スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パターン認識と環境認識の違い

2013/01/26 Sat

■コメント頂いたみなさん、お返事など遅くなって申し訳ございません。
トレードが専業なので、ブログは後回しになって週末にしか見ないという傾向もあって、お返事など遅くなることをご承知ください。


■ところで、最近PCが1台不調になってきたので、マザーボードとCPU、メモリー、HDDを買って入れ替えよう、と昨年末から考えて価格コムで部品をあさってはいたのですが、先週まで何となくだらだらとそのままにしていました。
ところが、円高の影響で、パーツの価格がどんどん上がってくるのです。
もう1日単位でじりじり上がる、という状態で、ついつい一昨日に「追っかけ買い」をやってしまいました。
さっさと買っておけばよかったのに、後で後でとやるからこんなことになってしまった、と猛反省です。

これまでは、後で後でとやるほど、価格が下がったものですが、今は真逆になっています。


■しかし、為替はさらに週末にかけて円安に振れていますね。

トラリピ軍団のみなさん、オプション売りのみなさん、大丈夫ですかぁーー!!

環境変化してますよぉーー!!

今一番ホットな通貨が円ですから、世界中の投機資金が集中している感じです。


■とにかく、民主党政権から自民党政権にかわって、相場の環境が大きく変化しています。

一番大きく変化したことは、ナントいっても材料の変化でしょう。

為替にしても、株にしてもそうなのですが、昨年10月までの民主党時代には、総理や日銀総裁など国内要人が何を言っても、相場は無視でした。
野田さんが何を言おうが、何をしようが、相場は完全無視でした。

為替介入をしても、介入時の一時的反転だけ、という状況でした。

つまり、国内要因には相場は無関心で、常にユーロ圏の動向だとか、ドラギ総裁の発言、とか、NYダウの状況とか、全て海外要因によって円相場、国内株が動いている、という状況でした。

しかし、11月以降、海外動向という要因が色々あったのですが、それは大した材料にもならず、安倍総理や日銀総裁の発言、また、麻生さんの発言などまで大きく材料視されて、それによって大きく相場が動く展開が続いています。

つまり、日本株、円相場の相場参加者が見ていることが、これまでは、「海外要因90%+国内要因10%」だったのが、11月からは、「海外要因20%+国内要因80%」、という感じに大きく変化した、と言えるのです。


■過去を振り返っても、これほど国内要因が重視された時期というのは、あまり経験がありません。

そもそも、日本株をやるには、まずは、NYの動向が第一で、日本株というのは、その写真相場だったので、NYが上がれば上がる、下がれば下がる、だったわけです。
なので、ネットバブルの時期でも、アメリカで火がついて、さらに日本で爆発した、という動きでした。
常に海外が主で、国内が従、という関係が続いていました。

昨年あたりですと、上海株の影響が顕著になってきて、10時30分にスタートする上海株の動きに合わせて動く、それまでは上海様子見で動かない、という感じの「常に海外要因で動く2軍市場」というのが日本株の動きでした。

また、ユーロ危機がテーマになっていた夏頃でしたら、「ドラギ総裁」の発言次第で、日本株が大きく上下する、というユーロ次第相場になっていました。

ところが、今や、日本株、円相場の値動きが世界の投機筋の最注目点であり、安倍総理の一言一句が日本マーケットを大きく動かし、そして、それが世界の投機資金のリスクオン、リスクオフにつながっている、という大転換を遂げています。

為替の本にはよく「為替はヨーロッパ時間からNY時間にかけて動くものだ」という解説がなされていますが、それは、日本の材料には無関心だから、という理由によって成り立っていたわけです。
それが、今では日本の要人発言などで動いているのですから、当然円相場は日本時間に大きく上下するようになっています。
現在トレンドは、日本時間から動き出すのです。

こういう環境変化については、単に「為替はヨーロッパ時間からが本番だ」ということを「暗記」+「パターン認識」している人だとついていけない事態となってしまいます。


■ということで、今の環境変化は、単に相場が強いとか弱い、とかいうことを超えて、久々の日本復活、という雰囲気なんだな、と感じています。

これも、今旬のテーマが「アベノミスク」になっていることが要因ですので、当然市場関係者の最大の関心事は、これがいつまで続くのか、ということになっているのでしょう。

このいつまで続くのか、ということに関しては、次のような構造的要因も考えておくべきだと思っています。

為替については、アベノミクスというテーマだけではなく、原発停止の影響があるとは言うものの、2012年には貿易赤字が過去最大になった、ということですが、利子配当などを合わせた経常収支は黒字確保であるとは言え、輸出立国のはずの日本の貿易赤字が過去最高、というのは、これも大きな構造変化が地下で起こっていることを暗示しているのかもしれません。

日本の大手電機メーカーが全滅した、というあたりが、大きな分岐点ではなかったのか、と感じます。

これまでの円高については、大手電機メーカーは、「こんなに円高になったらやっていけません。」と言葉では言いながら、何とかかんとか対応してきた歴史があります。
つまり、やっていけません、と言いながらも、何とかかかんとかやっていって、ガンガン輸出を続けるから、さらに円高になる、というスパイラル構造になっていました。
これは、ソロスの再帰性理論的な構造です。

しかし、昨年がついにいつか来るその終焉だったのでしょうか。
昨年の超円高がそのスパイラルの限界だったのでしょうか。
大手電機メーカーに、完全にとどめさして「いくらなんでも今の為替はやりすぎやろ状態」になって、

オオカミ少年であった大手電機メーカーが本当に全滅してしもた!!

という事態になってしまいました。

こうなると、輸出が止まるので、そこで相場が反転する、という流れが地下で起こっていたのかもしれない、という気がします。

当然、各企業も手をこまねいていたわけではなく、ガンガン海外進出で、国内空洞化スパイラルにもなっていました。

こういう構造変化があるとすると、単に「安倍さんが発言した。金融緩和した。」というだけの一過性のテーマではなく、それは反転のトリガーにすぎなかった、という見方もできるのではないかと思います。
 
つまり、アベノミクスというきっかけで、構造変化的見直しトレンドに入った、とすると、これは結構な期間続くトレンドになる可能性がある、と思うのです。


■また、デフレ目線が外れないと、「待っていれば下がってくる」べきものの値段が、私のPC部品高値買い、のように、待っているとどんどん上がる状況になってくる、という20年間味わったことのない環境に変化している、ということも大きなことでしょう。

これが、デフレからインフレへの変化であれば、この流れについていくしかありません。

大きな環境変化です。
過去の延長線上には無いものです。

こういう環境変化は、過去の延長線上には無いことですから、過去の検証をいくらやっても無駄なんです。

パターン認識ではダメなのだ、というのはこういうことを言います。

さて、これまでは、投資すれば負ける(お金が上がってモノが下がるから)、つまり、

何かに投資すれば失敗する、お金で持っておくのが一番だったデフレ時代

から、

何かに投資しないと、お金の価値がどんどん下がってしまうインフレ時代

への大きな変化なのでしょうか。

何もしない人が勝者となるというデフレ時代は、おかしいと言えばおかしいということも言えます。
リスクを取った人が報われる時代になるべきだ、とすれば、今の政策も必要なことなのでしょう。

ただ、心配なのは、財政規律。
本当に大丈夫なんでしょうか。とても心配です。
きっかけ待ち、という気がしてなりません。


■パターン認識ではない環境変化

環境変化とは、ここで見てきたように、構造的な変化であり、時代のパラダイムシフト的変化です。

過去の延長線上には無い変化なのですから、当然過去のパターン認識をやっても無駄なんです。

相場をパターン認識でしか捉えられない人が多いですが、そうではない構造変化についていけないと、恐竜のように死滅するしかありません。

パターン頭 = 恐竜族

になっては、どこかで死滅します。

相場をすぐにパターン化したい、というのは、パターン化すると楽だからですが、それしか考えていないと、こういう変化にはついていけないのです。

何故なら、相場はこうやって変化することを日常にしているからです。

パターン認識は、過去のパターンが繰り返されることを大前提としていますが、それが環境変化によって崩れるのが相場なのだ、というのが、環境認識派の相場理解なんです。

環境認識派にとっては、過去ではなく、今が大切で、その前提は、パターンではなく、ロジカルに今の相場を考えること、になります。

前提となるものがまるで違います。

そして、「いつ環境が変化するのか」を認識し、素早く対応する努力をする、ことが大切だと考えているのです。

昭和の時代の日本の経済成長のトレンドという環境に乗ったトレード戦略(=昭和のパターン認識)を今の時代に当てはめるのには無理がある、と前に書いたことがありました。

また、デイトレーダー以外の人は気がついてはいませんが、リーマンショック以前と以降では、デイトレード環境は劇的に変化しています。
ここで多くのトレーダーが退場となったことは、記憶に新しいところです。

ここ数か月に起こったことは、これに匹敵するような大きな変化の最中にいる、といってもいいのかもしれませんね。

私も、地味についていっています(笑)


私が最も尊敬してやまない投機家であるジョージ・ソロスの名言です。

「私はあるルールに基づいて投資しているわけではない。 ゲームのルールが変わる瞬間をめがけてトレードを仕掛けるのだ。」


■余談
本日は、晩にNHK大阪ホールで、ハロープロジェクトのコンサートに行ってきます。
とにかく、イベント好きなんです。
みんながはしゃいているのが好きなんです。
人ごみ、大騒ぎが大好き人間です。
静かさを求めるトレーダーイメージとは大違いでしょう。
おっさんが何やってんねん、と言われつつ、感性が若い、と言ってもらいたいところ(笑)
3月、ももクロにも参戦予定・・・
あの幻のチケットと言われる「嵐」の国立&ドームツアーなどにも出没していたりします。
誰だ「若い精気を吸い取ろうと企んでいるのか」という陰口が聞こえてくる(笑)
まあ、「吉川友」(よしかわとも、ではなく、きっかわゆう、愛称・・きっか)押しなんですがね。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

環境認識

今回の記事も難しいですね。
でも環境認識についての理解が進みました。
僕のやっていることはパターン認識だと思います。
そして先週から今週にかけてしっかりやられました。

一度天井打って下げ始めた時に素早くポジション0にして、シャチが来たと思い今度は売りから入りました。
急上昇していたので下落すれば一気に売りが出るはずと思ってました。
次の日も下落してたので調子に乗って売り増ししたら、急反発でやられました。
翌週も同様のパターンでやられました。
その後感情が乱れ、普段やらないトレードをやってしまい、気づけば27連敗です。
1回の損切りは最大で1万5千円でしたので、損切り金額は小さいですが、さすがに27連敗だと結構な金額になりました。
トレードに真剣に向き合って初めての出来事です。

昨年の経験で逃げ遅れない様に意識していたからこの程度の傷で済んだと思います。
下手に考えて様子見していたらと思うとぞっとします。

かなり感情が乱れましたので木曜金曜は様子見しました。
みすみすチャンスを逃した格好となりますが、もしトレードしていても勝てたかどうかは疑問です。

今回の出来事をしっかりと考察するために、はじめてチャートを紙に印刷し、全てのトレードを振りかえりました。
トレード日誌は書いていましたが、チャートを印刷して書き込むことはしてなかったです。
この作業をやったことで、色々と新たな発見がありました。
1000本ノックを実践してた時からやっておくべきだったと後悔してます。
トレード日誌に書いていた以上の課題・問題点を書いてました。
トレード中の心理状況も今まで以上に把握でき、全てのチャートに書き込むことで、自分の行動パターンというものが見えました。

もっと自分で考える必要があります。
環境認識は自分で考える習慣がないと難しいのではないでしょうか?
しかし今年早々に手痛い失敗を経験できたことは良かったです。
感情を殺してトレードするよりも、感情をどう処理するのか?
逆境時に自分をどう制御するのかが今年の課題です。

Re: 環境認識

歳三さん、こんにちは。

昨年までなら、それで正解であったことが、今年からは不正解になる、それが環境の変化というものです。

たとえば、崩れかけたら、昨年までなら、そこからさらに崩れるところを、すかさず押し目買いが入ってきて急反発する、ということが今年は続いていますが、これは大局においての上昇トレンドと需給の変化が出ていると感じます。

上げても買い、下げても買い、しかし、これがしばらく続くと、今度はそれに慣れてしまって、この環境が終わった時に、おかしなことになるのですが、そこもまた環境変化、ということになるのでしょうね。

ももクロ

あらなみさん、こんにちは。

あらなみさん、意外な一面があるんですね。
ももクロは子供が好きで、今日ケーブルテレビで放送していた2012年クリスマスライブを一緒に見てました。

紫の子は毎回手品をやっているんでしょうか?
「またやってるわ~」と子供が言ってましたが、着ぐるみから出てくる手品はちょっと驚きました。
楽しそうなライブですね~。

今年は家族でジャニーズのコンサートに行くことを約束させられてます。
嵐・関ジャニ・ヘイセイジャンプ・セクゾン等、テレビもこういった番組を見ることが多くなってます。

Re: ももクロ

歳三さん、こんにちは。

ライブというのは、現代のお祭りなんですよね。
私は、阿波踊りとかも何度か見に行ったりしていますし、祭り好きなんです。

昨日も、異様な世界にタジタジでしたが、大いにもりあがっていましたね。

ももクロも面白そうです。

嵐のコンサートは、チケット入手はかなり困難ですよ。
平成、関ジャニあたりだったら取れるかと。
でも、嵐が面白さでは、NO1ですね。

No title

今日も相場は難しそうだなコリャ。

は、ハロプロですか。私の中のあらなみさんのイメージ変わったです。いい方にですよ。イベント、お祭りの類は好きですが、ハロプロとかジャニーズとかのノリに入るのは無理ですわ。あらなみさんスゴすぎ。

Re: No title

落ち葉さん、こんにちは。

朝のストリームが終わって、ひと段落。
為替も新値取ってから、微妙に反落ですね。

ハロプロよかったですよ。といっても、ほとんどの人は引くか・・・
NHKホールは、全部で1300人と小さいので、どこで見ても近いし、一体感があって、大騒ぎでした。
まあ、私は地味に浮いている存在なのですがね(笑)

No title

あらなみさん こんにちは。

新しい記事をアップしてくださって、ありがとうございます。

PCの部品にはもう円安の影響が表れているんですね。
まったく知りませんでした。日用品や食品などもじわじわと上がってくる日も近いのかもしれませんね。

ジョージ・ソロスの「ゲームのルールが変わる」というのが一体どういうことを指すのか、よくわからなかったのですが、今回の記事を拝見して、ああそういうことか、と少し理解できたように思います。
後からではなく、起こりつつあるまさにその時に環境の変化を感じ取って、そして行動も併せて変えていくのは私にはまだまだ非常に難しく感じます。
かなり苦手な感じです、、、が、少しずつでもできるようにならないと。
恐竜族にはなりたくありませんので(汗)。

あのときに対処していればこんなこともできたのに、とならないように、しっかり考えて行動していかなければと思います。

Re: No title

くまもんさん、こんにちは。

すでにガソリンなど影響はどんどん広がってきていますよね。
これから、広範囲にわたって価格が上がるものが出てくるでしょう。

ソロスの言葉の引用は、ちょっと微妙だったのです。
ソロスがこの場合言っている意味は、トレンドということを言っている、とも取れるので、そうであれば、トレンドの変化を読む、という理解もできます。
同じようなことですが、少々ニュアンスが違います。

そもそも、ソロスの本は、本当に難解で、まともに読んでも、ほとんど意味不明の連続なのが普通じゃないでしょうか。
ソロスファンを自称する私が言うもの変なのですが、そう思います。

今回、引用するかどうか、少々迷ったのですが、ちょっと強引だったかもしれませんね。
ただ、パターン認識だけに頼っていては、恐竜族になるのは、目に見えている、ということだけは確かですね。

No title

パターン認識は、過去のパターンが繰り返されることを大前提としていますが、それが環境変化によって崩れるのが相場なのだ、というのが、環境認識派の相場理解なんです。

この言葉ソロスの名言にも負けてないと思います。


円安相場懐かしいです。
また生きてる間に何度かはあるんでしょうね。
その時は前回とは変わって適応できるようになればと思います。

Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

この記事も、環境認識について、言及しているものですね。

みんなワンパターンで思考停止したいのですが、相場はそう単純でもなわけですよね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。