スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人魂

2015/10/04 Sun

ツイッターのフォロワー数が1000名を超えました。フォローしてくださっているみなさんありがとうございます。
私もみなさんのツイート大いに参考にさせてもらっています。
まだツイッタービギナーの範囲なんで、大したことも書けていませんが、少し慣れてきているので、マーケットについてのこととか、こちらのブログとは違ったリアルなものを時々書いていくつもりです。

ツイッター未体験の方、トレードにおいては、情報ソースとしては強力な武器になると思いますよ。
有名トレーダーをはじめとして、他の大勢のトレーダーさんが、今、何を見て、どう感じて、どのようにトレードしているのか、リアルタイムで垣間見ることができる、というのはツイッターならではの威力だとやって思いました。

最近は、ボロボロにやられている、という悲惨なものが結構多いのですが、これもまた参考に(笑)

こちらの記事を参考に一度始められてはいかがでしょうか。

Twitter事始め



さて、先日、京都にある「たいちろうや」というちょっと高級な居酒屋さんに行ってきました。

taichirouya.jpg

どの料理とて、美味しくて、それを実現しているのが、ご主人の食に対する情熱ということがよくわかるお店です。

カウンターで、ご主人と話をしながら食べたので、より実感できましたが、特に感じたのは、どの食材についても、こだわりがあって、季節、産地、旬、調理方法など、うんちくがあるわけです。
特に、産地と旬に対するこだわりは「お主、やるな!」と思わせるものでした。

鱧については、私は、知らなかったのですが、瀬戸内海産よりも、韓国産の方が高いということ。何故なら、油の乗りが違うそうなのです。
そういった、食材の話は、私も興味深々ですから、とても楽しい一時でした。

おいしければそれでいい、という人もいるでしょうけど、私は、こういう食材や料理に対するこだわりを聞くのがとても好きなタイプですから、お話していてもとても楽しくて、時間をわすれる一時でした。
まあ、私の性格からして、このブログを読めばおわかりのとおりでしょう(笑)

ご主人とは、少し話をすればわかりますが、とにかく料理が好き、美味しいものを作りたい、という情熱が感じられます。

そして、その熱い気持ちが料理に入ってくるように、料理の旨さに直結しているのです。

こういう「美味いものを出すお店」で、料理人が、料理にこだわっていないお店には、行ったことがありません。

これだけは、はっきりしています。
どの店のご主人も、料理のことを話しだすと、もう止まらない、というぐらいイキイキと自分のこだわりを話してくれるのです。

私は、そういう話がとても好きですから、色々質問して、話が尽きなくなります。

職人とは、こうあるべき、という思いをビンビン受けて、美味しい料理を堪能できました。

そういえば、前に行ったそば屋さんも、「どんだけそばが好きやねん!!」というご主人の圧力をビンビン感じながら、うやうやしくそばを食べた思い出が(笑)




好きこそものの上手なれ、という名言がありますが、上手になるのは、まず入り口においては、その対象物が好きではないと、やはりどうにもならない、と思います。

お金のため、仕方なしに料理を作っているけど、本当は料理なんて大して好きでもないんだよな。
儲かりゃそれでいいんで、料理なんてどうでもいい、ただの金儲けの手段でしかないよ。


そういう料理人から、上手い料理がいただけるのか、どんなに才能があっても、それでは上手い料理は作れないと思います。

ましてや、

レシピさえわかれば、料理なんて簡単だ。簡単に金儲けできる。
だから、レシピだけ教えてくれればいいから。


などと考えている料理人の料理など、御免被りたいものです(笑)

単なるお金儲けの手段だけで、料理を考えているのなら、やめた方がいいのかもしれません。
結局、上手く行かなくて、失敗の道を辿ることが見えているからです。
情熱を持って、料理を作っている人にそういう人が勝てるとはとても思えません。



前にも、こちらの記事で紹介した、「ふたり・・・しのぎあい、果てなき絆~日本料理人・山本征治×奥田透~」という料理人のNHKでやっていた番組ですが、これも私は何度も何度も見ては感動するものですが、本当に、料理に賭ける情熱が半端ないです。

まだ、徳島の「青柳」でペーペーだった時代に、奥田さんは、毎晩、山本さんの部屋を訪れたそうです。
「また来た、今日も来た、寝ようよみたいな・・・決意も覚悟も相当のところでこの男も来てるんだなと・・」
昨日は、塩、今日は包丁について、と毎日語り合う二人。
話せば話すほど、日本料理の奥深さにのめり込んでいく。
そんなある晩、奥田さんは、日本料理について、次のように語った。
「燃えさかる火山の中に日本料理という風船が落ちようとしたら、僕は迷わず飛び込む」
山本さんも応じた、
「日本料理は僕の命、そこに風船があれば、僕も命をかけて取りに行く」

週一回の店の休日、奥田さんは、子どもたちと遊びながらも、頭の中から、料理と山本さんのことが離れることはない。
「やっぱ、ずぅーっと意識してるんでしょうね。彼も今、何の夢を見ているかわかんないですけれど、起きた瞬間から、料理のことを考えていることは間違いないんですよ。山本だったらどうするんだろうとか、自分でいろんなことを考えるんですけど、彼だったらこうするんだろうなとか、必ず出てきますよね。」

一方の山本さん、仕事以外の時間も常に料理のことだけを考えている。

番組のラストは、明け方まで熱く料理談義を交わす二人のシーンで終わりました。



とにかく、番組がもう熱くて熱くて、やけどしそうでした(笑)

私は、この熱をもらうために、何度も繰返し見ています。

もう、仕事とか、金儲けの手段だとか、そういうものを超越していますね。
料理こそが自分の全て、命そのもの、というほどのめり込んでいるわけですから、これで失敗するほうが難しい(笑)



さらに重要なことがあります。

こうやって、のめり込むほど好きなことをして、それを仕事にできて、それで暮らしていけること!!

私の出会った素晴らしい料理人のみなさんは、みんな、料理の話をイキイキとされていました。

料理道

を邁進されておられました。

彼らにとっては、仕事とは手段ではなく、目的なんですよ。

お金を払ってでも料理がしたい

そういう人たちなのです。


それに、自分の作った料理で、お客さんにも喜んでもらえる。

美味しかったよ、素晴らしかったよ!!

自分がそもそも嬉しくて嬉しくて、そして、回りも喜んでくれて!!

世のため人のためにもなっている・・・喜びですねえ。羨ましい。

素晴らしいです。

素晴らしい人生だと思います。

とにかく、本当に好きなんだなあ、っていうオーラーがびしばし飛んできて、その熱気でこちらまで熱くなって(笑)


今では、二人共に、ミシュラン3つ。
こんな二人が、下手な料理を出すはずがありません。



最後に、こっちの世界をちょっとだけ・・・

お金を払ってやっている人多数(笑)



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

あらなみさんの
アベノミクス以降の
収支教えてください。

Re: No title

長芋さん、こんにちは。

まあ、専業ですので、これで生活していけている、ってことですね。

No title

みんなそうでしょうが
経験と知識が豊富な
あらなみさんが
結果的に実際どれだけ
儲けてるのか知りたいと思いますよ。
週間か、月間でも収支画像貼り付けをリクエストします。

たとえば 松嶋菜々子の...

彼女は魅力的です。
で、彼女がここまで魅力的になるには、過去の男性関係が影響しているのか? していないのか?
実際のところを知りたいと思います。
で、インタビューで、ぼくがそれを聞きます。

それって?
どうでしょうかね?

いまの長芋さんの話はそれと同じです。
無粋です。

No title

全然、無粋じゃないですよ、作蔵さん!
たとえが悪すぎ~~!です。
儲けてナンボの世界、
ビジネスと全く同じで
数字がすべて!
数字がすべてなんです!
厳しい世界を生き抜いてきた
あらなみさんに正直なところを
聞きたいだけなんです!
糞本や糞セミナーでペテン師が多い世界で
あらなみさんもよく承知の筈で毛嫌いしていましたよね。
それとは一線を画すあらなみさんを信じているからこそ
数字を聞きたいのです!
嘘偽りのない実績、結果、数字を聞きたいだけです!
全く無粋ではありません。

No title

まあ、2番目のコメント以外は答えないでしょう。
答える義理も義務もないでしょうからね。

相場はビジネスですが、このブログはどう見てもビジネス目的ではないですからね。どこの誰ともわからない赤の他人に収支を披露する必要など無いのは常識で考えればわかることです。

あらなみさんを信じている?
正直なところを知りたい?
株ブログ書いてるからには収支を書くのが当たり前?

でもそれは単なる長芋さんのご都合であって、ただそれだけのことなのですよ。

No title

相場の世界でも宝くじでお金をを手にした人と商いの積み重ねでお金を得ている人がいます
ほとんどの場合宝くじを当てた人の方がすごい金額です
またそちらの人のほうが喜んで答えてくれる確率が高いと思います

本当に儲かっているのか?

こんばんはあらなみさん、相変わらず美味しいものを食べてますね。私は最近ダイナースのレストランキャンペーンにはまってましてこれは値段がリーズナブルなんです。先週はポールボキューズにかみさんと行ってきました。来週はミクニに行く予定です。

私は自分のブログで生活ぶりを書いてます。どういう暮らしをしているか、そしてその金がどこから来ているか、読めばわかります、10年以上書いているから。あらなみさんブログ10年以上、私生活は良く書かれるのでどれくらいの生活をなされているかは見当がつきます。そしてその金がどこから来ているかもわかります。でも私にとってそんなことどうでもいいことです。他人の金、他人の生活だから。

でも株で本当に儲けたか? これは信じられない人が多いですね。疑うというより信じられないみたいです。なかなかいるもんじゃないから。特にそうやって人の儲けだか損を詮索する人間が将来儲かる可能性はほとんどないわけですから余計理解できない。そういう心持ちじゃ勝てないんですよね。

私は株の儲けで家を何軒か買ったらみんなから金持ちだと言われるようになりました。やはり持っている物見える物で人は判断するんですよね。ただこちとらかすると別に人がどう判断しようがどうでもいいこと。こっちの金が増えるわけでも減るわけでもない。自分の趣味でブログでプライバシーを公開してるだけで人からどうのと言われたくもない、というか何を言おうが関係ない。

でも多分人に残高聞くんだったら自分の残高先に公開するのが礼儀でしょうけどね。私は人の残高なんて興味ないから見たくもないけどね。最近は自分の残高さえよく見てない。爆

ではまた。

わたしの好みとしては

あらなみさんは、まったく数値を開示する必要はないと思います。
そんなことを聞くこと自体失礼だと思いますしね。

あらなみさんの文章とか、一部の生活ぶりをみていれば
想像できるのが自然でしょう。

数値自慢のブログなんて、いっぱいあるわけですが、
そういうことを知りたいなら、そっちをごらんなさい、といいたい。
そういう一過性のブログが長く続いているかどうかは、別問題でしょうね。
相場の怖さをしらないひとは、一時よくても
まあ、そのうちに消えるでしょう。

言い方を換えると、このような質問に
あらなみさんが具体的にお答えになるとしたら、
そっちのほうが、わたしにはがっかりですね。

ひとの収支なんて、どうでもいいでしょうに・・・・。

みんなが知りたがっているなどといういい方は
まったくの間違い。わたしは知りたくないですから。
いっしょにしないでいただきたいものです。


No title

なんかひねくれた解釈する料簡の狭い勘違いしてる人多いな~w
当のあらなみさんも出てこないし。
無理難題言ってるわけではありませんよ。
いつもあらなみさんが言ってるようなことを
逆にあらなみさんにぶつけて尋ねたわけですが。
ブログの内容から全然逸脱してませんよ。

Re: No title

みなさん、色々とご意見ありがとうございます。

私は、既に回答していますし、特にこれ以上言うこともありません。

人それぞれ意見があって、納得することはないでしょうから、

議論しても仕方がないので、この件は、終わりとしたいと思います。

No title

あらなみさん!
答えてくださいよ!
アベノミクス以降幾ら儲けた、
生涯成績はこれぐらいの数字と・・
四の五の言わずズバッと
職人気質でハッキリした数字を答えてください。
お願いします!

わあ ハルトモさんだ!

う~ん?!職人のテーマだから
ピラミッドか 十数年前にスケート場で出会った少女の話を
載せようかと思ってたんだけど 最初のコメで萎えちゃった!

パンツの中は 誰も見せませんよね(≧∇≦)

No title

長芋さん、知ってどうするの?どうせブログを読んでも一向に勝てるようにならないもんで、ほんとうにあらなみさんが勝っているのか確かめて安心したいんだろ?知ってもあんたは勝てるようにはならんよ。聞いたのに教えてくれないって感じで、まるで小学生か中学生レベル・・・その考え方じゃ、一生負け組だね、おめでとう。

だいたい職人気質ってなによ?一流職人が自分で努力して習得した物を見せるわけないでしょ。あんた、あらなみさんのブログで何を学んできた訳?
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。