イベントリスク

2016/11/03 Thu

ヒラリーで安心だ、って思っていたら、えっ??もしかしてトランプってあり得るの??

それが今週に入ってからの相場の下げの原因となりました。

株、為替、どちらも、8日に迫った米大統領選挙のイベントリスクに向けて動いています。

こういったイベントのテーマに向けて動いている時は、チャートのパターンとか、そういうものは何の意味もありません。

こんなに下げたからとか、パターンがこうだからとか、何を言ったところで、ヘッドラインリスクでどうとでも動く相場です。

だから、いくらチャートを分析しても、無駄です。


一方で、ミクロ面では、今が半期決算発表真っ盛りとなっています。

このミクロとマクロのごった煮で、どう動くのかはそれぞれのイベント次第という状況です。

少なくとも、マクロ面のテーマである米大統領選挙の不透明感が払拭されるまでは、リスクオンになる可能性は低いと考えるのが妥当でしょう。

8日までは、世論調査の数字で、相場が行ったり来たりを繰り返す、ということになります。

Brexitの時もそうでしたが、日本国内の専門家は全員「まさか離脱なんてあり得るはずがない。」そう感じていたわけですから、今回も不透明感が出てきたことから、結局ヒラリーで決まりでしょ、という話に賭けるのはどうかと感じます。

ということで、トランプリスクを織り込んで来ている相場なので、8日まではどちらかというと売り安心感で、選挙結果が出て、ヒラリーということになれば、トランプリスクを織り込んだ分だけ戻る、というシナリオが有力です。

可能性は低いとは言え、もしトランプということになれば、かなりのインパクトでリスクオフの嵐になるのでしょう。

一応、想定しておきたいところです。



さて、ここで書いたことは、当たり前と言えば当たり前の話なんですが、このあたりまえのテーマに沿って株、為替が動いているのだ、ってことなんですね。

チャートで動いているわけではありません。

なので、大統領選挙の前に何かあれば、リスクオフの可能性あり、ということは意識しておくべきだったと思います。

特にスイングして持ち越ししている人はそうでしょう。

こういうテーマは、相場を動かすドライバーなので、ここを強く意識することは当たり前のことだと私は思っていますし、これを前提に私は値動きを考えています。

こういうファンダメンタルの部分を考えないで、チャートだけで相場を見ている人が多いので、ちょっと書いてみました(笑)

いつも長ったらしいブログなので、今日は淡白に失礼します(笑)


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

多くの人は自分の思いたいようにチャートを見ているだけでしょうね。

例えば、こういった膠着感の強い状況で、ちょこっと目先上げ気配になったからといって、それがいか程のモンなんだって話なんですね。

逆に、リスクオフムードの強い時には、私なんかは安易な逆張りとかができない体質になりました。リーマンとそれ以降で、散々ドンガラ突っ走るのを見てきましたので、節では兎に角警戒する癖がついてしまいましたし、私もそれはそれでよいと思ってます。

大統領選の結果は相場を揺るがすに十分ですが、揺るぐ可能性があるってのにそういうことを意識しないでチャートだけで相場をやるなんて、滑稽とすら言えるものだと思うのですがね。

こういったどうなるか分からんようなイベントによって大きく損益が揺れるような張り方をするっていうのは、それは正に、運任せ、なんですね。

大きく取れてもそれは決して自分の実力ではないし、大きく外れたならそれは単なるバカ、です。自分でコントロールできない事象によって、大きく自分の身が左右されるって、そんなのでいいのか?って話なんですね。

相場のことは予想できませんが、揺るぐ可能性、であったり、重要な転機となる可能性、というのは、ファンダメンタルズを意識することである程度事前にわかることもあります。これはチャートだけでは決して分からないことなのですね。

例えば、FRBによる2回目の利上げが近づいている様相ですが、ここを無事に通過できるかどうかは大変重要であろうと思うのですね。

重要なのは、それが重要なのかどうかを理解していることだと思うのですね。

動く動かない、当たる当たらない、ではなく、ただただ、その重要性を理解できているかって、そういうことだと思います。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

>重要なのは、それが重要なのかどうかを理解していることだと思うのですね。


ファンダメンタルを意識しない人の多くが考えていることが、ファンダなど考えても当たらない、ということなんですね。

そういう意味で、見ても仕方がないと。

しかし、タカユキさんが書いておられるように、当たるか当たらないかではなく、重要かどうか、そこが見るべきポイントなんです。

そして、そのテーマに沿って見ていくと、リスクとリターンのバランスが崩れている局面が見えることがあるわけなんです。
そこを狙えばよい、ということになります。

所詮、相場など、ファンダを後追いするのだから、原因を探ることが必要だと私は考えますね。

考えてるより 起きるんよね!!

初めまして

こういう事って 相場はチョコチョコ起きますね!
しかも 大抵張り方に慣れて 忘れた頃にやってくるって感じです。

これが 常に身構えられる様になったら・・・・って所でしょうか!

Re: 考えてるより 起きるんよね!!

理外の理さん、はじめまして。

今回の大統領選挙にまつわる値動きについては、全く想定外の連続で驚きでした。

私は、常に身構える、というより、想定外のことが起きるものだ、という想定をしている、という感じで考えています。

所詮、自分の想定など、木っ端微塵になっている、という過去の実績(笑)があるわけだから、次も想定内とは限らない、ってことですね。

イベントトレード

あらなみさんが仰るイベントの重要度が少しづつ理解できてきました。決済はまだまだ損切り、利食い共にテクニカルを使いますが、エントリーはこちらにかなり偏ってきています。こういったポイントだけがもしかして為替でランダムではないないのかなと感じてきています。。。

イベントの反応の順番について少し疑問なのですが、自分ではエントリーするトレーダーを以下の順番で考えているのですが

1.イベント前のポジションの損切り
2.ヘッドラインアルゴ
3.自分でヘッドラインを確認したい裁量トレーダーの最速エントリー
4.細かい内容を把握してより長いスパンで値動きとニュースの事実確認をしてから入るトレーダー(逆張りも含めて)

おそらく間違いだらけかと思いますが、どういった点が間違っているのか、教えて頂けますでしょうか。



Re: イベントトレード

nobuoさん、こんばんは。

相場の何を取りたいのか、ということに大きく絡んでくることだと思います。

大きなトレンドが取りたいのであれば、何かそこに「トレンドができるドライバー」が必要なんです。

何も無ければ、相場は目先に需給だけで動くので、行ったり来たりの往来に留まってしまう確率が高いのですよ。



それから、イベントに対するご質問ですが、書かれいる投資家像は、全て短期の目先筋ばかりなんですね。

それよりも、相場を大きく動かすのは、大きなポジションを持っている投資銀行であるとか、ヘッジファンドなどの機関投資家なので、その巨艦がファンダメンタルを見て、どう動くのかという方が重要じゃないかと思っています。

目先筋は、結局中期で見れば、ニュートラルな存在なんです。
つまり、飛びついても、すぐに転売するので、中期的には中立なんです。

それに対して、ポジションを持つ機関投資家は、買い切り、売り切りなので、相場を動かす需給を作り出す主役なんですね。

ということで、もう少しロングの目線が必要じゃないか、と思います。

No title

いつもご返信ありがとうございます。

今の自分の長期について考えを書こうかと迷いましたが、慌てて意味のないことを書いてはあらなみさんの時間を無駄に削るだけだと思うのでしばらく時間をおいて考えます。



No title

横槍で失礼でございます。

>>大きなトレンドが取りたいのであれば、何かそこに「トレンドができるドライバー」が必要なんです。

以前にどこかで、相場は独立事象であり従属事象である、まあ、両方の性質を有している、と仰られてたかと思うのですが、分り易いというか、ぴたりと言葉を当てはめてくれたようなそういう感じがありましたね。まあ、相場の場合はあらゆる時間枠でこれがごっちゃごちゃにまざっているのがややこしいのでしょうが。

何もなければ従属事象は発生しませんものね。

まあ、これが見えれば良いのでしょうが、中々うっかり気がつかなかったり、分らなかったり、そもそも特に無かったりしますからね。

私的に過去を振り返ってみても、大きく取れたのは、米とEUROの金融政策方向性の対比であったり、黒田総裁の緩和効果の剥離、とかですね。これらは、リアルタイムで意識できておりましたね。

こういったことが無く、チャートだけでやるとすると、ちょっとキツイのですね。今、来てんのか、そうでもないのか、圧倒的にそうでもない場合が多いですからね。

例えば今のドル円なんて、一応下向きですが、いまいち原動力がよく分からないですし、強いものでないのは今時点は確かそうですから、私のほうもそれ相応の対応です。見えてない可能性もあるでしょうが。

多くの人は、状況を把握してそれに応じようとする姿勢を忘れて、ただ一本調子に相場をやるから苦戦することが多くなるのかもしれないですね。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

独立事象である場合というのは、主には内部要因によるもので、いわゆるポジションの偏りによる値動きがそれにあたります。
その場合は、抜けてきたとしても、短期的な行き過ぎとなって戻る、ということになるわけです。

一方で、ファンダメンタルなドライバーがある場合は、抜けてきてそのままトレンドとなる可能性が高くなるわけです。

結局、抜けてきてたというテクニカル的な動きは同じであっても、その理由が違うわけですから、その後の動きを見極めるためのヒントになるわけなんですね。

これは、チャートだけで判断しようとしている人にとっては違いが全然わからないわけですから、その後に起きる真反対な動きに翻弄されてしまうことが起きるわけです。

テクニカル以外については、難しいと感じて見ていない人が多いわけですが、それでは抜けてきてトレンドが続くのか、続かないのか、といういちばん大事な部分が全く見えないわけです。

もちろん、内部要因やファンダを見たからといって、相場の動きの全てが見通せるなんてことは無いわけですが、タカユキさんが書かれているように、時として見える時もあるわけです。

そのわずかな時こそがチャンスとなるわけなんですね。

全ての値動きをわかろうとするから上手く行かないのであって、1%さえ見えれば、それも微かにだけでも見えれば、それがエッジとなるわけです。

タカユキさん

タカユキさん
>>今のドル円なんて、一応下向きですが、いまいち原動力がよく分からないですし、強いものでないのは今時点は確かそうですから、私のほうもそれ相応の対応です。見えてない可能性もあるでしょう

後だしで申し訳ないのですが全く同じ相場観です。

北朝鮮リスクが重なってきたのでこれが具体的に何かあり、長期化するならドル円の本格的なトレンド転換もあるかなと思います。しばらくFOMCメンバーの発言も反応が薄そうだと思います。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR