聖杯は存在するのか・・・1

2015/06/23 Tue

いつもコメントいただくザ作蔵さんから次のようなコメントをいただきました。
これについて、私の考えを書いておこうと思います。


手法コレクター、そうではなくて、
聖杯を探しているんですよ。
自分のことなので、よおくわかります。

聖杯がないということが一般的な認識になっていますが、コレクターは、あると思っているんですよ。

もちろん、私もあると思っています。
システム開発はそのためにやっているのですが、
最適化しなくて、未来にも通用する聖杯。
そんなものがあるのか?

根本的な疑いも頭の隅にはあるのですが、
その問いに蓋をして、聖杯探しに奮闘している。
それがコレクターの日々です。

なにも手法をコレクトしているわけではないと思うのですが・・・。
聖杯探しの旅に出ているだけです。





>手法コレクター、そうではなくて、聖杯を探しているんですよ。

これは説明が必要でしたね。説明不足でした。

まさしく、おっしゃるとおりなんです。

事例で説明したとおり、録画マニアは、録画したいわけではなく、いずれ見たい思っているものを「見るために、とりあえず保存しておく」と思ってやっているのです。
本人の気持ちとしては、見るための手段として録画しているに過ぎません。

しかし、結果はどうでしょう。
結果的には、「見ないものをただただ保存だけしている」ということになります。
つまり、結果としては、録画することが手段ではなく、目的化してしまっているのです。

実は、こうした「手段の目的化」ということは、世の中意外と多いんですよ。



では、手法コレクターはどうでしょう。
本人の気持ちとしては、間違いなく、聖杯探し、つまり、お宝探し、トレージャハンティングをしているわけです。

しかし、聖杯が実際に見つかるわけではないので、

結果として、手法をコレクションしている

ということになります。

そもそもは、手法をコレクションしたいわけではありません。
聖杯が見つかるまで、探し続けているから、結果として、どんどん手法が溜まっていくのです。
そうなると、結果的には、手法コレクターとなるわけです。

記事では、思いは「聖杯探し」ですが、結果としては「手法コレクション」になる、ということを言いたかっただけです(笑)

聖杯探し歴10年とか、中には30年とかもベテランハンターもいるわけですから、立派な一分野でしょう。

こういう人たちにとっては、

相場で勝つこと = 聖杯を探すこと

という方程式が出来上がっているので、それ以外のことに頭が向かないのです。

聖杯を探すことは、本来「相場で勝つための手段」であるべきところが、聖杯を探すことが目的化してしまっているのが、特徴です。

思い込みってやつですが、これが結構曲者で、もうそれ以外に目が向かなくなってしまうのです。恐ろしい病です。

誰かが、聖杯を探す以外にも、相場で勝つ道はあるよ、と教えてはくれなかったこと、そして、言われても聞かなかったことで、この年月が経過してしまったのでしょう。



>聖杯がないということが一般的な認識になっていますが

これはどうなんでしょう。
そういうことを書いている本とかは多いですが、実際にはそうでしょうか。
大勢が探しているのだから、一般的にはそうじゃないんじゃないでしょうか。
大勢が探しているからこそ、「そんなの探しても無駄だよ」ということを書いている本がある、ってことじゃないでしょうかね。

勝っている人は、聖杯を見つけ出した人だ


という認識を持っている人は多いと思いますよ。私の経験からしても。



そもそも、私が本音で一番聞かれる質問は次のようなものです。

「どうやったら相場で勝てるか教えてほしい。」


(笑)

この「どうやったら・・」という意味ですが、「どういうやり方をしたら」ということなので、つまりは、「どういう手法を使えば相場で勝てるようになりますか」という意味になります。

つまりは、「勝てる人は勝てる手法を持っているから勝てるのだ理論」つまり、「手法万能論」であり、すなわち「聖杯伝説」ということになります。

しかも、この意味には、「どういうことを知れば、努力せずに簡単に相場で勝てるようになりますか」という意味も含まれています。

意識するにせよ、無意識にせよ、「やり方が勝たせてくれているのだ」という理屈が前提にある質問です。



でも、この「どうやったら」という質問、ご自分のお仕事に当てはめてほしいのです。

ラーメン屋の繁盛店に行って「どうやったらラーメン屋で成功できますか」

プロ野球選手に「どうやったらプロ野球選手になれますか」

会社の重役の人に「どうやったら重役になれますか」


という質問です。

この意味は、「何を知れば、努力することなしに、簡単に、あなたのようになれますか」という意味を持っています。

ラーメン屋開業マニュアルを読めば、繁盛店が努力なしに出せる、という意味です。

実は、苦労に苦労を重ねてきた人に対して、こんなに相手を侮辱した質問はなかなか見つからないと思いますね。



じゃあ、翻って、聖杯はこの世には存在しないのか。

そもそも、聖杯とは何か、ってことですよね。

機械的にトレードする「システム売買」は、聖杯ではないのか。

そういう売買は実際にあって利益を出している人もいるのだから、もし、それが聖杯ならば、聖杯は存在するのではないか。

そういう、自動売買を知りたいだけなのだ。

パソコンが自動的に売り買いを教えてくれて、その指示どおりにやって勝てるのだったら、それを知りたいだけなのだ。

そういう自動売買でなくても、「こうなれば」という売り買いのポイントがわかって、そのとおりにやれば儲かるような「やり方」が知りたいだけなのだ。


そういうことが「どうやったら勝てるのか」という意味だとしたら、どうなのでしょう。

このあたりのことがみんな一番知りたいことなのかなあ、とも「ヒシヒシと」感じますよね(笑)

ちょっと考えをまとめたいので、次回ということで。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

トレジャーハンターとして

優位性とは、聖杯探しハンター間での努力の差であり、すぐれたアイデア間の差であると私は思います。
ですから、楽して勝てるなんてあれば、ハンターが10年、20年も、ハントしているわけではないと思うのです。
1万時間も、2万時間も、3万時間も費やしているわけですから。

ハンターなら、どうやればいいか?
じつはわかっているのですよ、きっと。
では、なぜハントしているのか?

それは、短期、つまり、できるだけ成果を出す時間を短くしたいだけじゃないかと思うのです。

片方にBNFの成功例があるわけです。
BFNの1/20でも、自分に成果がでたらいい。
そう思って、聖杯を探しているわけです。

聖杯とは、すなわち、短期で成果を出す方法です。

私はそう考えて、ハント中ってことでしょうか?

Re: トレジャーハンターとして

ザ作蔵さん、こんにちは。

ハンターの考え方を伝授してもらいました(笑)

ハンターの人は、「勝つためには聖杯探しをするしかない」、もしくは「それが一番いい道だ」という論法なのだと思います。
他の選択肢を排除している、ってことですね。

BNFさんは、ハンターとしての成功例ってことでしょうか?

うーん。そうなのかなあ。

いえいえ BNFは

偶然みつけたわけですよ。
ハンターになる前に、聖杯を見つけたのです。
じつにうらやましい。

北尾とBNFとの対談を読んだことがあります。
北尾はBNFが信用売りをしていなかったことに驚いたのがまことに印象的でした。
つまり、BNFは北尾の常識の外にいのですよね。

BNFは、かつて書いたといわれる掲示板の書き込みをみても、聖杯をみつけたと私の理解では思います。
その意味での聖杯は、あらなみさんを含め、多くのひとが見つけているだろうと思います。
それをエドスイコータは、勝てているあらゆるトレーダは意識しようとしまいと、システムとレーダだと言っているのだと思います。







トレージャーハンターも努力してるのでは?

こんにちは。ツイッターで返信させてもらったことがある者です。聖杯探しをしているトレージャーハンターも努力しているのであらなみさんが経てきた過程と同じで単に聖杯を見つけたのはあらなみさんであったにすぎないんじゃないでしょうか。
世の中、どんな仕事も努力しても報われない人のほうが大半なので
報われなかったからといって努力が足りないとか考え方が違っているとか言ってもしょうがないことのようにも思います。
運不運もあるしその人の生まれて育って来た状況もあるし性格もあるし、いろいろのような気がします。

トレジャーハンターへ

私はデイトレもシステムも職人と思います。
タクシーかトラックかくらいの違いのようなものと思います。
申し遅れましたが、私は元冴えないディーラーで現在サラリーマンの兼業です。
今はデイトレ(私もブレークのみです)とスイング(ほぼシステムです)併用してますが、タクシーとトラックの違いはあらなみさんの言うエッジを探すポイントが、板か、出来高か、勢いか、チャートか、値位置か、ファンダか、時間軸か、
その程度の違いではないでしょうか?
私はスイングのやり方が6年間程変わらずですが、増え続けてます。
ほぼやり方は変えてませんのでトレジャーハント成功か?と思い始めてます笑
ただ、私は同じやり方に固執してますが、相場の雰囲気でエントリーしない時などは多々あります。
で、言いたいのはトレジャーハンターの中には、全勢力をそそいで探した錆びだらけの聖杯を、これからも磨き続けることまで覚悟してるハンターもいるのではないでしょうか?
そうなるとブレークのみに絞るデイトレの技術を磨くのと変わらないと思います。
つまりトレジャーハンターの目的は、自分に合うやり方を見つける事。
そして成功するにはそれを磨くべき。
私はそのようにあらなみさんの言葉を捉えてますよ。

それがその人の聖杯になるのではないでしょうか。

木村さんの林檎!

思い出した(≧∇≦)
試作屋の頃の後輩達の事も!!

最適化しているんじゃないか?

データを処理して、システムを作る。
この作業から逃れるわけにはいきませんが、しかし、
そのデータ処理が、じつは、最適化しているんじゃないか? 
その不安はいつまでも消えません。
つまり、システムが通用しなくなる不安です。
ドローダウンを食ったり、負けたりしたときに、いろいろやらかす。

そして、都合のいい理屈をつけて、システムを微調整する。
この作業をくり返す...
これも手法ハンターのひとつの姿でしょうね。

データを処理するくらいで、相場に立ち向かえると思うのは、何故か?
そして、それが未来にも通用すると思えるのは、何故か?

問題の核心は、システム派、あるいはコレクターの問題の核心は、そこにあるようにいつも思っています。


Re: 最適化しているんじゃないか?

ザ作蔵さん、はじめまして。あらなみさん、お久しぶりです。以前一度コメントさせていただいた者です。

ザ作蔵さんの仰っていることすごくよくわかります。システムトレーダーなら、一度は必ず抱える悩みだと思います。
自分が見つけたパターンは近い将来全く通用しなくなるのではないか、こういった不安を抱えながら一時的に機能しなくなったシステムを再度調整する、あるいはシステムを一時的にストップする、といったやり方を以前私は延々と繰り返していました。

来る日も来る日も新システムの開発に膨大な時間を割き、上手くいかなくなったら次のシステムを開発する。多少は成績も残してはいましたが、努力に比べて圧倒的に成果が低く、まるで暗闇の中を出口もわからず彷徨っている状態でした。

しかし、ある日、哲学の本を読んでいて気づきました。ヒュームの呪いというやつです。
いくら市場の過去データを解析してお宝探しをしても、所詮それは偶然見つけたパターンにすぎない。まして、パラメータいじりまくりのテクニカル解析なんて当然意味はない。問題は、大量の市場データの解析が、答えを見つからないようにしてないか? 理論なき解析で、本当に真理は見つかるのか? 全数検索すれば、単に過去において、「偶然適合した」パターンを探し出してしまっているだけではないか?

そこでアプローチを変えました。まず仮説を立て、それを実証する。仮説が実証されたら、それをシステムに変える。全数検索から理論を発見するのでなく、理論をテストで検証する。理論はあくまで経済理論やお金の力学で説明のつくような理屈から考える。そして、理論の背景をしっかり説明できるシステムを構築する。これは野川氏がいつも言われている「なぜそれが起こるのか」に通じるものだと思います。

また、環境認識については野川氏もあらなみさんもすごく大事と仰っています。システム的に言えば、単一のシステムで常に機能するものは存在しないという意味です。環境認識、システムトレードではレジーム認識なんて言います。「続マーケットの魔術師」を読んでいても何人かのトレーダーは相場環境によって手法を変える「レジームスイッチ・モデル」を利用していました。私はこれをシステムに取り入れ、相場環境を判断する要素(因子)を用いて順張りモデル、逆張りモデルのサイン数を変え、複数のストラテジーを同時運用することによって安定的に成績を上げられるようになりました。

私もまだまだ研究中の身ですが、ご参考にしてみてください。

ここではシステム派は 肩身が狭いですが...

いやあ、アドバイス、ありがとうございます。

非常によくわかります。
ほぼ同じ考えです。

比率は、過去に照沼さんが言っていたので、
とりいれるべく組もうとしましたが、うまく処理できなかったので、私においては、葬り去りました。

さらに言えば...その1

システム派からみれば...

まず驚いたのは、デイトレの手法者(実行者)の、
その基盤にある思想といいますか? 考え方といいますか? 驚きました。
いちのみやあいこのシステム登場のときのあまりの簡単さに驚いたときよりも、はるかに驚いたかもしれませんね。

というのも、えらく賢いなってことでした。
不遜に聞こえると思いますが、デイトレは、職人芸くらいに思っていたからです。
感覚とか、そう言ったレベルで、たとえば、こちらで言えば、そうそう九谷焼きでたとえてみれば、アルチザンとアーティストとの違いとでもいいますか?
我々システム派は、アーティストで、デイトレ派は、当然アルチザンくらいの認識だったわけです。
もちろん、イメージ、私の頭の中での認識なのです。

といいますのも、あらなみさんの「楽して...」が私のそれと同じだと思うのです。
楽してなど、手法コレクターも、夢ゆめ思っていませんよ。
当初はともかく、1万時間、2万時間、3万時間をかけてもシステムができあがらないのですよ。納得できるシステムができあがらないのですよ。
もちろん、あらなみさんは、そりゃそうだろうよ。無限地獄に陥ってるんだから、そんなん当たり前だくらいの認識でしょうね。

その2

で、システム侍さんがいうように、私も優位性は、ロジックにあると思います。私の優位性が何か? よくよく考えてみるしかないと思っています。
そのひとつは、テクニカル分析のための指標を作り出せたことが一番です。これは、仕事をやめて手法開発に専念して、1年くらいでできたことです。
しかし、これでは、時間がかかりすぎて、BNFにはなれないわけです。

で、それをどう使うか? あるいは、まったく新しい手法を開発する、それにもう20年以上もかけているわけですよ。しかも、その手法が、長男が使うということを前提としているわけです。つまり、時空を超えて、我が家が投資家一家として生きていくことが大前提になってるわけですよ。

しかも、その手法が完成しないと、相場に参戦しないというか、できないというか...。
そうなると、コレクターの日々しかないわけです。

その3 

で、いろいろ考えてみるわけですよ、このブログを見ながら...。
なるほど、過去の自分を客観的にみてるなあ。
そうか? それはいまの自分が相場に勝てる自信からなのだろうなあ....

もし万が一、私にそういう日が来たら、どうだろう?
そう想像してみます。
そうなったら、検証時間の多さがまず出てくるでしょうね。この手法に達したときの高みには、3山、4山超えなきゃならないし、1つ1つは、大した優位性はないけれども、それを総合したら、そうは簡単に追いつけないだろうなあって、思うんじゃないだろうか?って思いますね。

シンプルという言葉がもてはやされていますが、私はとても、そうは思えません。
コンビニをシンプルというひとはいませんね。
たとえば、つめきりがある。たった1つの種類しかないでしょう。しかし、ある。
そういったように、たった1種類しかなくても、あれも、これも揃っていて、総合して、コンビニは、雑貨屋であり、銀行であり、荷物取引所であり、本屋であり、◯◯である。その総合力は、とんでもない総合力でしょう。
そういったものができているんじゃないか?
シンプルは、総合力があってのみ、シンプルが有効なのだと私は思います。

今回記事になりましたので、大幅に、投稿させていただきました。

最後に

ですから、そういった過程でできるシステムを、1万円や2万円、10万円で、売ろうなんて、たとえゴミのようなものであったとしても、プライドも許しませんが、時間の経過を思うと、くやしくて売れないですよ。
これくらいの努力をすれば、現実のちょっとした仕事など、「成功」するに決まっているとさえ思っているんですから。

投資業界は、嘘が横行していると思うのですよ。
あらなみさんに嘘があるか? それはわかりませんが、しかし、あったとしても、あったって、どうだって、思うのですよ。

ほとんどの投資家が消えていったのを知っています。
必勝法を見つけた人から消えていくといっていたひとも、表舞台から消えていきました(あくまでも表舞台からで、それ以外のことは何ひとつわかりません)。

アメリカで口座をひらいて家ではやってきていましたが、しかし、それを閉じるとアメリカの証券会社から言ってきました。政府はそこまで徹底的に管理をし始めているのでしょうね。

とにかく嘘の横行する世界で、これほど良質なブログも類をみないでしょう。オプションで1億円儲かるまでの彼のブログも良質です。
しかし、その彼は、萎縮してしまっているのでしょうか? 最近不調のようです。しかし、当初の1億達成までの意気込み通りに、ブログを続けていて、その彼の誠実さと、それに伴う成功を私は信じてやみません。

最後に、私の本音を。
あらなみさんの本音は、ブログで先刻承知していますので、それに対抗して、あえて。
私はデイトレでは、大きな財産は築けないと思っていました。BNFで、あれ?って思いましたので、これまで書いていませんでしたが、やはり、デイトレでは、運用額が膨らみません。それはオプションの売りと同じで、玉に制限があるといいますか、ズバッと言えば、アインシュタインの複利運用ができないと思っています。
そこにシステム派の優位があります。

とはいえ、そのシステムが私にまだないので、これらはいわゆる妄想の世界の話です。
短期で増えるシステムがほしい。
しかし、どれもこれも、手数料に毛のはえた儲け程度で、リスクに見合うリターンのものが作れず、あるいは、リスクが高すぎて、割に合わない代物しか、実際には作れていません。
そこはシステム侍さんとはまったく違うところです、きわめて残念ですが・・・
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR