スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードスタイル

2016/02/11 Thu

ご質問がありました。
長くなったので、例によって記事にしました。

私のデイトレのスタイルはチャンスを待つタイプで具体的にはニュースなど一通り見て自分のアンテナにひっかからなければ狙いを定めずザラ場ほとんど様子見してます。ザラ場の値動きを見て売買するタイプでほとんど出たとこ勝負、経験からくる直感を頼りに売買してます。
あらなみさんのデイトレスタイルはどんな感じでしょうか?




スタイルですか・・・記事の端々には書いていることですが、改めて聞かれると、ちょっと考えてしまいましたよ。

敢えて言うのなら、

カメレオンスタイル


でしょうかね(笑)


普通は、自分の型というものを持っていて、それを相場に当てはめようとするわけです。

いわゆる、やり方、とか、手法、とか、自分のスタイル、ってやつですね。

そういう自分を相場に押し付けようとするんです。


私の場合、そうではなく、相手さんに合わせて、自分を変えていくスタイルです。

キャバクラのお姉さんが、お客に応じて話題を変える、みたいな(笑)



例えば、今は、100人中、100人が下げ相場だとわかっていると思います。

じゃあ、売りだろうが!!

アベノミクスでは、誰が見ても、上げ相場・・・じゃあ、買いだろうが!!

ただ、阿呆になれなかったのは不覚でしたが(笑)

という、超超シンプルなものですね。

ネタによって、調理を変える日本料理人、って感じでしょうかね。



環境最適化している

と言ってもいいでしょう。

通常は、手法を最適化するんですが、それだと自己中トレードですから、それは、私のスタイルではありません。

あくまで、素材ありきなんです。



この相場に対する考え方の前提にあることは、

相場は変化する

ということです。

私は、ゲームのルールが変化することに注目している。(ジョージ・ソロス)

私は、ソロス派でもありますから、こう考えています。

これは、歴史は繰り返す、というテクニカル分析の前提とは、相容れない考え方です。

真反対の考え方です。

ここは、ポイントだと思います。



そして、調理は、塩味だけとか、シンプル・イズ・ベスト。

前にも書きましたが、誰でもがわかっている中華包丁(ブレイクアウト)とか、そんなものしか使いません。

だから、手法を聞かれても困るんですよ。

大したことしてないから。

だから、本を読んでください、って言うんですが、何か隠しているのか、って怪訝そうにされるわけです。

困ったものです。

といっても、基本の調理方法というのは、それこそ何十種類、細かく分類すれば何百にもなると思いますが、それらは全部頭に入っていますし、素材に応じて、それらどう使いこなせばいいのかという、現場において使いこなす技術はそこそこあると思っています。

また別に書きますが、型を知っている、使える、など、これで食っている人間にとっては、当たり前のことだと私は思いますよ。



出汁の取り方を知らない日本料理人などいるはずがありません。

一方で、出汁が取れたからって、一流とは言えない。

そういうことなんです。



そして、そういうシンプルな調理ではあっても、、ちょっとした塩加減であるとか、焼き加減には、長い経験による技を駆使しています。

当然、素材の目利きも時間を経ての鍛錬が詰まっていると思います。


自分の技術をひけらかすことではなく、素材の旨味を最大限引き出すために全力を尽くす料理人

それが、私の目指すスタイルですね。

ここは、人と違うと思います。



みんなやり方ありきなんですよ。

やり方を「知るだけで」それを相場に押し付けて、それで勝とうとしている。

さらに言えば、

難しいことをやろうとしすぎているんじゃないでしょうか。


そもそも、相場を読もうとしている。

そんなこと、難易度高すぎますよ。

予想の専門家であるアナリストでもまるで当たらないことを素人がやっても時間の無駄。

それなのに、当たりもしない予測をしようとしている。

そして、当たりもしないその予想をベースにして相場を張っている。

そもそも当たらない予想で相場を張るのだから、もうその時点で、

お前はもう死んでいる!!

だと思いますよ。

まあ、ほとんどの人の場合、自分が買っていれば、予想というよりも、

お祈り、お願い、おすがり

ってことなんですが、そのお祈りしている時点で、もう終わってるんです。

そして、

一人よがりの勝手な予想で、相場に逆らって、一人で自爆している。

何で逆らうのかなあ、って思います。



そうではなく、素材ありきだと私は思いますよ。

素材の事実をただ見ればいいだけなんです。

今は、下げ相場と誰が見てもわかる。

じゃあ、売ったらいいでしょ!!

ではどうやって?

うーん、下に抜けたら適当に売ってみればいいんじゃね!!

という子供でもわかるトレードスタイルなんです。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

市場に従う

いつも楽しく拝読しています。

結局、”値動きに従う”ということだと思います。
あとは、その値動きに対してどこで玉を立てるのか?は自己の感覚となりよすよね

大抵は、まず自分の答え(考え)があって、それに従って理論立てをして納得する。
その自分の答え(目標株価?)に対してポジションを取る。
という人が大半だと思います。

つまり、自分でこの銘柄の株価は上がるハズだという思い込みの答えを導き出してLongのポジションを取る。(基本は、いつも強気)
意に反して、下がった場合は、値動きがおかしい、市場が間違っている、数年後には上に抜けているハズだ!私の考え(答え)が間違えているハズがない!!
結局、塩付け。
評価損は、株主優待&配当が貰えるというストロングポイントでみないふり。
こういう、経験を私もしたことがあります。


でも現実は逆ですよね。
値動きはどっちに向かっているの?
上げているの?下げているの?
実際、どっちなの?
今は、下げている。”それではどこでポジションを取れば、リスクが少なく且つ利益が大きいのか?”
リスクは個人の感覚によって幅がありますよね。

マスコミ&評論家&アナリストや自分の考え(答え)が如何に論理的に正しくても、現実の値動きはどうなの?
どっちに合わせれば、目的である利益が得られるの?

そんな風に感じています。
間違えているのでいるのかもしれませんが…

No title

>>そういう自分を相場に押し付けようとするんです。
>>素材の事実をただ見ればいいだけなんです。

相場には上手くいかない原因はいろいろありますが、これも大きな要因のひとつですね。相当に大きい、と、思います。

私もリーマンショックで上手くいった成功経験によって、逆行持合い相場でひとり熱く空回る、なんて事を繰り返しましたから、仰ることはよくわかります。

例えば、今のドル円なんて日銀から1時間足レベルでもきれいにダウ理論に従って下がってますからね。

何故か?

相場の動機づけが強いからです。

環境のフォローもあるし、威風堂々と売ればよい、例え112円台でもw

値頃感にとらわれてショボ利確や逆張りではないんですね。

逆に、いやらしくフラフラと寸止め的はっきりしない動きをしている。

相場にやる気がない、んですね。

こんな相場でガンガン行こうとしても損が積み重なるばかりです。

・・・

他人の事はよくわかりませんが、自分を相場に押し通す、ということは、かなり多くの投資家がやらかしているものだろうと思います。

成功体験に縛られたりとか、テクニカルを当てはめようとしたりとか。

事実を見るなら、アベノミクスのイケイケ相場はもう終わったのですね。

大きな一区切りを付けてしまったことは確かなことです。

アベノミクスでガンガンやってて、まだ儲け足りなかったり、損した金を取り戻したかったりとかあっても、そんなの相場にはまったく関係のないことなんですね。

相場には何が起こるか分からない?

確かにそうですが、起こるかどうかわからないことに期待して相場を張るのはちょっとキツイですよね。

あ、投資は自己責任ですからね。猛烈に復活しても私、知ったことではありませんw

Re: 市場に従う

タグさん、こんにちは。

タグさんの書いておられることは、トレンドフォローの考え方なんですが、私のスタイルは、それとはちょっと違うのですよ。

記事では、ちょっとトレンドフォローの考え方を書きすぎたかもしれませんから、そう感じられたのだと思うのですが。

そういうテクニカルなものではなく、環境認識なんですが、そこには、リスクオン・オフといったものや、海外相場、マクロ&ミクロのファンダ、内部要因、相関など、色んなファクターを組み合わせて相場を見ているわけです。

特に、ファンダを重視していますから、そこから見える相場観を最終的にはテクニカルで確認する、って感じなんだと思いますね。

もちろん、テクニカルに逆らうことは少なくともしない、ということではあるわけですが。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

ドル円の展開には本当にびっくりです。

昨晩は、イエレンさんの議会証言で売ってたのですが、もうとっくにポジありません(笑)

日銀からは、気がつけば10円の暴落とか、想像もできない動きでしたねえ。

これだから、相場は恐ろしい。

普通の人が想像できるような動きではないんです。

自分ができることは、間違ったらごめんなさい、をきちんとやることですね。

まずは、これができないと、どうにもなりません。

まあ、私の場合、値頃感というものはほとんどありませんから、1ドル=1円になるまで売れますけどね(笑)

でも、何でこんなに下げてるんだろう。

ファンダメンタル的に、頭を整理しないと、明日、どう相場に取り組んでいいのかわかりません。

困った。。。

環境認識

返信ありがとうございます。

”特に、ファンダを重視していますから、そこから見える相場観を最終的にはテクニカルで確認する、って感じなんだと思いますね。”

おっしゃる通りだと思います。
値動きは、後付けであれば評論家がそれこそ合理的に微塵の非もなく説明しますよね。
ただ、後付けなんですよね。

云々と評論してから、市場からお金を得るために値動きを確認して実際に利益を得る側なのか?
単なる、評論で最もらしく諭して、後付けで弁解するだけの人か?
或いは、自分や評論家の意見だけでLONGポシジョンを取って、値動き(テクニカル)を全く無視するのか?

ファンダメンタルが重要なのはその通りです。
でも結果は、値動きで確認するしかない。

となると、値動き(テクニカル)をしっかりみれる人となるような…
ディトレードでは、よりファンダが値動きに直結することもわかります。

残念ながら私は、ディトレはできません。向いていないのでしょうね
ユックリ、月足&日足でみる方が向いているようです。
自分の向き不向きを知ることも重要だと思います。

長文失礼致しました。

No title

なんででしょうね 笑

外部環境がもう本当に良くないってことなのでしょうかね。

値動き的には昨日のイエレンさんは、バイバイ115円、みたいな動きしましたからねえ。こういう重要な節を明確にサヨナラすると突っ走る、なんてことはありますが。

春節明けの中国市場も酷いことになりそうですね。隙をついて思いっきりふるい落す、なんて動きをたまに相場はやりますけれども。そういうことは震災時のドル円で思い知らされました。あの時は24時間動くFXにおいて、一日で15分だけ窓の空くわずか15分のメンテナンスタイムで3円くらい落ちましたからねえ・・・

まあ、まだ私はドル円ショート持ってますが、こういうリスクオフ相場は油断ならんですから、気を付けてやっていきたいです。


Re: No title

タカユキさん、こんばんは。

昨日115円って言ってたのに。。。

お昼外出して戻ってきて、レート確認してほんとにびっくり。

また、ちょっとだけ売りで乗りましたが、七面鳥を丸かじりしているスイング派ではないので、またしても、北京ダックの皮をちょっとだけ頂きました(笑)

こういう短期は、安全なのですが、如何せん、せっかくのこの豪快な相場で、ちびちびです。

タカユキさんとかは、マグロの身を豪快に食べてるんでしょうねえ。

こちらは、スプーンで、骨にくっついている身の部分をそぎ取って食べるネギトロ派ですよ(笑)

No title

今晩は、あらなみさん。

明日以降、株は
為替、原油、ドイツ銀行、ギリシャで
メガトン級の下げの雰囲気感じます。

Re: No title

レモンさん、こんばんは。

今晩もイエレン議長の議会証言がありますし、先ほど日銀介入の噂も出たようですね。

今のような動きだと、当局の政策対応が打たれる土壌が出来ているとも言えるので、そこが急反騰のキッカケになるかもしれず、予断を許さないと思います。

我々投資家は、そういった、

事実を積み重ねて、まずは環境を認識すること

そして、色んな可能性とリスク認識をシナリオとして持っておくこと


ですね。

ただ、下げ相場のラストは、今のような蛇の生殺しのような下げではなく、パニック的な下げが待っていることが多いので、それがどこかで来るかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

初心者のコメントも大歓迎というお言葉に甘えましてコメントさせて頂きます。

私は若い頃に無茶苦茶な生活をし、何度も死にかけ、障害を持っても馬鹿ばかりしてきましたが、妻と子を持って心を入れ換え12年間真面目にしてきました。いつかは起業したいと思っていましたが病気を持っている事もあり株で生活出来れば体力・時間的に理想的だと思い立ち、妻の理解と応援を得て去年の6月に勉強を始め、8月から株の世界に飛び込みました。

当初はデイトレはギャンブルだと言う負の先入観がありスイングでやって行こうと思っていましたが買った株は直ぐに下がり、値を戻すことなく含み損状態に。

これは私の不得意分野の勉強が足りないと思い、手法探しの旅に出ては明日こそ!で勝てない繰り返し。

持ち越すと環境の変化を回避出来ないのが嫌でデイトレに方向転換。スイングよりマシでしたが当然ながら簡単に勝てるわけもなく、妻の期待に応えられない不甲斐なさと、勝たなくてはという気持に押し潰され、負けが怖くて相場に飛び込めなくなってきてしまう始末。

そんな時にtwitterで初心者はこれを読むべきと言うカッパのツイートを発見してあらなみさんのブログに辿りつきました。最初から負け続けでこのブログに辿り着く私はやっぱり運が良い。

いくつかの記事を抜粋して読み、負けて当然の内容に救われ、数をこなす事を目標にしてからほんのちょっと相場がわかって来たきたような気がしてましたが、要領を得ず。またまた手法探しをしてしまい行き詰まって来た時に、ちゃんとあらなみさんの全ての記事を読んでみようと思いたち、全ての記事を読ませて頂き、まだ理解出来てない所もありますが完全に意識が変わりました。

「株を始めて半年の奴が何を言うとんねん!」な感じですが相場の魅力にも取り憑かれ、未だ勝ててもいないのに私の理想の生活を実現するには相場しかないと思っています。後戻りは出来ません。
まずは予想せず、チャンスだと思うポイントでプラン通り執行し、経験値を上げ何かをつかむ為1000本ノックに全力を注いでいきます。あらなみの里は私のバイブルとさせて頂きました。

一つ質問ですが、利食いを設計段階で決めているというのが、いまいちつかめません。私は運良く利が乗った時に逆指値を動かして行き、利食いするタイミングをはかっています。でも設計通りだと、急上昇でも利食いするポイントは決まっているのでしょうか?初心者な質問ですがよろしくお願いします。

Re: はじめまして

青吉さん、はじめまして。

ブログガッツリ読んで頂いてありがとうございます。

少しでもご参考になれば幸いです。

安易に相場を始めても、そう簡単なものではないということは、やってみればすぐにわかることです。

苦しんでいるのは、青吉さんだけじゃない、ということは申し上げておきます。

そして、相場のお勉強もそうですが、セミナーに行ったり、本を何十冊も読んだり、ということも、相場をやっている人ならみんながやっていることなんです。

つまり、そういう勉強は、投資家にとっては、「コモンセンス」ってことです。

つまり、最低限度の常識レベル。

そういう知識を得たところで、何のエッジにもなりません。

ただし、そういう知識がいらないということではなく、入り口の入試問題だ、ということなのです。

それで勝てるのなら、世話はありませんが、もちろんそういう当たり前のことを知ったからといって、勝てるほど相場は甘くありません。

みんな、ここを勘違いして、当たり前のことを知ったからって勝てると思って相場をやるからくじけるのです。

私は、厳しいということを言っているのではありませんよ。

途中退場を喰らわないためには、どう考えて取り組めばいいのか。

途中でくじけないためには、どのように考えておけばいいのか。


を書いているのです。

こういうことを書いている人はほとんどいませんが、とても重要なことだと私は思っています。

ということで、アドバイスとしては、

時間がかかることは覚悟しいや!!


です。


さて、ご質問の件ですが、エントリー前に利食いを決めておくということは、目標値を決めるということだけではありません。
青吉さんが書いておられるように、トレーリングする(逆指値で追いかけること)、ということも、事前に決めておくことに当然ながら含みます。

要するに、

エントリー前にどのように利食いするかを決めておく

ということであって、こうなったら利食う、ということをどう決めるかの問題なのです。

これが無ければ、感覚的になって、最悪の利食いになることが非常に多いのですよ。

No title

こんにちは、あらなみさん。

上の利食いポイントは事前に設計図に入れておく件ですが、
これは苦い経験の連続、いや毎日そんな思い、タラレバの連続です。要はその利食いポイントの値幅の2倍、3倍も少し我慢さえすれば利食えてたということです。
あらなみさんも、損切りは全く悩まない、しかし今でも利食いは悩むと言ってますが、利食いポイント設定により大きな魚を逃すタラレバが度々あるのではないでしょうか?

Re: No title

レモンさん、こんばんは。

タラレバニラ炒め定食、毎日食べてますよ!!

今日も、たらふく食べました。

結局、自分でどう納得できるところで利食いできるか、ってことだと思います。

最大公約数的に、自分の性格に合った利食いをどうやるか、ってことなんでしょうね。

一番いいところでは、たまたまはあっても、いつもってわけには絶対に行きませんからねえ。

今でも、どうしたらいいのか、日々考え続けていますが、これだってものは見つかりませんねえ。

まあ、永遠の課題なんでしょう。利食いは。

No title

こんばんは、あらなみさん。

毎日が下手くそな利食いの連続で落ち込んだり、悩んだりします。負け以上にショックは大きく自分は才能が無い、美味い人はもっと上手に利食いするんだろうなぁと思うことも毎日です。実際、他人の利食いについてその人がどう自分を評価しているのか知りません。何度も下手くそな自分の利食からメンタルが崩壊しそうになり成績もダウンしました。自分でどう折り合いをつけたらいいのか未だ分かりません。やっぱり、これは宿命みたいなものなんですかね?

Re: No title

レモンさん、こんばんは。

利食いは、上手いとか、下手とか、才能とかいうことよりも、どういうルールで利食いしているのか、ということが問題なんじゃないかと思いますよ。

まず、そういうルールが感覚的に流れていて漠然としているのじゃないでしょうか。

こうなれば利食いする、という明確なものを持っておられますか。

そして、もし利食いがダメだ、と感じておられるのなら、そのルールがおかしい、っていうだけのことなんです。

おかしいのなら、そのルールを見なおせばいいだけであって、才能とか、上手い下手とはちょっと違うんです。

先ほども書いたように、そもそも、感覚的にやろうとしても、値動きに翻弄されるだけだから、上手く行かないのは当たり前だと思わないといけませんよ。

といっても、理想の利食いなど、ほとんどできるものではありませんから、それを思っているのなら、おかしいです。

いつも天井で売ることなど、所詮はできもしないことなのだから、どこかで妥協していくしか手はありません。

No title

あらなみさん、ありがとうございます。
大変、参考になりました。

覚悟します

あらなみさん、早速のアドバイスありがとうございます。

甘い考えで相場に飛び込んで、しばらくしての感想は「大変な世界に挑んでしまった」と言うのが本音です。
時間がかかる事を覚悟して挑んでいきます。

毎日がほぼ初めての経験と失敗の連続。これからもたくさんの初体験と失敗が待っていると思うと恐ろしいですが、ワクワクする感覚もあります。

あらなみさんはブログの中で「枯れる」と表現されておりますが、その領域に達するまであと何年かかるのか、そこまで相場で生きていられるのか。

とにかく途中退場を喰らわないよう、考えてトレードしていきます。

そして、利食いに関してご回答頂きありがとうございます。
理解できました。イメージトレーニング致します。ただ皆さまも悩んでおられるくらいの内容なので、納得のいく利食いができるのも遥か先なのでしょうが。

現在は別館の方を2005年から読ませて頂いております。私が経験していない相場の事が沢山載っているので、これまた勉強になります。
あらなみさんがHDDを交換したりしておられたのに驚きました。良く考えれば当然なのでしょうが。私もPCは子供の頃から興味があって、小学生の時はPC-8801が憧れでした。PentiumⅢくらいから自作派でして、10年前のPCの構成の記事もとても面白いです。

こんな初心者の私にも丁寧なアドバイスを頂き、本当にありがとうございます。
これからも新しい記事を楽しみにしています。

Re: 覚悟します

青吉さん、こんばんは。

経験による学習って、こういう技術職的なものにはどうしても必要なんですよ。

頭で理解すれば、相場で取れる、勝てる方法さえわかれば勝てる、と思っている人が多いのですが、実際にはそうではありません。

この思っていることと、実際とのギャップで大勢が苦しんでいるのですよね。


別館も含めて、過去の私のブログを読むにあたっての注意点(笑)なのですが、私自身、過去からずっと変化していますし、考え方も変わっています。

昔から首尾一貫していることもありますが、一方で理解が進んでいることもあるわけです。

自分で昔の記事を読むと、青臭いことかいてるなあ、と恥ずかしくなることもありますよ。


私は、10年ぐらい前から自作派でして、実は、数ヶ月前から妙に調子が悪くて再起動を繰り返すPCが1台あったので、HDDを交換してもダメで、マザーかなあ、って思っていて、ネットで調べると、電源の可能性ありということで、予備に持っていた電源と交換したら、ビンゴ、でした。
この瞬間は嬉しいのですよねえ。
それにしても、この症状で、まさか電源とは、驚きでした。
私は、電源は壊れやすいことは知っていましたが、電源がアウトの場合、起動しないとか、そういう症状しか経験していなかったので、不安定の原因が電源であるとは、疑いませんでしたねえ。

こういうPCの不調を見抜く目、というのも、偏に、

経験値

がものを言うのですよ。

トレードと同じです。

PC-8801は、私も憧れでした。
元々は、シャープMZシリーズから、富士通派になって、FM-7とかで過ごしていましたが、その後は、PC-9801を買って、株価分析ソフトを走らせることになりましたね。

懐かしい!!

No title

こんにちは、師匠!
ご無沙汰です。

キャパクラの話が出てきましたので
こちらも出てきました。

例の一億達成師匠を接待の件ですが
食事のあとはキャパクラコースで
よろしいでしょうか?
確認です。

No title

私なんかモウびっくりですよ。

専業とか、随分とイージーに、ヤクザな世界に飛び込んでいくんだなって。自分が初心者の頃なんか、ギャンブルで金を失うってことにまだまだ免疫が全然なかったんで、大分チマチマとやってましたけれどね。

勝負事は追い込まれたらもうほぼ負け、ですからね。

勝負やる前からして、自分の置かれた状況がもう既に追い込まれてるんだから、どうしようもない様に思いますけれどね。焦るなったって、焦る状況なんだからどうしようもない。

私なんかは正直者ですから、相場舐めてる・・・、っていうか、まあ、精神論ではなく、盲目的に無謀で身の程知らずなリスクを取る投資家なんて見かけたら、肥しになっちまえって、そんなふうに思います。

Re: No title

モモタロウさん、こんばんは。

お気持ちだけ頂いておきます。

No title

こんにちは!

ここにきて何年にもなりますが、くるたびに発見があります。あらなみさんは同じことを言っているのですが、私も血を流すことで何か見えてきたのでしょうか。

おそらく、あらなみさんが経験として身につけよといっているのは、相場観なんじゃないかなと。
(もちろんそれだけではないのは重々承知しています。
 経験するのはエントリーだけではないですから。 
 体得するためには血の流し方も学ばなければなりません。)

ファンダメンタルを生の統計情報、テクニカルを価格の情報と考えたとき、それらは単なる素材です。
これらの素材であって、どちらもひとつでは役に立たないということなんで。
気温に例えれば、ブレイクの意味が、秋と春では違うわけです。しかし、ブレイクは確かに何かを意味しているかもしれない。それはキッカケの確認として利用できるわけです。

テクニカルとファンダメンタルとを結びつける力というのは、簡単に身に付くものではありません。
同じように見えるけれど、市場は常に変わっていますから、単純な仕組みでどうのということにはならない。だから一次情報は役に立たない。
それを統合して加工し、対応する力というのは、経験を積み重ねるしかない。経験を積み重ねて血を流すことで、血の流し方と変化への対応を学ぶしかないわけです。
(血を流さないと肌で感じることが難しいのが、よりいっそう状況を複雑にしていますが。)

こうした経験を積み重ねると、テイルの長さが上と下で違うのが見えてくるはずです。相場は上か下か予測するのは難しいですが、テイルの長さは予測できる余地がある。
こんな道路だったら、雪が降ったら渋滞はかなり長くなるだろう。雪が降るかはわからないが。
ということです。

No title

あらなみさん、今晩は。

今日のSBの動き去年のソニーがS高した動きに
似てると感じました。
今日は大口が意図的に
仕掛けたと思うのですが。
昔のコラムで株価は大口機関が支配するしない云々が
ありましたが今日のSBの値動きについて
大口機関の存在はあったと思われますでしょうか?

Re: No title

specさん、こんばんは。

specさんの書かれているところは、私の言うところの「目利き」の部分なんだと思います。

確かに目利きは重要ですが、もう一方で、心理面の鍛錬ということもあるんですよ。

これもかなり重要です。

例を出すと、わかっていて切れない、とか、奢って自爆する、とか、そういったことですね。

こちらも鍛錬には相当に時間と経験がかかるものです。

ここが他の職人さんとは、大きく違う部分かもしれませんね。

Re: No title

レモンさん、こんばんは。

ソフトバンクは、5000億円という巨額の自社株買いを発表したわけですが、それで上昇したことはご存知だと思います。

昨日今日の動きが、ある特定の大口が仕組んだ動きじゃないか、ということですよね。

私の意見をということであれば、特にそうは感じません。

そもそも、何のためにそういうことを仕組んだのか、という意図が不明です。

大口とか、世界的組織とか言うと、食いつく人が多いのですが、無理に相場を動かすことはお金さえあれば誰だってできるのですが、利食いするのは至難の業なんですよ。

何故なら、動かした先に、相手が必要だからです。

腕力で相場を動かそうという試みは、昔は、仕手という人たちが大勢試みましたが、ほとんどがボロ負けで終わっているのですよね。

それほど、利食いが難しいんです。


すこしばかりの小金があるのであれば、ご自分で、マザーズとかの出来高のないスカスカの株を一度買い上げてみてください。

簡単に値段は急騰すると思いますよ。

ストップ高に持っていくことも簡単な株も結構あります。

ただし、誰も自分の利食いの相手にはなってくれませんから、利食いしようとしても、売るに売れずに、ボロ負けすること必至ですけど(笑)


この相場における「バケツリレー」の理屈をよくわかっていない人が結構いるんですよ。

自分が利食いするためには、絶対に次にバケツを受けてくれる人が必要なんです。

この理屈は、相場のメカニズムを考える上で非常に重要な理屈です。

相場は、チャートが勝手に動いているわけじゃ決してないんですよ。


相場を動かすことは実は簡単なんです。

ただし、動かした先で利食いすることは恐ろしく難しいんです。

No title

あらなみさん、こんばんは。
私は昔、ランダムウォーク理論の本を読んだのですが、その本の内容は「相場はほぼ完璧にランダムに動いており、従って儲けることは不可能」という事でした。
で実際に私はExcelで乱数を使って、ランダムな架空のチャートを作ってみました。
完全にランダムなチャートなのにトレンドラインが引けたり、支持線、抵抗線で分析できてしまいました。
心霊写真なんかで壁の染みが人の顔に見えてしまうように、人間の脳って勝手にパターンを作り出してしまうものなんですよね。
あらなみさんが単純なパターン認識だけでは儲からないとおっしゃってるのはこういうことかなと思っています。
ちなみにその本の結論ですが、「相場はほぼ完璧にランダムで効率的ではあるが、ほんの僅かだけ歪みがある」だそうです。
おそらくこの歪みを見つけるのが、個々人の相場技術かなと思っています。

Re: No title

ペー太郎さん、こんばんは。

ランダム ウォーク理論ですが、2つの前提で成り立っています。

①情報は即座に全員に行き渡る

②人は合理的に行動する


です。

しかし、現実にはどうでしょう。

そもそも、この前提が間違っているなら、こんな理論など木っ端微塵ですよ。

ここにこの理論の間違いがあるんです。

逆に言えば、ここにこそ稼げるヒントもあるんです。

前にもランダムウォークについては記事にしましたが、確かに相場は概ね効率的なんです。

でも、そうじゃない瞬間もあるってことです。

それは、書かれているとおりだと思います。



多くの人が、相場とはチャートだ。チャートを分析すれば道は開ける、と思い込んでいます。

しかし、チャートとは、所詮は足跡なんですよ。

足跡なのだから、今はどうか、という現状認識はできても、そこから先は難しいんです。

そういえば、先日本屋で本を見ていたら、◯◯さんは、地震の3日前にチャートで売りを予想していた、とか書いてあったけど、この本を買う人などいるんだろうか、って思いました。

こんな本買うなんて、ほんとバカじゃないかと思いますよ。

こういう道に迷い込んでいるから、相場が見えないんだろう、ってつくづく思います。

No title

こんにちは

あらなみさんが自身の過去と現在を比べて「枯れてきた」と
表現していますが、トレードにどのような変化があったのでしょうか?

Re: No title

レモンさん、おはようございます。

枯れてきた、前に表現したのは、心理的なもので、昔はもっと情熱を持って、ガツガツ色んなことに興味を持って、もっと必死で、熱く勉強もしていましたし、相場に対してもっと熱くて、必死だったのですが、今は、それなりであっても、そうういう情熱みたいなものがそんなに無いという感じなんです。

トレードそのものについては、アップダウンしても、喜んだり悲しんだり、怒ったり、ということが少なくなった、ということもありますね。

No title

あらなみさん、お久しぶりです。

「カメレオンスタイル」

これが自分にとっては一番難しいように感じます。

理想なのかもしれませんが、未熟な私にとってはこういう風にスキャ、デイ、売り買い、ブレイク、戻しも、逆張りもとなると自分が何をしているのか分からなくなります。

逆張りと押し戻りのスキャだけが勝つにしろ負けるにしろ自分の行動が理解できるのでひたすらやっていくしかないのかなと思っています。

>>通常は、手法を最適化するんですが、それだと自己中トレードですから、それは、私のスタイルではありません。

この箇所が気になったのですが詳しく解説して頂けますでしょうか。
自分は1月の第一週や追加緩和前等相場の転換期に凄く弱く事後に合わせることしかできません。

負け始めてようやくあれもしかして今までと違うなと感じて、メインの手法自体は変えずにひたすらフィルターだけを変えていきます。そうして自分のスタイルを無理くり合わせるような形です。
まさに最適化だと思います。

Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

>>通常は、手法を最適化

ここの部分の説明、ちょっと長くなるので、記事で書きますね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。