真実をしっかりと見よう・・・2

2015/04/02 Thu

「青いカプセルを飲めば、ベッドで目が覚め今まで通り」

「赤いカプセルを飲めば真実をみることができる」

「忘れてならないのは赤いカプセルの先で見る真実はそれ以上でも以下でもないと」

映画マトリックスから




「真実」

って何でしょう。


あるおばあさんがいました。
死んだら天国に行けると思って、楽しく過ごしていました。
ある人が、「天国なんて無い、死んだら灰になるだけだ。」
と教えました。
おばあさんは、死ぬまで悲しみに暮れて過ごしました。


この場合、真実が何か、ということがそんなに重要でしょうか。


実は、私の周りには、「真実」を求めて、真実を探して、知ろうとして、ニュースを裏読みし、裏読みするものを探して、真実をとにかく知りたがる人が結構います。

世の中の全てを知ろうとして、裏の背景をさぐろうとして、必死です。

実は、あの事件の裏には・・・、実はあの災害には、・・・という世界的組織がからんでいる、といった具合に、とにかく、「裏の真実」ってやつを誰よりも知りたがっている、という人が複数名おられます。

相場は、陰の世界的組織が操っている、という陰謀説を「真実だ」と思っている人も結構います。

真実、とは何でしょう。

真実を知ることは、それほど重要なことでしょうか。


実は、私は、真実、ということに、さほど興味を持っていません。

世の中の全てを知ろうとも全く思っていません。

ですから、ニュースもほとんど見ません。

ワイドショーもほぼ見ません。

なので、世間で話題になっていることをかなり知りません。

嫁からは、「あんた、こんなに話題になっていることも知らんの!!」と呆れられるほと知りません。

見ているニュースといえば、モーニングサテライトぐらいなので、古舘さんの顔も忘れるぐらいです。

じゃあ、そんなの無責任過ぎるじゃないか、と言われるかもしれません。

でも、その責任って一体何?

政治に関わることは、私は選挙に欠かさず行って、私の代理人を決めています。
政治、行政、については、その方たちを信頼し、お任せしているのです。
いらん口出しはしません。



映画マトリックスを見ておられる方はご存知だと思いますが、サイファーという人物が、現実の苦しい戦いから逃れて、仮想現実の世界に戻して欲しくて、エージェントと取引し、仲間を裏切ります。

「未来もなく不毛の地に生きる現実世界より、バーチャル世界のマトリックスの方がよっぽど現実的だ。」

サイファーは、仮想現実であれ、楽しい暮らしをしたい、という決断をしたのです。
それが現実であろうと、仮想であろうと、彼にとってはどうでもよい、ことだったのです。
彼は、真実よりも、楽しさを優先した、ということだったのです。



実は、私もこのサイファーと同じ考え方を持っています。

私にとって、重要なことは、真実かどうか、ということではなく、自分にとって楽しいか楽しくないか、ということです。

今や情報の洪水で、ネットを見れば、何でも情報を取り出せる社会になりました。
こういう状況では、辛いこと、苦しいこと、嫌なこと、を見る自由もあれば、楽しいこと、嬉しい事、を見る自由もあります。
つまり、情報を取捨選択する自由を如何にして行使するかが、とても重要な社会に変化した、ということだと私は思っています。

嫌なこと、辛いことを見ようとすれば、死にたくなるほど嫌なことを見ることが可能なんです。
辛いニュースや悲しい出来事、毎日毎日ニュースで流れていますよね。
それをずっと見続ける、ということでいいのか、そう考えました。

昔の人は、こういうリアルタイムなニュースもありませんでしたし、今でも山奥に住んでテレビやネットを使っていなければ、知らないで済んでいることでしょう。

そんなに世の出来事って重要でしょうか。何もかも知らないといけないのでしょうか。真実を知らないといけないのでしょうか。

残念ながら、私は人生の折り返し地点から、そこそこ進んでいます。
悲しいことや苦しいことを見て、苦しむ時間よりも、楽しいことを優先したい、そのためには真実は、昔の人のように、知らないでもよいのではないか、世の中の全てを知る必要など何もない、という心境になってきたのです。





そして、私にとって、情報の意味、情報を知る価値、という点で、楽しいかどうか、よりも、さらにさらに重要な意味があります。

それは・・・

知ってどうする?

(花燃ゆ、第10話、吉田松蔭)

ということです。

私にとっては、これが決定的に重要なんです。



何故なら、

私は、評論家ではなく、実践家であり、投資家だからです。

これは、私のプライドであり、指針でもあります。



知ってどうするんだ、知って何をするのか、それが重要であって、私にとっては、知ることそのものには、ほとんど意味など無いんです。

野次馬根性や好奇心を満足させるための情報など、私にとっては何の興味もありません。

知ってどうする、というものが何も無いのに、何故、知ることがそんなに大事なんでしょうか。
知ること、そのものが目的なのでしょうか。
知るだけで、何もしないのなら、知っても知らなくてもどうでもよいことではないでしょうか。
私はそう考えます。
何故なら、実践家だからです。
私にとっては、知ることとは、知ってどうする、とセットなんです。


だから、知ってどうする、が無いのなら、知る必要もない、と考えます。

さらに言うと、嫌なことを知るだけなど、ストレスになるだけで、「百害あって一利なし」だと私には思えます。

しかし、その「百害」のことばかりを知ろうとする人がものすごく多いんです。


周りを見ていると、みんな評論家なんですよ。
マスコミなんです。

人のことをとやかく言う癖に、自分では何も関わろうとはしないし、当事者にもならない、言っているだけで何も実践しない。常に自分は善意の第三者なんです。

暴落するぞ、暴落するぞ、これは絶対だ、とこれまで何度人から聞かされたことかわかりません。
しかし、その「暴落するぞ」と言っている人は、1000株とて空売りしていないんですよ。
それが、現実なんです。


そんなに暴落すると思ってるのなら、10万株でも売ってから、私に報告してくれ!!

225先物ラージ100枚売ったよ、ってのなら、信じてやるよ!!

って言いたいですよ。

人に言うぐらい信じてるんでしょ。じゃあ何で何も実践しないの???

いや、何もしようともしないの???




僕がこの世の中で一番恐れているものは何かわかるか?

何事も成さんことじゃ、そして成そうとせんことじゃ!!

(花燃ゆ、第10話、吉田松蔭)





知ってどうする?


これが私にとっては、超重要なことなんです。
これこそが知行合一なんです。


私は、評論家ではなく、実践家です。そしてその実践家魂こそが私の誇りであり、プライドなんです。

言うだけ、など、私にとっては、屈辱的なことなんですよ。

私が一番後悔することは、わかっていて実践出来なかった時です。
本当に腹が立って腹が立って仕方がありません。

逆に、結果が失敗であっても、やるべきことさえやれたのなら、それで満足なんです。一片の後悔すらありません。

だから、結果論も大嫌いなんです。



ちなみに、私は、花燃ゆ、第10話で、松蔭が「知ってどうする!!」と一喝した時に、感激して涙ぐみました。
これこそが私のプライドだったこともあって、本当に感激したのです。
まあ、結構毎回涙ぐんでいるんですがね(笑)






今回、私は、「真実をしっかり見よう」というタイトルのシリーズを書いています。

今回書いていることは、好奇心であるとか、興味本意、野次馬根性でもなければ、「えへん、こんなことお前ら知らんだろう!!」といった優越感でもありません。

相場で勝つためには、まず事実を知って、そして、その現実を踏まえて、

知ってどうする?


これが重要なんです。

そのための第一歩として、まずは現実を知る、現実から逃げない、ということで書いています。

どうでもいいニュースを興味本位で見ているのに、自分が戦っているフィールドの現実から逃げる、など、本末転倒だと私は思いますよ。





さて、前回、商品先物の営業の実態に触れましたが、そこで、

集められた顧客の資金は100%、3ヶ月以内に消える


と書きました。

ここで、不思議に思いませんか。

相場の当たり外れは50%。
では、どうして、100%ということが言えるのだ。
わざと営業マンは、相場を外して顧客を損させているのか。
じゃあ、逆に、営業マンは、当てることもできるのか。
大げさじゃないのか。
半分は消えるとしても、半分は残る、そういったものじゃないのか。


という疑問が起きませんか。

あらなみさん、大げさだよ、そんな大風呂敷広げたらダメだよ。

って言われることを前提にして、記事を書きましたが、誰も言ってくれませんから、自分で言いました(笑)

さて、じゃあ、これはやはり大げさなのか。
実際には、残る客もいるんでしょ、ってことだ。

そういうことでしょうか。

答えは・・・100%顧客は確実に死にます。

というより、

100%顧客が死ぬ方法を使って、締めあげるから、顧客は全滅します。

これが答えです。

もう少し書きましょう。

相場で100%負ける方法は存在します。

ここで、ピンと来た方、よく勉強されていますね。

システムの方だとお見受けします。

システムを勉強された方なら、すぐに「ああ、あのことか」ということを書こうとしていることに気がつかれましたね。

実に簡単な方法で、営業マンは、顧客を全滅させるのです。

じゃあ、この方法の逆なら、100%勝てるのか!!

というと、それはありません、残念ですが(笑)



あまり引っ張っても仕方がないので、答えを書きます。


顧客にとにかく満玉を張らせること


これで顧客は確実に死にます。


営業マンは、如何に顧客に満玉を張らせるか、を訓練されていますから、ここを徹底的にやってきます。

満玉とは、証拠金いっぱいまでポジションを取らせる、ということです。

これはどういうメカニズムか、というと、顧客は、最初に何回勝ってもいいんです。
2連勝、3連勝、5連勝でも構いません。

レバレッジの効いた商品先物では、満玉で1敗だけすれば、ドボンするからです。

相場において、永遠に勝ち続けることは、100%あり得ません。
だから、何回勝っても、1敗さえさせれば、顧客はそれで消えて、顧客の資産は、全部会社のものとなるわけです。


このメカニズムこそ、マネーマネジメントの基本中の基本ですが、専門用語で、

破産確率

と言います。

レバレッジの効いた商品先物やFXを満玉やる、ということ・・・これで破産確率は100%に張り付くのです。
つまり、相場の当たり外れに関わらず、全ての顧客は死滅するわけです。

もっと、わかりやすく書くと、

コイントスで裏表に賭けるゲームをして、勝ったら次に全てを賭け続ける、というゲームをしたとしたら、どうなるのか、ってことです。

競馬で、当たったら次のレースに当たった配当を全部賭ける、ということ続ければどうなるのか、ってことです。




つまり、相場の真実の次のキーは、

マネーマネジメントを失敗したら、100%相場で負ける

ということです。

みんな知っているようで知らない、というか、意識してない、と言えばいいでしょうかね。


いやいや、自分はそんなバカげたことはしない、自分とは関係ない、と感じておられるかもしれません。
完全破産という極端なことにならなくても、次に書くようなことに覚えはありませんか。

相場が徐々に上がりだす。
恐る恐るちょっとだけ買ってみる。
勝った。
上げ相場だからだ。
またちょっと買ってみた。
勝った。
だんだんと気持ちが高ぶってくる。
もう少し増やしてみた。
また勝った。
だんだん気が大きくなってくる。
買えば勝てる。
そうしてまた買う。
と気がつい見ると、いつしか大きなポジションを抱えていた。
そして、急落にぶつかった。
一番最初から見たら、まだかなり上なのに、ここまでの儲けを全て吹き飛ばしたばかりか、大きな損失を出してしまった。


これも、先ほどのマネーマネジメントと同じメカニズムです。
破産には至らなくても、トータルで勝てない原因はここにある、ということも非常に多いんです。

大なり小なり、こういうドボンを 無意識に 繰り返している人が多いんじゃないかと思います。


こういうドボンを繰り返しているのなら、やり方なんか関係なしに確実に負けますよ。


マネーマネジメントを失敗したら、100%相場で負ける

相場の真実です。

これは、「やり方」にしか興味が無い人にとっては、馬の耳に念仏でしょうが、まずマネーマネジメントができていないと、どんな必勝法をもってしても、相場では勝てません。

具体的なやり方ではない部分で、人は相場に負けるのです。

そうでないと、上か下か勝率50%の相場で、これだけ負ける人が多い、ということの説明がつきません。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

素晴らしい記事だ!の一言に尽きます!!

Re: No title

ひよこさん、こんばんは。

ご評価ありがとうございます。

一般に、真実を見つけることが正しいことだ、という認識がありますが、果たしてそうなのか。

何故、真実を知る必要があるのか、など、よく考えることがあるのですよね。

No title

理屈で言えばそういうことですね。

ただ・・・、

裏目衝かれて、負けが込んでるときほど、何故か激しくやりたがる、んですね、ワタシは。熱くなりやすいんでしょうかね?

あるいは、、、

環境に乗じてトントン、と、直近儲かっているとして、数百万の資金が例えば千万に乗ったりします。そうなるともう浮かれちゃったりして、意味なく土日に口座を開いて残高眺めてみたりとかw
で、環境変化で千万が800後半ぐらいになったりして、まあそれでも十二分に成功を収めているわけで言うことないのですが、やってる本人としては、もう心中穏やかではないわけなんですねw 一瞬、存在した千万がアタマにチラついて、、まあ、後はお決まりのパターンですw

・・・

なんというか、どこかの有名な相場本にありましたように、

アホになっているんですね。

わが身を振り返ってみてみると、そういう瞬間がよくある(笑)

私も散々アホになりましたから、アホになれば、もう、どういうことになるかも身に沁みましたから・・・、そうならないように努力しています。

最近は、相場の行く末がどうこうよりも、そういうことばかりに神経がいってますね。

いつも拝見させていただいております。
そして毎回すごく感心させられております。
資金管理が全て、、

よく昔から聞いておりわかってるつもりでしたが今回の内容で心底改めて納得しました!
ありがとうございます!

これからも貴重な情報をよろしくお願いします。

振り回されない様にします(≧∇≦)b! 電通の言葉か?

殺人事件って大体毎日3件位起きてるんですよね!
で それらは殆ど報道されないままになってる

じゃあ 報道される事件は一体何を根拠に選定してるのか?!
殺人事件すら 自分たちの餌に変えてる事を 考慮すべきでしょ

振り込め詐欺もグレーゾーンは 存在してると思うけど
これ 立場変わればって面もあります!
騒ぎ立てる理由は 幾つも考えられるけど これも推測でいい話

オイラが一番感じたのは チリのコピアポ鉱山落盤事故
これ!!日本で騒ぐ必要あるのか??!(*´∀`*)

一時 世の中の仕組みが見えてきた時に もの凄く怒ったのを
感じたけど 生き残りたかったら 自らを順応出来る生き物に
変えるべきなのだと 残酷ながら思ったっけ

マトリックスも 良い映画だったねえ!
オイラ あの黒人好きよ(良く考えてないんじゃないの?)(*´∀`*)

常時盲目状態なので、どうしても相場本に救いを求めてしまいます。かなりの数の本を読んできましたが、本当に苦しい時は何故か立花さんの本を再読してしまいます。最近のお気に入りは、梅原大悟さんの勝ち続ける意志力です。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

こういうことも経験値がものを言う世界なんで、何度かドカンやらないと、こうやって読んでもわからない世界だと思います。

読む立場なら、他人事、で自分はそんなアホじゃない、とみんな思っていますからね。

何度かドカンやって、やっと気がつく。

「自分もそうだったのか。」って(笑)

Re: タイトルなし

遊歩さん、こんにちは。

>資金管理が全て、、

ちょっと違います。

資金管理が前提


です。

まず、これができなければ、確実に死ねます。
しかし、だからといって、これだけでは相場で勝つことはできませんね。


それから、

>よく昔から聞いておりわかってるつもりでしたが今回の内容で心底改めて納得しました!


何度も聞いていて、よく知っていることだったわけですよね。
ここもよく考えてみないといけないことで、これまで「知っていたのに、納得理解していなかった自分」を見つめないといけない、と思うのです。
こんなに大事なことを納得できていなかった自分は、何故納得していなかったのか、どうすれば重要なことに自分から気がつくことができるのか、を考えてみる必要があると思いますよ。

他の件も同じで、知っていても、わかっていないことがもっといっぱいあるはずです。
人は、知っていることは、わかっている、と思ってしまいますが、決してそうではありません。
そういうことがわかったいい機会なので、ご活用ください。

Re: 振り回されない様にします(≧∇≦)b! 電通の言葉か?

kuw*nk*hnさん、こんにちは。

マスコミの選別は、好奇心と視聴率ですからね。

芸能ゴシップなどがその代表事例で、どうでもいいことでいつも大騒ぎですから(笑)

芸能人の結婚式とか、ほんとどうでもよい・・・

Re: タイトルなし

HIKOさん、こんにちは。

本を読むことは悪いことではありません。熱心だと思いますよ。
ただ、本を読んだからといって勝てるようにはなりません。
本を読んで、知識をつけることと、相場が上手くなることは違います。
ただ、前提となる知識は当然必要ですから、それは本から学ぶことが大切でしょう。
何の知識も無い、のでは話になりませんからね。

ただ、本を読んで知識があるのは、当たり前のことであって、最低限度の前提ぐらいと考えればいいと思いますよ。

いつも素敵な記事を有難うございます

あらなみさん
はじめまして。いつもあらなみさんの記事を読ませていただいてます。
今回の記事を読んで、涙が出てきました。
『これ!!僕が言いたかった事!!伝えたかった事!!間違ってなかったんだ....!!』
など、色々な感情が頭の中をグルグルと回り思わず涙が....(笑)

あらなみさんのブログに出会えた事を本当に感謝しています。

どうかこれからもブログを書き続けてくださいね。

この場をお借りしましてお礼を....!!
有り難うございます!!

あらなみさんの頭と心と体のご健康をお祈り致しております。

Re: いつも素敵な記事を有難うございます

しいくんさん、はじめまして。こんばんは。

ご評価いただき、ありがとうございます!!
こうやって評価してもらえると、記事を書いてよかったと思います。

この「真実」に対する私の考え方は、いつか記事にしてやろうと思っていたものでした。

また、ご賛同いただき、大変心強く思います。
こういうことを考えていたのは、少なくとも私だけじゃなかったんだ、と。



ただ、

>間違ってなかったんだ....!!

というご評価は微妙。

私としいくんさんだけが思っていることかもしれませんからね(笑)

私はこう思っていますが、これは正しいかどうか、わかりません。
というより、こういうケースは、それぞれの生き方とか、ポリシーのようなものなので、そもそも、何が正しくて、正しくないか、など存在しない類のものでしょう。
嫌なこと、辛いことばかり見たい人は、それを勝手に見ればいいだけのことですからね。
私は御免こうむりますが(笑)

ですから、「私はこう思う」というだけに過ぎません。別に正しくも間違ってもいないってことです。



ただ、人生はそう長くはない冒険旅行なのですから、嬉しい事、楽しいことに時間を使わないと絶対に損ですよ、もったいないですよ!!

笑って暮らすのも一生、泣いて暮らすのも一生、だったら自分はどっちを選ぶ??

これは、自分で選べることなんですよ。

多くの人が自分にこの選択権があるってことがわかっていらしゃらないような生き方をされておられるように見えますね。




さて、私は、自分が考えていることは、客観的に見てどうなんだろう、といつも自分をまず疑っています。
こうやって、記事を書いていても、「本当に自分は本質を掴んでいるのだろうか」といつもいつも考えています。
そして、「独善的ではないだろうか。」「自分だけが正しい、そう勝手に思い込んでいないだろうか。」と自分を疑い、客観視するよう心がけています。

何故こう考えているのかというと、色んな人を見て思うのは、「独善」なんですよ。
自分は常に正しいと思っている。
自分こそがこの世の正義であり、自分中心に地球が回っていると思っている・・
これも、反面教師がゴロゴロいます(笑)

こういう人は、物事を客観視することが苦手なので、相場は必然的に向いていないですねえ。

まあ、独善の人は、相場で往復ビンタ喰らえば、ちょっとは目を覚ますのでしょうがね(笑)

No title

あらなみさん、こんにちは。
ふと思ったのですが
マゾヒズムの性的嗜好の方が
相場をすれば破産は免れないだろうと
思ったのですが、
時折規律やルールを守れない私などは
その傾向があるのかなぁと。
相場で痛めつけられて悶々とすることに
どこかで求めてるんじゃないかと?
または相場で勝っても負けてもヒリヒリする
快感を求めてるのではないかと?
相場って極端に非日常的で大きく勝てば快楽のアドレナリン出まくって大きく負ければ死にたい絶望的な気分になりますよね。
専業の人や毎日相場に参加しているとギャンブル中毒になりマゾヒズムになって、結果大方の人が負けてしまうということは考えられないでしょうか?
くだらない質問で申し訳ないですが
お返事頂ければ助かります。

Re: No title

とんぼさん、こんばんは。

とんぼさんのご質問の件ですが、とてもいい着眼点だと思いますよ。
実は、この件については、どこかで記事にしようと温めていたテーマなんで、コメント欄で簡単に書くことは難しいのですが、おっしゃっていることは、概ね正しいことだと思います。

ギャンブル中毒、というのは、パチンコや競馬などでは表面に出てくるものですが、相場の場合、投資という美名に隠れて見えにくいのですが、相場をやる「目的」がそもその何なのか、本当にお金儲けを目的としているのか、ということに関わってくるんです。

やりたいだけじゃないのか、そういう人も現実におられますからね。

ただ、専業トレーダーというのは、朝から晩まで相場やってるわけです。
そして、プラスにする術を心得ている。
それは、明らかに普通とは違うんです。
それは、「楽しみのための相場」ではなく「仕事としての相場」なんですよ。

これ・・・お仕事です。わかりますか。お仕事なんですよ。サラリーマンが会社に行くのと同じように、お仕事で相場やってるんです。

しかも、資金量からすれば、多くの専業トレーダーは、リスクをほとんど取らないで相場をやっています。
普通の人が考える限度を遥かに超えて、リスク取っていないと思いますよ。実際。
そうなると、「慣れ」と「ミニマムリスク」ということから、アドレナリンなどほとんど出ないんじゃないでしょうかね。
アドレナリンが出るような危ない橋は、そもそも渡りませんからね。
危ないことをしないのが、プロです。
一方で、無鉄砲なリスクを取るのが初心者。明確ですね。

私の場合、勝っても負けても、家族に気がつかれたこともなく、そもそもそういうアップダウンも無いですね。
淡々と、日々淡々とトレードを繰り返す、って感じです。
10年間、毎日毎日同じことのくり返しだと、誰だってそうなりますよ。
もう10年間2500日も同じこと繰り返しているのだから、いちいち反応しない、ってものです。

ベテラン外科医が、冗談言いながら、手術するのと同じですよ。


新婚当時ではなく、倦怠期をむかえた男女、みたいな(笑)

ということで、予告編でした。
また、この件はしっかり記事にしますから、楽しみにしておいてください。
とても大事な着眼点だと思いますよ。

No title

あらなみさん、お返事ありがとうございます。
そうですね、プロがギャンブル依存症にはなりませんね。
個別銘柄もパチンコ台みたいに感じてきました。
昨日はあの台、今日はこの台が連チャンフィーバーしてるみたいな・・・
4000台以上ある巨大パチンコホールと考えれば
当たり台を当てることは困難を極めますね。
またプロの心得の無い人はフィーバーの快感を求めて
通い詰めギャンブル依存症になる人が多いでしょうね。

Re: No title

とんぼさん、こんばんは。

ギャンブル依存症だったら、プロとしてはやっていけないでしょう。
依存症患者は、儲けることよりも、快感を得ることを目的にトレードしますからね。
それでは、10000%勝てませんよ。
本人には、その「自覚」全くありませんがね。
この「無自覚」というのがものすごく恐ろしいんです。

また、この件は書きますので。



今、雇用統計でしたねえ。
数字かなり悪いわ。
毎回参加していますが、今日はまあいい動きでした。

数字にサプライズがあったんでトレンドが出だしていますね。


明日、明後日はいないので、コメントの返事は暫くお預けです。

Re: No title

とんぼさん、こんばんは。

ギャンブル依存症だったら、プロとしてはやっていけないでしょう。
依存症患者は、儲けることよりも、快感を得ることを目的にトレードしますからね。
それでは、10000%勝てませんよ。
本人には、その「自覚」全くありませんがね。
この「無自覚」というのがものすごく恐ろしいんです。

また、この件は書きますので。



今、雇用統計でしたねえ。
数字かなり悪いわ。
毎回参加していますが、今日はまあいい動きでした。

数字にサプライズがあったんでここからトレンドが出るのかなあ。
もう終わっちゃいましたけど(笑)


明日、明後日はいないので、コメントの返事は暫くお預けです。

このゲームには必敗法がある!(ガッカリ)

調子に乗ってこちらにも。

「真実とは……」のくだり、とても共感するものがありました。
自分にも仰るような面があり、ネガティブだったり攻撃的だったりする言説をつい見てしまい、真面目に受け取ってしまってダメージを受ける。はたまた政治、国際紛争、災害復興といった現実の難題にひどく頭を悩ませたり。物事を知るのは良い事と思う一方で、手に余る事柄に心を痛めて何になるのか、という思いもありました。

「知ってどうする?」
良い言葉ですね。はっとしました。知る事をゴールとせず、知った上で何をするのか。常に行動の方に主眼を置くよう習慣づけねばならないと思いました。ありがとうございます。


>>相場で100%負ける方法は存在します。
これは羊の自分でも見た瞬間に解りました。「あ、分をわきまえない取引による破産退場だな。原資を溶かせば次は無いのだから」と。
ギャンブルの必勝法は負けたら掛け金を倍にする事。……でもそれには無限の原資が必要(何でギャンブルやってるの?)。

しかしこんなの皆知っているのでは? ……とここで気がついて戦慄。
「必勝法は無いが必敗法はある。じゃあ会社は(顧客から毟るべく)全力でそれをさせに来るのでは」
見事にその通りの文章が続いていて怖いくらいです(証券会社が)。えげつないえげつない。
考えてみると、資金管理の重要性を会社が教えてくれてるのって本当に見かけませんね……損切りすら曖昧にしか教えてくれないイメージ。

素人「相場なんて(一回やって勝つ確率は五分五分なんだから)要は運否天賦の博打でしょ?」
玄人「相場は(一回なら五分五分に近くとも生業とするには生き残ってトータルで稼ぎ続けなければならないから)とても難しい」
往々にして素人には継続性という視点が抜けていて、『五分五分』についての認識の違いがこんな感じで出るのではと思います(実際は利確も超難しいんだけど!)。

コイン1000回も投げればそれなりに五分五分に近いところに落ち着く筈。……ところでちゃんと1000回投げられるように準備してる? って話ですね。福本漫画の主人公気分も良いですが、多分我々はぐにゃってるモブだと思う(伝わらなかったらすみません)。

逆はできないと書いてますが、取引量を極限まで小さく(要するに0に)すれば、必勝法にはならないものの絶対負けませんよね。自分のような未熟者は、一度はこの視点で相場を考えた方が良いのではと思います。

……生き残らねば。死んで花実が咲くものか。
長々とすみません。いつも楽しませて頂きありがとうございます<(_ _)>

Re: このゲームには必敗法がある!(ガッカリ)

悠々さん、引き続きこんばんは。

「真実」について、共感いただき、うれしいです。
相場のことではないので、反応薄いのかな、って思ってたので。

「知ってどうする?」

これ、いいでしょ。
私、超お気に入りにフレーズになりましたよ。
大河見てて、ほんと、この話が出たとき、感激しました。

「知ってどうする?」

ほんとうにみんなに言いたい(笑)

>あ、分をわきまえない取引による破産退場だな。原資を溶かせば次は無いのだから

鋭い(笑)
なかなかに鋭いですね。

取引量の問題は、実に重要なんですが、あまりここの着目する人は多くありません。
確かに、最小限度にすれば、死亡確率は無くなりますが、それでは勝てなくなるのですよね。
つまり、ちょうどいいところがどの当たりなのか、を探る必要があります。

オプティマルfという掛率の法則がありますが、それがMAXだと思います。
下手な人は、オプティマルfを遥かに超えるリスクを取って、簡単に死亡するわけです。
というより、それ以前の問題なんですがねえ。

オプティマルfまでやる人は、プロの中でもほぼいないでしょう・・プロはリスク取りませんからねえ。

一番恐れるのは、飯の食い上げなんで(笑)

No title

こんばんは、あらなみさん。
オプティマルf初めて聞きました。
短期売買のヘッジファンドはかなりの
レバレッジ効かしてると聞いたことがあります。
しかし破綻も多いとか。
私も危ないと思いながら3倍信用のデイトレを
多用してますが、悲しいかな少額原資なもので。
ヤラレル時には金額の多寡は関係ないでしょうが。それでも気をつけてることは空売りのメインは大型、そして後場持ち越し禁止。これもヤラレル時は関係ないでしょうね。

Re: No title

とんぼさん、こんばんは。

>オプティマルf初めて聞きました。

厳しい言い方をすれば、経験だけじゃなく、知識も劣っているんですよ。

それでも同じ土俵で、ハンディ無しで戦わねばならないのが相場です。

月曜日、とんぼさんの相手は、私、ってこともあります。

とんぼさんが買ったものを私が売った、ということになるかもしれません。

容赦はしません(笑)

No title

あらなみさん、おはようございます。
御指摘ありがとうございます。
自分で何の知識が不足しているのか
それすら分からない状況です。
あらなみさんが推奨している本などを読んで
早急に知識をつけます。

Re: No title

とんぼさん、おはようございます。

基礎知識を知る、ということは、「入り口に立つ」ということですね。

それで勝てるようになるわけではありませんが、ハンディを減らす、という意味はありますよね。

資金管理の方法論など、みんな興味が無いので、聞いたことがない、という人が多いのだと思います。

相場の知識というのは、「手法や具体的やり方」だけではない、ということは覚えておいた方がいいと思います。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR