スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無自覚の怖さ

2015/02/04 Wed

コメントありがとうございます。

例によって、私のレスが遅くなってすみません。

参考になるコメントがありました。私のレスが長くなりますので、記事で書いておこうと思います。



悠々さんからのコメントです。

あらなみさん、はじめまして。3年近く前にFXを始めたものの、今なお勉強中の者です。当時ネット上の情報の怪しさに辟易しながら、あらなみさんの書評ブログに辿り着きました(立花さんの本、とても良いものでした)。
以来ずっとステルスで講義を受けていたのですが、この記事のパンさんへの返信に感銘を受け、思わず書き込んでしまいました。少し前の記事へのコメントですみません。

>「全部自分の都合」

まさしくはっとしました。自分も似たような事で悩んでいて、「期待通り含み益が出たのは良いけどどう見ても上値ブロックされてる、切りたいああ切りたい、でも利確はできるだけ遅らせろっていうし待つしかないのか……あーやっぱりナイアガラ来ちゃった」みたいな事の連続で、こういう場合にどうすれば良いのか分かりませんでした。

ですが恐らく(違ったらすみません)、こんなジレンマも結局は『自己都合』なわけですよね。自ら相場を動かす事ができない以上は相場に合わせて動くしか無い。……当たり前にも程があり、今まであらなみさんがそう言われる度にうなずいてきたというのに! 今回ようやく一歩先の意味に気がつけたように思います。初心者と上級者の差は、言葉の含意を受け取る能力にもあるのでしょう。

たぶん、決断そのものは自由なのだろうと思います。「どうにも上値重いし切ってドテン」「サポートが信頼できそうだから押し目買い」はどちらも相場に合わせようとした選択。しかし「損失出したくないから利確」「利益を引っ張る練習のために待ち」だと自己都合。相場判断そのものより自己都合で売買する事が、そして何よりそれに気づけていない事こそが大きな問題。とても大切な事を聞かせて――否、少しだけ解らせて頂きました。ありがとうございます。

(だってあらなみさんいつも言ってたじゃん! 俺自身いつも自分に言い聞かせてるじゃん! なのにまるで解ってないような事が、相場にはきっと沢山あるんだよ、俺たちゃ評論家じゃないんだ!)

……失礼しました。素人丸出しで大恥掻きそうで震えてます。毎年きれいにスプレッド分ずつ授業料払ってるような未熟者ですが、あらなみさんのおかげもあり取引内容自体は幾分ましになってきていると感じます。今後もご指導いただけたら幸いです。長文失礼しました。





悠々さん、ご自分で気がつかれたのですね。

「全部自分の都合」


これはなかなかできることではありません。

基本無自覚にやっているので、自分で気がつくことは稀です。



この件も含めなのですが、まさしく悠々さんが書いておられるように、人というのは、

やってはいけないと知っているのに、無自覚でやっていること

ということが、実に多いのです。


他人のことなら気がついても、自分のこととなると、まるでわかっていない、ということは実は非常に多いんです。


例えば、

待たされると、イライラする癖に、平気で人を待たせる

あの人は人の話を聞かない、といいながら、自分は全然人の話しなど聞いていない

人の話を全く聞かずに、自分のことしかしゃべらないから、会話が成立しない

なんだあいつ偉そうに、というあなたがもっと偉そうなんですけど

人が困っている時にまるで助けようとしない癖に、自分が困っている時、誰も助けてくれない、と怒る

政治家は自分の事しか考えていない、と文句を言うが、それを言っている本人こそ自己中で、自分勝手

あの人は本当に迷惑な人だ、と言っているあなたが今やっていることこそ本当に迷惑なんですけど

人から無視されたと怒るのだけど、自分こそ全く他人に配慮しない

高校生が電車の車内でうるさい、と言っているおばさまたちの方がよほどうるさい

ニュースを見て、ひどい奴がいるものだ、というあなたのやっていることの方がよほどひどいですから

メールの返事よこさない、と言っているあなたからきちんと返事もらったこと無いんですけど

世話をしたのに感謝もない、と文句言っているあなた、自分が世話をされても、一言もありませんよね




とまあ、いくら書いても書ききれないほど、自分のこととなると、見えてはいないのです。


これは、基本的に、人は自己中心的であり、結局は、自分の事にしか興味が無い、ということから来ています。

その傾向が強いか弱いかはあっても、大なり小なりこの思考の癖はある、ということです。

本人には、悪気は無く、気がつかないだけで、特に「天然系」の傾向がある人はこういうことを本当に平気でやってしまいます。
見ていて、見事過ぎて、笑ってしまうことすらあります。



トレードでもこの傾向は同じです。

自分はきちんとやっている。

ルールに基いてちゃんと相場を張っている。


そういいながらも、やっている内容を見ればメチャメチャ。

感情の赴くまま、自分の都合のまま、守銭奴むき出しで、それを隠そうともしない、という感じです。

そもそも自覚が無いから、隠すこともできないのですが。

相場は相場に対して正しくあるべきであって、拝金主義になって、守銭奴になったら、相場では確実に負けます。

相場は相場の都合で動いているのであって、その人が勝とうが負けようが、そんなことは全く関係ありません。

しかし、本人は、守銭奴になっている自分自身に対する自覚が全くといって無いことが多いのです。

守銭奴になれば、結果的に、相場に追い込まれて、最悪のところで売買してしまう結果となることは、目に見えているわけです。

相場がそのように動くからです。

というより、むしろ、大勢が守銭奴となって自爆することで、そういう値動きを自らが演出するという結果になるわけです。



回りから見れば、「何熱くなってんだ」そんなことしてたら負ける、ということがわかっていても、本人にはその自覚が無いのです。


tenさんが同じことで、次のように書かれています。

株をやりはじめた頃はわかっている様でわかってない事や頭ではわかったつもりになっていてもいざ戦場に出ると自分の行動と考えのチグハグを正していく事からはじまり・・・

このとおりですね。
わかっているつもりで、戦場に出れば、全部すっ飛んでしまって、まるで行動が伴わない、という事体に陥るわけです。
理屈で知っていることと、実際にできることとはまるで違います。

知行合一、といいますが、まさにこのことです。


こうやって今私の書いたことを読んでいても、「誰か他の人のことでしょ。」という感じで、実際に守銭奴やっている人が読んでいることを私はよく知っています(笑)

自分のことだとはつゆほども思っていないのです。


この

無自覚

ということが実に恐ろしくて、先ほどの「天然ボケで平気で人に迷惑をかける」のと同じ状態になっています。

悠々さんが図らずも書いておられるように、わかっているはずで、そうしてはいけないと自覚しているはずなのに、やっていることは、全然違う、普通にやってしまっている、ということが頻繁に起きるわけです。


上級者に指導される機会がある幸運な人を除けば、そういう自分を修正してもらえる機会は殆どの人が持っていません。

というより、そういう千載一遇とも言える幸運でさえ、自分勝手な目先の欲望で、反故にしてしまう、自分の思いを優先してしまう、という事態が起きるということを知っています。
それほどに、自己都合取引というのは、深刻で抜けることが難しいと言えるでしょう。

逆に言えば、そういうほとんどの人が克服できないままの困難さを克服できたからこそ、少数の勝ち組へ脱皮できたのだ、とも言えるのだと思います。

簡単に克服できることなら、みんなとっくにやっています。


結果として、無手勝流で、自分勝手なトレードを延々と続けることになってしまうのです。

そして、自分では、

きちんとやっているつもりになっているから、何故上手く行かないのだろう


と頭を抱えることになるわけですが、

実は、全然きちんと出来てなどいないことがそもそもの原因なんです。

これは、自己中で自分勝手な自分都合取引だけではありません。

他にもいくらでもそのようなことは起こっています。

ただ、無自覚なだけなんです。

全部、やってはいけない、とわかっているけど、無自覚でやっている、というところに問題があることです。


では、どうしてその悪の状態から脱出するのか、ですが、先ほど書いたように、上級者が見れば、簡単に見抜きます。
何故なら、そういう状態を克服できた人が上級者だからです。

しかし、そういう機会が無い人はどうすればいいのか、というと、一つあるのは、自分のトレードを客観視するために、トレード記録を詳細につける、ということがあります。

何故エントリーしたのか、何故エクジットしたのか


これを詳細に記録するのです。

こうすると、「そこで書いた何故」という部分に問題が出てくることが多々あることに気がつくでしょう。

こういう記録を取っていないと、どうしても、客観的に自分のトレードが見れないことから、無自覚におかしなことをやっていることが、記録を取ることで炙り出されてくるわけです。

そこで書いたことが、相場の都合であったのか、それとも自分の都合であるのか、はっきりと見えてきます。

それだけではなく、トレードを客観視することによって、自分は何をしていたのか、が改めて気がつくことにもなってきます。

自分でやっている売買は、ご自分が思っているほどわかってはいません。

自分で何をやっているのか、はっきりと自覚できている人は多くない、と思います。

その場、その場では、取ろう、取ろう、勝ちたい、勝ちたい、当てたい、当てたい、ということが必死で、気がつけば、守銭奴となっている、ということに陥ってしまうからです。

実戦とシミュレーションが何故これほど違うのか、と気がつかれた方もおられるかと思いますが、金がかかると人は変わります。

こういう記録は、面倒なので、やっていない人がほとんどですが、これをやると、かなり違ってくると思います。

1000本ノックで、より効果的に練習する方法は、練習記録をきちんとつける、という地味で面倒なことなんです。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

あらなみさん、こんにちは。

自分を良く見つめて自覚することはなかなか難しいですね。(自分の場合特に)
相場だけでなく人生においてもとても大切なことですね。
あらなみさんのお言葉はいつもとても奥が深いです。
「無自覚の怖さ」しっかり胸に刻みたいお言葉です。ありがとうございます。

「知行合一」これも難しい・・・
つい横を向きたくなる場面が訪れると向き合うのにかなりのエネルギーが要ります。(自分の場合)
まだまだ未熟な自分です。


>自分のトレードを客観視するために、トレード記録を詳細につける、ということがあります。
>何故エントリーしたのか、何故エクジットしたのか

相場で反省する材料ってトレード記録しかないですよね。
大損した時は記録をつけるのも嫌になります。だけどこの記録が一番参考になるんですよね。
最近はその時感じていた自分の心のうちも記録するようになりました。
(でもやっぱり大損した時は当日に記録できず数日後になってしまいます・笑)

Re: No title

asukaさん、こんにちは。

こう書いている自分でも、この通りには行かないものですからね。

どう解決するか、ですが、トレード記録ぐらいしか見当たりません。

無意識にやってしまっていることをあぶり出す、というのは、意外と難しいのですよねえ。

大損したときは、飛躍のチャンスです。
私の場合はそうですよ。

No title

あらなみさんはスキャルピング中心の
トレードだそうですが、
スキャと言うのは上下突っ込んだところ反転を期待して
逆張りで売ったり買ったりするものと理解しています。
逆張りは自己都合ですがあらなみさんの
順張り相場都合のスキャとはどのようなものでしょうか?

Re: No title

とんぼさん、こんばんは。

スキャ=逆張りという認識は私にはありません。

スキャとは、非常に短期のトレードを指すものだと認識しています。

また、逆張り=自己都合、という認識もありません。

順張りであっても、逆張りであっても、値動きを見て売買する限り、相場都合だ、と私は思います。

これも人それぞれの定義になってしまいますので、これは私の定義だけなのですが、自分の懐具合での売買こそ自己都合だと認識しています。

No title

あらなみさん、お返事ありがとうございます。
また変な質問する初心者ですが宜しくお願いします

No title

こんにちは。
『無自覚』と言えば、あれは丁度1年ぐらい前、まだ月次でプラスになった事も無いどん底の頃だったでしょうか。
自分ではそれなりに慎重にエントリーやロスカットを行なう事ができるようになって来たつもりだったのですが、その日はバタバタ多数取引して大敗。
後場終了後、いつものように取引記録をエクセルのシートにダウンロードしてみたら、記憶に無い大きなロスカットが・・・

時刻、値段と日中足を見比べると、どう考えてもあり得ない、売りと買いを間違えたとしか思えないような変な取引をして結構大きなロスを出してました。
しかも数時間前の出来事なのに全く!思い出せない(汗)
ホントに自分の脳はどうなってるのかと呆然としました。

今ではさすがに手数も少なくなり、エントリーやエグジットの基準もブレなくなってきましたので、判断が若干遅れて『しまった!』とかそういうミスは多少あるにせよ、後になって何をやっていたか全く思い出せないような恥ずかしいバタバタは無くなりましたが・・・
以前はロスカットが連続したりすると文字通り頭の芯が痺れるような感覚になり、自分でもいかんと思いながら『くそーっ』と次のポジを取ってしまったり。
本当に『トカゲの脳』はコワいですね。

またいつかそんな状況に陥らないように、危機管理をしっかりして、また心の準備につとめたいと思います。

Re: No title

とんぼさん、こんにちは。

いろいろ書いてくださって、ありがとうございます。

わかりにくいところがあったら、またご質問ください。
私も、質問で気がつくことが多いので。

Re: No title

gr8さん、いつもコメントありがとうございます。

書いておられること、本当の意味での「無自覚トレード」ですねえ。

私も毎日大量に(多い日だと50トレードぐらい)トレードしますが、ここまでの無自覚はほとんど経験がありませんねえ。

ただ、勢いでついついということはやはりありますので、自分で記事書いておいて何なんだ!!という感じですが、自己都合になっていることはやはりあります。

勢いでやるときは、もう「こんなことしたら負けるな!!」と思っていても、やっちゃう、という感じなのですよね。気をつけないと。

この場合、結構自覚があるんですよ、実は。それでもやる、という感じ。

毎日毎日がトレードの日々なので、ついつい惰性のようになることがあるのですよね。

そうすると、厳しいお灸が待っているという現実(汗)

今日も、気がついたら金曜日(笑)

金曜日の後場は、つい和んでしまって、流すことが多いです。

これも、バリバリの自己都合、ってやつですがね(笑)

私も、結構やってます、自己都合・・・でも「やらないように努力はしています。」

No title

あらなみさ、失礼します。
デイトレードを1日で多い時に
50回取引されるとの事ですが
往復の回数でしょうか?
また平均してどのくらいの回数取引されますか?

No title

何回も失礼します。
デイトレードと
スキャルピングで
参考になる本を教えてください。
宜しくお願いします

Re: No title

とんぼさん、こんにちは。

50回・・・片道です。

平均片道で20回ぐらいでしょうかね。

デイトレ参考書ですよね、やり方を書いているようなものをお探しなんでしょうね。
何がいいんだろう、それぞれ一長一短があるので、多くを読むしかないと思うのですが。
トレーダーを紹介しているようなムック本とかがいいんじゃないかと思いますが。

No title

ユーロはsell the fact でちょっと反発持合い傾向の相場ですが、ショートすればどこでも儲かった下がりっぱの1月の相場とはずいぶん違った感じです。改めて相場の環境の違い、ステージの差、といったものを感じさせる思いです。

相場が上手い、生き残れる、なんとかかんとか利益を出して継続していける、と、いうのは、いかに適切に相場に対応できるのか、と、いうことにかかっているのでしょうね。

もちろん、相場は右端は白紙の世界ですから、いかに、適切に相場に対応する、なんて言っても簡単なことではないですが、、、変化の予兆というか、おや、少し警戒したほうがいいのかも?、とか、あれ?、これそろそろ来るの?、と、いうようなことも、しっかりと観察していればあるように思えるのですね。

2007年8月の相場は、ドル円も日経も前の上海ショックの安値を破りましたし、ファンダ的にも暗雲が込めているので、長期上昇トレンドに陰りが見えたのかも・・・

2008年3月のドル円は、陰線を連ねて100円を割ってさらにふるい落としで4円も落ちれば、いくらなんでも、下落エネルギー一旦放出、で、反発来るかも・・・

逆に2010年5月のドル円ギリシャショックは、大きな下落トレンドの中のよたよたした上昇傾向の中で、節目95円を攻めきれずに、一晩6円落ちの大崩落ですから、これは趨勢がはっきりしたというか、大きな下落トレンド再開のサインなのではないか・・・

2012年の10月頃のドル円相場では、バーナンキ議長がQE3決定しても弱弱しく77円に向かって下がるも、弱弱しく反発、これは、出尽くし感のあるQE3より、地蔵と思われた白川総裁の姿勢の変化と、白川総裁の退任による日銀の姿勢の変化に、市場は目を向けているのではないか。。。

後出しでこんな解説的なこと言ってもさっぱり意味ない、ということはよくわかっております。

それは私も見誤った相場、と、いうものも数多くありますのでね。

だからこそ分割売買というものがあるわけでして。

探りを入れて、感触を確かめて、、、

そりゃあ、絶対上がる、絶対下がる、ンであれば、私もドンッとやりますよ。

しかし、ここは一発勝負で、、、なんて場面は、相場にはほとんどないですし、相場は常に移り気で何がどうなるかわからない世界ですから止めといたほうが無難なのではないかと思います。

相場に敬意を表する、と、いうことで(笑)

相場の取り組み方にもよるかと思いますが、普段そういう風に慎重に相場に合わせて、、、と、やっているのに、時々、ドンッなんてやっていたら、そりゃあ売買を乱しますよ。フォームを崩すというかね、はい、私のことですがw


・・・


とにかく、なんとかかんとか相場に合わせていく。

合わせていく、に当たって、やらずに様子を見る、と、いうのは有力な選択肢であるのは言うまでもないことですね。為替の動きの場合、待っていれば必ず相場は変化を示しますからね。

やらなきゃ損はしないわけで、待っている間にも相場は進んでいきますから、それを見て判断して手を出すのであれば、のべつ幕なし手を出して無駄にヤラれたあげぐに、よりは有利ですよ、それは。

待つ、と、いうのは有利な手、なのですね。

そして、相場に合わせていく、にあたって、そこには自分の都合というものは全く関係のないことなのですね。

上昇トレンドでそれまでいくら儲け続けていても、相場が変化を示せば、もうそれは終了、なのは当たり前、、、です。

相場全体が迷っていて、持合いで方向感がはっきりしないのに、トレンドが出なければ儲からないような売買を繰り返していては、引かされまくるのも当たり前、、、です。

そういえば私の友人は新興株の売買が好きみたいなのですが、、、ドル円80円くらいのときは新興市場なんてほとんど死亡していたかと思うのですが、、、何故だか私の友人は新興市場にしがみついて相場をやってたようなのですが、何の関係もない私からすれば「そんな死んでる市場にしがみついてる意味あるの?」、なんて思ったりしたものなのですが、渦中にいる友人にとってはそうでもないようなのですね。
おっと、何だか私の友人と何だかかぶってしまうような、、、まあ、今は相場環境は良いのでしょうが、、、果たして環境が変化しても、、、やっちゃうんだろうな・・・、そういう気配、感じます。余計なお世話ですね。偉そうでスイマセン。

自分の都合から離れて、相場の都合に合わせる。

客観的、俯瞰的、鳥瞰的、というような言葉の視線が必要になるのでしょうね。

長々と失礼いたしました。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

ガッツリとコメントいただきました。ありがとうございます。

相場は変化するんですが、人は「恒常性維持機能」を持っていますから、なかなか変われません。

特に、過去の成功体験があると、そこのガッツリとしがみついてしまって、もう相場はそんなところにはないんだよ、と言っていてもお構いなしなんです。

いわゆる、手法ややり方にこだわる人はこうなりがちですね。

新興株へのこだわりも、かなり多くの方が持っておられるので、こういう季節労働的マーケットにずっとへばりついて離れないでおられる。

よくあるケースです。

簡単に言えば、習慣化してしまってるんですよね。

こうなると、ワダチから出れなくなる。

難しいものです。

No title

>>もう相場はそんなところにはないんだよ

この言葉の感覚はよくわかります。上手い表現だなぁ、と感心しました。

・・・

ところで最近このブログは、字が小さくなっていないでしょうかね?私のパソコンの設定の問題なのでしょうかね?

Re: No title

タカユキさん

変化することが相場の常ですからね。

ブログの字の件、特に触った覚えが無いのですが、ちょっと調べてみますね。
前から、ちょっと字が小さいとは思っていたので。

No title

字、直りましたね。私としてはこのほうが見やすくて良いなあと思います(笑)

変化に対応できないということは、無自覚のうちに、勝味やスリルを追い求めてしまっている、ということもあろうかと思います。

完全な自己都合ですが、自覚するのは困難なので気を付けたいところです。

Re: No title

タカユキさん

文字の大きさの変更とか、するところがなくて、何もしていません(汗)


No title

ひと月くらい前から、文字が75%くらいになりましてですね、(家と会社の両方のパソコンで)、

それで、昨日の晩に家のパソコンのほうでは直っておりまして、ああ、わざわざ直して頂いたのかと思っておりましたが。。。

家のパソコンの表示では今も直ったままですが、今日の昼間に見た会社のパソコンではまだ小さいままでしたねえ。

???

何だか変なこと言ってスミマセン。

まあ、どちらでも良いと思いますけど・・・

謎ですね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。