相場好きにも種類がある

2015/06/12 Fri

相場が好き、というのが上達においては凄く大事な要素だと思う。

がっ、しかし・・・

好きといっても、それが「上手いかどうか」とは別問題でもあろうかと。

一生懸命に相場に取り組んでいる

これは、好きな人が頑張ってやっていることだから、無理して、というより、好きでやっている。

でも、頑張って相場に取り組んでいても、その人が、上手かどうか、とはまた別のことになる。

何故か。

相場マニア・相場ヲタ

という人種が大勢いるから。

趣味的、とも林先生は言われるけれど、こういう人が結構いる。というか、かなりいる。

じゃあ、トレードが上手い人と、相場マニア・相場ヲタとの違いとは、どういうところなのか。



相場が好きで、一生懸命に取り組んでいることは同じ。

どちらも知識が豊富。

でも、相場マニアは、知識は豊富だけれど、実行力が伴わない。

いろいろ知っているけれど、やらせたら下手、というタイプ。

高度な専門知識もあるし、凄い幅広い知識もある。

でも、実行力がない。

こういう人、大勢の人を見てきたけど、結構いる。

とにかく、うんちくは凄い。

こうやって暮らしている私でも、その専門知識に負ける。

でも、やっては負けのくり返しを延々と続けている。



相場の勉強は山ほどしているけど、

勝てる方法が見つかるまでは、勉強して知識を蓄えることに専念する

(実践して、負けるのが怖いからと本人はそうは言わないけど(笑))今は勝てる方法探しに専念している、そのほうが楽しい


こういう人が結構いる。

半分、夢想家だ。

知識は凄い。アナリスト顔負け。あらゆるテクニカルを知っている。本を凄く熱心に読んでいる。

でも、やらせたら下手。

時々、「勝てるんじゃないか」って、相場に手を出してみるも、すぐに負けて、撤退、を繰り返す。

うんちくは凄い。経済情勢も凄くよく知っている。ファンダメンタル、テクニカルに造詣が深い。

でも、手も足も出ない。

というより、時々手を出して、痛い目に合っておとなしくしている(笑)

でも、好きだから、夢だから、相場からは離れない。

ほんとに好きなんだろうなぁー、って思う人がいる。

ブログをあさったり、本を読んだり、セミナーに行ったり、実にまめに勉強して知識はどんどん蓄積している。



ヲタ、と言えば、コレクターもヲタの一種だろう。

手法コレクター。

この世界では多いんだよなぁー。

コレクターアイテムたくさん持っている人も多い。希少価値のあるテクニカルのアイテムもたくさんある。高額商材も結構買ったりしている。

でも、いっぱいコレクション持ってるけど、何も使いこなせてはいないんだよなぁー、実際には。

包丁いっぱい集めてる料理人のごとし。
包丁なんて、中華の職人なら、中華包丁一つでよいのだけど、ヲタはいっぱい集めたがる。

あれもダメ、これもダメ、と言っているうちに、コレクションが積み上がる。

したくてコレクターやってるわけじゃないんだろうけど、そもそも考え方が間違っている。
やり方に依存しているうちはダメだということに気がついていない。



多分、ヲタって、善意の第三者なんだよね。
自分が安全なところで高みの見物できていれば、怖くない。
でも、闘技場に入って戦うとなったら怖い。
現実に、血を見ることが怖い。
だから、いつも善意の第三者でいられるヲタが心地よい。
相場で勝ちたいという気持ちはある。でも、怖い、リスクは取りたくない。
これがヲタ。


どういうんだろう。

今、現実の女性と向き合えない若者が増えている。
草食系という。
だからといって、女性に興味が無いわけじゃない人も多い。
そういう人は、アニメのキャラにはまったり、アイドルを追っかけてはいる。

バーチャな世界、ネットの世界では恋愛できても、実際の女性とは付き合えない。
このバーチャな世界でいる限り、自分が主人公でいられるし、善意の第三者でおれる。
理想の女性とバーチャではつきあえる。
石原さとみでも、北川景子でも、勝手にファンになればよい。
これが心地よいのだろう。
ヲタって、凄い理想が高いんだよなぁ(笑)
でも、石原さとみがそこらにいるわけではない、という現実がある。
しかも、実際の恋愛現場など、修羅場であることも多い。
そういうのを嫌う。
女性に興味はある、でも、勉強だけをしている(笑)



野球選手と野球ファン。

野球ファン、野球オタクって、野球の知識は凄いんだけど、野球が上手いわけじゃない。

解説者顔負けのうんちくは言えても、野球ができるわけではない。

我々は、野球解説者・野球ヲタを目指しているのか。

それとも、野球選手を目指しているのか。


野球選手を目指しているつもりなのに、やっていることは野球解説者、野球マニア・野球ヲタのことばかり、というちぐはぐなことになっていないか。
こういうちぐはぐなこと、やっている人が多いと思う。

野球ヲタが、せっせと知識を蓄えている一方で、野球選手は、上手くなるために何をやっているのか、こういうことを考えてみる必要があるんじゃないかと思う。

豊富な知識を詰め込むことは、野球ヲタのすることだ。

野球選手は、そんな知識を詰め込む時間があったら、他にやることがある。


ヲタがテレビなどを見て、本や新聞を読んで知識を蓄えている間に、選手は、グラウンドで汗を流している。

同じ野球が好きといっても、実際にやっていることは全く違うのだ。

相場で、こういう違いがわかっている人はそんなに多くないと思う。
そもそも違いを意識していないのだと思う。


自分が熱心にやっていることは、ヲタなのか、プレイヤーなのか、時々振り返ってみることも大事かと。

もちろん、ヲタを否定しているつもりはない。ヲタはヲタで、喜びを感じられるならそれでいい。それでいい(笑)


ただ、一つ考えてもらいたいのは、ヲタと選手では、道が全然違う ってこと。

野球ヲタが、出世して、プロ野球選手になった、という事例は無いから(笑)


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

得心です

いつも楽しみに拝読しています。

相場は身体的スポーツだと、20代で何度か相場で破産しかかってから気づきました。それからコンスタントに稼げています。いまは専業です。

知識とそれを実行するのはたぶん脳の使いどころが全く違うのだと思います。以降、トレードを教えてくれという友人には、参考書は一冊でいいからうまく実践できるように相場の筋トレと本番を繰り返せと言っています。

周囲の医者や弁護士など高学歴の友人ほど、身体感覚が脳に追いついてこないで失敗している傾向があるは事実です。手法マニアに陥っていつまでも聖杯探しをしている人々を見ることほど残念なことはありません。

Re: 得心です

saemaroさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

専業さんなのですね。

>相場の筋トレと本番

書いていただいたこと、まさしく同意(笑)
こういうコメントいただくといつも思うのですが、「お主、只者ではないな!!」と構えてしまいます(笑)

ただ、私は、saemaroさんのような専業さんから共感してもらえることは嬉しいことは嬉しいのですが、しかし、そういう人たちは、

「もうわかっていること」

を共感してもらえているだけなのですよね。実際には。

そして、「これがポイントなのだよ」とはっきりと理解されておられる。

それは、自分が辿ってきた道を考えれば、「何をすれば勝てるようになるのか」を体感してわかっておられるから。

でも、そうじゃない人から見れば、こういう話は、よくわからない、というより、

腑に落ちない

納得できない


ということなんだろうと思いますね。

これは、いくら言われても、思い込みがあるから、無理なんですよ。

というより、だから上手くいかないんだ、ということが見えていないのだと思います。
でも、やはり納得はできないものでしょう。そのお気持ちはわかります。

私も、同じような話を手を変え品を変え、書いているわけですが、まあ、納得はしてもらえなことを百も承知で書いてます(笑)

わかっている人から見れば、こいつまたこのこと書いてるのか、うざい、とか思われてるんだろうな(笑)

ただ、そういうことをわかっていても、こうやって書いているわけですから、時々、専業同士の自己満足なのかな、って思うこともありますねぇ。

saemaroさんも、もうご経験済みだと思いますが、いくら言っても、何度くり返してもダメなものはダメですからね。

そして、最後は、必ず「勝てる方法教えて!!」になるので(笑)


>周囲の医者や弁護士など高学歴の友人ほど、身体感覚が脳に追いついてこないで失敗している傾向がある

わかります。
結局、こういう人たちって、理屈で勝てる、頭で勝てる、と思っているから。
自分の成功体験がそうさせているから。
職人的理解、身体で覚える、ということがわかっていないから。
自分は、人と違って賢いから、自分だけは違う、と思っているから。
パンの翻訳本を読むと、相場下手の代表者は、医者、弁護士ですからね(笑)


saemaroさんは、「アーバー」なんですね。昔は商品先物で稼いでいる多くがアーバーでしたよ(笑)


>岐阜の柳家さん

全然知りません。でも、書いていただいていることを読むと、行ってみたいですねえ。美味いんだろうなあ。

これからも時々、コメントしていただくと嬉しいです。よろしく。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

管理人のみ、さん、こんにちは。

コメント、ありがとう。
本来管理人のみの書き込みなので、返信するものではないのですが、こちらから返信する手段が無いので、こうやって書いています。

書いてもらったこと、素晴らしい書き込みでした。
ご謙遜されていますが、よくポイントをついているものですよ。
よく見えておられる方だと思いました。
目線を替えて、こういうご意見があると、本来は、他のみなさんもわかりやすいもだと思いました。

また、コメント書いていただくとうれしいです。

No title

私は ノミやカンナを作る事から覚える仕事をしてた事があります
(この場合 自分が使い易い様に仕上げることを言います
プロ用の道具って 仕上がってないの 多くの人達は知らないだろな)

内容としては 車や弱電の部品なんだけど 依頼があれば
何でも 図面から 形にするという 一品ものの仕事でした

具体的には テールレンズや メーターバイザー
ウオークマン(古!)の デザインモックアップ等々でした

面接の段階で 工作とかがかなり好きである事が
条件だから フルイはそれなりにかかってたけどねえ

俺なら出来るって来た人達ばかり う~ん皆得意げだったねえ

でもまあ かなり厳しかったでしょうね!
て言うか 基本的なハードルが高かった
ここまで来れば一人前って 技術に掴み所がなく
加工技術だけじゃあなかった気はします!
その辺の説明を後輩にするのも非常に難しかったなあ(;´Д`)
基本一人で全てやるから その辺も辛かったかな!

でも 多くは 出来なくて去って行きました 挫折しちゃうんです!
ものを形にするのが こんなにも厳しいものなのかって知るんです
バタバタ辞めてった記憶があります

会社の方も それを判ってたのか 常に人を募集してましたね!

私自身は 相当工作加工が好きだったのと辛くても必ず
一通り出来る様になりたいとの想いの元に日々精進してました!

こんなに出来る様になったのか?!と感じたのは
三年位してからでした!でもここまでの期間は 常に葛藤でした!
出来る様になれるのだろうか? なれなかったら(;´Д`)

まあ そんなのを乗り超えて十年以上世話になりました!

今は CNCや海外生産が主流になって 色々変わっちゃったけど!

モーターショーに出る部品は 相当作りました
メーカーなどに飾ってあって自分で制作したものが
各媒体を通じて 今でも見かけるからやって良かったを実感してます

こういう経験があるから 破産もせずに
ボチボチ 相場やってられるんだろな!って感じてますねえ

精進してれば ブレイクするかな(≧∇≦)

Re: No title

kuwankahnさん、こんにちは。

好きこそものの上手なれ、って言いますけど、それを職業としてやる、となると、厳しさが全然違いますものね。

趣味的なレベルでの上手というのとはレベルがやはり違う。

これは、どんな世界でも、「それを職業として稼いでいこう」というのだから、趣味的なものがちょっと高じて、という程度では、お金は稼げないと思うんですよ。

そして、「趣味的なアプローチをする」「楽しんで稼ごうとする」、これもちょっと違う。

こういうこと、また、記事で書くとしようか(笑)
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR