スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク感覚と分割

2016/08/26 Fri

昨日、ある新人トレーダーの方とお昼を食べていていい話があったので記事にします。

その方は、デイトレで、トレード歴まだ数ヶ月とかなんですが、何と勝っています。

何かコツのようなものがあるのだろうと思って話を聞いていたのですが、なるほどと思ったことがありました。

話をしていて、気がついたのが、分割売買をしている、とのことでした。

これは誰に教えられたわけでもなく、自分の感覚でやっておられるので、凄いと思って、さらに話を聞きました。

何故、分割しているのか、というと・・

「一発でやるということは、当てもののような気がするんです。回りをみていても、一発で当てようとしているように感じて。。。」

「リスクがあるので、とりあえず最初に買ってみて、様子を見ながら次を繰り出すということをしています。」


と言われていました。

ちなみに、そんなに相場本も読んではいないので、

「分割、ナンピン、乗せ、試し、という言葉を知っていますか。」

と聞くと

「全く知らない」

ということ。

何も知らないのです。

知らないのに、乗せ、ナンピンをやって、そして、試し玉まで使うのかよ!!


とちょっと私は焦ってしまいました。

ほぼ天才じゃないか!!


そして、

「こういうやり方は間違っているんでしょうか。」

と言われたので、

「もちろん間違ってはいませんよ。というより、凄いリスク感覚に驚いています。」


と答えました。

こういうものには、やはり天性のものがあるのだ、と思いました。




さて、私は分割を使いますが、決して、分割万能論者ではありません。

むしろ昔ブログ上では分割派の方とは対立することもしばしばでした。

しかし、リスク管理において、分割を使う、というのは正しい選択でもあると思っています。

相場は、この一点と当てられることはほとんどありません。

特に逆張りにおいてはそうで、ある程度のゾーンで、行ったり来たりの繰り返しの中で、レンジを捉える、という戦い方になります。

そういった部分で、分割というのは優れた手法だろうと思うのです。

もちろん、お話した人のように

リスク管理を優先するために分割を使う

というのが正しい作法であって、

やられたから悔し紛れに引かされナンピンする

というのは、リスク管理上から論外なわけです。

一般には、この論外である「引かされナンピン」のことを「ナンピン」と言う傾向があって、ここを大きな勘違いしている人が大勢いますが、最優先すべきはリスク管理であって、そのための戦略がナンピンであり、乗せなんです。




といういうことで、私自身は、特に利食いにおいて分割を使うことが多いです。

何故なら、エントリーは狙いすませても、利食いは狙いすますことができず、どこかで利食いしなくては仕方がないからです。

10分割とか、20分割に及ぶ時もあります。

これは、板の厚さの関係もあるので、アイスバーグ注文という意味もあるのですが、利食いは狙い澄ますわけに行かないので、こうすることが多いのですね。

エントリーも、順張りでは、狙いすましができますが、逆張りにおいてはやはり難しいため、5分割とかはザラに使います。

ただ、時間軸は短いので、悠長に分割する暇が無いことが多いのは、デイトレの宿命ですね。



スイング、特に数日間とか持つ場合は、ギャップや目先のブレのリスク軽減のために分割することはさらに合理的だと思います。

もちろん、リズム取りなど相場の波に乗って行くようなやり方だと、中心技術になるので、ここは専門家が大勢おられますね。

分割については、相場の波の乗り方、として解説されることがほとんどですが、そういった

値動きと分割

という概念に加えて、

リスク管理と分割

という概念も非常に重要ですので、最近あまり語られることがなくなってきた分割ですが、昨日、聞いた話をきっかけに書いてみました。



ちなみに、私の分割は、ほとんどが等分割です。

不当分割がいいとよく言われますが、私はそうは思いません。

というのは、そもそもややこしい、ということもありますが、不当分割だと、結局、ラストの玉に重点を置くのだから、当てもの感覚にならないか、という思いがあります。

結局、一番安い(と思っているところ)を大きく行くわけだから、それは狙っている、と理解されるのじゃないか、ということです。

特に、試しからいきなり本玉という感じだと、完全に当てものじゃないか、という気がしてなりません。

また、不当分割は、マーチンゲール的匂いがして、コツコツドカンに繋がる恐れすら感じてしまうのです。

簡単なのは、教科書的ですが、2分割一括手仕舞い、だと思いますが、私は利食いを分割することが多いので、一括エントリー2分割手仕舞い、という感じでしょう。



最近は、あまり分割について議論する場も少なくなりましたが、10年以上前は、実に華やかでした。

林派、林一門の方は、基本分割派なので、よくこちらにも訪問されて、分割至上論を述べられていたことが懐かしいです。

私は、分割よりも、環境認識を優先すべきだと思っていますので、分割至上論には反対でしたが、決して分割を否定するものではありませんでした。

特定の環境においてこそ、ナンピンは活かされる


という思いがあります。



くれぐれも、分割とは、リスクを軽減するための戦略であって、拡大するものではない、という理解を前提に考えてください。

これだけ書いても、

「ナンピンなどを勧めて、破産するじゃないか。」


とか、書いてくる人が多いので、これは甚だしい勘違いだと事前に書いておきます。

全てにおいて優先されるべきはリスク管理で、その土台の上にこういった分割などの技術があるのです。

これは、私の友人が、本能的にやっていたリスク管理のための分割、というものと合致します。

本能的にこれができる、ということは凄いことだと思いました。

ほとんどの人の分割が、悔し紛れの爆死ナンピンなので、これができる人は少ないと思います。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

なんだかんだ言って、ポジションサイズがすべてではないでしょうかね?
大きすぎるポジションを損切るのは、しんどいですし。
後は、当たらないことを前提に、当てに行く。
それと我慢ですか。

めぐりめぐって、今は、ポジションサイズのところに来ました。

Re: No title

名も無きトレーダーさん、こんにちは。

>なんだかんだ言って、ポジションサイズがすべてではないでしょうかね?


ポジションサイジングも大事なことに変わりありませんね。

ただ、やはり環境認識など、総合力があってのサイジングだとは思います。

No title

あらなみ先生
ご返信ありがとうございました。
おっしゃる通り、環境認識がないと何も始まらないと思います。

わたしも等分割です

あらなみさん、こんにちは。

お話の新人のかた、すごいですね。
こういうお話を聞くと、才能って、あるんだな、と思います。

等分割と不等分割、数値の理屈から言えば、不等分割が有利なのでしょうが、
ご指摘の通りだと思います。どこか当てものに近づいている。
どうしても最初の少量の玉を軽んじるというか、
試し玉でもないのに、気楽すぎる入れ方になりがちだと思います。

もちろん、技量の問題でしょうから、
わたしがヘタなだけかもしれませんけど。

10年以上前までは、わたしも不等分割も一生懸命練習したんですが
価格と量の調整に翻弄されるようで、
どうしてもうまくできませんでした。

高度な技法であって、数値の理屈からは不等分割がいいのは
わかっているわけですが、
それ以前に「自分ができなければ意味がないじゃないか・・・」という
とっても簡単なことに気づいて、諦めた経緯があります。

こういうのは、各自の性格との相性もあるような気がするし、
だいたい相場については正解なんてありっこないのだから、
やり方もさまざまになって当然だと思います。

ひとつの山に登るのに、
「このルートじゃなければ正しくない」なんていうのは、
それこそ間違いだと思いますね。

スイング派の一部のひとが、あらなみさんのデイトレに批判的だとすれば
それは狭量だと思います。

あらなみさんのブログでは、
以前に林一派(わたしも入るんでしょうけど)と思われる
「おくあんさん」というひとが、分割逆張りでしたね。
あれも10年以上前の記事ですか・・・。

分割が万能とはいいませんが、
設定する時間軸、採用する銘柄の「くせ」によっては
かなり効果的な技術だと思います。

しかし、分割とひかされナンピンは、外目には同じにみえたりするから
批判も受けることがあります。

わたしはナンピンと分割は違う技術だと考えてますから
ナンピン否定派に批判されると、
なんとも答えに窮することが多いわけで
わかるひととだけ、話したいな、とは思ってしまうのです。

その意味でも、あらなみさんのブログは、
わたしにはありがたいし、わたしの仲間たちにもありがたい
勉強の場をいただいていると、感謝する次第です。

分割の回数についても、正解があるわけではないし、
そういうのは、個人の好み、相性次第じゃないかな、などと思います。

わたしは、10回以上の分割もやりますが、
だいたいは5回程度が気持ち的に楽ですね。

試し玉などは、それ以前に損切り処理するわけで
分割本玉にいれませんから、売買行為は、もっと増えるわけだけど
分割の回数という意味では、
5回から7回程度がいいな、とは個人の好みであります。
その代わり、実行する銘柄は多いほうでしょうか。

しかし、あらためてその新人のかた、えらいと思うし
上手だなと思います。

こういう技術的なことは、背伸びしないで「自分にできることから」
少しずつ身に着けていけば、前の記事にあるとおり
長い時間が経過すれば、それこそ取り返しのつかないほどの
技量の差になるでしょうね。

あまり背伸びして、難しいことに挑戦しすぎるのは
いけないのではないかな、とは思います。
ルーの三原則と同じで、やれることから始めるべきだと思います。

あとは「続ける根気と真面目さ」が必要でしょうね。
成長は、なかなか見えないから、不安になったり、嫌気がさしたりして
指導者がいれば別ですけど、ひとりだと、続かないことも多いですから。

多分、1年から3年程度の練習だけでも、
当てものごっこだけの人とは
まったく違う技量の世界にはいると思えるのです。

相場は技術である。
上手下手の世界である、ということを
きっちりと理解し、納得するかどうか・・・。
それにかかっているのではないでしょうか。

Re: わたしも等分割です

虚無僧さん、こんにちは。

新人の方凄いですよね。
こういう才能のある人が、いらん情報に巻き込まれて「当て屋」にさえならなければ、短期間で成功できると思います。


虚無僧さんも等分割なのですね。
おっしゃるとおり、どちらが優れているとかではなく、自分に合ったものをやればいい、ってことだと思います。

実は、私はデイトレ始めた頃は、分割していませんでした。
もちろん、技術は全部知っていたわけですが、元々は得意ではなかったんですね。

ところが、5年超えたあたりか、気がついたら分割してました(笑)
気がついたら、なんですね、これが。

無意識、というか、感覚、というか、よくわかりませんが、気がついたらやってた。

しかも、さらに気がついたら、10分割とか、場合によっては20分割とか。

これは、値動きを見ながら売ったり買ったりしている一連の流れの作業なんですね。


>相場は技術である。
>上手下手の世界である、ということを
>きっちりと理解し、納得するかどうか・・・。


そうなのですよね。

これを読んで思ったのは、多くの人は、「勝ちたい」という目標を持っておられると思います。

それを「上手になりたい」という目標にすれば、目線も変わってくるんじゃないでしょうかね。

損益は、一旦置いておいても、とにかく「上手になることを目指す」という視点です。

上手な人が、損切りできずにオロオロしたり、リベンジ爆死するのか、ってことです。

勝とう勝とうという気持ちが先行するから、そういう愚かな行為に走るわけで、上手を目指せば絶対にありえないことなんですね。

相場の利益というのは、上手になった結果、ついてくるものだ

という理解が必要じゃないか、そう感じました。



そういえば、その新人の方、次のように言ってましたね。

「今はまだわかっていないから、とにかく練習して、勝ち負けよりもコツコツやって相場をわかりたい。実戦していくうちにわかってくるような気がするから。。。」

って言ってました。

何てわかっている人なんだろう、って思いました。。。

自分が新人の頃は、最初から、拝金主義モード全開だったのに。。(汗)

No title

指数先物のデイトレをやってる方も
一括エントリー分割手仕舞いの方が多い印象です。

Re: No title

山田さん、こんにちは。

デイトレだと、エントリーに余裕が無いことが多いですからね。

No title

数か月程度のトレンドを捉えようという、所謂、うねり取り、においては、中勢は順行、目先は逆張り、と、いうのは、一つのやり方として有効であることは間違いないです。

中勢が順行、というのが間違ってなければ、枚数はともかくとしても、取り損なうことは少なくなります。

ただ、、、

何のやり方にしてもそうですが、物事には良い面もあれば悪い面も必ずありまして、、、

いくら目先逆張り、であっても、日足レベルですから、そこには、反転を期待する、という、願望の要素が入り混じるのですね。

で、これ以上逆行すると中勢順行が疑わしい、そういう際の局面で、為替の場合であれば雇用統計、とか、FOMC、なんかを迎えることが割とあるのですね。

大体そこまで逆行すると、投入予定枚数最大になりますから、そういう大きなポジを抱えてそういうイベントを迎えたりするのですね。

あれ?これ当てものになってね(笑)

まあ、当てもののような当てものでないようなよく分かりませんが、中勢順行という前提でやってるのですから、仕方ないのでしょう。(笑)

また、中勢が順行、という前提が正しくない、正しくなくなる、という場面も出てくるわけです。

普段、そういう願望がやや入り混じる、そういう形でやってるわけですから、当然損切にしくじることもあるわけです。考えるとドツボにはまりますから、問答無用でやるしかないですね。私は2009年の下落トレンドで、資産を最大3.8倍にしましたが、最後の中勢逆行で引きずってしまって大きく持っていかれて結局2.5倍程度に収まってしまいましたね。

まあ、持合いでも取れる、というのがこの方法の良い面でもあります。持合いで取れて尚且つ張ってる方向にブレイク、なんてことになりますとそこそこ大きく取れます。私にとっては震災前後がそうでしたし、逆のパターンは翌年の同じ頃、でしたね。張ってる逆方向にブレイク、で、引きずってしまって結構やられました。

あとは兼業トレーダーには向いている方法ではありますね。ゾーンでゆったり捉えようというものですから。

逆にアクションが起こってから乗る、乗せる、というものもありますね。デイまたはスイングの専業トレーダーはこちらが多いのでしょうかね。

偶然の損失を避けるわけですから枚数を多くすることができますが、代わりに偶然の利益を得るということもありません。ポジ持ってたら日銀決定会合後30秒で3円落ちて取れてしまった、とかですね。

また、戦略が正しくとも(中勢が順行)、取り損なうことも多くなるでしょう。

ただ、リスクコントロールはし易い、です。

私の場合は日足5本くらいは順行するだろう、というそんなアクションが出た時に2分割で乗ることが多いです。2分割目は乗せ、です。狙いを絞る代わりに枚数を最初から多くしてるわけです、が、あまりに枚数が多すぎると感情のコントロールが困難ですから分割にしているわけです。で、順行したらすかさず乗せ、というそんな感じが多いですかね。

株式のデイは、一日の枠の中での戦いですから、エントリーで分割する暇がない、また、元から損切に躊躇するという選択肢自体がそもそも無い、それが前提でしょうね。過去にここのコメント欄で同じ株のデイの人から損切がどうのこうのと質問されてましたが、論じること自体が問題外、なのでしょう。

どんな売買であろうとも我々はそれぞれのやり方で、損小利大にもっていく、その上手さが問題になるのでしょう。

No title

我々はきちんと自覚できないほど、拝金主義・自己都合・習慣に捉われた、売買をやっておるわけですね。

拝金主義によって目先の損益ばかりに気を捉われて、そこから抜け出せないのですね。これがいかに上達の妨げになっていることやら。

専業のデイはこれが辛そうですね。日銭を稼がねばならぬ立場ですから、余裕のあるところまで来れていないと、いらぬところで無理をしてしまうんじゃないかと想像します。

また自己都合による売買もなかなか自分では自覚できないことなのでコトは厄介なのですね。

先ほどの日銭の話もそうですが、ボーナス、退職金等の小金が入ったから相場でもやろうかとか、パンの本とかセミナーとか行って触発されてたまたま心がいきり立ってるとか、1000本ノックも十二分にやったのだからそろそろ勝てるようにならないのは何故だろう?とか考えるのも自己都合ですかね 笑

案外に、相場を無視した自己都合的考えで相場をやるのですね。

で、その事を中々自覚できないのです。

ジリ下げ相場でひたすら買いに拘るのもそういうことですね。それしか知らない、ということもあるのでしょうが、相場にはそんなことお構いなしです。

我々は値動きとファンダメンタルズ等の事実によって対応すべきなのですね。

自己都合に捉われている限り、上手、とは無縁の話になりますよ。

Re: No title

タカユキさん、おはようございます。

タカユキさんも分割は使われているわけですね。
まあ、相場で勝っている人は、特段、声を大にして言わないでも、通常の技術範囲として使っておられる方がほとんどだと思います。

>ただ、リスクコントロールはし易い、です。

何につけてもここだと思います。
ここを勘違いして、リスク拡大に使う「引かされナンピン」をやる人が多いから、分割に対する偏見も多いわけです。

損切りだけに頼っていた場合、値幅勝負になるわけですが、分割を使うことによって、ロットコントロールも含めてのリスク管理が可能となるわけですね。

シナリオ通りだとしっかりロットが入って、そうでなければ少ないというのが乗せであり、一方で、ナンピンは、シナリオの限界まで入れるので、値幅調整が楽になる、という性質があります。
そういう操作で値動きを乗り切っていく、というのがまあ技術的な部分でもあるわけです。

分割は、時間分散ということなので、その分散をリスク・コントロールに使えばいいわけです。
一括が値幅という縦軸だけなのに対して、時間軸という横軸が入ることによって、面によるリスク対応が可能になり、より技術的要素が高まるわけですね。


>拝金主義によって目先の損益ばかりに気を捉われて、そこから抜け出せないのですね。これがいかに上達の妨げになっていることやら

拝金主義というのは、結局、相場の都合とは全然関係ない全部自己都合のことなので、その自己都合に振り回されて相場が見えなくなるわけです。

これだけ儲けてやろうとか、損したくないとか、全く相場の値動きと関係ないところに売買の動機があるから、上手く行かなくなるってことです。

そういう自分勝手な売買をしている自分に気がつかない、というのが拝金主義の恐ろしいところなんですね。


>専業のデイはこれが辛そうですね。日銭を稼がねばならぬ立場ですから、余裕のあるところまで来れていないと、いらぬところで無理をしてしまうんじゃないかと想像します。

毎日稼がないといけない、という気持ちが、爆死の原因になりますね。
そもそもそれは自己都合で、そこへ陥りやすいのが生活費のプレッシャーのある専業だと思います。
デイトレであっても、環境によって取れる取れないが明らかにあるのだから、そのムラを受け入れて、相場の都合で動かないとダメなわけです。


>自己都合に捉われている限り、上手、とは無縁の話になりますよ。

そういうことなのですね。

その自己都合が、言われているように「無意識に前に出る」から問題なのですよね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。