評価の狭間こそ

2015/06/04 Thu

今日は、お昼サボって、京都へ。

祇園の割烹で懐石をいただいてきました。

しかし、残念ながら、私には合いませんでした。
という言い方はマイルドですが、先付けから、疑問。
れんこんのマヨネーズ和えとか、料理としては微妙。
最初の料理からしてもしかして、と感じましたが、それは現実となりました(笑)
味つけも、京懐石にしては、キツイ味つけで、しかも甘い。
また、素材も、何で、という疑問が数多く、玉ねぎまるっポとか、最後までメリハリが無い感じで終わりました。
鮎は美味しかったけど・・・これは素材だし。。

2015-06-7.jpg

全般的にどう言ったらいいんでしょう。
手の込んだ一品が味わえる京懐石というのではなく、それぞれの料理が、高級な居酒屋さんという感じの一品なんです。
美味しいことは美味しいのですが、それだったら、居酒屋さんで食べれば安くつくので、それでよい、という感じです。
そもそもが、そういうお店なのかもしれません。

ただ、京都のお酒は美味しかった・・・

しかし、このお店、ミシュランガイドで探しだした1つ星のお店でしたし、食べログの評価も決して悪くない。

関東からの評判も高い老舗で、伝統もあるそうです。

ですので、敢えて言うと、私には合わなかった。
というより、そもそも私の知る京懐石とは異質な感じがしましたね。
まあ、これもいい経験になりました。

ちなみに、一緒に食事した友人も、「うーん」という評価でした。
今日は、この友人のちょっとしたお祝いも兼ねてだったので、私のチャレンジが失敗してちょっと申し訳ない気分でした。
ごめん。どこかでリベンジさせて。


今回つくづく思ったのは、人の評価、ってやつです。
ミシュラン、食べログ、決して評価は悪くはない。むしろよい。
しかし、私はダメでした。
何だろう、このギャップは・・・って感じです。
ミシュランに掲載されているクラスのお店を選んで行くので、そうそう外れないのですが・・・

ミシュランがどう言おうが、食べログの評価がどうであろうが、私は自分の舌で最終的には評価します。
食に関しては自分で目利きするものであって、人の評価に左右されることはありません。
100人が美味しいと評価していても、自分がダメならダメ。
まあ、これは当たり前か(笑)
最低限、それぐらいのものは食べてきていますし、わかりますよ。

結局、他人の評価など、ある程度は当てにできても、最終的には自分で挑戦してみるしかありません。
それは、ミシュランとてあてにはできないのだ、と思い知りました。

祇園界隈には、知ったお店がいくつかあって、リピートしているところもありますが、こうやって新規開拓しないと、やはり新鮮味に欠けます。

といって、新規開拓には、リスクがつきもの。
今回は、友人のお祝いということもあったので、安全牌を踏むべきだったかとちと反省もしています(笑)




一方で、先日おじゃました、料理や 味蕾 というこれも懐石料理のお店です。
こちらは、夜の懐石で、もう何度もリピートしているお店です。

2015-06-6.jpg


まず、素材の良さが桁違い。
こちらは夜でしたが、先ほどのお店のお昼のコースとの値段はほとんど変わらないのですが、素材の桁が一桁違います。
先ほどのお店が祇園という場所で値段を取っているとすれば、こちらは博多で場所も繁華街ではありません。
ご主人は、嵐山吉兆で修行されて、九州の有名店をいつくか回った後、5年前にお店をだされたとのこと。
常連さんも多いようで、週末に予約を取ろうと思えば、早めに取らないと一杯になってしまいます。
場所がそうよくないので、実力でもぎ取ったものなのは間違いありません。

もう、食べるのが申し訳ないぐらいの料理の出来栄え。芸術品とも言えるような手のかけ方。
そして、博多だからこそできる素材の良さ。
奥様と二人でやっておられるので、奥様に聞くと、やはり「博多に移って、素材が安いのでびっくりする」と言われていました。
食べるこちらも、ここまで出すか、というぐらいの素材を使って、その素材の良さをふんだんに引き出してくれている手の込んだ調理に圧倒されてしまいます。
これをよくお一人でここまで作っておられるものだ、と感心するしかありません。
味つけは、京都の薄味より、少しだけ濃い目の味つけで、博多のお客さんの舌に合わせておられます。
それがまたちょうどよい。

こちらのお店は、逆にミシュランに書かれているわけでもなく、食べログの評価は高いとは言え、多くはありません。

先ほどのお店が1つ星というのなら、こちらは間違いなく三ツ星ですよ。
私よりグルメな友人も、ここは高く評価しています。



こうやってみてみると、人の評価って何だろう、って思いますね。
私は大したグルメではありませんが、それでも、自分の舌と、他人の評価、ミシュランと比べてみて、色々と思うところがあります。

表面的な部分とか、形だけ、とか、評判とか、値段が高い、テレビで紹介された、とか、そういうことで、妙に評価が高かったりとか、でも、実際に食べてみれば、不必要に凝った料理であったり、素材を活かしていなかったり、また素材がダメだったり、そういうお店も結構多いんです。




実は、相場も同じようなことが往々にして起きることがあって、他人の評価・・・すなわち値動きとか、チャートとか、そういうものと、自分の目利きをした評価とが食い違うことが時々起こるのです。

その時、みなさんならどう考えますか。

マーケットの値動きが正しいのだ・・・これは、テクニカル分析派が信条としている考え方です。
ファンダメンタルがどうあれ、値動きは全てを織り込む、という考えです。

マーケットは間違っていない、そう考えれば、エッジはどこに求めることになるのでしょう。

値動きは全てを織り込む、というテクニカル分析の原理を信じるのなら、どこに優位性があるのでしょう。

価格が全て合理的で正しい価格であるのなら、どこに優位性があるのでしょう。



私は、自分の経験による目利きを信じています。

マーケットは、間違いなく時々間違いを犯します。

価格が完全に背景にあるファンダメンタルを瞬時に織り込むなど、あり得ないと私は考えています。

マーケットが間違っている、という隙間が見えれば、それは・・・エッジとなるのです。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

2006年頃、私が相場始めて1年経ったくらいですが、ダウが連日史上最高値をじりじり更新し続けておりまして、当時、私は2chなんかをよく見ていたわけなんですが、
「サブプライムローンがそろそろヤバそうなのに何でこんなにダウは上がり続けているんだ?流石はダメリカ、プリオン脳、アタマスカスカじゃねーの?」
なんて感じのコメントをチラホラ見かけることがありました。
私は、その頃、2chでサブプライムローンという言葉を知りました。

また、これは聞いた話ですが、89年初頭、日経3万くらいの頃、アメリカ帰りの野村の研究員が、「今の日経は割高すぎる、いずれ修正がくるだろう」なんて内容のレポートを出していたそうです。

06年当時、2chでグダ巻いてたあの人たちや野村の研究員は、大局的には正しかった、と、言えるのでしょうね。サブプライムローンの破綻は世界中に大混乱を引き起こしましたし、日本もバブル崩壊しましたから。

ただ、、、

大局的には正しくとも、ダウは07年まで高値更新しましたし、日経も89年末には4万近くまで行きましたから、その当時にその相場感を持ち込んで相場をやっていたらヤラれていたのでしょうねえ、一年近くも逆行されればたまったものではないですからね。

正しくとも、だからといってそれで相場に勝てるわけではないということですね。

全ての業にはときがある

と、いう言葉はあるそうですが、、、

正しくとも、ときが味方をしてくれなければ相場では通用しない・・・

06年当時、サブプライムローンのリスクをも織り込んでダウが連日上昇していたとは思えないですねえ。

物事には何事も好悪、表裏、光と影、があるでしょうから、市場が今、そのどちらに目を向けているか?と、いうことですかね?

今の相場は上昇一色という感じですが、裏にはギリシャ、EU問題とか、中国の軍事・経済リスク、日本国債の件とか、あと、ほぼQEのみの効果でリーマン後の安値から立ち上がったアメリカ相場、アメリカ経済が、何の混乱もなく利上げなどできるのか?という疑問もあったりしますが、、、

今はときではない、と、いうことですかね。

Re: No title

タカユキさん、こんばんは。

強気相場の時は、リスクを過小評価する傾向にあるのは事実だと思います。

当然、見える隙間というのは、ほとんどありません。
ただ、注意深く観察していると時として、その隙間が見える瞬間があるんです。

言われるようなマクロ環境もそうですし、もっとミクロなものもあります。
というより、ミクロの方がより見えやすいでしょう。

ソロスなどは、そういう隙間を見つける達人、ということになりますね。

マーケットの間違い(隙間)を見つけた時の実行の難易度

あらなみさん、こんにちは^^

料理の味の好みは好き嫌いがありますね。
それぞれの好みが判断基準になると料理人の好みでせっかくの素材も台無しにする事にもなるし、生かす事にもなる・・・。
懐石は、ハッキリ腕の差が出る料理ですね。

あと、相場に関しては自分はデイトレしかしないんで、どうしても考え方がデイトレの目線でしか考えられず、難しいなぁと感じる課題でした。

>テクニカル分析派の信条
 マーケットの値動きが正しい

ある程度はテクニカルを知らなければマーケットを読めない・・・
でも信じ過ぎてはいけない。

テクニカルの原理は「知っている」が「信頼」はしていないというような、中立な感覚は常に必要だなと感じています。

デイトレードなどの日計りと短期などのスイングではその点が少し変わってくるのかもしれませんが、どのようなトレードをしているかにより、許容できるリスクの違いから優位性の認識もデイとスイングでは多少変わってくると思います。

それによりテクニカルの活用度などもまた変わってくると思います。

何度も言いますが自分の場合、デイトレしかしないので
デイトレのみの私的見解になってしまいます(笑)

>価格が完全に背景にあるファンダメンタルを瞬時に織り込むなど
 ありえない。

自分もそう思います。
「瞬時に織り込む」は到底ありえない。
「瞬時」はありえない(笑)
自分はデイトレしかしないので特にそう思います。

たとえばSQ前、大口のロールオーバーの移行により為替も連動して作られた個別のチャート、大口の決済時の反対売買などの値動きなど、単発の大口売買、価格はすべてが正しい事はないと思います。

教科書(テクニカル)が
上昇トレンドだから・・・とか
下降トレンドだから・・・とか
それによって
売買の優位性がある場所ならまったく問題ないと思いますが、

デイであればトレンドなどで自分が
当然ながら注意する場所(触りたくない場所)はあるにせよ
売買には差ほど、あまり関係ない気がします。
個人のやり方で変わってきますがそういう事を自分は気にしない派です。

デイトレであれば
その日の相場環境とその日の優位性の考慮とあとタイミングですべて決まるのでテクニカルを深く考慮するよりも他の事に集中や注意がいっているのだ思います。その時の事しか考えられないですね。

値動き時の価格などその時、その時で評価が変わります。
評価はその時の自分のポジションにとって都合がいいか悪いかだけです。

その価格がその時は買いに優位性があってもでも5分後または15分後には売りに優位性がある価格に変わる事が多い中で価格としての信頼度はまったくないですね。支持、抵抗があるのせよ価格に執着や信頼、過信し過ぎるとLCが遅れたり結果的に火傷しかねません(笑)

自分は正直、大口などにはテクニカルも何も無いと考えています。
考えてるとしたらタイミングだけではないのでしょうか?
そう考えるとデイでも短期でも利になるか、ならないかは当然タイミングがすべてになってきますよね。当たり前ですが(笑)

>マーケットが間違っているという隙間が見えてれば・・・それは エッジとなるのです。

「隙間を見る」のはやはり感覚、感じ取る力、っていう事になってくるんですよね。きっと。最終的には。

感覚をどこまで信用できるか、言い換えれば
どこまで自分を信用できるか・・・という事で。

そして、それをタイミングよく、実行に移せるかという事です。

皆、自分の奥底では感じ取っていて、解かっている時は多いと思います。「あの時、そう感じた、そう思っていた事が一番正しかった」って後々になって思う事多いですよね。

少し前に、自分が意図していた方向に株価が実際に行く事って
日計りにせよ、短期にしても必ず誰でもあります。

その時は感じ取った、こうなると、うすうすは解かっていた?という言い方になってくると思いますが(笑)

テクニカル、トレンドとかは関係ない方向になる事を。それを調整とか言いますが、その調整になる前兆は誰しも感じる事あると思います。

なぜ自分を信用できないのか?それを実行に移しづらいのか?は
やり始めた頃や過去に感覚でやって痛い思いをした経験が記憶に刷り込まれてるんで感覚では解かっていても、それを実行出来なく、自分に制限をかけてしまうように出来てる人間の習性は仕方ないのかもしれないですが。

スイングになるとある程度はテクニカルや数値など認識できる指標などに重点を置き、信頼してしまう事はあるかもしれないですね。
またはそこで、ハッキリと確認作業が出来てから実行に移すとか、
やはり、そうなってしまうのでしょうか?

デイトレであればそのような点が無い事がいい点ですね。
そういう事をあまり考慮せず瞬時に実行に移しやすい環境がデイトレの利点なのかもしれません。

スイングの場合はその点が多少難しい気はしますが。

マーケットが間違っている隙間を見つけた時に

それを実行する難しさの難易度は自分にはスイングの方かなと思います。

もしも、確認してから実行という行動になってしまうと、それを利に結び付くタイミングで行動する事って考えるとある程度のリスクの許容範囲が必要になりますね。またその確認が正しかったとも限らない、
相場は揺らぎがあるので、そこでレンジが続くのが普通で、
INのタイミングのズレも起こる可能性があります。

デイトレだけしている自分からはスイングのその点が難しく感じましたが、スイングのみをされている方々にはそのあたりは難しく感じてないのかもしれませんが。















Re: マーケットの間違い(隙間)を見つけた時の実行の難易度

さわさん、こんばんは。

余裕でブログ記事ににできるほどのコメントありがとうございます。

おっしゃるように、テクニカルを無視するわけではありませんよね。
でも、テクニカルを知れば、相場の方向性がわかるとか、万能論みたいな議論がありますが、ちょっと違うのかなと。

おそらくおっしゃていることと同じだと思います。

タイミングを計るのは、もちろんテクニカル、つまりチャートを見るわけですが、タイミング以上をチャートに求めてもそれは無理、という感じでしょうかね。

私がチャートを見ているのは、需給を読むための手段の一つ、って感じでしょうか。
主はチャートではなく、チャートは手段、という感じです。
ですので、明らかにテクニカル分析派ではありません。
需給を見るのに、当然板も使いますし、全体の動きとか、セクターとか、色んなものを見ながら判断するわけですから、その判断材料の一つがチャートという感じですねえ。

スイングとデイ、観点によって、見える難易度は違いますよね。
より、職人的、技巧的という意味ではデイでしょう。
たまの休みにデイやっても100%負けるのはそういう意味があると思いますね。
多くの人が経験あると思いますが、言わないだけで(笑)

Re; マーケットの間違い(隙間)を見つけた時の実行の難易度

自分もまったく、その通りだと思います^^

>チャートを見るのは需要を感じ取るための手段だけ

>板、全体の動きなどいろんなものを見ての判断

すべてがタイミング計るための判断材料であって
チャートも判断材料のひとつは自分もそう思います、結局、集中したときは板しか見てない時が多い気がします。

こういう、込み入った話あまりしないので
このあたりが同じ事、感覚ってなぜか、納得と同時に嬉しく感じるんです^^あらなみさん(心の師匠呼ばせて下さい(笑)と同じなら間違いない、と心強い感じというか、そんな感じです。

>より職人的、技巧的という意味ならデイでしょう。
 たまの休みにデイやっても負けるのはそういう意味があると思い ますね。

ある程度、上達するにはかなり時間がかかりましたし、授業料?もそのつど、きちんと収めてきましたし(笑)苦しい過去の時期が数年ありました。考えた事なんてなかったですが今思えば苦しい時期が技の習得時期だったんですね。

デイは職人技という言葉は過去の苦労を労うにはふさわしい言葉だと感じました。
株に限らず、どのような世界でも技を習得してない限り成り立たない訳すね^^
でも、この前もお話しましたが、まだまだ修行は続いていくんだろうなぁという気がします。





Re: Re; マーケットの間違い(隙間)を見つけた時の実行の難易度

さわさん、こんにちは。

職人技というのは、どういう意味があるのか、というと、技が無ければ偶然でも利益を得るのが難しい。
逆に言えば、ある程度の技を習得できれば、偶然に左右されることなくある程度利益をもぎ取れる、ということだと思います。

そういう意味では、デイの方が安定するんじゃないでしょうか。
ただ、偶然が無いだけに最初はすごく厳しい洗礼を浴びます。

間違っても利益が出ない。
負け続ける。
そういうことが起きますからね。

ちょっと試しにやってみた、という人がことごとくやられるのはそういう意味があるのですね。

No title

私は人間の欲と事情のアービトラージをエッジとしてトレードしています。

料理の話ですが、岐阜の柳家さんには既に訪問されましたか?私は趣味で狩猟もしているのですが、自分で獲った最高の食材と比べても、先月末のフレッシュジビエ、若鮎、遅めの山菜etc,最高でした。素材だけで言えば間違いないです。

Re: No title

saemaro さん、こちらにもコメントありがとう。

先ほどのコメントでまとめて書いてしまいましたが、記事が違ったのですね。

エッジって、結局、

何らかの評価に対する裁定

なんですよね。

片張りといえども、過去との比較であるとか、実態とか、そういうものとの比較からの裁定になるわけです。

直接的には、アーブというやり方もあるけど、それ以外の片張りだって結局、何かとの裁定。

上にも書いたけど、柳家さん、覚えておきます。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR