです。

実はこの急変時に動けないという行動は普通です。

でも、デイトレーダーなら、普通ではダメなんです。

こういう急変時にフリーズするか、一気に動けるか。

これは、もう「やり方」とか「手法」とか、「具体的な方法」とか、そういうレベルではありません。

何が勝者と敗者を分けるのか。

やり方じゃない、というのは、こういうことも含まれているわけです。




秀吉は、本能寺の変の時、高松城を水攻めにしており、ジリジリとした展開でした。
秀吉は、光秀の謀反を知って、一気に毛利と講和し、中国大返しをします。
一方で、柴田勝家は、上杉との戦いで動くことができなかったのです。

秀吉が天下を取ったのは、中国大返しができたかどうか、その瞬発力と反射的行動力、変化対応力がものを言ったのは間違いありません。

柴田が目先の戦いに拘泥して動けなかった一方で、秀吉が一気に多返ししたことがその後の命運を分けました。

これは、戦略とか、方法とか、手法、とか、そういう議論ではなく、

変化に対応できたかどうか

変化対応力


それが決め手だったわけです。





今回の黒田バズーカ砲第2弾・・

後でチャートを見れば、何を買っても儲かった値動きでした。

ここで買ってここで売れば、と後でチャートを見れば、誰だって儲けれれます。

買いさえすれば、子どもでも儲かる相場。

その子どもでも買えば誰だって儲けられる時に、実際にポジションメイクできるかどうか、そこが勝負なのです。

これに理屈などありません。

勝てる手法とか、具体的やり方、とか、そんな小理屈などどうでもよいことなんです。

ただただ、リアルでその場で動けたかどうか、これが勝負なのです。

これが

リアルな相場

であり

リアルな戦場


なのです。

頭で小理屈を考えてばかりいる人は死ぬだけです。



こっ、これが戦場

(アムロ・レイ)

そこでフリーズしている人が、後で、ここで買って、ここで売って、と後講釈ばかりしているのは、放っておきましょう。





後で見れば、誰だって、100人中100人がここで買ってれば儲かるよな、と言えるほど簡単なところで、実際に手を出せるかどうか

これが肝なのです。

売っていいか、買っていいか、よくわからない、意見がわかれる、といった、難しいところを難しく取るのが相場ではありません。

難しい戦略ややり方をしないと取れないと思っているかもしれませんが、そうではありません。

ここに手法など関係ありません。どうでもいいことです。

何故なら、「100人が100人ここで買えばいいとわかっている」ところなのですから、手法などいりません(笑)

何が勝者と敗者を分けるのか、そこを多くの人は間違っていると思うのです。

何故、私が具体的やり方とか、手法とか、こだわらないのか。

先日も、テクニカル指標を出していない、と書くと、2名ほど大反響(笑)がありましたが、今日書いたことがその答えの一部になると思います。

誰でもわかるのだから、わざわざテクニカルなど見る必要などありませんものね。



善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり


(孫子)





まず、自分はどういう行動がこういう変化に際してできるだろうか。

もし、フリーズしてしまう口なら、どう考えておけばいいのだろうか。


ポイントは、偏にフリーズしてしまうかどうか、にかかっています。

私とて、最初から動けたわけではありません。

偏に、経験値です。

いつも書いていますが、こういう経験を何回も何回もやって、悔しい思いをその数だけしていることで、動ける体ができてくるわけです。

飛行時間、手術回数、そういうものがものを言う職人の世界。

どれだけ戦場で実戦経験を積んだのか、それが問われる世界です。


つもり売買とか、検証とか、そんなものは経験値には含まれない、というのは、こういうことを言います。

相場も同じです。

ただ、そういうことを知らないで、自分だけは特別だ、という勘違いの新人トレーダーが大勢参入してきては、3年も経たない間に実弾を使い果たしてリタイアする、これを大勢が入れ替わり立ち代り繰り返しているわけです。

新人外科医がベテラン教授と同じように手術できるわけがない、という当たり前過ぎる理屈を知理解していないわけです。

そして、その差のほとんどは、経験値なのです。

もし、最初から心臓外科手術は無理だ、という理屈を新人が知っていたら、最初の3年間は、儲けようと無理せずにトレードができて、結果的に3年以上生き残れる確率が大きく上がるわけです。

稼げるようになるまでには時間がかかる、というのは、何も厳しさを言っているわけではなく、そういう覚悟さえ持っておけば、生き残れるチャンスが大きくなる、ということを言っているわけです。




じゃあ、何故、こんなにも経験値が必要なのか、というと、相場が固定的ではないからです。

そもそも、初心者を中心とした

手法にこだわっている人は、相場を固定的に考えています。


まるで自然科学の法則のようなものが相場に存在する、と考えています。

こうなればこう、こう動けばこう、という方程式を一生懸命に探しています。

しかし、相場は常に変化を繰り返しています。
相場が固定的ならどれほど楽でしょう。
過去のパターンがいつも通用するなら、どれだけ相場が楽かわかりません。

そうではないから、相場は難しいのです。
相場は変化するからこそ難しいですし、変化するから理解するのに経験を必要とするのです。

相場の本質とは変化することです。

このことに本当に気がつくまでに時間がかかります。

また、更に悪いことに、

人はそもそも変化に弱い生き物ですから、その変化に対応できるようになるまで、多くの時間と経験を要するのです。

とても残念ですが、そういうことです。




もちろん、こういう急変時には手を出さないという選択肢もありますし、通常モードでコツコツ稼ぐのだ、という方法論もあります。
逆張りを基本とするので、こういう場面では取れない、ということもあるでしょう。
そういうポリシーで勝っている方もおられますから、それをどうこうと言うつもりはありません。
ですから、こういう場面で取れなければダメだ、というつもりは毛頭ありませんので、確認しておきます。

しかし、こういう急変時は、後で見れば誰だってわかるところですから、そこで取ってしまうことができれば、本当に楽に相場で勝つことができます。
もし、手法にこだわっているがなかなか勝てないのだ、ということであれば、今回書いたことを参考に基本的な考え方を見直すチャンスにしてもらえればと思います。

相場を固定的に考えないとはどういうことか

手法にこだわらないとはどういう意味か


予想しない、というのはどういう意味か

環境認識が大切だ、という意味はどういうことか

予想ではなく、対応が大切なのだ、とはどういう意味か

などなど、なかなかわかりにくいと思うのです。
また、理屈ではなかなか納得できないことだと思います。

今回、具体的な事例がありましたから、わかりやすいと思い、こういうこだわりを

もしかして自分が信じている相場というものがちょっと違うんじゃないか。

と考えられる切り口になればと書いてみました。

繰り返しますが、こうせねばならない、という意味ではありません。




それと、昨日思ったのは、証券系のニュースは遅いので、とにかくその瞬間に何が起こったのは全くといってわかりません。
FX系では、こういったマクロのニュースは早いので、瞬間的にニュースが配信されていることがわかっています。
後で見れば、昨日もFX系ニュース配信ではリアルタイムで日銀のニュースが出ていました。
FX系のニュースは非常に優秀です。
FX系のシステムを常に立ち上げてニュースを流しておく必要がある、と痛感しました。
何が起こったのかがわかれば、より自信を持って対処することができるからです。


昨日は、15時過ぎてから、今度は戦場をFXのドル円に移しての残業となりました。
こういう時は、残業もやりがいがある、ということでしょう(笑)


最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である

チャールズ・ダーウィン


いつも引用している名言ばかりで失礼します。私は結構ワンパターンだったりします(笑)



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

千歳基地スクランブル

おはようございます。
デイトレ3年目の私は、フリーズしてました。5分くらい(長っ)

何かが起こったことは直ぐに分かりましたが、何が起きたのかニュース検索(FXの方が早い。勉強になります)しながら、(その間もガンガン上昇する株価を横目で見ながら)事実確認出来ないと買えんわとか、指数のわりにミクシィもソフトバンクも大きく動いてないし一体何なんだなとか。

ニュース確認後は、追加緩和かーそういや日銀会合が今日辺りあったようなとか、こんな狂ったように騰がってこの後どうなるの?もう恐くて買えないよとか。(その後も上昇)
結局後半にちょこちょこいつもの値幅取りをしただけ。
振り返るとこんな感じでした。本当に恥ずかしいですが、正直にこのレベルでした。
「経験の差」。このたった四文字に含まれる時間と努力は一体どれ程のものなのでしょう。

あらなみさんが急変用アラームを組んでいて、ニュースを見るまえに金融政策と勘付き、5秒~10秒で対応していたというあの瞬間での行動。
ある凄腕トレーダーのブログを見たのですが、不動産銘柄を値上がり率5%辺りでウン千万買っていました。含み益が上場企業のサラリーマンの年収並みになっていました。普段よりも投下資金が大きいです。

私が5分フリーズしている間に10秒以内に買い出動反応している人や、普段の数倍の金額で勝負にいっている人がいる。

この領域は、仮にただ20年生き残るだけじゃダメなのでしょうね。

まさに千歳基地スクランブル。

Re: 千歳基地スクランブル

パンさん、こんにちは。

まず、ご紹介いただいた「千歳基地スクランブル」で記事の追加をしました。ご紹介ありがとうございます。
この動画は、今回の記事とリンクして非常に参考になります。


パンさんの反応は、普通の状態だと思います。
特に卑下することなどありません。

まず、考えてもらいたいのは、千歳基地で待機している隊員たちは、そもそもどういう人たちなのか、ということです。

ここを本気で考えてみてください。
ということで、長くなるので、記事で書きました。
ご参考にしてください。

No title

ツイッター+プッシュ型のアプリ(Janetterとか)は場中の情報収集に大変便利だと思いますのでお勧めします。
私は元来この手のSNSとか全然やらない(Facebookもmixiも無縁)たちなんですが、去年ツイッターが上場した頃、むらやんさんという有名トレーダーさんのブログのハウツーを見てアカウント作ってみました。
有名トレーダーさん中心に50人位フォローしてますが、指標の発表、業績修正の発表、株価の急変、地震や事件の発生などなど、とにかく情報が早いです(『岡三マン』さんなど一部の有名人の方の情報の早さは驚くほど)。
少なくともニュースサイトを自分で見に行くよりは全然早いと思います。
もちろん自分からは全くつぶやく必要もなく、私も未だに情報を見るだけで、コミュニケーションの取り方などは良く知りません。

今回も大分助かりました。
とは言え、『追加緩和が出てもこの程度か』と戻りの鈍い銘柄で売り持ち越ししてしまい、その後夜間の先物上伸具合やNYを見てやや憂鬱な連休を過ごしています(笑)
初動で動けない人たちの多さを考えれば少なくとも未だ売りではなかったですね・・・

Re: No title

gr8さん、こんにちは。

ツイッターの件、ご紹介ありがとうございます。
私もちょうど興味を持って考えていたところでした。
前々から、情報収集について問題があるということがわかっていますので、改善せねばならないと思っていたところに、今回の出来事でしたので、具体的な改善についてツイッターのことも含めて取り組んでみようと思います。
これもやっていない人にとっては、何のことやら、って感じなのですよね。

特に、証券会社系のニュースは、ブルームバーグやロイター、クイックの提供する高額端末との差別化のつもりだと思うのですが、とにかくわざと異常に遅く配信されます。
なので、使い物にはなりません。
対策としては、FX系に頼るというのが一手ですが、ツイッターなども積極的に取り入れることも必要ですね。
2ちゃんとかも見ることもあるのですが、ジャンクネタも多くて。。。

こういうことも、

知らないものは、無いのと同じなのです。

この相場の世界では、情報弱者は、それだけで大きなハンディを負っているのと同じです。


書いていただいたこと、ご参考にさせていただきます。


>初動で動けない人たちの多さを考えれば少なくとも未だ売りではなかったですね・・・

そうなのですよね。
初動でフリーズしているほとんどの人たちが、むくむくと動き出すのが、連休明けということもあって、寄り付きはとりあえず高いという想定が可能ですからねえ。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。