聖杯は存在するのか・・・5

2015/07/09 Thu

今日は、行って来いの動きで凄い値動きになりましたね。
上海に振り回される日々がもう暫く続きそうです。
特に、マザーズ指数は暴落から一転して暴騰と、本当に激しい値動きでした。

2015-07-16.jpg

私がこういうお仕事していることを知っている方から、今のような相場展開になると、「大丈夫ですか」というありがたいご心配をして頂くことが結構あります。

私自身は、生粋のデイトレーダーですので、宵越しのポジションは持ちません。

ここが一般の方にはちょっとわかりにくくて、説明を要するのですが、デイトレーダーというのは、15時に相場が終わったら、全てのポジションを返済して、100%キャッシュになる、というのが基本です。
なので、例えば、朝、日経が1000円安しようが、2000円安しようが、全く損益に関係がありません。
逆に言うと、1000円高しても、儲かりません(笑)

なのでよく言われるのですが、「凄く上がっているから儲かっているだろう」というのも逆に言えば当たっていません。

家族は、こういうことを知っているので、何も心配はしていませんが、親とかは何をやっているのかよくわかっていないので、心配してくれていることがあります。

友人のデイトレーダーにも、「こういう時には、家族や親にはきちんと説明しないと、心配かけるよ」と言っています。

何故デイトレードなのか、というと、そもそも、デイトレーダーは、制御不能のリスクを嫌います。
つまり、ギャップです。
だからデイトレードするわけです。

ましてや、私の場合、ややこしいのは、空売りが得意だってことです。
こうなると、一般の方への説明は、かなり難しくなります。
下げたら儲かる、という仕組みの理解が無い方が結構多いんです。
FXをやっておられる方なら、売りで稼ぐというのは普通の行為だと思いますが、株は、買って売る、というのが基本ですから、上がらないと儲からない、とみなさん思っておられるのですよ。


ちなみに今回の下げは、なかなかすんなりと下げてくれてはいません。
ギャップでは、ドカンと下げるのですが、そこから戻っては下げ、戻っては下げ、ということで、素直に下げるという感じではありませんので、なかなか乗りにくいものでした。
まあ、明日以降もありますから、どちらに動くにしても、上手くついていけるように考えているところです。



そういえば、6月末は、優待の期限が結構あったので、家族で走り回ってしまいました。
優待の消化には、「自転車で回らなければいけない」という暗黙のルールがある(笑)
しかし・・・車を使ってしまった(笑)
毎年恒例なので、家族からは、もっと早く言ってくれ、といつも注意されています。



さて、コメントを書くかわりに記事を書いてるので、記事は進みますが、段々と聖杯はあるかないか、から離れていっているような気が(笑)
というより、あるかないか、というより、その内容や考察に移っているので、存在云々については、横に置いておきましょう。

いつもコメントいただく皆さん、ありがとうございます。
それぞれのコメントが、立派なブログ記事ぐらいあるので、恐縮します。
みなさんのコメントに私がいちいちレスをする必要もないぐらいに充実しているものばかりです。

ただ、ちょっと懸念するのは、ハイレベルなコメントを多数書き込んで頂いていることで、コメントが書きにくくなるのではないかということでした。

ご自分のコメントを薄っぺらいと書いておられる方もおられましたが、しっかりと考えておられると思いましたよ。

というより、難しいコメントだけでなく、感想やご質問でも結構ですので、遠慮なさらずにどうそ・・・と言っても書きにくいか。

いずれにせよ、こうやって、やりとりする中で、お互いに、相場に対する理解を深められればと思っています。



そもそも、私がこうやってブログを書いている大きな理由は、

相場の本質とは何か

ということを追求している、ということにあります。
そういう意味で、今のやり取りは、とてもその主旨に則っているので、みなさんのコメントはとてもありがたいのです。
私一人では、なかなか考察が深まらないので、こうやってブレーンストーミングすることで、どんどん深まっていると感じられます。

今回のように、システムの視点から、裁量の視点から、という2つの視点から課題を揺さぶることで、思考が深まる、ということなんですよね。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

ようは 天才伝説

聖杯伝説より、システム派(私を含めて)はきっと天才伝説に挑戦しているのではないのか?
そう思います。

釈迦が縁起とかいってて、それを諸行無常とわかりやすく説明してもらっているのに、システムが永続すると思ってしまう。

数学がわかるはずもないのに、ロジックが大切だとかいって、永続するシステム開発に取り組む。
これはやっぱり天才伝説に、からめ捕られているでしょう?

東京芸大生が、天才伝説を心に抱きながら、学生生活を送るのと、同じでしょうね。

No title

中国では高値掴みの投資家たちが悶絶している様子ですが、古今東西、相も変わらぬ風景が繰り広げられるのは、欲のコントロールがいかに困難であるか、と、いうことですね。

4/2の記事のようなことは少し考えれば思いに至るわけなのでしょうが、分かってはいても煽られるわけですから、無自覚であれば破たんに至るのはもう必然、っていうところでしょうね。中国の投資家なんて、ウブっぽそうですしw

まあ、お金を儲けるために相場をやっているわけなんですが、欲をコントロールしろ、なんていうのは矛盾するわけですからね。
膨れ上がる資産を目にして、そろそろ自制しようか?、なんて発想にはなかなかなれないわけですw

そして、環境変化の初動をどうにか切り逃れてたとしても、少しほとぼりが冷めれば、夢よもう一度、で、やってしまうのですが、かつてガンガン行けた相場はもうそこにはない、と。

かつての成功体験に引きずられて混乱に陥ってしまうわけなのですが、混乱に陥った投資家は、ギャンブル的負の渦に飲み込まれて自滅してしまうわけなのですね。「こんなはずじゃない!」ってな感じで。

・・・

少し前に、臆病だから生き残れている、と、ありながら、すぐそのあとに、いざ鎌倉、と仰られる。

矛盾した物言いですが、その矛盾もわたしにはよくわかるのですね。

やる時はやらないと資産なんてグイっと増えないですからね。

でも、、、

いざ鎌倉って、出くわすって類のものですからね。

大概の投資家は、負けが込んで減った資産を取り戻す、とか、とにかく儲けたくて前のめりになっている、なんて誤った姿勢で、うりゃー、とかやるわけですw

利は伸びないが、損は伸びるわけです。

投資家たちは、アベノミクスでどれだけ爆発できたのでしょうかね?

度胸一発ここは行ったるで!

なんていうのも、なかなか難しいわけなんです。

相場の大半はグズグズしているわけですから、これもある意味、環境変化に適応できていないわけなんです。

多くの投資家が、たとえ一時的にではあっても、資産を云倍とか、体験できないのは、これが理由なのですね。

習慣のわだちにはまってしまう投資家と変化する相場、儲けるための相場であるが、欲のコントロールができないと残せない資産、矛盾することをある程度、両立させないといけないわけですから相場は難しいのでしょうね。

あとは、儲けたいって姿勢が前のめりになっちゃっている投資家も結構多いように思えますね。
小手先云々を語り過ぎるのは、相場が儲けさせてくれるってことを忘れているように感じてしまうのですね。

まずは、相場ありき、だと思うところです。

・・・

偉そうな物言いしてますが、言うは易しってことでw

私だって自己都合的姿勢に苦労してますし、欲のコントロールなんて苦手もいいところですw

でも努力はしてるって事でご勘弁をw

知行合一、目指しています。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR