スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上達のプロセス 5

2015/10/27 Tue

予告編をちょっと中断して、この「上達のプロセス」シリーズで、ブートキャンプの連載中ですが、ご質問の中で、繰り返しされてくることなので、まずきちんと説明しておかないと、また質問が繰り返されるので、この際、記事で書いておこうと思います。

相場は当てないと儲からないのか、という私のブログでは、古典的テーマに関してです。

またかよ、っと思われた方、誠に申し訳ございません。
新しい人が多くなってきて、繰り返し質問が入るので、ここで書いておきます。

過去の記事を読んでもらっているかたには、先刻ご承知のものですので、またかとなりますが、どうも最近の記事だけを読むと、ここが見えないようです。
繰り返し質問されることですし、根幹的なものなので、ここで一括回答しておきます。


実は、この前提の問題で、あまりコメント欄とかで議論したくない、というのが私の本音なんです。
過去から何度も何度もやっていることなんで、私もこの件は、もうほとほと疲れました。
ブートキャンプの連載の趣旨とも違いますし。
偉そうに聞こえるかもしれませんが、わかってもらえない人にはわからないことだと思います。
もうこれは仕方がないんです。
意見が別れるのはいいじゃないですか。

わかるから偉いとか、わからないとダメだ、とも言いません。
イスラム教かキリスト教か、どちらが偉いとか、どちらを選ばなくてはいけない、とかそういうことじゃないので、それぞれの道を歩んだからいいだけの話です。
根本的な考え方が違うので、思いをこちらにぶつけられても答えようがありません。
思いをどうか貫いて頑張ってください、としか私には言えません。






では、さっそく本題です。

相場で負けている人の多くは、次のように思っています。

「勝てる方法を知れば勝てる。」

一見すると、当たり前のことです。当然、疑問をはさむ余地すらありません。

この論理を質問の前提に置いて、何度も質問されてこられるので、ここの見解が相違している限り、表面的な質問にお答えしても、答えにならないと思いますので、この前提について、私の考えを書いておきます。



この答えを考察する前に、まずギャンブルにおいて、みんなが負ける理由から考えていきます。

まず、競馬においては、控除率25%というものがあって、これが全てです。
この控除率というのが何かというと、100円で買った馬券のうち、配当として払い戻しされるのは、25%の控除率をひいた75%、すなわち75円だ、ということです。

もっと具体的に書くと、第1レースの馬券の売り上げが1000万円だったとします。
すると、25%引いた75%が配当に回されるので、750万円が配当として払い戻されます。
誰かは当って多くもらい、誰かは外れてゼロになるので見えにくいですが、全体とすれば、25%削られて配当されているのです。
なので、極端には、全馬券を買った人が、当たりを全て自分のものとした場合、1000万円で買った馬券は、750万円に減って戻ってくる、ってことです。
じゃあ、次のレースで、その750万円を全て投入したらどうなるでしょう。
また25%減って返ってきます。
つまり562万円です。
25%づつ減っていったら、どうなることでしょう。
この控除率を跳ね返して勝つことが、如何に至難の業なのか、数学の計算が苦手な人でも簡単にわかることです。


パチンコはどうでしょう。
パチンコは、出玉率×換金率によって、期待値が変わります。

パチンコファンに聞いたところ、出玉率はよくて100%で、換金率は80%程度だそうです。

これは、どういうことかというと、まず出玉率。
(出玉率は、マクロの見方で、客から見ると、設定、回転率と呼ばれるものです)
全員のトータルとして考えると、出玉率が仮に100%だとすると、お客さんが購入した玉は100%戻されるってことです。
球切れになって負ける人もいれば、大量に出して儲ける人もいますが、100%だと仮定すると、トータルとしては、お客さんが買った玉の数と換金してくる玉の数はイコールになるように設定されているってことです。(実際には、釘を締めてもう少し悪いようですが)

一方で、換金率が80%ということは、1000円で買った玉を何もせずにすぐに換金すると、800円しか戻って来ない、ということを意味しています。

つまり、ここのお客ベースではなく、店全体のマクロで考えると、お客の買った玉と同じ数だけ出すのだけれど、その換金に関しては、2割引で換金する、ということです。

これは、1日目に、お客がトータルで1000万円玉を買えば、その日に払い戻されたお金は800万円ということを意味します。
残った800万円を次の日にお客が買えば、払い戻しは640万円となります。

パチンコにしても、競馬にしても、こうやって、控除されることで、どんどん客は負けていくのです。


カジノの例では、ルーレットは、赤黒2倍、個々の数字に張れば36倍です。
ただし、ルーレットの玉が落ちるのは、36に加えて「0」「00」という38あります。
つまり、その2つが客にとって不利に働きます。

ギャンブルは、全て、この「控除率」によって、搾り取られるので負けるのです。
ここは、はっきりとしています。

ギャンブル必勝法を知らないから負ける、というのではなく、控除率で負けるのです。




では、振り返って相場はどうでしょう。


先ほどの論理にあった「勝てる方法を知らないから勝てない」というものです。

まず、FXにおいては、スプレッドという控除率と同じものが存在します。
だから、スプレッド分だけ負ける、というのは、間違いありません。
積もり積もったら大きくなるでしょう。
株においては、手数料がかかります。
手数料分は確実に負ける、これはわかります。
そして、ぶつけて約定させるとすると、やはりスプレッドを取られてしまいます。

先ほどのギャンブルの話で、みんなが負ける理由は、控除率にある、と書きましたが、相場で負ける理由も、スプレッドという控除率だけであれば、理屈はわかります。

ところが「スプレッドがあるから相場で負けるのだ」と思っている人はほとんどいません。
あくまでも「勝てる方法を知らないからだ」という理屈です。



では、その

「勝つ方法さえ知れば・・・」

というその勝つ方法ですが、次のような理屈は成り立ちませんか。

初心者でもちょっと本を読んだり、上手い人の真似をすれば簡単にわかるような勝つ方法があったとしたら、何故みんなはそれを現実にやっていないのだろう。
これだけ多くの人が、必死で探しているのに、何故なかなか見つかっていないのだろう。
そういうものがあるとして、何年も何年も探している人が大勢いるというのに、何故負ける人ばかりなのだろう。


それを、自分だけは見つけることができる、という自信はどこから来るのでしょう。

みんながそう思って探し続けているわけです。

そう思って、何年も何年も、探しても探しても、見つからない、もうどうしようもない。

本を読んだり、勝っている人のブログを読んで、カリスマの真似をしようとして、セミナーに行って、高額の情報商材を買って、と、探す努力を必死でやっている人がすごく大勢おられます。
でも、みんな負けている。
それはどうしてだろう、って思いませんか。

それでも、「勝つ方法を見つけないと相場では勝てないのだ」「勝つ方法を探すことだけが相場で勝てる道なのだ」という論理があるので、そこから抜けだせないで、苦しみ、あえいでいる人が大勢いるんです。
よくわかっていますよ。


ここで言いたいことは、

確かに勝つ方法が見つかれば勝てるのは当たり前だが、その勝つ方法を見つけ出すのは実はとんでもなく困難ではないのか

ということなんです。

絶対にそんなものは存在しない、とか、ありもしない夢とは言いません。

ただ、とんでもなく困難じゃないか、と言っています。

初心者に簡単に見つかるほどのものなら、金融工学を駆使ししているヘッジファンドや投資銀行、また、相場歴何十年の強者が、とっくに見つけているんじゃないか。

とは思いませんか。

いやいや、それほど困難なことだからこそ、見つければ、栄耀栄華が手に入るのだ

それを見つけた人が、カリスマなのだ。勝ち組なのだ。


という理屈でしょうか。

そんなに困難だったら、難しいのかもしれない、しかし、勝つ方法を見つける以外の方法もみつからないのだ、これしか考えられないのだ、という方も多いことでしょう。




では、逆にこういう問いはどうでしょう。

「何故、人は相場で負けるのか」

どうでしょう。

勝てない理由ではなく、負ける理由を問うています。

相場というのは、売り買い裏表です。

わかりますか。

売りの反対は、買いです。

そんな質問すんな、アホでもわかるだろうが!!

「勝つ方法を知らないからだよ。」


ってことでしょうか。

じゃあ、問いますが、「何故人は勝てないのか」という答えを「勝つ方法を知らないからだ」と思っているのに、「何故人は相場で負けるのか」という問いの答えもまた、「勝つ方法を知らないからだ」という答えだとちょっとおかしくないですか。

相場は、上か下か、どちらかの選択なんだから、その論理によれば、「負ける理由は、負ける方法を知っているからだ」とはなりませんか。

相場で勝つ理由も、相場で負ける理由も、どちらも同じ「勝つ方法を知らないからだ。」とするのはおかしくないですか。


論理がおかしくないですか。

もし、勝つ方法を知らないだけなら、結果は上か下かのランダムなのだから、

「勝ったり負けたりして、結局手数料負け」

ということになるはずではないでしょうか。

「勝つ方法を知っている人は、勝つのだけれど、それ以外の人は、勝ったり負けたりする」

これが「勝つ方法を知らないから勝てない」という理屈だけが正しいのなら、そうなるはずだと思いませんか。



では、振り返って、現実はどうでしょう。

死者累々

これが、相場を取り巻く現実です。

何故、みんな相場で負けるのか。

勝つ方法を知らないから負けるのか。

勝つ方法を知らないだけなら、手数料負けでいいんじゃないか。


そうは思いませんか。



もっと言いましょう。

負ける方法を知らなくても相場で負けることはいとも簡単にできます。

ということは、その簡単なことを逆に突き詰めれば、何か見えてこないでしょうか。

負ける方法を知らなくても相場で負けることができるのは、みなさん宣告ご承知ではありませんか。

ところが、「負ける方法を発見したから、自分は負けているのだ」と言っている人を私は見たことがありません。

なのに、何故、勝つことだけは、「勝てる方法が絶対に必要なのだ」となるのでしょう。

それ以外の道は絶対に無いのでしょうか。

何故、人は相場で負けるのか。

相場は、上か下か、しか無いんです。


私の言いたいことはここなんです。

この連載シリーズで書いていることは、ここなんです。

ここが見えなければ、読む意味などない、というのは最初に書いていることですし、繰り返し書いています。




これまでは、手法ややり方、つまり当て方を知らないからだけが負けている理由だと思っていた。

だから、それしか思い浮かばなかったから、ずっとそこに執着していた。

でも、いくら探しても答えは見つからない。


そう思い始めた人に、「やり方を探すだけが相場上達のプロセスではないかもしれませんよ」というのが、私の言いたいことなんです。

だから、そもそも「やり方さえ見つかれば」と思っている人とは相いれません。

この連載は、「やり方探しを諦めた人」向けの極一部のマニアックな人に向けたものなので、万人受けするものだとは最初から思っていないんです。

パンストフェチとか、そういう一般の方には理解できない異常性癖だと思ってもらっても構いません。
全く一般受けしないものだとわかっていますから、繰り返しますが、ご注意いただかなくても、マニア同士の同好会していますので、「お前らの趣味は全然理解できない」とお怒りになられても、申し開きのしようがありません。

何度も何度も書いていますが、私のような「負け犬向け」の記事ですから、金鉱探しに夢を持って、一山当てよう当てようとギラギラして、走っている眩しい人には、向いていないと思います。

なので、金鉱探しを諦めていない人から、議論を持ち込まれても、すごく説明に困ってしまうんです。
そこのところ、負け犬なのでご容赦お願いできないものでしょうか。


このシリーズは、そもそも

「カリスマの真似を続けて、上手い人を一生懸命真似しようとして、何年もやったけど、一向に儲かるようにならない、どうしてだろう。」

という数少ない人に向けて、その疑問を持っている人を前提に置いて書いています。
なので、もし、その前提が無く、「上手い人を真似すれば勝てる」と思っている人には、読む価値がありません。
その点をもう一度書いておきます。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

自分であらなみさんの書き込みをもとに整理してみたのですが
今まで思っていたのは練習の目的は主に2つで

1絶対の法則、聖杯はまずない、
しかし、もし行ってる手法に1%でも優位性があるとするなら
練習前と後で規律を守るようになれば、その1%を手に入れられる、から勝てる

2あるいは
もし手法にエッヂがないとしても、同じきかっけで出るわけだから
訓練でだんだん慣れができて
トレード前やトレード中に、これはダメ
みたいなニュアンスと言うか空気が百発百中は無理でも分かって来るので
始めから仕掛けなかったり、途中で降りる、または利が伸ばせそうなら伸ばす
から優位性が生まれる

この2つのどちらかだろう、と言う認識でいました
しかし、そうではないらしい 2のケースではルールを守らない人になってるし

と言うことは、ぶっちゃけ言うと仕掛けはランダムエントリーでもよくて
手仕舞いルールにテクニカル的な利益目標的なものを持たないようにして

たまたま当たった時に我慢して利を伸ばして(トレーリングストップとかで)
外れの時は躊躇なく切る それができるようになるのが
練習前と練習後の差みたいなことでしょうか?

私は投資経験も知識も浅いですし、
確かかどうかわかりませんが、実は聖杯を見つけた方が見つけられなかった人より不幸なのかなと思います。

大して訓練も受けていない投資家が運良く知人から聖杯チックなものを教えてもらったり、才能が少しあってマーケットにあって極めてエッジの高い部分を知ったとしてもその増えた資産を維持するのは極めて困難だと思います。

一度ほぼ確実な勝利を得てしまうと負けのイメージと準備が全くできないので、聖杯の有効期限が終わると待っているのは崖からの落下だけです。それは負け続けるより不幸な結末かと思います。

実は人間的成長のない勝利ほど怖いものはないんじゃないかと。

長い目で見たら相場に才能がないということはエッジに化ける可能性があるんじゃないかと思います。

申し訳ありません。少し今回の記事の趣旨から外れましたね。

やり方を教えて欲しい人はなんかやりたいこと一つ見つけるのがいいのかなと思います。あらなみさんもキャンプに入って4年。他の方も何かを決めて数年。

なので早くパン本で適当に一冊買ったりして、ずーっとそれをやり続けるのがいいのかなと思います。

どうせ数年はかかるんだから早めにスタートきった方が時間の節約になるかと。

No title

おはようござます。
コメが激減ですね。
哲学的すぎて理解が難しいと思うのです。
具体的な取引例でこれは当てるやり方、腕で取ると例を挙げて説明するのは難しいのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

通りすがりさん、こんにちは。

まず、私の書いていることは、かなりわかりにくいことのようですね。
私としては、精一杯わかりやすく表現しようと努力したつもりだったのですが、他のコメントを読んでも、ものすごく不評です。

通りすがりさんのコメントを読むと、自分なりの「型」にはめて、デフォルメしようと努力されているように思います。
これはもしかして、通りすがりさんの思考のパターンじゃないかと思いました。
ビジネスシーンでは、頭のいい人がよく使う思考法なのですが、こと相場においてはどうなのか、と思います。

相場って、ずばりこれだ、みたいなものではなく、人が思うよりかなり複雑だと思うのですよ。
それが、総合的に合わさって、はじめて取れるようになる。

もし、私の言いたいことが単に「損小利大」だとすれば、私とて簡潔に書きたいところは山々なのですが、そうではないから、難しい表現になってしまうのですよ。

少し考えさせてください。

Re: タイトルなし

nobuoさん、こんにちは。

マインドの問題は、みんなが思っているより遥かに重要で、まさに、nobuoさんが書いておられるとおりのことが現実に起きています。

>やり方を教えて欲しい人はなんかやりたいこと一つ見つけるのがいいのかなと思います

そのとおりだと思います。

>どうせ数年はかかるんだから早めにスタートきった方が時間の節約になるかと。


この表現、すごくよいです。
どこかでパクるかもしれません(笑)

本当にそうなのですよ。

ここで、色々質問されているから、一生懸命理屈で答えようとして、さらに難しい、わからない、とコメントで並べられて、私も少々凹んでいますが、もしこれが、親方と弟子なら、「しのごの言わずに手を動かせ」で済むことなんだと、つくづく思います。

こういう書き方をするとまた叱られそうですが、みんな理屈が好きなんですね。理屈がないと動こうとしない。
でも、そもそもやってみないとわからないことが世の中には多いのです。

知行合一一つとっても、きちんとやれる人はほとんどいない。だから、繰り返さないといけない。

そういう意味で、nobuoさんが一番コツを掴んでおられますね。

Re: No title

モモタロウさん、こんにちは。

今回の記事は、甚だ不評です。
というか、ものすごく不評です。

管理者のみのコメントも、非難轟々で、何を言いたいのかさっぱり、という感じです。

自分としては精一杯頑張ったつもりですので、少々凹んでいます。

でも、そもそも、相場ってそんなに簡単なものなのかなあ。一言で表現できるものなんでしょうか。
簡単にデフォルメできるようなものなのかなあ、って思います。

逆ギレではありませんけど。

それだったら、私のブログの存在価値などどこにもありません。

今回の記事は、ちょっと表現方法がまずかったのかもしれません。
説明しようとして、無理をした部分があるので。

私自身とて、試行錯誤しながら、四苦八苦して、この複雑怪奇な相場というものを何とか解明したいと何年も何年も取り組んでいます。

それでも、これだ、と簡潔になど、不可能です。

相場って、ヌエのように怪奇だから。

コメントを読んでいると、単純に人の真似をすれば勝てるとか、簡単な型にはめることができる、とか、パターン化、マニュアル化できる、とか、なにか、単純化しようとしすぎているように感じるんですよ。

そんなに相場は単純に理解できるものかと。

こういうこと書くと逆ギレとお叱り受けるかもしれませんけど。

私なんかは、そういう理屈ではなく、何年も何年も繰り返し繰り返しの実戦の中から、身体で覚えた相場、つまりは職人肌で育ってきているので、それを何とか表現しようとしても、やはり限界があるんだろうなあ、とか、思います。

といって、自分がやったように、「やればいいんだ、やってればそのうちわかる」と書くと、理屈で質問が来る。だから、答えると、わからない、と言われる、この繰り返しになってしまうのが現状です。


もちろん、まだ私の理解が浅いから、人にわかるように表現できない、ってことはあるのでしょう。
もっと理解が進めば、もっとやさしい表現ができるのかもしれません。

ただ、ヌエのような相場を表現するのに、今の自分にはこれが精一杯ですね。
残念ながら。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

自分としては、練習前と練習後の何が変わって儲かるのか?
を知りたかっただけです それが質問の意図です
もしかしたらそういう事を事前に考えて練習するのすらいけないのかもしれないですが

繰り返せば勝てる、と言うことは、

手法にそもそも薄い優位性があって心の問題マイナスになってた。

手法には優位性はないが、未来はわからなくとも
現状ヤバイか好調かどうかくらい分かるようになった

精神的にきつい損小利大をマスターした

って感じかなと あるいはこれらの複合でもあるかもしれませんが
もしくは事前に決める、今後の売買予定のスキルが上がったとか(なさそうですが)

でもこれ、もしかしたら実際練習してみないと実感できない、
言葉で説明されてもわからないことなのかもしれないですね
と、今は思ってます

食べたことのない人にサンマとイワシの味の違いを説明するようなもんで
結局は、アレコレ説明を求めても納得の答えは出ずに、体験してみるしかないのかなと思います
林先生や立花さんの本にも説明の大変さや、やってみないとわからなさ、
について記述があった気がします

ところで、今練習を始めるとしてスイングならこんなふうな売買が良いよ
デイなら、こういう練習が良いよ、みたいなものはあるのでしょうか?

それともこういう事を言いだすこと自体、聖杯探し病が治っていないのでしょうか?

理屈じゃないでしょうよ

あらなみさん、こんにちは。
へこむことないですよ。とってもよく説明されている。

もともとやらないとわからないことを説明しようという
その姿勢には、わたしは頭が下がりますね。

理屈ばっかりいってれば、板場だったら板前に蹴飛ばされますよ。
暴力はいけない、なんていうけどね、そんなので
ほんとうの職人技が身につくとは思えない。

楽器を眺めているだけで、「どうやれば上手になるの?」とか
そんな質問って、おかしいですよ。
さっさと楽器をもって練習しろよ、って、ただそれだけでしょ?

学生時代、だれでもクラブ活動をやったと思うけど
実践・実行がなくて、どうやって実力をつけるんですかね?
そんな体験、クラブでやって、だれでも知ってるでしょ?
相場だけ違うなんて考えるの、おかしいですよ。

「時間がかかるなら、さっさと始めたほうが有利・・・・・」と
言っていた人がいるけど、そういう方は、本質がわかっているから
きっと上手になると、わたしは思いますね。

納得してから開始したいって、気持ちはわかるけどね
納得するために実践するんでしょ?
生身の金を賭けないで、シミュレーションでやって
上手になるわけがない。心理的な鍛えができっこないでしょう。

これほど親切に説明されるあらなみさんが、へこむ必要なんて
まったくありません。わたしは、そう思う。

だいたい、あらなみさんのブログの過去に、
ほとんど全部答えが書いてあるんだから、
勉強する気なら、ちゃんと「全部読んでからにしなよ」って
わたしは思う。

一部だけ、最近のものだけで、わかったような気になっているなら
そういう態度そのもので、上手にならんと思うね。
全部読んでみなさいよ。わかるひとにはわかる。
わからんひとには、わからんのです。

さんまを食べたことのない人に、っていっているひとがいるけど
ほんとですよ。
それがわかっているなら、その方も早く食べることでしょうね。

練習の仕方だって、あらなみさんは書いていますよ。つい最近。
いろいろ迷うのは「効率いい方法」なんてのを求めるからで
逆張りだろうが順張りだろうが、
ブレイクだろうが長期投資だろうが
体験を積んで上手になったひとだけが成果を得る。
それが相場ってものでしょうね。

時間がもったいないから、
さっさと開始したほうが有利といった方、
きっと上手になりますよ。
最初のマイナスにめげずに続けることでしょうね。

あらなみさんのいう「勝てる方法」の反対
「負ける方法」ってのは、まことにいい表現です。

その負ける方法さえ避けていけば、自然に勝てるでしょう。
効率を求めすぎないこと。それが大事だと思う。
効率を求めすぎるというのは、天底をあてようとするのと
まったく同じ「自己都合」だと思います。

あらなみさん、へっこむ必要ないですから。
ほんとうに、よく説明されていると思います。

わたしはあらなみさんの言われることは、まったく同感です。

システム派からは

この議論は、どういうふうに見えるか?

システム派ですから、「やり方」命です。
ですから、実践命では、ありません。
大事なのは、データ処理だけです。
そう信じれないと、システムでは運用できはしません。

しかし、です。
では、やり方と、簡単にいいますが、そう簡単にやり方が見つかるのか?
あらなみさんが言っているポイントはそこで、j◯法でやり方を見つけるのは、「諦めた」とさえ書いてありました。

いま私は、マネーマネージメントと格闘していますが、核は、もう2000年にはありました。
いまは2015年ですから、15、6年たってます。
不思議ですが、すっとその核の使い方が、今回わかりました。
爆発的なブレークスルーを狙っています。

そうそう、日本で言えば、東大、京大そんな大学院の物理学科か、数学科の博士号がやり方の発見には必要です。それを持っていない人間が、システムを組めるなど、夢のまた夢ですとあらなみさんも書いています。

いちのみやあいこの「ダウ日経逆バリ」などは、その困難さを、われわれでも打ち破れる。そんな希望を持たせてくれたとも思えます。

出れば、負ける。
そんなん当たり前です。勝つほうがおかしいくらいです。
大事なのは一連での勝負ですが、その一連の勝負でも、利益がでない、あるいは、利益が爆発しない。
それはやり方が間違っているのです。

ですから、データを分析して、勝てる方法を探す。
探し当てたとして、で、そのやり方で、永続的に勝てるのか?
そのやり方で、いつまでも勝てるのか?
そこのところこそ、実践しないと、腑に落ちないところでしょう。
システム派の実践とは、そういうものでしょう。

さらに言えば、あらなみさんが書いているように、「環境」が相場の値動きの正体ですから、システムが、永続するはずもありません。
モンテカルロ法について理解が私はできませんので、アメリカ市場データで、システムを検証し、そして、「逆さ日経」で、私は検証しています。

ともかく、相手は天才です。
エッジとは、天才との「差」です。
その天才たちとどう差をつけるのか?
天才が考えつかないことなど、あるはずもないのですから。
時間は経つばかりです。

すべてものごとをやるには、まして天才が跋扈するフィールドです。
凡人は、せめて人生を賭けなければならないでしょう。
意地とプライドもかかっています。
しかし、それでも、相場は無情です。
凡人や、自称天才を、殺していきます。

最後に、誤解されるといけないので・・・
われわれが考えるシステムでは、BNFやcisには敵いません。
システムは、安心して使えますし、複利効果もうめますが、最初のたね銭に左右されます。つまり、そのたね銭の多寡によります。お金を多く持っていないと、システム投資では、たいした成果を望めないと、私は思います。
だって、自分で戦場に行って戦って、獲物をぶんどらない闘い方ですから、仕方ありません。

私が若ければですが、
あらなみさんが言うように「修行」してみます。
しかし、それでたね銭ができれば、私はシステム運用をやります。



No title

あらなみさま、ブログの更新ありがとうございます。
私が思っていた通りの展開になりました(笑)

書けば書くほど理解されない

これは言葉の限界ってやつですね。

ただ「わかってる人(相場に向いてる人)」にとっては、
あらなみ様の過去の記事を読むだけで十分です。

そして「わからない人」には
あらなみ様がなんぼがんばったところで
ロバに念仏でしょう(笑)

けっこう凹まれてるようですが、
これ以上がんばるとどんどん深みにはまるでしょうね(笑)

わかんない人にはなに言ってもわかんないっすよ。

わかんない人の思考回路自体に問題があるんで。

で、そーゆー人達って、
あらなみ様が「低ロットである規則にしたがって試しに数十回売買してみ。そしたら見えてくるから」って
提案してても9割以上スルーしてるはずです。

なぜなら「だって儲かんないじゃん!」と(笑)

頭の中で数十回売買して(したことにして)、「実際売買したけど何も見えて来んじゃん」とか
言ってるのが大半でしょう。

わからない人によくある傾向が2点
・短期間で大きな結果を求めている(初年度から年利50%とか100%とか)
・すぐに勝てるトレーダーになるレシピを求めている

これからはある程度読者を切って、あらなみ様の方が
読者を選定していく時期にさしかかってるとは思いませんか?

Re: No title

通りすがりさん、こんにちは。

>食べたことのない人にサンマとイワシの味の違いを説明するようなもんで

いい事例を出してもらってありがとうございます。
こういう部分は間違いなくあるので、説明するのがすごく難しいです。

ある本の冒頭にも書いていたことですが、トレードって、スポーツとか、将棋とかと違って、一見すると、能力とか、スキルとかを必要とせず、何かを知ればすぐにでもできる、理屈で片付けられる、と思わせてしまうことろがあるんだと思うんです。

だから、表面的な知識だけを得たら、すぐにそれができると錯覚させてしまう。

でも、実際には、他の物事と同じで、繰り返しの練習の中で技術を身につけないと、できないものなんです。

じゃあ、技術って何だ、って話に逆戻りしそうですが、簡単に書けるものだったら、こんな回りくどい言い方せずに、とっくに書いていますので、そこは汲みとってください。



>ところで、今練習を始めるとしてスイングならこんなふうな売買が良いよ
>デイなら、こういう練習が良いよ、みたいなものはあるのでしょうか?


どんな感じなんでしょうねえ。
入り口なにか、杖が欲しいですよね。

林先生や立花さんの本を読んでおられるのなら、そこに書いてあるメニューを参考にされてもいいと思いますよ。

デイについても、時間軸とか千差万別なので、色々本があるので、自分にできそうなので色々試すのがいいんじゃないかと。
難しいことではなく、簡単なのから入るといいかも。

ただし、結局、時間をかけてやっていくうちに、そういうやり方にこだわっていたことが、不毛だったとどこかで気がつきますよ。

多くの人が失敗するのは、やり方にもたれかかって、最初から儲けよう儲けようとして、短期間で爆死するんですよね。

もう、スキルもマインドもへったくれもないぽやぽやの新人の時代に消えることになります。

それさえ防いで、時間をかければ、見えるものが必ずあると思うんですが、

一つ注意点としては、

今想像されているより遥かに時間がかかります。


だから、焦ってやると、途中退場を必ず食らいます。

No title

あらなみ様こんにちは!初コメです。いつもうんうん激しく頷きながら拝読しております。今回の記事もしかりです!

横から甚だ恐縮ですが、通りすがりさんが誠実に突き詰めようとして尋ねておられる意図はよく分かります。繰り返すことで一体何が変化して、結果的に勝てるようになるのか?手法の優位性の見極め力か?その手法が機能するパターンを知ることか?それとも心理的な要因か?

この点に関し、僭越ながらもしワタクシに答えるチャンスを頂けるなら、「同じことを繰り返すこと、それ自体がいかに困難かを知る」「自分の何が邪魔で繰り返しを困難にさせているかを知る」です。強いて言えば、それこそ「負ける方法を知る」事だと思うのです。(あらなみさんはそのような主旨で「負ける方法を知る」と書いておられないと思いますが)あらなみさんの記事のタイトルを借りて言うなら、自分が「負ける方法を知る」プロセスこそが上達の秘訣と言えるのかもしれません。そのためには、ルールを破っても破っても、そういう自分に過度に落胆せず、同じことを繰り返す努力を続けることが上達の秘訣なのではないでしょうか。換言するなら、繰り返しは自分を知るための作業と言えるかもしれません。

なぜ自分が繰り返せないのか、その原因は心理面だったり、同時並行的な判断力(経験)の不足だったり、人それぞれだと思います。一律ではないと思います。従って自分自身で発見するほかないと思いますよ。普通は数年単位の時間が必要だと思います。

もしワタクシが誰かに師事するとすれば、高いお金を払ってまで手法を教わろうとは思いません。でも、ルール違反を犯した時に見逃さず、厳しく指摘してくれるコーチ役としてなら、高いお金を払ってもいいかなとは思います。その手法は何でも良いと思います。一つの手法を数千回繰り返す過程で、ブレを客観的に指摘してくれて、その原因については自問自答する。そういう過程を経るなら多くの人が勝てるように成れると思うのですが。。。

Re: 理屈じゃないでしょうよ

虚無僧さん、こんにちは。

やっと来てくれました。ヘルプ求めたようですみません。砂漠にオアシスでした(笑)

虚無僧さんの書かれていることは、まさに「親方」の言葉ですね。

楽器の表現、キツイですが、そのとおりだと私も思います。

私も「100回やってみましたが、こういうところがまだ見えないんです。」ということだったら、まだわかるんですが。

「わからない、哲学的」と繰り返されると、私が一人よがりで書いているのかなあ、と思ってしまうところもあるので、こうやって頑張って説明しているところを理解してもらえる方がいると、ホッとします。

誰にもわかってもらえないこと書いたのかなあ、って心配になりました。

というより、「わからなくてよい」とあれだけ注釈していても、わかるように書け、となるので、実に難しい(笑)

宗旨替えって、ほんと困難なものだと思いました。

No title

あらなみ様こんにちは。

>>nobuoさんが一番コツを掴んでおられますね。

あちがとうございます。
まだまだ未熟ものですが、少しづつ成長したいと思います。

虚無僧さんもありがとうございます。
励みに頑張ります。


虚無僧さんが仰っている通り「あらなみさん、がへこむ必要なんて全くありません」

金額で測るものではないかと思いますが、負けている人、勝ち切れていない人の中で手法ではなく自分自身にエッジを求める人にとってこのブログには数百万の価値があると思います。

世の中にはやり方を教えてくれるところは多数あります。
ですがどう考えれば、どう自分自身を変えればいいか教えてくれる人は日本にはいません。
私はこのブログが初めてです。

メンタルと一口に言ってもかなり難しい問題です。
抱えてる問題なんて千差万別ですし、その人自身の性格、投資スタイルでかなり解決しないといけない部分も変わります。はっきり言ってあれだけ信者がいる「ゾーン」ですらあれだけで問題を解決できた投資家は何人いるんですかと思います。

それをあらなみさんは一生懸命に考えてアドバイスを出してくださります。

これは普通、お金をもらってすることです。

こんなことをしてくれる人は私はこれまで見たことがありません。心の底から感謝しています。

Re: システム派からは

ザ作蔵さん、こんにちは。

ある人に「システムという存在があるから、やり方、当て方に固執する人がいるんじゃないか。」と言われました。

確かにそれって一理あるんだろうなって。

システムって、かなりのウエートが、確かにアイデア勝負なんで、言われているようにどうしてもそこに強力なエンジンが必要です。

そういう存在がある以上、裁量でも同じものを求めているのだろうな、って。

でも、それができるんだったら、何で裁量やるのか、と逆に思います。

システムでやればいいじゃん、てならないのかなあ。

そういう「勝てる方法」が見つけられるのなら、何でシステムやらないのか。

勝てる方法を見つけて、システムでガンガン回す。システムが勝手にお金儲けしてくれる。

自分は、ハワイでバカンス。

理想じゃないかと思いますけど。私から見れば。

ザ作蔵さんがシステムの方なので、ぼやいていますが、システムでガンガン稼げれば理想だと私は思いますよ。

ただ、現実は、ザ作蔵さんがご存知のように、そうは問屋がおろさないわけですよ。

環境は変わるし、いつシステムが機能しなくなるのか不安の日々だし、そもそも「ガンガン勝てる」というものを持っているオーナーは少なく、大きなドローダウンに耐えながら、ぎりぎりのエッジで回しているシストレオーナーがほとんどだ、というのが現状ですから。
しかも、潜在的に大きなリスクを抱えるからこそ利益が出るシステムは多いんです。
そうなると、なおさら不安の日々が続く・・・

まあ、相場に限らずですが、簡単には儲けさせてはくれませんよね。

Re: No title

にっし~ さん、こんにちは。

すでに、読まれていましたね。

>書けば書くほど理解されない


私なりに、頑張ったのですが、やはりにっし~ さんの思惑どおりの展開にハマってしまいました。

>これ以上がんばるとどんどん深みにはまるでしょうね

この予想、多分当たっています。
今でも、説明すればするほど、次、次、次、と言われるので、既に底なし沼にハマった状態です(笑)

今回の記事は、質問が多かったので、ここを説明しないとまた質問が来る、と思って説明したことなのですが、新たな疑惑を産んでしまった・・・でも、これでもう限界です。

質問やご批判はしていただいて大丈夫なんですが、あまり繰り返されても意味は無いのかなあ、って思いますね。

やはり、わからないものはわからない。

わからなくてはいけないことでもない。

そう思います。

こういうどん詰まりのやり取りがあまり続くと、私のモチベーションが落ちるのを心配してくださっていると思います。
そこは感謝します。

Re: No title

テッドさん、はじめまして。

テッドさん、お主、何者??

でっ、できるな。お主。素人では無いな。その殺気と太刀さばき。只者とは思えぬ(笑)

書き込み読んだ瞬間、私、ちょとビビった。

何でこれだけわかってるのか。

しかも、書いた本人の私より、上の理解をしている。

記事の行間を一発で読まれたばかりでなく、さらに鋭いコメントまで・・・うーん、武者修行中なら、剣を交えたくない(笑)

私が四苦八苦して答えきれない通りすがりさんへの回答まで、答えてもらっている。

剣を交えただけで、「参りました」と言いたい。

テッドさんは、エロい熊さんの仮面を被った剣豪ですから、みなさん注意を(笑)

書いておられることは決して読んではいけません。
あまりに、本質をつきすぎていて、目がつぶれます(笑)



>もしワタクシが誰かに師事するとすれば


ここに書いておられることが、今の野川軍曹のお仕事なんです。
プロップのリスクマネージャー。
このとおりのお仕事です。
この存在があるから、プロップのディーラーは、破綻せずに、生き残っていけるんですね。

ただ、個人トレーダーは、その役割を自分自身がつとめないといけないので、厳しい。

ここもまた鋭いご指摘でした。

これからも時々コメントいただければ嬉しいです。

Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

応援ありがとう。

ちょとと、褒め殺し気味ですが、そう思って読んでいただいている方がいると思うと、励みになります。

nobuoさんは、私だけでなく、虚無僧さんも評価されていますので、鬼に金棒ですよ。



鬼に金棒といえば・・・

トレードアイデア(やり方)って金棒なんですよ。

でも、金棒は結構重い。

だから、鬼には体力が必要。

つまり、メンタルやスキルね。

これがないと、金棒を振り回せない。

金棒は、ただの道具なんです。実は。単なる金棒。

だから、道具単体では何の役割も果たさない。

でも、鬼がそれを使いこなす力があれば、すごい武器になる。

しかし、一方で、金棒をヘタレが振り回しても、何の武器にもならない。

そういう関係なんです。

自分がヘタレなのを横に置いておいて、金棒の性能ばかり気にしているから、勝てないんです。

だから、体力をつけろ、練習しろ、って話になる。

優先順位は明らかにこっちなんですよ。


でもみんな、そういう体力には全然興味なくて、金棒の品質とか、性能ばかり気にする。

あっちの金棒の方がよい、とか、どうでもいい持ち具合とか、そんなのばかり気にしている。

そういうことなんですがねえ。


これって、道具ばかりとっかえひっかえしている癖に、全然練習しないヘタレゴルファーと同じなんだけど(笑)

そういう人に限って「ゴルフとはな!!」と講釈ばかりしたがる(笑)

講釈する暇あるんだったら、練習しろ、って話なんだけど。。。

そして、ゴルフする前から理屈垂れてる人を見ると「練習場で一発でも玉を打ってみろ!!」ってつい言いたくなるんですよ。

銀流しの安さんにも・・・・

書いてありますよね(≧∇≦)
最後の文章!!

でもさあ!実際にやらないと判らないから
そこが相場の厄介な所!

ギロチンの先に お金が落ちてるんだけど
人知れず それを取るにはどうしたら良いの?!

みたいな例えも出来るけど 判んないかも?!

多くの人達は 本当の事を知らずに
生きてきてるから 本当の世界に入ると それが
理解出来ないと思います!

今 下町ロケットってやってるけど
実際には そんなものじゃないぞ!って私は感じてる!

これ 工場内の簡易作業をしてる人達には判らない事!
でも簡易作業って思ってない(;´Д`)・・・・

自殺や夜逃げ 責任のなすり合い!
あのドラマ 私はとても見てられない

ノーベル賞の裏だって 大なり小なりあると思います
ロザリンド・フランクリン辺りがそうだろな!

何でも 蝶よ花よって話になっちゃってる(>_<)!

こんなに簡単に誰でも入れる所なんだけど
相場は ある意味 世の中の最高峰!!
難しいのを やさしく解説してる
あらなみさんは 本当に凄いと思いますよ(≧∇≦)b

Re: 銀流しの安さんにも・・・・

kuwankahnさん、こんばんは。

猫-猫の話はやめましょう(笑)

相場って、虚飾にまみれたところがありますよね。

実際には、阿鼻叫喚地獄絵図といってもいいのに、表の顔は、「簡単に儲かります」「上手い人の真似をすればいいんです」「不労所得がガッポガッポ」って感じで、誰でもが簡単に稼げる、という文句の本が溢れている。

そして、実際やってみて、いくら頑張ってもダメな現実を受け止めれれずに、何で自分だけ、と思ってしまう。

でも、事実は全然違う。

FXでは、ほぼ全部といっていいぐらい損をしている。

株だって、短期売買に限れば、ほぼ全滅。

そこで語られていること。みんなが信じていることは、ほとんどが現実離れした虚飾の世界。

1万人に一人のことを、あたかも全部のように言っている。

宝くじが、さも全員が当たっているかのように書き立てる雑誌や本。

商材を買えば、みんなが大儲けしているという宣伝。

そりゃ、当たった人ばかりを記事にすれば、みんな当たったように思いますよ。

それを真実だと思っている。

そういう宣伝文句を真実だと信じこむ。いや、夢を信じたいのかもしれない。

夢は夢。でもここは現実なんだけど。

はじめまして

先月から読んでいます。
今月の記事はまさに私のために書いてくれたとしか思えません。
FXを始めて11ヶ月になり自分で決めたルールも守れない事がとても情けなかったですが、心の中で少しづつ解消されていく矢先に、この記事が!
これだと妙に納得しました。おかげで今週はとても落ち着いて取引できています。
記事を読んで驚いたのは、勝ってる人の真似をすることが普通ということ。自分の場合は始めるときに
勝ってる人の真似はその人と同等以上の知識と経験が必要だろう?基礎知識の無い自分には無理だから真似しない。
これまで真面目に仕事をして報われなかった。FXも真面目に勉強して稼げなかったら立ち直れない。だからテクニカルとか時間のかかりそうな勉強はしたくない。自分で取引しながら慣れていけばいい。で、始めました。
まさか不純な怠け心が間違いを避けていたとは!
この幸運があってなお、過去の記事にあるような初心者にありがちなポジポジ病などには、しっかり患い苦しむことになりましたが。
その後「マーケットの魔術師」という本を読み、出てくる人たちは手法は様々だが、取引そのものは共通した考え方をしていると思いました。
エントリーから終わりまで自分が決めたルールにしたがって動いていると。
良いヒントを見つけながらも感情をコントロールするのは難しく、機械的な取引を実験として繰り返しても結論は同じ。
自分のルールを守ること
分かっていても難しいのです。
自分が良いと思う場面でエントリーして事前に決めたルールで終わりにする。2ヶ月悩んでそしてブログを読んでなお直らず、自分で徐々に慣らしていくしかない思いながらようやく感情をコントロールすることが少しだけ出来てきた時に今月の記事を読んで励まされた感じです。
今後の課題は自分が良いと思う場面は何故そこだと思ったのか?それを理解するためにテクニカルの勉強をしようと思います。

はじめまして

初めてコメントします。
ぼくは非難のコメントが多いというのを目にして、ほくそ笑んでいます。
「よしよし^_^いつまでもソコにいろ」
なんて。
性格悪いですかね。そういう意味では、あらなみさんは仙人の域に達してるのかも知れませんね。
ぼくは好きですよ。あらなみさんの文章。
続編楽しみにしてます。

No title

こんにちは。
あらなみさんは聖杯は無いとの考えから
カリスマトレーダーのBNF,CISやあらなみさん友人の
勝ち組トレーダー達はすべて腕で獲っているとの
認識でしょうか?

初めまして

「相場の動きの大半はランダムである」ということを前提にすると「負け組の大半は手数料損」のはずではないのか。しかし現実はそれ以上の損をしている人が大半だ。これはつまり負ける為に良い方法を取っていることになる。言い方を変えれば敗者は負け方向ならうまいことランダムの大枠を抜け出ることができている。これはすごいことだ。ところでそれは「うまい負け方」を知っているのだろうか。知っているなら相場は上か下かしかないのだから逆をやればいい事になる。しかし彼らは当然うまい負け方を知っているわけではない。そんな方法はないのだから。ここでもう一度「相場の動きの大半はランダムである」ということを前提にすると、うまい負け方が存在しないのと同様うまい勝ち方など存在しないとわかる。では勝つにはどうすればいいのか。それは負け方向ならうまいことランダムの大枠を抜け出ることができた事に学べばいい。つまりそれは相場の大半がランダムである以上、方向を当てる事などではないのだ。

自分の相場に対する考え方が似ているので適当にまとめてみました。

Re: はじめまして

こんさん、はじまして。

参考になってよかったです。
今回の連載は、批判されることがしばしばなので、参考にならないものなのか、と思うこともあります。
自分としては、かなり張り切って書いているだけに、わからない、意味が無い、ということだと、書くのをやめようかとも思うのですが、こうやって、参考になる、と書いてもらえると、書く気力もわくというものです。

私とて、試行錯誤でやってきていますし、自分の考えていることが絶対に正しいなどと奢った考えは持っていません。
それだけに、意味がないと言われれば、そうなのかなあ、って思うんですよ。

シミュレーションなら上手く行くのに、実戦になったらダメ、ということをよく耳にしますが、これなども、規律の問題なんでしょう。

やり方だけしか見なければ、シミュとて、実戦とて本来は同じです。

では、何故、シミュでは上手く行って、実戦では失敗するのか。

逆に言うと、シミュのように、きちんと規律を守ってできるように訓練する、というのも、目的の一つなのでしょう。

シミュだったら勝てる、というのなら、シミュのようにできるよう練習する、ということです。



バイブル本の「マーケットの魔術師」を読まれているのですね。
最初の「マーケットの魔術師」は、日経出版から出版されていたのですが、これが絶版するらしい、という話を聞いて、何冊も買い占めしました(笑)
今は、パンから再販されていますから、みんな買えるようになりましたが・・・


これは、三ツ星本、すなわちトレーダーの心であり、魂の本だと私は思っています。
ほんとにおすすめ本です。

「マーケットの魔術師」と「新マーケットの魔術師」のこの二冊を繰り返し読むことで、勝つトレーダーに共通する心構え、考え方、が見えてくると思います。

これは、あたかも、大勢の勝っている偉大なトレーダーに自分が会いに行って、話を聞く、という得難い経験を本を通じてできる、ということなんです。
こんな機会は、本来無いんです。

そして、大勢に繰り返し話を聞くと、その話の中に、「共通したトレードへの考え方、哲学」というものがあることに気がつきます。

これこそが、得難いものなんです。

一人が言っているだけなら、見逃してしまうことでも、大勢が口を変えて同じことを言っているので、これは本質だ、とわかるわけです。

小手先の技術は千差万別でも、この本でインタビューされているトレーダーには、みんな普通の人には無いある共通した思想があるんです。

そこを感じとれれば、今後のトレード生活にどれほどブラスになるかわかりませんよ。

Re: はじめまして

ケイスケさん、はじめまして。

励まし?ありがとうございます。

元々、私のブログは、アウトロー的で、万人受けしないことを承知で書いていますので、非難批判は覚悟の上なんですがね。

そもそも、相場は、ほぼ全員が負け組なんで、みんなが思っていること、考えていることで、勝てる要素というのは少ないんですよ。

理屈上そうならざるを得ません。

そうであれば、変態になること、群れを抜けて、変な考え方をすること、それが、生き残る道でもあるんです。

多くの人は、考え方を月並みのままにしておいて、やり方だけを工夫しようとするから上手く行かないんです。


そういう意味で、ケイスケさんも、変態仲間ですね(笑)

Re: No title

モモタロウさん、こんにちは。

>あらなみさんは聖杯は無いとの考えから

まず、私や私の回りのトレーダー以外のことを聞かれても、私にはわかりません。
もしかしたら、すごいやり方を知っていて、それで勝っているのかもしれませんし、本人に確かめたことが無いのだから、私に知りようがありません。


そもそも、聖杯の定義が難しいですが、ある時期に機能するとか、スライトエッジのようなものなら、間違いなく存在します。

私は、エッジそのものを否定したことはありません。

ただ、はっきり言えるのは、

相場がほとんど見えていないよちよち歩きの初心者が、自分でそれを探したり、どこかに転がっているのを拾うだけだという理解はしないほうがよい

と言っています。

そして、

そういう「お金の拾い方」を誰かが善意で教えてくれる、3万円で1億円の稼ぎ方を教えてくれる、とは、思わないほうがよい、と言っています。

そう思っている人というのは、

人通りの多い六本木の交差点で、1万円札が何枚も落ちているのに、誰も拾わない、と思っている人と同じです。

物理学者の考えている方程式と同じものを小学生が対抗して作れると思っているのと同じです。



相場は、一見すると、スキルとか能力とか、関係ない、訓練などする必要がない。
ただ、ちょっとした思いつきとかアイデアで勝てるような気がするものですが、なかなかそうではない、ってことです。

Re: 初めまして

HALさん、はじめまして。

2001年宇宙の旅、ですかね。HALさんの語源は。私はそれを思ってしまいます。

効率的市場仮説をベースにする考え方ですね。
私も同じように考えています。
この記事で書いていることは、まさに効率的市場仮説をベースに書いていることですが、その中で、何故人は負けるのか、ということが大きなヒントとなるわけです。

そして、「相場の動きの大半はランダムである」のだけれど、ここで「大半は」という部分がミソで、そうでない時もある、ってことがちょっとしたポイントでもある、と思います。

でも、考え方はそっくりです。

No title

コメントを見ると少し誤解されている方がいるようなので。
(当方専業、口座資金に対して月利5~15%くらいの成績を専業になってから5年半ほど維持しています。)
考え方は非常に大切です。でも技術も同様に必要ですよ。

他の人の実情までは分かりませんが、少なくとも
落ちているお金が見える状態にならないと、「安定して」勝つのは困難だと思いますが。
(もちろん常に見えるわけではなく、見えるときだけ入ればいいのですが。)
安定して勝ち続けるためには精神面、技術面の両方が大事ですね。あらなみさんの記事を理解しているつもりなのに勝ち切れていない人は、技術面が圧倒的に足りていないように思えますね。

Re: No title

ABCさん、こんにちは。

ABCさんのおっしゃるとおりですね。

みんな「何かに単純化したい」と思っているのだと思います。

多くのことを複合的に考えるのではなく、単純にこれだってものをやりたい、ということなんだろうな、と。


>もちろん常に見えるわけではなく、見えるときだけ入ればいいのですが。


ポイントはここですね。

キラリと光る一文。

そこをしっかりと待つことができるかどうか、ってことでしょう。

そもそも、最初は、見えるといっても、ほとんどは見えないわけですから、その中で待ちきれなくて、なんとなくやって自爆する、を繰り返すことになります。


>精神面、技術面

ここをもう少し分解すると、ストラテジー、マインド、スキル、といったものになります。
このうち、あまり一般に認識がないのは、スキルだと思います。
どれか一つでも欠けていたら、掛け算なのでゼロ。
つまり、勝てません。
一番習得が最後になるのは、マインドだと私は思いますね。
圧倒的に時間がかかる。
まあ、才能がない凡人なら、っていう前提ですが(笑)

こんにちは

返信有り難うございます。
仰る通り2001年宇宙の旅のHAL9000の事です(つまりおっさんです(笑))。
あらなみさんは私の言いたい事をあっさりと御理解いただけるすごい方ですね。考え方が似ているせいなのかもしれませんね。私の「負け方向ならうまいことランダムの大枠を抜け出ることができた事に学ぶ」という部分だけなら学べても大損から手数料損に昇格(笑)するだけですから。この先に仰る通り「大半以外の部分」に勝ちを求めるわけです。これは逆に言えば手法に固執しても出てくる答えは「ほんの僅か」の性質を持ったものでしかありません。ですがこの「ほんの僅か」であることが「負けの連続で規律を乱させたり」あるいは「方向当ての聖杯探しに導いたり」するわけです。結局この「ほんの僅か」の存在が屍の山と僅かな勝者の相場を作っているのだと思っています。
それではこの先も新たな投稿を楽しみにしています。

ありがとうございます

あらなみさんの記事を読んだときに最初に思ったのが、魔術師の本と似ているということでした。
あの本は本当に素晴らしいです。その中に書いてあったのですが、自分の強みを生かせばよいとありました。
今の自分は強みを生かすために、基礎的な知識から勉強を始めています。

Re: こんにちは

HALさん、おはようございます。

あの2001年宇宙の旅、当時、画期的だった映画で、哲学的でもあり、魅せられて本まで読みました。
その後、スターウオーズが公開されたのですが、何故かこれには私はあまり入りこめない映画でした。
人それぞれなんでしょうねえ。

HALさんの書かれていること、ちょっと行間を読めば、相場のコツの部分を書いておられることがわかります。
人が何故相場で負けるのか、相場が何故厳しいのか、その所以がどこにあるのか。そういう部分にしらりと触れておられるのがにくいですねえ。


>ほんの僅か

そうなのですよ。
エッジは、あったとしても、そもそもそう大きくないものですし、何よりもその出現頻度が高くないんです。

つまり、

大きさも、期間も限定されている。

ここがミソなんです。

ところが、人は、ちょっと上手く行くと、いつもいつも上手くいくものだと勘違いしてしまって、暫く儲かると、「自分がうまくなった」というとんでもない勘違いを起こして、そして、自爆への道を歩みます。

そして、

>屍の山

を築くことになる。

結局、最初勝とうが負けようが、最後は、全員負ける(笑)

いいセリフだね!

>勝ってる人の真似はその人と同等以上の知識と経験が必要だろう?

正にその通りだと思います!
同じ仕事してて 教えても理解出来ない人って
表面的な事しか見えてない その人の頭の中の事が
見えないとねえ!

私は 頭で見ろって言い方を時々してるんだけどねえ゚(゚´Д`゚)゚

Re: ありがとうございます

こんさん、おはようございます。

基礎的な知識は当然必要ですが、知っているだけでは全く意味がありません。

それを「如何に使うことができるようになるか」これがトレードの上達なんです。

ブレイクを知っていても、やったことがない人など山のようにいますよ。

2~3回ちょっとやられて「これはダメだ」とポイ。

じゃあ、ボリンジャーを使って、また数回やられてポイ。

この繰り返しでは、一生かかっても何も得られないでしょう。

実践力の習得には時間がかかるので、

早く始めた者の勝ちです。

Re: いいセリフだね!

kuwankahnさん、おはようございます。

他のことならわかっている人でも、こと相場の話となると「形を真似ればできる」と思わせられるのですよねえ。

ここが相場を難しくさせている原因でもあるのだと思います。

取ったどぉーーー!!自慢をやって欲しければいくらでもやりますけど、そんなの有難がってもねえと思うのだけど(笑)

おはようございます

今の自分には知識も技術も圧倒的に足りない。何を学ぶ必要があるか分かった段階です。上手くいっても新しい壁は現れるだろうけど、後戻りしないように前に進みます。

No title

あらなみさん、こんばんは。

>そして、大勢に繰り返し話を聞くと、その話の中に、
「共通したトレードへの考え方、哲学」というものがあることに気がつきます。

>これこそが、得難いものなんです。

>一人が言っているだけなら、見逃してしまうことでも、
大勢が口を変えて同じことを言っているので、これは本質だ、とわかるわけです。


あらなみさんのこの言葉、本当にそうなんです。
私は今までずっと一人の人の教えを受けていたんですけど、
数ヶ月前から、他の勝ち続けている人のブログやTwitterを読み始めてみました。
そしたら、あぁこの人も同じことを言っている、
これは大事な事なんだと気付かせてもらったり、
新たに知ることができる事がたくさんあります。

一人の人が言っている事だと、聞き流してしまったり、信じられなくても、
勝ち続けているトレーダーの人が共通して言っている事がある。
そうすると素直にそういうものなんだ、やってみようと思えるんです。

また、人それぞれ教えるのが得意な分野があって、
技術の習得方法を主に教えてくださる人がいたり、
精神面を主に教えてくださる人がいたり。
あるトレーダーさんが、自分が足らないと思う部分の得意なトレーダーさんを見つけて、
学んで取り入れる、ってどこかで書かれていた事があります。
学ぶ者としても、学ばせてもらえる人を広く見つけていくことが、
上達していく近道だと最近思う事です。

ですので、これからもあらなみさんのブログでたくさん学ばせて頂きたいと思いますので、
よろしくお願いいたします☆

Re: No title

うさ吉さん、おはようございます。

コメント返し、中断してしまってすみません、再開します(笑)

ここ、ポイントなんですよねえ。本質を捕まえるための。

同じ話を聞いた時、「また同じ話か」と思ってしまう人は不幸だと思います。
同じ話を聞いた時こそ、本質をつかむ絶好のチャンスなんですよ。
そのことをうさ吉さんは、しっかりとおさえておられるんですね。

そういう意味でも、マーケットの魔術師本は、すごくトレードの本質をつかむにあたって、重要度が高い本だと私は思っています。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。