スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い込み

2014/12/22 Mon

お久しぶりのぶりの煮付けです。

ちょっと気を抜くと、あっという間に前の記事からもう1ヶ月。
年をとってからの月日は早い・・・

場中にブログを書くと、「こいつは偽者だ」発言に気をつけないといけませんが、うだうだ相場は、やらない、のが最上の策ですからね(笑)

さて、もう気がつくと年末。
トレーダーは、この1年を振り返る時期になっています。
ヘッジファンドマネージャーは、もうこの時期、査定とかあってもう動かないでしょうし、為替のトレーダーも査定前にやられたくないということもあって、ここは様子見で、板が極端に薄くなるので、トリーッキーな動きに翻弄されて、いらぬ損失を出さないようにしないといけない、と思いながら、いつも以上に慎重に売買しています。

個人トレーダーも、もうこの時期、無理はしない人が多いのじゃないでしょうか。
ここで吐き出して、嫌な思いで正月を迎えたくない、という思いだからです。
海外では、この節目がクリスマスなので一足早くお休みモードですが、日本ではやはり正月なので、1週間ほど遅れてお休みモードとなります。



さて、私は、西野流呼吸法に通いだしてから、もう24年になります。
ただ、だからといって、「西野流呼吸法マンセー!!」ということはありません。
西野流には西野流なりの問題点もありますし、「西野流さえやっていれば他は不要だ。」みたいな感覚はまるでありません。

今日は、ここのところで、違和感を感じることが結構あるので、その話をしたいと思います。

松寿仙、という漢方?をご存知の方がおられると思いますが、わりと人気の漢方の強壮薬です。
「松寿仙」というのぼりをたてた漢方薬屋が町のどこかにあるところも多いと思います。
昔、ちょっと飲んでいたこともあって、最近、近所にお店ができたので、買ってみることにしました。
そのお店で、漢方薬屋のお姉さん(私よりも年上)と話をしていて、そのお姉さんが「私はもうこの松寿仙を30年以上飲んでいて、健康そのものなんです。なので、検査とかそういうものも受けたことがありません。」と力強くおっしゃるのです。

検査受けてないのに何で健康ってわかるんだ!!

という私の心のツッコミは置いておいて(笑)

それはそれでポリシーだからその人それぞれの生き様に文句を言うつもりはありませんが、いい年齢なのだから、せめて住民検診や血液検査ぐらいはしたほうがいいんじゃないか、と思いました。
このお姉さんは、松寿仙で全ての健康が維持されている、と強く思い込んでいるのです。
事実はどうか、私にはわかりません。
私も、そのお店で松寿仙を買って今飲んでいますから、無意味だとも思っていませんが、だからといって、全ての健康がこれで片付くなどとはまるで思っていません。



実は、呼吸法にもそういう人が結構おられて、自分の健康はこれで全て維持されている、と強く思い込んでいる方です。

そういう人たちは、

他の可能性を全て否定する傾向が非常に強い


のです。

all or nothing

の思想を持っておられます。

これが全てだ、との強い思い込みがそこに見え隠れします。

そして、

他の可能性を全て否定するだけでなく、敵愾心を持つ人もいる

ということも付け加えておきます。

いくつかの分野では特にその傾向が強く、それが争い事の原因にもなるほどです。

自分が信じていることが絶対に正しくて、他の可能性すら認めようとはしない、激しく攻撃することもある

という人たちです。

しかしですねえ、ニュートン万有引力の法則なら、わかるんですが、そういうことじゃない未知の分野では、その手の絶対って、本当に絶対なのか、って思うべきだと私は思いますがね。
少なくとも、他の可能性を否定することはないんじゃないかと。



腰痛持ちの方、大変だと思います。
医者だとか、色んなところに行ってもなかなかよくならない。
ある医者に行ったら、「ここが狭くなっていてこれが原因だから手術したほうがよい」と言われると、もうそれを信じこんでしまう。

原因はこれだったのか!!

と100%信じてしまうのです。

ところが、それを頼りにしてもなかなか痛みが治らない。

つぎに、別の整骨系のところに行くと「背骨の歪みが原因です。これを真っ直ぐにすれば治ります。」と断定される。
すると、それを今度は100%信じこんでしまって、せっせと通う。

しかし、時間が経過しても、なかなか治らない。

別のところに行くと、「骨盤の歪みが原因です。」また信じる。

別のところでは「首がずれているのが原因です。」

別のところでは「あごがずれていることが問題です。」


こう考えると、人というのは、何かを信じたい、おすがりできる何かに頼りたい、という依存心が実に強い生き物なのでしょう。

だから、100%信じる、信じこんでしまう、ということが頻繁に起きてしまいます。

確かに世の中にはわかることもありますが、わからないこと、可能性しか言えないことも多いのだ、ということを私は常に思っています。

とくに、権威者の言うことは威力抜群です。
彼らは、「可能性」という言葉を使わず、基本「断言」ですから、医者にすがっている人は、つい100%そうなのだ、と思い込んでしまいます。




さて、トレードの話に入ります。、

セミナーAに行って、カリスマA講師の話を聞くと、すっかりカリスマAに感化されてしまって、相場に勝つにはこれしかない、と決め込んでしまう。

ところが、半年経過して上手く行かないものだから、また別のセミナーに行ったら、今度はカリスマBが凄い話をしていて、すっかり感化されてしまう。

もうこれしか無い!!


と100%思いこむ。

しかし、3ヶ月経過して、次第にあの熱狂と燃え上がる炎はどこかへ消え去ってしまう。


こういう人、本当に多いんです。回りを見ていて思うのですが、

何でこんなに信じこんでしまうんだろう

と思うほどです。

というより、常に

all or nothing の思い込み

なんです。

何故、多様性を認めようとしないのか、それが全てだと思い込むのか、という感じですが、イノシシのように思い込んだら、もう止まらないという人を大勢見ています。

これは、トレード事、というより、日常他のことでも、常に「all or nothing の思い込み」を繰り返しているから、トレード事とて、その単なる一環に過ぎない、ということだろう、そう思います。


よく話題になるのが「ナンピン」でしょう。
ナンピンの話をすると、もう「頭から否定する」輩が大勢います。
「自分がボロ負けした経験から」なのか、「権威者がナンピンを否定しているから」なのか、わかりませんが、話すら聞こうともせずに否定する姿は、奇妙に感じます。

しかし、ナンピンなど、そもそも相場技術の一環として、私は普通に使っていますし、本日前場でも、空売りを利食いするのに、4分割で買い下がりしました。

もう、当たり前の技術で、当たり前のテクニックなのに、何で、頭ごなしに否定する輩がいるのか、私から見ると、全くといって意味不明です。

そもそも、ナンピンで勝ったら何故いけないのか、不可解(笑)

恐らく、ナンピンの技術をリスク管理の問題と混ぜこぜにして、闇鍋にしているからだと思いますが、もう少し勉強された方がいいと思います。

自分の信じたこと以外を拒絶する、攻撃する

真っ直ぐなんでしょうね。
いい人なのかもしれません。
戦前であれば、青年将校だった人でしょう(笑)

ちぇすとぉぉぉぉーーー!!

でも、相場で勝つにはちょっと、って感じなんだと私などは思いますがね。



思い込み激しい人というのは、まだ、人生経験が浅い、ということもあるのかもしれません。

キャバクラ嬢に入れ込んで、貢ぐ君する、というのも経験が浅い故の事例でしょう。
会社の金を使い込んで、女に貢ぐ、男に貢ぐ、ということも、経験値足りない、という典型です。

髪の毛茶髪に染めたイケメン兄ちゃんなら、女性経験豊富で騙すの難しそうですが、ナップサック背負ったアキバ系オタク兄ちゃんなら、童貞っぽくて、いかにも騙せそう、と思うでしょう。

手練手管のお姉さんにかかっては、経験の浅い若者なら、イチコロでしょう。

これと同じことが、相場にも言えるのですよ。
経験が浅いから、思い込みも激しくなってしまう、ということです。

いい言い方をすれば、一途

しかし、

酸いも甘いも噛み分けてきた百戦錬磨の武将なら、そんな「白か黒か」「0か100か」「右か左か」思考には乗らないのが普通です。



相場は、そもそも、狐と狸の化かし合い、ってところがありますから、童貞では太刀打ちが難しいんです。

キャバ嬢 VS ホスト、の戦いに、ノコノコエロ本中学生が迷い込んだら、イチコロ、って話しです(笑)

ここでは、「純情とか、一途」、というのは、「獲物とか、エサ」と同義語なんです。

本をいくら読んでもわかりませんよ。経験しないと。

いくらパターン覚えても無駄無駄。

あっちの方と同じく、こっちの方も(笑)

だからこそ、小さな資金で経験値を積むこと、くり返し覚えること、成功と失敗を繰り返すこと、がどうしても必要なんです。

しかも、年単位の時間。

まあ、しつこいようですが、1000本ノック理論です(笑)




さて、私はどちらかというと順張り思考ですから、逆張り思考の方が私に賛同してくださるのを最も嬉しく思っています。

技術的には、相対立する立場の者同士が、共感できること、それこそが本質なのだろう、そう思うからです。


権威者の言うことなど頭ごなしに信じてはダメだと私は思いますね。
例え、尊敬するジム・ロジャースやジョージ・ソロスが言っていた、としても、私は決して100%信じることなどしません。

間違いであってもなんでも、自分で考えることです。
しかも、結論は、常に不明確でしかありません。

白か黒はっきりさせないといけませんかね。

「答え」がどうしてもいりますか。

そもそも、何でそうなるのか、というと、

安心が欲しいから、パターン化したいから、考えたくないから・・・はっきりとした答えが欲しい。だから思い込む。

ということでしょう。

でもねえ、

安心したいんだったら、そもそも相場なんかやっちゃだめでしょう。

リスクを楽しむ、可能性を信じて飛び込む、ぐらいの気概がないと、相場などやってられませんよ。

そして、そんな白黒思考で、考えたくないのなら、相場で勝てるのか、と思いますね。

プリンターでも、白か黒、じゃなく、グレーとか、カラーとかあるわけで・・・

白黒思考ではなく、相場は常にグレー思考ですよ。

自然科学ではないのだから、過去と同じ値動きなど、存在しない。

全ては可能性でしかありません、答えなどそもそも存在しない、私はそう思いますね。

その「存在しないもの」を追い求めているからしんどいんです。そのことに早く気が付くべき、だと思いますね。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

私は水関係の仕事をしておりまして、例えば、水道水には法律で塩素が必ず添加されているわけなんですが、この塩素自体がそもそも猛毒でありますし、この塩素と水中の有機物が反応して生成するトリハロメタンという物質は発がん性があるのでその有害性というものが着目されておりますし、またカルキ臭の原因となったりします。
これだけ聞かされると水道水に塩素を添加するなんてけしからん、なんて話になりますが、実はこの水道水の塩素添加によってほぼコレラを撲滅させるという偉大な効果もあったりするわけです。

100%エエこと、か、100%悪いこと、ではなく、トレードオフの関係の中でいかにリスクをコントロールして効能を得ていく、より高い次元でバランスさせていく、という話なんですが、母や嫁の家庭の主婦にそんな事を話してもイマイチ反応が鈍くて、求めているものは100%エエもの、分かり易いもの、なんですねw

でも、世の中の多くの技術も、良いか悪いかで単純に語られるものではなくて、どのようにバランスさせていくか、という事になるのではないかと思います。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

塩素の話、すごく納得しました!!
とてもいい事例を出していただいて、感謝です!!

私の言いたいことは、まさしくそういうことなんですよ。
これは絶対、ということももちろんあるわけですが、かなりのものが、グレーの中で、ギリギリの選択をしていかないといけないわけです。

塩素の事例がいいのは、反対の性質を有していること。
時には毒となるが、時には有効性がある、いいものだからといって、そればかりに頼ってもいけない、とは言え、水道水を安全に飲むためには重要なアイテムとなる、という微妙なさじ加減が必要というところですね。

韓国歴史ドラマを見ていると、100%正義側と、100%悪の化身、という対立軸がわかりやすくて、悪の化身が常に正義の主人公を苦しめるが撃退する、という構図です。
実にわかりやすいので、娯楽としてはこれでいいと思うのですが、これを現実社会に持ってくるとダメなんですよねえ。

今回の選挙などは、グレー選挙でしたから、わかりにくい構図だったですが、「郵政民営化是か非か!!」みたいなのはやはりわかりやすい。

なによりも、AでなければBが明確なら、「絶大な安心感」がありますからね。
そして、同じ選択をする同士が同じ穴のムジナになれば、組織に属して守られている、というさらなる安心感が生まれるわけなんです。
この安心感を求める心が、大衆心理に巻き込まれる構図となっているわけですからね。

そして、安心感を求めて、Xになれば買う、というパターン認識を多くの人が求めてやまないわけですが、相場がそう単純なわけもありません。

こうして、良いか、悪いか、二者択一を多くの人が求めるのですが、相場では無いものねだりとなって、結果として、それを追い求める人を苦しめることになる、という構図があるわけです。

そもそも、トレーダーは、孤独を愛し、孤高を旨とするぐらいでないと、集団に巻き込まれてしまいます。


タカユキさん、「グレー同盟」会員番号2番、を進呈します!!

わかった気になる

あらなみさん、こんにちは久々のアップですね。

記事を拝読させていただいて、ひとつ思ったことがあるのですが、例えばソロスの言うことを信じるという人がいたとして、でもまずほとんどの人間は実際ソロスに会ったこともないわけです。話したこともない。仮に講演を聞いても似たようなものです。でもソロスの話しているインタビューとか雑誌記事とか、それを読んで、なるほどと気づきを得て、それで実際売買したとする。でもその売買をソロスに見せたら、自分はそんなこと言ってないとか、その局面ではそう言ったけど、ここは違うでしょ、とか。そんなの当たり前に起きるわけで、人が何か言っていたところで、そうそこで言ったという事実を受け止めるのは良いけど、多くの人はその言葉をヒントに実は自分に都合よく話を作り変えている。こういうケースが凄く多いと思ってます。わたしはビジネスでそういう人をたくさん見てきました。本人は言われた通りやっているつもりなんだけど、全然勘違いしてるとか違うことしてるとか、でも本人は言われた通りやっているつもりなんで、うまく行かないと教えた人間のせいにするんです。当たり前だけど、聖書を読んでもキリストにはなれないし、デカルトの本を読んでもデカルトにはなれないどころか、そもそもちゃんと理解もできない。まずわかった気になるというのは恐ろしいことです。

まあわたしみたいに一から自分で考えるとこういう紛れがないのですが、、、笑

今年もお世話になりました。
良いお年を、早いかもしれませんが、最後のコメントかもしれませんので、

Re: わかった気になる

ハルトモさん、こんにちは。
こちらこそ、色々とお世話になりました。

大物投資家の発言というのは、2つのポイントがありますね。
1つは、「ポジショントーク」、つまり自分のポジションのためにする発言です。
もうひとつは、本当に勝負している時には、絶対に何も言わない。
どうでもいい時だけ言う。

そもそも、どうでもいい時の相場観など、大物であろうが、評論家であろうが、当たりはしないですから(笑)

昔、野川氏のセミナーに行った時に、肝心の話の時にはうたた寝していた回りの人たちが、最後に相場見通しの話になったら、むくっと起きだして、必死でメモ取っているのですよ。
あらあら、そんなことなのかなあと(汗)

この話を後で野川氏に話したら、苦笑い(笑)

だいたいまともな相場観を言う人って、数多くの前提条件を持って言っていることが多いのです。
それを無視して、結論だけを取り上げてもほとんど意味がありません。
前提が日々変化するので、おっしゃるように明日にはもう反対に変わっているかもしれない、ってことですからね。


>多くの人はその言葉をヒントに実は自分に都合よく話を作り変えている。こういうケースが凄く多いと思ってます。

激しく賛同します!!
本来は、全部を聞いて、俯瞰すべきものなのですが・・・そうではないのですね。
結局、自分の意見と合う部分だけを抽出して、主観的に聞き取っているだけなんですよね。
そもそも、自分に理解できないプロセスの部分とか、前提は完全に無視。
結論の部分だけを取り上げて、「ソロスはこう言っている」となる。
しかも、自分の都合がいいところだけを聞いている、ということです。
場合によっては、説明上言っただけの一部分を結論にしてしまうケースすらある。

そもそも、配信している記者が、ニュースの時点で既にそういうフィルターかけてくるから、本当に本人が言ったかどうか、相当怪しい、って話しですからねえ。

だから、ホントは、真逆の話を言っていたのか、ということすら起こりますから、びっくり仰天、大ドンデン返し、ということもあり得ますからねえ。

そういえば、今朝もジム・ロジャースの来年の見通しが日経の一面に出ていましたね。

あらなみさん、こんにちは

今年もたいへんお世話になりました。
勉強させていただき、感謝しています。
いいたいことはたくさんあるように思うのですが、
端的にひとつだけ。

わたしは原則的に逆張りの立場ですが、
あらなみさんのおっしゃることに全面的に賛成です。
つまり、順張り・逆張りなんて、どっちでもいいような
そんな気がします。それだけ、申し上げておきたいのです。

よいお年をお迎えください。
新年も、よろしくお願いいたします。


Re: あらなみさん、こんにちは

虚無僧さん、こんにちは。
こちらこそ、いつもコメントありがとうございました。
励まされています。

私も、どちらかというと順張りですが、そもそもそんなに順とか逆とか意識していないですからね。
今日ここまでは、順張りだけでした、ただ、たまたまです(笑)

虚無僧さん、新年からもよろしくお願いします。

No title

グレー同盟認定どうもありがとうございます。(笑)

私は最近ちょっと出世しまして、中小企業の創業者の二代目社長と話す機会が増えたのですが、それで最近よく考えることがあるのですが、普通に平凡に生きていると、自分自身でものを考えて決断して選択する、と、いう事に、人はあまり慣れていないのではなかろうか?と思うのです。

自分で決断し、リスクも受け入れたうえで、自分で仕切ってコントロールしていく、と、いう感覚でしょうかね。

他人様が用意してくれたものを受け入れることに慣れきってしまって、疑問を感じることすらなく、ひたすら受け身、が染みついてしまっている、という。

取り敢えず勉強して、取り敢えず大学入って、取り敢えず就職して、取り敢えず仕事頑張って、、、主体的にやっていることならいいのですが、大体数は取り敢えず、という感じでしょうから、よくよくものを考えて自分で切り開いていく、という習慣がついていないのではないかと。。。

社長と話をしたりして思うのは、ものを決断するにあたって、経験が足りないので、妥当であろうと思える自信が持てない、ということと、何かアクションを起こした際のリスクをとても怖がっている、このリスクというのが、金銭面ではなく、間違ってしまう自分というものをとても怖がっている、というのが透けて見えてしまうのですね。

ですから、言う事は、コストを削減しましょう、とかの誰でも言えるような取り敢えず正しいとされるような事ばかり。実務面での具体的な提案、決断ができないのですね。いくら私が感情を抑えて、ドン・コルレオーネの如く、理を説いて丁寧に説得しても、、、決めれない、判断は取り敢えず保留して検討してみます、な感じなんですね。今まで誰かが用意してくれた、誰かが決めてくれた、でも、アンタが決めなイカンのやで。

相場は全て自分で決断して自分でケリをつけなければなりませんから、普通に平凡に生きてきた人にとっては向いてないのでしょうね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。