スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檻の中のネズミ

2013/02/24 Sun

檻の中にずっと閉じ込められていたネズミは、入り口が開いていても、外に出ようとしません。
何故なら、そのネズミにとっての限界は、檻の中なので、外の世界という概念が無いからです。

実際、我が家のハムスターもそうで、入り口が開いていても、外には出ようとは決してしません。
先日など、間違って一晩中開けっ放しになっていたのですが、ちゃんと檻の中で過ごしていました。
冒険心旺盛なハムスターだと、すぐに外へ出ようとする個体もいますが、今のハムスターは、歴代ハムスターの中では、一番臆病なハムですね。



さて、本年に入って、信用取引の担保規制が緩和されました。
年初からの相場上昇もあって、個人の売買代金は、ネット証券を中心として、激増している様子です。

振り返って、自分自身のことを考えると、1月は担保規制緩和が始まったばかりで、檻の中のネズミ状態であったという感じです。
これまで、自分が何年間も馴染んできた限界というものが脳の中にできあがっていて、担保規制が緩和されていても、馴染んだ限界を超えることはほとんどありませんでした。

さて、今、もう規制緩和から2か月近くが経過しようとしています。

さすがの私も、ちょっとずつ檻の外へ恐る恐る出始めている、というのが実態です。
臆病すぎるじゃないか、何やってんだ、という声もあるとは思いますが、それが長年馴染んできた習慣のなせる業なんでしょう。

また、そういう限界を前提としたやり方を続けてきた、という習慣からなかなか抜け出せないでいる、ということでもありました。

まだ、檻の周りをうろちょろしている程度ですが、最近は、担保のことを気にせずにやっとトレードできるようになってきました。

というより、気がつけば、昔ならとっくに担保切れになっていたであろう状態が出てきつつあります。

お前、遅すぎるだろう!!

と言われるかもしれませんが、それが私ですので、仕方がありません。

自然な流れで、感覚が慣れてきて、

気が付けば、そうしていた、気がつけば変化していた

というようなことが私には多いです。

長年デイトレードをやってきた他の人はどうなのか、よくわかりませんが・・・


これは、環境変化に対応する、といったことでも同じです。
もっと要領よくやればいいのですが、なかなか簡単には行かないことが多いのです。

ガンガンの上げ相場なら、

どこかで買って、オーバーナイトすりゃいいんだよ!!

と言われても、長年のリスク感覚がそれを許さない、といった感じです。


実は、自然な感覚をこうやって頼りにすると、私の経験上、本当にその環境に馴染んだ、というのは、だいたいにおいて、3か月ほどかかります。

1か月目は全然馴染めず、2か月目は恐る恐るで、3か月目はだんだんと馴染んできて、4か月目に入るともう昔からそうだった、という感じに慣れてくる、という感覚を持っています。

これは、他の人でも同じだと思うのですが、ようやく値動きも3か月目に入ると、それに馴染んで、抵抗がなくなってくる、というのが、人の感覚的なものなんでしょう。

人の感覚というのは、かなり保守的にできていて、しばらく時間の経過を経ないと、変化を受け入れないものだ、と思うのです。

そういう意味で、昔から、一回りで3か月、というのは、この人が馴染むというサイクルが影響しているのではないか、と思うのです。

林本で言うところの、3か月波動理論、ですが、この人の感覚、というものが影響してそういう変化を起こさせているのでは、という感じを私は持っています。

つまり、トレンドが発生した当初は抵抗する人などもいたのが、徐々にみんなが馴染んできて、そのトレンドに乗っかるのが当たり前になっている時期がちょうど3か月程度で、みんながそう考えるようになる時期を見計らって、相場は皮肉にも反転する・・・というよりも、みんながトレンドが続くと思うということは、もう買いたい帆人は買ってしまったので、次に買う人がいなくなった、ということではないのか、などなど、思っています。

そもそも、トレンドが続くということは、徐々に、そのトレンドに賛成票が入っていくプロセスだ、とも言えます。
全員が賛成票を投じたら、次に賛成票を入れてくれる人がいなくなるので、バケツリレーが成立しなくなります。
反対票の人が寝返ってくる時期、すなわち「懐疑」の時期こそがトレンドにとってしっかりしている時期で、みんなが「そうだそうだ!!」と賛成するようになったら、次の受け手がいなくなるのと同じなので、危険だと考えるべきなのでしょう。

今回の上げ相場も、安値からの反転当初は怖くて買えなかった人たちが、そろそろみんな大胆にオーバーナイトしてくるようになったのでは、とも思いますが、ここらで3か月、どうなるのでしょう。



さて、そういう環境で、1月の投資家別売買代金を見ると、売買シェアの約60%が外人投資家で、約30%が個人投資家でした。

相変わらず売買の60%ほどが外人なので、相場の大きな流れは外人が作る、と考えておくことが必要でしょう。

一方で、担保規制緩和の影響もあって、個人が30%と勢力を高めています。
このうちのかなりの%がデイトレードであろう、と推察されますが、この変化によって、微妙に目先の値動きも変わってきているように感じています。

主体とする投資家がどのように変化し、その結果値動きにどのような変化を生じさせているのか。理解しておく必要があるでしょう。

環境というのは、気がつけば、変化しています。

しかも、たちの悪いことに、ちょうど馴染んだあたりから、また変化するのです。

変化というより、生物の進化のように、よりマーケットは洗練されてくる、といった方がいいかもしれません。
というのは、取れるような値動きには、すぐにみんなが気がついて、参入してくるからです。
そうなるほど、相場で取るのが難しくなってきます。

こうした変化に耐えられない人は、消えていくしかありませんので、厳しい世界だと改めて思います。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

感覚の慣れ

あらなみさん、こんにちは。

先日連敗以降、色々と試行錯誤しながら日々対応しています。
この1ヵ月を振りかえって、全く持越ししなくなりました。
持越ししていれば良かった場面も多々ありましたが、連敗以降自分の考えに変化が発生した様です。

今は、「良くいままで持越ししていたなあ。去年は新興株を持越ししていたけど、よくやっていたものだ。今は絶対できない。」と感じています。
新興株では最近カイオムが凄い動きをしていましたが、昨年これをトレードしていました。
今思えばよく利益が出たものだと思ってます。

連敗以降、リスクに対して敏感すぎる状態になっている様で、トレードも以前と違ってきました。
以前は値幅を狙っていたのですが、最近は自分の決めたリスクリワード内できっちりトレードしています。
自分のリワードが取れたら、あとはそれ以上動いても気にならなくなてきました。
以前は「もっととれたはずだ。取り損ねた。」といった感情がありました。

今は自分の中で何か新しいモノを習得する過渡期なのかもしれません。
しばらくは相場の動きに翻弄されることないように気を付けてトレードしていきます。

No title

私は好奇心の強いハムスターの様です、よく言えばね。
よく確認せずにに檻から出てしまい、痛い目にあってからやっと本質を探るような質ですね。困ったもんです。

1月に早速やってしまいましたよ。えぇ。
感覚としては「今までの3倍、いや5倍は稼げるでえ!」というくらいの好調が月半ばまで続いていたので、リスク感覚がおかしくなってしまいました。その後痛い目を見たのは言うまでもありません。

賢者は歴史に学ぶ。愚者は経験に学ぶ。つまりこういうことですね。

No title

>この変化によって、微妙に目先の値動きも変わってきているように感じています。

この文章が強く印象に残っており、数日いろいろ思案してました。
板と日中足チャートが私の情報の大半ですが、板の動きを見るのは難しいと、特に今年に入りそう思います。板の何を見て、何を見ないようにするか。板なしではとてもトレードできないですが、板の情報の「捨て方」に試行錯誤の毎日です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 感覚の慣れ

歳三さん、おそくなりました。

楽観して、やられて敏感になって、そして、また楽観して、また、やられてリスク過敏になって、と何度も繰り返していくうちに、自分のフォームが固まってくるように思います。

おっしゃるように過渡期だろうと思います。

私の経験から言わせてもらえれば、ある程度繰り返すと、もう自分のそういう行ったり来たりということもパターン化して、最終的には、枯れてくるものだと思いますね。
枯れてしまうと、もうお調子に乗ることもなければ、敏感すぎるようになることもなく、もっと淡々と相場に取り組めるようにはなります。

ただ、そこで逆に問題になるのは、「もっと調子に乗って攻めんかい、アホ!!」といういい局面でも、攻めきれない、ということなのですがね(笑)

かなり時間と経験値がかかりますが、今はそういうものだと受け止めればいいのだと思います。

Re: No title

落ち葉さん、チャレンジ精神旺盛で悪くはないと思いますよ。

やはり守りに入ってしまうと、相場環境は変化するので、いずれ負けに入ってしまいますから、いつまでもチャレンジする心を持っておかないといけない、と私も思っています。

ただ、お調子者は、痛い目に合うように相場はできていますよね。難しいものです。

ちょっと調子に乗ると・・相場が、「こらっ!!」と怒ってきますね。

Re: No title

落ち葉さん

板情報は大切ですが、それによって力関係を読むことは簡単ではありませんね。
一番読めるのは、リスクでしょう。
板がスカスカな銘柄にに入ったら、出るのが難しいのは必定です。
自分のポジションと板の厚みとの兼ね合わせですが、板の大量ぶち抜き損切り、というのは避けたいところですよね。
時々やってしまいますが(笑)

ところが、逆に板が薄い方がよく動くので、これが厄介なんですよね。

次に、板は、厚い方に動くことが多いので、薄い方に味方するという逆の理解をしておかねばならない感じです。

などなど、キリがありませんが、日々板と格闘していると、見えるものがどんどん増えると思いますね。

最近、もっと変化が起きているのが、この板情報の変化なのかもしれません。

No title

「チャレンジ精神」と解釈されるとはポジティブシンキングですね!さすがあらなみさんです。お陰さまで気が楽になりました。

頭を垂れる稲穂の所と、ビクターニーダーホッファーの話に涙される話は、極私的に永久保存版です。先ほども拝読いたしました。

板情報はほとんどがダマシと思って見ていますが、それにしてもデイトレーダーの技術向上は著しいですね。売り板の厚い蓋が白々しくブレイクしても飛びつく買いが来ませんね。むしろ売りが湧いてきます(笑)

後場はお調子者に天罰が下りそうなので休もうかとも思っています。そう思っても、チャンスが来ると勝手にクリックしてしまう、この指が。。。
休むも相場ですが、休まないのもまた相場なのですね。相場技術研究所を読むとつくづくそう思います。

返信ありがとうございます

時間を見ましたら場中にコメントへの返信をさせてしまい、すみません。いつも下らないつぶやきコメントばかりの私ですのに恐縮です。

私が今歩いている道は、あらなみさんが既に数年前〜10数年前に通った道だろうと思っているので、ついついここに書いてしまいます。相場技術研究所も何度読んでもヒントになるものが見つかるので、ここに書くとあわよくばヒントがいただけるような気がしてしまいます。

板は厚い方に動く傾向の件、またリスクを読み取る件、またヒントになります。安易にエントリーしやすい板は意外とエグジットしにくいんですよね。トレードの技術向上は悪癖を減らす事と思っているので、安易なエントリーを減らすヒントになりそうです。

長々と独り言すみません。

Re: 返信ありがとうございます

落ち葉さん

恐縮していただく必要など何もありませんよ。
私のブログは訪問者も少なく、コメントもほとんど入りませんので、こうやってコメントを入れていただくだけで大変うれしく思っています。
場中かどうかなど、全く気にしないでください。場中寝ていることや外出していることも多いので、ずっと集中などしていません(笑)

今日も、昼から「西野流呼吸法」に出かけていました。
こういう自由な時間が取れることがデイトレーダーの強みなのですから、それを謳歌しないともったいないです。

こうやって、前向きで、内容のあるコメントを頂くことで、次の記事のヒントになっているので、私としても大変ありがたいのです。

また、過去の記事を丹念に読んでいただき、大変うれしく思います。
ご参考になれば幸いです。

空き時間

あらなみさん、こんにちは。

時間の自由というお話がありましたが、最近僕もこれについて考えていました。
自分のリスクリワード内でトレードする様になって、メリハリのあるトレードになってますので、時間が空くと言いますか画面に張付く時間が9-15時でなくても良くなってきました。
そこでFXの練習をスタートしました。
FXは24時間動いており、以前の自分はやられまくってましたが、今はポイントを絞ってトレード出来ると思い練習してます。

12時以降特に16時以降や21時以降で10回程トレードして、それなりにpipsは取れる様になってきました。
この感じで月間300pips取れれば、枚数を10-30枚でトレードすれば上出来です。

これが出来る様になれば、昼間時間が空くのでアルバイトにでも行こうかと考えてます。
専業になりたくて1000本ノックも必死でやりましたが、いざ専業になり、トレードスタイルも変化すると、トレード以外にも何かやりたいなと思い始めました。

敢えてトレード1本で収入を得ることもないのかな?とも思えてきました。
収入の道を複数持つことはリスク分散にもなりますしね。
兼業時には考えもしなかったことです。
自分の環境が変わるとこうも考え方が変わるモノかと自分でもビックリしてます。

トレードばかりだと人と係ることもほとんどないので、社会とのつながりも持っておいた方が良いかもしれませんね。

1月の連敗が思わぬ道を示してくれました。

Re: 空き時間

歳三さん、こんにちは。

せっかく時間が自由になるのですから、多少なりとも余裕があれば、そうカリカリ張り付くことはないと私は思っています。
やれば儲かるということでもありませんからね。
平日に旅行したりすることや私の場合は、平日の昼間に呼吸法に行ったりしています。そのほうがすいていますので。

今日は、ちょっとやりすぎてしまって、70回ほどトレードしました。
回数だけ多いようなこういう日は大して利益にならないものです。
半分テストも兼ねて、という感じですが、まあ、だらだらとやってしまいました(笑)

普通のお仕事でも、兼業する人というのは稀だと思います。
トレードとて同じで、株トレードというしっかりした1つの仕事を持っているので、それなりに集中力を保つためにも、兼業は私は難しいです。
15時からは自由ですが、それは短期間に集中した後のリラックスタイムですから、それを別の何かに充てるということは私にはしんどいです。
FXはほとんどやりませんが、そういう意味が大きいですね。
ついつい夜遅くまでやってしまって、翌日肝心の株に悪影響が出ますので。

本業でしっかり稼いで、人とのつながりとかは、仕事ではない部分で作る、というのが私のスタンスになりますね。
これは、人それぞれの考え方ですので、もちろん自由です。
こういう何をするのも自由、というのがトレードの最大の魅力だと思います。

私は、リーマンの仕事も嫌ではありませんでしたし、人間関係も良好でしたが、時間的拘束が結構耐えられませんでした。
特に、自分の仕事は終わっているのに、周りを気にして残業する、とか、苦痛以外の何物でもなかったですね。
しかも、有給は当然の権利なのに、なかなか取れない、など・・・まあ今はもう昔の話です(笑)
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。