相場は大口が支配しているのか

2014/11/16 Sun

■人生は冒険旅行だ

朝の連ドラ「マッサン」で名言がありましたので、記録しておきます。

人生は、冒険旅行やと思てんねん。

みんなをあっと驚かせるためには、まずわて自身があっと驚くような冒険せんとな。

冒険には危険がつきもんや。せやけど怖がってたら前には進まれへん。

どない危ない道でも、どないしんどうても、前へ進まんと、あっと驚く景色はみられへん。

どうせ短い人生や、思いっきり冒険せな、おもんないやろ!!


(鴨居商店の大将)



激しく共感!!



■相場は大口が支配しているのか

前にこういう記事を書きました。

ラプトルの悲哀

今でもこういうことがしょっちゅう繰り返されています。

今週も、前日から狙っていた獲物を最後の瞬間にTレックスに横取りされた、ということがありました。

しかし、いつもこのようにやられているわけではありません。



さて、実は、次のような意見を持つ方が結構おられるということを私は承知しています。

相場大口支配説

です。

これはかなりの方がそう思っておられて、私の回りにも数名おられます。

これはどういう見解か、というと、要するに、

大口の売買によって相場は何とでもなるのだから、所詮は大口次第なのだ

という一種の諦めにも似た説をお持ちの方たちです。

所詮は大人(大口)次第なのさ

と厭世的に言い放つ一派です。かなり大勢おられます。
ちょっとそう言うとインテリっぽく聞こえる感じがします(笑)



これをさらに高めた説(?)が、

相場陰謀説

でしょう。

この相場陰謀説、という意見を持っておられるかたも意外とかなりおられます。
私の回りにも数名おられます。

この方たちの意見を聞くと、

世界を支配している闇の組織によって相場は操られており、彼らの意思によって相場は動かされているのだ

というかなりうがった意見で、こう言うと、さらにインテリっぽくて、いかにも俺は世の中の裏を知っているんだ、という風に聞こえます。
ちょっとかっこいいですね。

この説を持っておられる方が意外と多いのには驚きます。

中には、自然災害ですら、陰謀だ、という意見の方もおられます。
さらに、宇宙人が地球を支配している、という荒唐無稽な説すらありますが、あまりこれらの陰謀説をディープに書くことは主旨ではありませんから、この話はこのぐらいにしておきましょう(笑)



さて、相場大口支配説ですが、これに対する私の見解を書いておきます。

この説を唱える人、もしくは賛同する人は多いので、今回も挑戦的見解になるんじゃないかと思います。

確かに大口は存在し、彼らが売買することによって、相場は大きく動きます。

ネット上では、大人、と言われており、私は、Tレックス、と呼んでいる存在です。

では、ここで、Tレックスの立場に立ってみましょう。
これまではTレックスに追われるばかりなので、見えてこない世界がそこには存在します。

板の薄い銘柄。
これをTレックスが介入し、買いまくる、とします。
特にファンダメンタルの変化はなくても、単にTレックスの大人買いのみで、500円の株価を1000円まで釣り上げることは可能でしょうか。

答え・・・実に簡単です。

私クラスでも、必死で買えば、ストップまで押し上げることができる株はいくつも存在します。

じゃあ、やっぱり大口が支配してるってことじゃねえか!!


ということになりそうです。

板の薄い小型銘柄にTレックスが全力買いすれば、数日連続ストップ高も簡単に演出できます。

じゃあ、大口は値動きを支配し、簡単に相場で儲けることができるのか、やっぱり汚い世界だなあ。

と結論づけていいのでしょうか。


さて、先ほどの事例で、500円の株を1000円まで一気に担ぎ上げたTレックスですが、そこで儲かった、と言えるでしょう。

そういうスカスカの銘柄は確かに買えば簡単に値を吊り上げることは可能です。

しかし、もうその時点では自分以外の買い手はどこにも存在しません。

株価を作ることは資金さえあれば簡単にできることです。

こういうことを自作自演と言います。

しかし、例えばそこまで買った100万株をどうやって、誰に売るというのでしょう。

その時点で板を見れば、100株とか、200株とか、の指値が遥か下にあるだけ、という惨状です。

確かに、さらに自分が買えばもっと株価を吊り上げることはできます。

つまり、言いたいことは、金さえあれば株価を吊り上げることは簡単にできるが、それを利食いすることは困難を極める、ということなのです。

自分で買った100万株は、誰かがそれ以上の価格で買ってくれない限り利食いすることは1株ともできないのです。

普段、個人が100株、1000株でやっている感覚では、板や需給を考えないでも売買が可能なので、その視点から、Tレックスのことを考えると、相場は大口が支配している、と思ってしまいますが、Tレックスには、Tレックスなりの別の重大な問題がある、ということを考慮しないといけないのです。



余談ですが、「資金さえあれば株価を吊り上げることは簡単だ」という仕組みを利用した事例として、

某小型株ファンドが、小型株をガンガンいくつも買い占めて株価を釣り上げた

ということがありました。
当然、自分が買えば上がるという小型の銘柄です。
さて、ではそのファンドのメリットは何だったのでしょう。
実は、ファンドマネージャーの報酬体系に答えがありました。
そのファンドは「評価上」非常に高いパフォーマンスを上げたので、1年単位で評価されるファンドマネージャーは、超高額な報酬を受け取ることができたのです。
ファンドは、それらの株を売って利益を確定できたわけではありませんが、評価上含み益が評価の対象だったことから、そうなったわけです。
ファンドが持ち続ける限り、何とか株価は維持できたのです。
一時話題になった人でした。
結局、自作自演ということですが、彼個人としては自分の報酬を最大限アップできたから成功と言えるでしょう。
案の定、翌年以降、その高額報酬の話が世間を騒がすことは二度とありませんでした。



相場に理屈など存在しない、何故なら大口が支配しているからだ


という話もよく聞きます。

大口が相場を支配している、だから、相場など所詮は読めないのだ、と読めないことを正当化するのもいいですが・・・

では、逆に質問しますが、何故9983ファーストリテイリングの株価は43000円を超えるのでしょう。
何故それに対して6753シャープの株価は300円なのでしょう。
これらも大口が勝手に作り上げた株価だ、ということでしょうか。

そもそも、相場とは何でしょう。
そこに理屈など無いということでしょうか。


確かに短期的に見れば、需給のブレが大きく、また、ランダムに動いているようにも見えます。
そのため、所詮は誰か大口が動かしているだけさ、と言えばもっともらしく聞こえるように思います。

しかし、そもそも相場とは、その会社の株券とお金との交換価値を日々図っているモノサシなんです。

本源的価値がどのぐらいなのか、ということの総意が今の株価に反映されるものなのです。

会社が倒産した。すると株価は1円になった。
本源的価値が無くなったから1円になり、本源的価値があるからこそ4万円以上の価格がつくのです。
当たり前すぎることです。
そこに、大口の売買など関係ありません。

そして、その価値観に影響を与えるようなファクターによって、将来価値が変化し、それに対する期待と予想も変化します。
この変化のメカニズムによって株価は日々変動しているのです。

相場とは、この価値観の取引です。

私は、この根本的な価格メカニズムをまずはしっかりとおさえておくことが何よりも大切だと考えています。

需給によって、一時的に価格を歪めることができても、最終的に価格は効率化するものです。
市場の価格メカニズムは効率的である、ということが基本なんです。

全ては、ここから出発します。
小手先のテクニックなどは、全てこれに付随するものなのだから、市場メカニズム、という根っこを大切にしているのです。



そう考えると、大口が、需給によって、一時的にその価値観から歪んだ価格を演出することは可能ですが、それは一人相撲に終わる可能性の高い危険な売買ということになります。

過去、買い占めによって利益を得ようと多くの仕手筋と呼ばれる大口投資家が入ってきては消え、入ってきては消えを繰り返しています。

無理に作った株価は所詮泡のようなものですから、そこで大損をして去る確率の方が遥かに高いのです。



株価というのは、基本的には、合理的に説明できるものです。
というより、合理的に説明できない価格はおかしいと私は考えています。

大口は、図体がでかい分、小回りがまるで効きません。
器用には動けないのです。
大口が動く時には、無理な価格がどうしてもできてしまいます。
自分が動くことによって、価格を歪めてしまうのです。
そしてそこに、どうしても隙が生まれてしまいます。

大口は、大口であるが故に不器用にしか動けない、ってことです。

確かに大口は相場を動かせるわけですが、

逆に言うと、自分が動けば、相場が動いてしまうのです。

これは、大変なデメリットになるのです。



私が大口だったら、相場はしんどいでしょうねえ。
どうあがいても、パフォーマンスは出せませんよ。
できる銘柄もコア30とか、限られてきます。
自分が売ろうとしたら、何日もかかる、なんて、どうやって損切りするんだ、って感じですね。

明らかに、数日、1週間とかけて、ファンドが必死で売りさばいている姿など、もう見ていて、痛々しい。
隠しようがありませんからね。これだけ図体がデカイと。
気の毒になってきます。


逆に言うと、大口よりも小口の方が、遥かに相場は有利です。
大口故のメリットも確かにありますが、それよりも、大口故のデメリットの方が遥かに大きいです。

個人トレーダーは、その小口故のメリットを最大限活かせばいいんです。




こういう理解ですから、私は、大口支配説とは、真逆の考え方を持っています。

大口が無理矢理に作った価格など、私にとっては絶好の獲物でしかありません。

大口が倒れる時、もうヨダレが出るほどのご馳走です。
普段は元気なトムソンガゼルを狙うチーターなどしんどい取引をしていますが、キリンが倒れたところに群がるハイエナの親子、って感じで、食べ放題、って感じです。

私は、大衆を狙うと同時に、大口を狩るハンターでもあるのです。

どちらも、図体がデカイというデメリットで、姿を隠すことができずにいるところを狙い撃ちにできるのです。

大口である彼らは必死で足跡を隠そうとし、あらゆる発注テクニックを使いますが、どうしてもその図体のでかさが仇となり、頭隠して尻隠さず、という状態となります。

私にとっては、大口が無茶な株価を演出したら、そこはバリェーションから見て、絶好の狩り場でしかありません。



なので、私は、テクニカルを重視しません。
何故なら、チャートだけを見ていたら、大口が振り回した足跡だけを追いかけることになり、結果として、Tレックスに食われてしまうからです。
そもそも、大口は、自分の売買を成立させるために、大衆を常に狙っているのですから、チャートを利用して自分の相手をさせようとしているのです。

夜伽を命ず!!

って感じですかね(笑)

逆に言うと、チャートしか見えていないから、大口に食われてしまうのです。
そして、被害妄想的に「大口支配説」を言わざるを得ないのかもしれません。



一方で、私はファンダメンタルを重視します。
そこには、株価は、最終的には理屈どおり、合理的に説明できるという考え方があるからです。

相場は、所詮あるべき価格というものがあり、最終的には、合理的にそこに収斂すべきものだ、と考えています。
マーケットは、基本効率的にできている、という理解です。
誰かがそれを無理に歪めようとしても、所詮はあだ花になる、ということです。



そもそも・・・

もし、株価は宇宙人が支配しているのなら

もし、株価は闇の組織が支配しているのなら

もし、大口が自由に相場を操っているのなら


どうして私のようなトレーダーが存在しているのか、説明ができません。



私は、チャートなど値動きの表面的な値動きだけを追いかけるのではなく、こういう値動きの背景、つまり何故そういう動きになっているのか、どういう主体が値動きをリードしているのか、がわかる、ということが相場を読む、ということだと思っています。

そもそも、価格など、基本は効率的なものです。
いつもそうであれば、儲けのチャンスもありません。
大衆がパニックを起こしたり、大口が価格を歪めてくれない限り、どうやって利益を得るチャンスを見つけるのか、そう私は思っていますよ。

池の中のクジラは所詮しんどい立場です。

それより、池の中の金魚が一番良い、そうい思いますね(笑)



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

こんにちは

私は短期はやりませんが(1分足とか、5分足、15分足、30分足、1時間足とかを使いません)、もしトレードするなら、やはり価格を主体にしたテクニカル分析ですかね? というか、価格を使ったもの以外、私の能力では、とてもシステムは作れません。やれば、大口の餌食ということになるんですね。
しかも、トレンドフォロー戦略、成り行きで注文を執行しますから、スリッページがかならず往復で発生します。

しかし、あらなみさんの文章を読んでいて、もしかしたら...
短期はトレンドフォロー戦略が効くのでは? それなら、検証してみようかな?って思っていたところです。
なんでもかんでもHFT取引が個人を踏みにじる。なんか、こういう話、いやですねえ。
まあ、そのうち消える職業がどうのこうのとヤフーニュースに出ていましたが、人工知能は、人間を圧倒するのでしょうね。
しかし、あらなみさんは、そのことをむしろ逆利用していて、利益を出していると・・・凄いですね。

でも、どんなトレンドフォロー戦略がいいのか? わかるはずもないのですが、それでも、HFT取引が活発化すればするほど、ある種のトレンドフォロー戦略が効きそうに思いますが、どうでしょうか?
まあ、ある種が特定できなければ、議論にならないのはわかりますが...。


No title

初めまして

とてもわかり易くて、納得させられます。
Tレックスが歪めた市場の戻りを狙うということですよね。
大多数は、Tレックスに追随しようとして高値掴みさせられるのかもしれません。

最低限のファンダメンタルが感覚的にわかっていれば、バカげた値を付けていればわかる。
結局、チャートに表れるということにもなりますね。

Re: No title

ザ作蔵さん、こんにちは。

システムと裁量では根本的に違いますからね。
裁量であっても、パターン認識主体の方は、裁量と言いつつ、実は、システム的にパターン化しようとされているのだと思います。

HFTは、大口というのには微妙ですが、そうだとしてもHFTだけが大口というわけではありません。
そもそもHFTは、中期の流れやトレンドに対しては中立ですのでね。

ただ、HFTがあるからダメだ、とか、機械に勝てるわけない、という意見には賛同しかねますね。
というより、HFTが入っているから、板に厚みができて、売買がやりやすくなっている、という側面もありますから。
また、HFTの癖というものもあるのです。
所詮は機械のやることですからね。

Re: No title

tektekさん、こんにちは。

オーバーシュートのことを言っておられるのだと思います。
そういったパターン認識のイメージとはちょっと言いたいことが違うのですが、本日事例があるので、また記事でレビューしますね。

No title

「相場は、所詮あるべき価格というものがあり、最終的には、合理的にそこに収斂すべきものだ」と仰られましたが、あるべき価格とは人によって違いますよね。
「最終的に」とありますが、この株価が最終的な合理的な価格だと判断できるものでしょうか。
どのタイミングの株価が最終的な合理的な価格であるかが自分にはわかりません。
バイオ系でもマイクロニクスでもなんでも良いですが、これらの株価はいつ、「最終的には、合理的にそこに収斂」されるのでしょうか。そもそも現在の株価が、あらなみさんの言われる最終的な「所詮あるべき価格」なのでしょうか。
思惑で上がり思惑で下げる、合理的なあるべき価格等とは無縁のように思えます。
一言ご意見伺えたら幸いです。

Re: No title

ねこぽんさん、こんにちは。

質問の意味はよく理解できます。
それを理解した上での私の見解です。

まず、言われていることの答えを私が持っているとすれば、私は今頃大富豪というより、世界中の富を全て手に入れているでしょう(笑)

>思惑で上がり思惑で下げる、合理的なあるべき価格等とは無縁のように思えます。

そう感じられることはわかります。

では、逆に、

何の根拠も無く、単に思惑だけで株価は上下するものでしょうか。

大口が支配し、株価を操縦しているものでしょうか。

そこに、経済合理性やフェアバリューというものは無縁なのでしょうか。


そう考えてしまえば何も見えませんが、そういう値動きの中に、自分でも見えるものが瞬間でもあれば、そこが私にとっては攻撃の対象になるのです。



そもそもの話をすると、今ついている株価が合理的価格、つまり、フェアバリューである、ということが基本です。

値動きには常に経済合理性があり、フェアバリューは存在する、という立場で株を見ています。

ただし、それが今合理的かどうか、全てを私が見通せているわけではありません。

というより、ほとんどはわからないし、恐らくは合理的価格だと考えるしかありません。

ですから、ほとんどの株のほとんどの期間については、儲けるチャンスは無いと考えています。

しかし、時として、瞬間に窓が開くことがあるのです。
そこがチャンスです。
自分にとって見える瞬間がある、のです。
もちろん、そういう瞬間も全て見通せる千里眼は持っていません。

ですから、4000銘柄の中で、自分に見える瞬間が1日に1銘柄でもあれば、そして、それが1瞬であっても、その一瞬だけで食っていける、そう思っていますし、事実そうなっています。

そのためには、何が正しくて、何が正しくないのか、そもそもを持っていないと、見えるものも見えません。


そういうことですから、ゲテモノ株を取り上げて、これはどうだ、これはどうだ、と言われても、実際にはほとんどわからないのです。

答えになっていない、と言われるかもしれませんが、私にはほぼ全てわかりません。

No title

あらなみさん、丁寧なご回答ありがとうございました。

値動きには常に経済合理性があり、フェアバリューは存在する。しかしそのフェアバリューが真に合理的なものかはほとんど判断出来ない。だが明らかに価値と価格に乖離が生じていると判断出来る時があり、そのチャンスを見抜くことが重要である。

そのチャンスを見抜く為には、下記のような
・大口が支配し、株価を操縦している
・経済合理性やフェアバリューというものは無縁である

という思い込みを捨てて、値動きの背景を読む努力をすることが大事であり、1000本ノックしていれば見えてくるものがある!
ということでしょうか。精進致します。

この材料はこのくらいの価値、影響があると、ある程度の正確性を持って、方向性や影響度を判断出来たら良いんですけどね。。。

Re: No title

ねこぽんさん、こんにちは。

要約していただきましたとおりです。

全てを理解しないといけない、という脅迫観念を捨てて、自分でわかるものだけを見つければよい、ということですね。

「思惑で乱高下している」ということですが、その思惑とは何だ、というと、「本来あるべき価格を巡って意見が激しく対立している状態」とも言えます。

みんなの意見が一致していれば、価格は動きません。

バイオ株など、今はダメでも、当たれば一攫千金の事業を持っている株は、そもそも、その評価を巡って、どうしても業績見通しが難しいので、意見が激しく対立するものなのですね。
結果として、乱高下、ということになるわけで、これもそもそもはベースがあるものだ、と私は思いますね。

何の将来性もない株は、そういう「思惑」の対象にはなりません。

No title

全て本で読んだ知識だけですので、正解かどうか分かりませんが、コモディティー以外の買い占めはほとんど大口は絶対不利ですよね。
コモディティーだけはもし本当に買い占めに成功すればトレーダーではなくて実需に言い値でうれるので。現代に可能かどうかは分かりませんが。

年パフォ1000%なんで数字は大きくなればなるほど難しいんでしょうね。
手の内が全てバレてしまいますし。

それこそテクニカルなどではなく真の需給を見ながら投機をされているのでしょうか。需要がないと自分の後からついてくる人がいないでしょうし。

ってかこんな関係ないこと考えてないでまだ兼業なんで自分と向き合えって話ですが。。。 笑

Re: No title

nobuoさん、こんばんは。

言いたいことは、「コモディティーの買い占め以外は、大口は絶対不利」ということでしょうか。
であれば、そうですね。
大口になればなるほど自爆しますから、身動きが取れなくなるんです。
超大口でもある程度自由に売買できる流動性があるのは、為替市場だけでしょうかね。

商品の買い占めというのは、近年ほとんど行われていませんが、マーケットがグローバルになって難しくなったのでしょうね。
昔は、日本の商品先物市場でも、アメリカでも、時々見かけられる光景でしたが。

チャートはいつも書くように、単なる足あとに過ぎません。
チャートに過度に依存することは、どうかと私は思っています。


>期間限定の聖杯

よくある話です。
その時は、相場で天下を取った、と有頂天ホテルに宿泊する気分になりますよね。

そういう一時的に機能するものがほとんどなのだから、やり方ばかりを探していても大した意味が無い、とどこかで気がついて、他のことに目を向けることが、長年相場で生き残る上で大切なんですが、こればかりは、経験してみないと、実感できないことでしょうねえ。

実感されておられる様子ですね(笑)

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR