スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負強さ

2016/08/14 Sun

早朝から毎日オリンピックを見ています。熱戦が続きますね。

さて、競技を見ていてつくづく感じつところがあって、それが勝負所と勝負強さです。

体操男子個人総合の最後の鉄棒の場面で、内村くんが追う立場で勝負に出た反面、リードするウクライナのベルニャエフ選手は普通の演技で勝てる場面で、私から見ると、ただ鉄棒で回っているだけに見えました。

このまま行けば勝てる、という気持ちが前面に出てしまって、守りに入ったという感じでした。

結果は内村くんの逆転勝利。

勝負すべきところで、勝負しきれず守りに入ってしまったベルニャエフ選手が結局は負けてしまいました。


メンタルが大きく左右するテニスでも、錦織選手とモンフィス選手の一戦で、最後、モンフィス選手がここで踏ん張れば勝てるという場面で、ミスを恐れて攻めきれずに逆転を許してしまった局面がありました。


さきほど、卓球の男子団体で、対ポーランド戦を見ていましたが、ここでも、試合の流れと、勝負所というのが随所にあって、そこでの選手それぞれの悲喜こもごもが見ていてわかります。



ここぞ、という場面で、

つい守ってしまって、逆に相手に攻められる。

イージーミスをやってしまう。


こういうちょっとした勝負所での勝負一つで、試合の行方が決まってしまう場面の連続でした。


こうやってオリンピックに出場するクラスの選手同士なので、実力はそれぞれ紙一重です。

ギリギリどこで勝負がつくか、というと、ここぞという場面での勝負強さ、勝負弱さ、ということが結果を大きく左右する、そういう場面になんども接しました。

ここで競技している選手は、みんな一流のアスリートばかり。

それでも、人間だから、ちょっとした弱さみたいなものが出てしまうのだなあ、とつくづく感じます。




さて、トレードを振り返ると・・・

なかなか勝てない人を見ていると、これと同じような心理状態を感じることがあります。

つまり、

ここぞという場面で、勝ち切れない

のです。

結果として、負けをカバーすることができずに、トータルとして負けてしまう。



システムトレードは別ですが、裁量トレードというのは、平面ではなく立体だと思っています。

勝つトレーダーというのは、ずっとコツコツ利益を積み上げるタイプもいることはいますが、多くは勝ったり負けたりして、トータルで利益を残す、というものです。

つまり、勝てるトレーダーであっても、アップダウンがあって、アップの時にできるだけ多く勝って、ダウンの時に何とか耐える、この繰り返しで、トータルとして利益を残すものなんです。



しかし、下手な人は、

ここぞという時に、勝ち切れずにお茶を濁してしまう

一方で、

ちょっとしたきっかけで転落してドカンをやる

を繰り返します。




見ていると、ほんと勝負弱い人、というのはいます。

何でそこで出ないのかなあ、という反面、どうでもいいところでしゃかりきにやって自滅する

そういうタイプの人が残念ながらいるんです。というか多いです。

そういう自分が悪いのに、負けたのは手法や相場の責任になすりつける。

日銀の責任、安倍さんの責任にする。

そんなんじゃ、どんなにエッジのある戦略を使ったって勝てないよ、と思うのだけど、せっせとまた手法探しを続ける(笑)


規律的に見て、

待つべきところで待てず、攻めるべきところで臆してしまう。

踏ん張るべきところで踏ん張れず、踏ん張ってはいけないところで踏ん張る。

そもそも、平気でルール破りしている自分に気がつかない。

結局、最後は、自己規律のかけらもなく、自爆テロで幕を閉じる。



それでも、なお、「やり方を探そうとする」餓鬼にも似た姿には戦慄さえ覚えますが・・・(笑)

原因は、そもそも自滅だよ、やり方じゃないよ。。。


ここでは、勝負弱さというより、心の弱さ、ということなんですね。

我慢できずに自滅の道を歩む

ということです。



やるべきことをやらずにいらんことをする

結果として自滅する。

こんなんじゃ、トータルで勝てるはずがないんです。

それなのに、

勝てない原因をそういう勝負弱さではなく、やり方・手法に求めてしまう。

結局、本当の問題を無視して素通りするから、いくら探しても探しても、結果が伴わないことになるわけです。



勝っている人と同じようにやっているのに、何故自分だけ負けるのか、そう思っている人は結構多いんじゃないかと思います。

そういう人は、さらにやり方を工夫して精度を上げようとするわけですが、多くの場合、原因はそこにはないんです。



なかなか勝てない、勝ち切れない、という人の話を聞くと見えてくるのは、ダラダラダラダラと平面的に相場をやっておられることが多いです。

とにかく、

トレードにメリハリがないんです。


何故そうなってしまうのか、というと、

人の心というのは、恒常性が働きますから、人はそもそも習慣の奴隷なんです。

つまり、いつもいつもやっていることが一番心地よいわけです。

普段と違うことをすれば、違和感を強く感じるし、やりたくないわけです。

その結果として、メリハリの無いトレードをやってしまいます。

ところが、これがトレードにとってはよくありません。

そういう人は、勝つトレードではなく、自分の心に優しいトレードをしているわけです。



実は、とんとん確保というのは、損切りがきちんとできるようになって、ドカンを防げるようになれば、そんなに難しくなく達成できるものだと思います。

問題なのはその先で、負けないというレベルから、勝てる、というレベルに行くには、よりメンタル的な強さが要求されるようになります。

もともも素質として、そういう勝負強さを持っておられる方もいますが、多くはそういう素質はありません。

従って、日々の実践の中で鍛錬するしかありません。

この道だけは、相場から叩かれて叩かれて成長するしか道が無いんです。

勉強して学ぶという道はありません。

ここは、想像以上に多くの時間と労力が必要なんですね。



先日、友人であるトレーダーと話をしていて、彼が、

「昔は、3年、5年で何とかなると思っていたけど、それは間違いだと最近わかった。毎日毎日トレードしていても、10年近くはかかるとつくづく感じる。」

とこのメンタル面の話をしていました。

小手先のテクニックや手法などは、半日もあればマスターできるんです。

簡単なんです。

しかし、トレーダーマインドを手に入れるには、数年以上の実践での経験値がどうしても必要なのだ、とつくづく感じます。



最初に書いたとおり、オリンピック級の選手でさえ、ここぞという場面では、臆してしまって守りに入ったり、イージミスを連発してしまう、ということがあるわけです。

凡人である我々なら、尚の事。

多くの場合、マインドの問題は完全に無視して、とにかく、やり方だけに答えを求めるものです。

もちろん、100発100中の完璧な手法や、何が何でも絶対に勝てる神のようなやり方が手に入れば、マインドの強さ、勝負強さなど必要なく勝つことができるでしょう。

しかし、それをいくら求めても、永遠に無間地獄をさまようだけでしょう。

探しものばかりしていてもしかたがないんです。

自分の弱さに目を向けることは辛いかもしれませんけど、そこを見据えて、克服すべく鍛えて行ったほうが、結局近道だと思います。

ここで書いたことを一言で片付ければ、

自己規律

といういつもの話になるわけですが、この道がほんとに遠いんですね。


自分のトレード・ルールを守る自己規律、絶好のチャンス到来を待つ忍耐力、相場に入って行く勇気、そして勝ちたいという強い願望。

(マーケットの魔術師、16人のトップ・トレーダーが語る成功の秘訣より)


同じ勝負の世界のオリンピックを観戦していて、そんなことを考えていました。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

>>トレードにメリハリがないんです。

文意とは違うのでしょうが、下手くそにもメリハリはあります。

発狂したりとか、希望的観測にすがったりとか、調子コイたりとか、まあそんな感じで、やっちゃいけない最悪のところで最大のポジションを抱えて持っていかれるという 笑

普段はダラダラやって、無駄に疲弊したり、乗れてもしょぼかったり、が、ヤラれるところだけはデカく逝くのですね。

心のままに感情のままにトレードをしていると、自然とそういう方向にもっていかれるようになっているのですね。

・・・

>>実は、とんとん確保というのは、損切りがきちんとできるようになって、ドカンを防げるようになれば、そんなに難しくなく達成できるものだと思います。

多くの人は、なんとかやって、ここ止まり、でしょうね。

勝っても負けてもボチボチな感じ。。。

多少乗れても大したことなく、しかしある程度実行力を振り絞ったりそこまでリスクを取らないので、壊滅的なドカンでもない。。。

要は、しょっぱいトレードしてるのです。しょっぱいから生き残れているという。

ムカっとくる人居ると思います。

が、、、

これがここで言う、1000本ノックとも言えるものだと思うのですがね。

しょっぱくても生き残れているのは、なんとか壊滅的な被害を防げているからであって、一応それだけでも平均より上、なのでしょう。

私も、狙いどこが分からない時期、は、何とかこの状態で踏ん張れば上出来、と思ってます。トントンどころかジリ貧で上等。

が、、、

それではいつまでたっても相場なんかやる意味ないやんって話ですね。

出ていくところでは確信的に出ていけってことですね。

1000本ノックって、相場のアレコレ学ぶものであって、そこに安住するものでもないのですね。

ダラダラしょっぱくやることに安住すると、やはり結果もそれなり、です。

ある程度リスク管理を学んでいるからなんとか数年続けていられるが、一向に結果が出ない、のは、ダラダラしょっぱくやることでリスク管理しているから、そこから抜け出せないのですね。

が、、、

出るべき時に出てそれなりに大きく取れたとしましょう。

そうなると今度は、欲、が突っ張ってくるのですね 笑

ショボトレードで欲かかないで生き残れてたのが、大きく勝つと、欲、が突っ張ってくるのです 笑

いかに欲が突っ張ろうと、それは自分の都合であって、相場が取れる状況でないと、どう足掻こうがヤラレルばかりなのですね。

で、今度はリスク管理が破綻してヤラれるはめになるのですね。

そもそも出るべき時ってのも、目利きが育ってこそ見えるものでもありますから、やるべき時はやるのだとか、なんか発奮してリスク取ってみても相場のほうがついてこないから空回りする可能性高いでしょう 笑

そしてそれだけではなく、無駄に手を出さない、引くべき時は引く自制心、やはりこれが私も苦労してます。

いらんことしてしまったなあって未だによく思います。欲が突っ張ってるから煽られるんでしょうね、儲けそこなうことを恐れていらんことをしてしまうという、それがやはり一番のネックですかねえ。

No title

あらなみさん、こんにちは。

いつも鋭いご指摘ありがとうございます。

>そういう人は、勝つトレードではなく、自分の心に優しいトレードをしているわけです。

この部分が特に共感できました。
ポジションを建てた後に計画より早めの利確や早めの損切りをしてしまう。
自分にとってやってしまいがちなミスの一つでした。今もたまにやってしまいますが・・・。

厄介なことに論理的に正しく感じてしまうこともミスを誘う原因の一つなんですよね。
手堅い利益確保、損失を確定して客観的な視点から再考をしよう、
なんて如何にも正しい行動のように感じてしまいます、苦しいポジションを持っていると。
結局どれも結果を当てにいっていることが根本の原因なのかもしれません。。

最近この辺を実感として理解出来るようになってきて、損すべきところは予定通り損をする。
これを実行出来てからリズムが崩れにくくなってきました。
なんか2013年に適当にやってたくさん勝ってた時よりも相場が楽しくなってきたんですよね。
全然儲かってないんですが・・・
相場ってホントに不思議なもんですねぇ。。

Re: No title

タカユキさん、おはようございます。

タカユキさんの今回のコメントは、1000本ノック実戦におけるコツやポイントがいくつも書かれています。
ノックを実戦している人でも、読み過ごしてしまうかもしれませんが、重要なことです。

>下手くそにもメリハリはあります。

確かに。。。
そのメリハリというのは、完全なる自己都合なんですね。
ここが全くといって違います。


>これがここで言う、1000本ノックとも言えるものだと思うのですがね。

1000本ノックというのは、あくまでも練習メニューなので、これと対比できるのは、やり方探し、とかそういうことになります。
本番でも、バンバン振り回していては当然いけませんね。


>ダラダラしょっぱくやることに安住すると、やはり結果もそれなり、です。


これは、ポイントになる部分で、ここがノックの弊害とも言えるものでして、小さく数を多くすることで心理的負担は低いので、そこに安住してしまって、抜けられなくなる、ということが起こります。

結局、小さくダラダラやることでリスク管理しているわけです。
だから、倒れないかわりに大して儲かりもしない、という状態に陥ります。

ノックで鍛えたら、次のステップというものがあるわけですが、そこまで私も触れていません。
どこかで書いてもいいですが、興味ある人いるのかな、というより、そこまで行けている人は多くはないので、マニア向けになりますね。


>ショボトレードで欲かかないで生き残れてたのが、大きく勝つと、欲、が突っ張ってくるのです 笑

書かれているとおりです。
たまに大きく勝つと、あっという間に奢りに転じて自爆する。
小さくて臆病であるが故に生き残ってこれた、ということをすっかりわすれて、大物気分で爆死するわけです。
実によくあるパターンです。

Re: No title

ぶりおさん、おはようございます。

結局、目の前のトレード全部を勝ちに行こうとするから、無理が起きて破綻するわけですね。

そもそも、全部勝とうとするなど、論理的に破綻していることを実現しようとして、無理が起きて、結果的にはおかしなことをやりだすわけです。

ここのところをじっくりと考えてみるべきだと思いますね。

No title

はじめまして。
いつも為になる記事をありがとうございます。

>ノックで鍛えたら、次のステップというものがあるわけですが、そこまで私も触れていません。

今この「次のステップ」で試行錯誤しています。もし宜しければ記事にしていただけるとうれしいです。

Re: No title

せいいちさん、はじめまして。

ノックというのは、あくまで「練習メニュー」なんですね。

だから、ノック時にはバンバン振り回してもいいわけですが、本番は、逆に絞り込んで、待つ姿勢がポイントとなるわけです。

つまり、忍耐力が問われることになります。これはノックでは鍛えられなかったものです。

他にも色々とありますが、また記事で書きましょう。

No title

あらなみさん、こんにちは。
私もノックのその後が知りたいです。ぜひ記事をお願いいたします。知りたい人、多いと思います。

Re: No title

牛さん、こんばんは。

ノックの後を書いていないのには理由があって、それは、ノックを真剣にやれば、自ずと見えてくることなんですね。

自分で見えないとほとんど意味がないことを説明されることの問題点があるわけです。

そこをどう考えるかですね。

これは 心に響く言葉です!

>勝つトレードではなく、自分の心に優しいトレードをしているわけです。

成る程!
唯 理解出来てるパターンとそうでないパターンがありそうですね

仕事教えてても 心の中で
「違う 違うんよ どうしてそっちの解釈になるんだよ?」
って 想う事あるものね!

自分も解釈の選択肢を多くして しっかり気付く様にしよう

Re: これは 心に響く言葉です!

理外の理さん、こんにちは。

結局、人は自分がやりやすいようにやってしまう性質があるんですよね。
いくら勉強していて、色んなことを知っていても、知ってるだけ、知識として覚えているだけ。
いざやっていることは、それとは別で、感覚的、感情的、という人が多いんですね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。