目の前のにんじん

2017/03/03 Fri

今、ポジションを持っている場合、もちろんそのポジションが勝つか負けるか、ということはとても気になりますし、重要な事項です。

今日上がる銘柄は何か、そういうことも気になるでしょう。

そして、偶然であろうが何であろうが、当たればそれでよい、という認識。

しかし、そういう目の前のトレードばかりが気になって、他のことに意識が全く行かない、という人がとても多いように感じます。

どういうことかというと、今、勝つか負けるか、勝負してるんだ、今、目の前の勝負こそが重要なんだ、ということだけを常に考えている状態ということです。

そして、その目の前の勝負で勝つか負けるか、その延長線上にトレーダーとしての勝利が待っている、という考え方をしている人がとても多いと感じるのです。

つまり、目の前にぶら下がったにんじんばかりを追いかけて、他のことが見えていないわけです。

言い換えれば、これが拝金主義です。



この状態の何がいけないのか、というと、

そもそも目の前の勝負というのは、偶然性の産物であって、目先で勝ったか負けたかということはさほど重要ではないということ。

トレードはそもそも継続的取引の中からトータルとして利益をひねり出す、という視点が重要であること。

そして、目先の損益ばかりを追いかけることによって、環境認識や戦略構築などの視点が欠けてしまって、結果的に環境変化で振り落とされてしまう可能性が高まること。


などがあげられます。

また、

今、上手く行っている状態であっても、その状態にどっぷりと浸かって満足してしまっては、やはり環境変化でやられてしまうということ。

上手く行く環境にたまたま乗ったという可能性を否定できないのだから、悪い時期に入ると、全く勝てないという状態に陥ること。


が想定できます。

それでも、今、目先、勝つか負けるか、頭がそればかりになっているので、自分のフィルターから、今勝てるかどうか、という情報しか入ってはきません。

将来的にこのままでいいのか、今当たるかどうかというより、勝ち残っていくために、研究や練習をする必要があるのではないか、という目線に行かないのです。

こういった、刹那的なトレーダーの多くは、砂漠にできた水たまりに泳ぐ魚のようなものであって、再び砂漠に戻れば、消えるしかありません。



同じことで、将来トレードで儲けたい、と思っていても、今は仕事がいそがしいとか、趣味の時間が必要とか、そういう理由で、トレードに費やす時間が取れない、という人も結構多いです。

時間をかけれないから、トレードから脱落する、という人も多いです。

実は多くの場合それは言い訳で、結局のところ、思ったように儲からないから嫌気が差してきた、というのが本当のところなんですが、それを時間がない、という言い訳で自分をごまかしているわけです。

これも、目の前のことばかりを重要視して、将来的に大切だと考えてはいても、そのことに時間を使わないわけです。

そういった時間がない、という人であっても、どうでもいいメールやラインのやり取りにはせっせと時間を使ったり、ジャンクな情報集めはせっせとやっていることが多くて、全く時間がないということはないのですが、目の前にエサが無い限り、トレードで時間を使うことがありません。

結局、目の前に、にんじんが無いと動かないわけです。

でも、考えてもみてください。お相撲さんは、立ち会いだけしているわけではないんですよ。
普段は、みっちり練習をしていて、そして、本場所に向かうわけです。
本場所だけで、やっている関取などいないわけなんです。


システムトレーダーは、発注ボタンを押すだけが仕事じゃないんです(笑)
そんなに楽なら自分もやろうかって。。。
そんなこと言ったら、システムトレーダーに怒られてしまいますよ。
彼らの最大の仕事は、環境変化に向けての、日頃の検証・研究であったり、データ収集であったり、システム構築・チューンナップなんです。



実は、こういう現象は、多くの人が抱える問題であって、時間管理マトリックスというもので説明できます。

この時間管理マトリックスにおける「緊急性」と「重要度」において、ほとんどの人が緊急性を重視して、重要度を重視しない、ということから起きる現象なのです。

緊急度ではなく重要度を優先する

実は、こちらに書いているように、緊急度ではなく重要度を優先する、ということがとても重要になってくるわけです。

トレードでこれから儲けたい、という人であっても、目の前のにんじん、すなわち目先の利益がちょっとダメになったら、すぐにやる気をなくしてしまう。

今、上手く行っている人でも、目の前の利益にしか目が行かず、将来的に環境変化が起きたときにどうするか、という視点が全く無い。


そういう状態の人がとても多いわけです。

そもそも、相場を始めて数年間はなかなか利益にならないことも多くて、にんじんが無いので、みんなやる気をなくして去っていきます。

色々と言い訳は聞きますが、結局のところ儲からないからやる気をなくした、ってことなんです。

ガンガン儲かっていれば、他のことがいくら忙しくったってトレードを一生懸命するに決まってますよ(笑)



一方で、今勝てていても、それしか見えていなければ、いずれ環境変化が起きて、勝てなくなる日が来ます。そのような日に対する備えが全く無いから、そうなった時に、結局立ち行かなくなるわけです。

このように見ていくと、相場の難しさというのは、人の本性としてある目先優先とは相容れない、というところから来ているように思うのです。


本を読んで見識を広め相場の本質を探ること、チャートを見て値動きを研究すること、今やっていない戦略を考えること、検証すること、など、目先の利益には直接結びつかないことにどれだけ時間を費やしたのか、ということが、変化に強い筋肉質なトレーダーを養成するものだと私は思っています。

初心者の場合だと、

負けても負けても、コンスタントに練習し続けること

目の前のにんじん重視である人の本性にとって、これがどれほど困難なことか。

しかも、ほとんどの初心者が想定する想像を遥かに超える年単位の時間が必要なんです。

それを続けられる根性のある人などほとんどいないといってもいいでしょう。

というより、勝っている人の真似をすれば簡単に儲けられる、とか、このやり方なら簡単に儲かるだとか、すぐに大金持ちになれる、という情報ばかりがあふれている現状では、そもそもそういう時間がかかる、という認識などできないことでしょう。だから、ちょっとやってダメなら簡単に諦めてしまうのです。

こうやって見てくると、相場の難しさというのはこういうところにあるんだろうと思うわけです。


そもそも、今、儲かったかどうか、という近視眼的な目線ではなく、1年後、2年後、10年後に自分はどういうトレーダーになりたいのか、という目線が大事だと思うのですね。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

未来像

こんにちは
楽しく拝読しております。

”10年後に自分はどういうトレーダーになりたいのか、という目線が大事だと思うのですね。”

そうですね。
”最後に笑えれば”という言葉がありますよね。
しかし、どのような相場師となるか?という将来のイメージを確立するためには、結局は林輝太郎氏が著書で述べているとおり
”知らなくてはならない。知っていても、できなくては意味がない”
ということになるかと…

先ず、”知る”ことができるか。
近視眼的な目先のポジションの損得にこだわっている場合、大勢が知らないことが想定される。
彼らの多くは(初期の私も)、世間一般常識的な思考・手順により「自分が選んだ銘柄」がその後「上がる」という前提で、それを確認するために日々 値をみている。逆説的に考えると、上がらないことはありえない、間違えているハズがないという思い込みに囚われている。
そこには、どうなったら”損切り”するか、どこまでいったら”手仕舞い”するかといった思考が全く存在しない。自分の考えが正しいか否かしかない。

それでは、仮に”知って理解できた”あとは実践になる。
ここでも、教科書にこだわる。初期の私もそうです。
3ヶ月、60日にこだわる。うまくいかないので、銘柄を取っ替え引っ替えする。耐えきれずに、退場。というパターンも…
下積みが非常に大切ですね。

最後に、”知って、できるようになる”
下積みの経験から、なんとかできるようになる。ここまでくると、恐らく自身で実感があるハズだと思います。
これでいいんだ!と、確認しながら自分のやり方を確立していく感じなのかな〜っと。

あらなみさんが指摘しているのは、この後のことのように思います。
”知って、できるようになって”、自分のスタイルがわかって、さて、将来はどういう相場師になろうか?と

この時点でも、スキャ・ディトレ・リズム・ウネリ・月足と幅広く経験していれば選択肢は多い。しかし、ディトレの寵児であったならば、それしか選択肢はない。
そしてココでも、知っていなければ選択肢はないということに。
なんか堂堂巡りに…

なんか、まとまりがなくなってしまいました。申し訳ありません。
兎に角、あらなみさんが指摘していることは相当の経験と実績を積んだ人にしか分からないのではと思います。

Re: 未来像

タグさん、こんにちは。

書いておられること、大事なことですね。

知るとできるとは全く違いますが、多くの人は、知ったらできると思っておられます。

知っているだけなら、意味などないんですね。本当は。

ただ、今回言いたかったことは、そういう難しいことではなく、タイトルどおり、目の前のにんじんだけを追いかけてしまって、それ以外のことが目に入らなくなる、ってことなんですね。

なので、にんじんが無い将来の戦略を考えたり、検証したり、練習したり、ということをおろそかにして、目先の損益ばかりに目が行く状態はいかがなものか、というお話でした。

失礼しました

お恥ずかしい限りです

将来像というキーワードを作り上げて、道をそれてしまっていたようです

今後も更新を楽しみにしています

No title

>お相撲さんは、立ち会いだけしてる「わ」ではないんですよ。

どうも、いつも記事読ませていただいてます
「」のところに脱字ありましたのでご報告です

安定感

あらなみさん。最近はもっぱらROM専でした。お久しぶりです
今回の記事は近頃うだうだ考えていることに近いので重い腰を上げました。
ただ、整った文章を書こうとすると時間がかかり、面倒になってまた途中全文削除でROMに戻ってしまう(何度かあった)のでちょっと力を抜いていきます。

5年目になります。安定感が出てきたかなと思っています。一発の大きな損が減りました。一番成績の悪かった年は日に10万以上の損失が結構ありました。手帳の記録を今見ると自分の結果なのにドン引きします。何でそんなことになっちゃうのかと。

安定感を得て週間勝率も高くなりましたが、何というか、小じんまり感に悩みます。

別にでかいトレードを決めて興奮したいなんて思っていません。ただ安定という檻に閉じこもっているのです。今回の記事を読んでこれは「刹那的」なのかと感じたのです。
自分の取れそうな値動きだけ狙って淡々と差益を積み上げる。プロっぽくいいじゃないか!
その反面それ以上のことはしない変化の止まった自分。積極性も減りました。
本ブログによく出てくる3年を通過して、4年目に自分でも上出来と思える成績が残せました。なので尚更変化を拒んでしまうのです。

Re: 安定感

パンさん、こんばんは。

書かれていることは、「小さくまとまる」という現象で、勝ちだした人には誰にでも起きることだと思います。

初心者目線では、勝てるようになったら、後はロットを上げればよい、と思っておられるでしょうけど、ロットの問題はそう簡単なものではないのですね。

ある程度利益が出てくると、リスク感覚もできてきて、そのリスク感覚は結局ロット感覚でもあるので、慣れた大きさの延長線上で固まってしまって、そこから大きくするのが難しくなってくるのです。

できあがったリスク感覚というのは、そうたやすく変えることができないのです。

こうして、今やっていることが習慣化されてしまって、その範囲を抜け出すことは、習慣を破らないといけないので、難しくなります。

ただ、これもある時期の過渡期的現象でもあるので、さらにしばらく年数を経れば、また変わってくることだと思います。

それより早く変えようと思えば、少々無理してやるしかありませんが、それは人それぞれですので、無理するのか、自然に任せるのか、ご自分で判断されればよいと思いますよ。

ただ、ロットを変えれば、自分の持っているリスク感覚を破ることになるので、それがストレスになって、トレードが上手く行かなくなったりしますので、なかなか難しいところですね。

難しいですね。

今回も記事楽しく読ませて頂きました。
どんな記事を読んでも思うことですが、あらなみさんの仰ってることは本当にその通りだけど、それすごく難しいんだよ。笑
という感想です。

人はそもそもこんな100年を生きるように脳の設計がなされてないでしょうし、緊急性の高いものを選択しがちになってしまうと思うんですよね。

長期的に考えて行動すること自体がほとんどの人にとってはストレスになることだと思います。なんとか習慣化して当たり前のようになるには成人した人だと本当に数年単位の意識改革が必要だと思います。

この記事に関連するか分かりませんが、海外マーケットの予習に関してご質問させて頂きます。この件に関しては自分で解決するか質問するかどうか迷ったのですが、厚かましいですが質問させて頂きます。

昨日の欧州早出の時間にポンドが下落してイギリスのマーケットが開いてから一時間位で切り返してきた動きをみてtwitter や業者のニュースを見てみましたが、全く見つかりませんでした。かなり反発して戻ったところだイギリスのハマンド財務相、予算案提出、brexitを目前にしての予算案に対して不透明感から思惑的に売られたということを一人の専業トレーダーらしきtwitter のアカウントから知りました。そしてハマンド財務相が議会での説明でイギリスのGDP見通しで予想よりもいい数字を出したようで上がったとのことでした。このように経済指標カレンダーに載ってないのですがその国の国民にとっては当たり前でマーケットメイカーも当然知っている情報を知る術はありますでしょうか。

先週もフランスの選挙の世論調査で大きくユーロが動きそこからユーロのトレンドが変わったように見えたのですが、実際に値動きが出てからかなり経って理由を知りました。

そもそもfxトレーダーはテクニカルの人が多すぎて材料に注目してる人が少なく短期トレーダー向けの情報を得るのが非常に難しいと感じています。

自分でも海外のニュースサイトやトレーダー向けのWebサイトを見ているのですが、大海の中から砂金を探すような状況です。アドバイス頂ければありがたいです。

Re: 難しいですね。

nobuoさん、おはようございます。

目先を追いかけているばかりでは、やはりダメだと思うのですね。
特に、相場は、目先は偶然性に左右されることが多いだけに、短期的な偶然性に翻弄されて、長期の必然性を見失う結果になるんですよ。

さて、海外マーケットについてのご質問ですが、なかなか難しい問題でして、私も試行錯誤しているところです。
無料で誰でも見れるニュースサイトは、意図的に情報を遅らせているので、リアルタイムは無理です。
これは、有料情報との差別化なのでどうしようもありません。
それから、証券系のニュースも全てダメです。こちらも、意図的に情報をディレイさせています。
ロイターなども、全て高額な自社端末よりも10分程度遅らせて配信しているのですね。
同時だったら、高額な自社ニュースを誰も買わなくなりますので。。。

実は、情報が早いのは、証券系のニュースではなく、FX系のニュースです。
早さに於いては、証券系とは比較になりません。
こちらで解説してくれているので参考になさってください。
http://top.fxrec.com/2014/05/fxfx_4.html

特に、FX waveは見ておきたいので、結果的には、自動更新などの使い勝手から、FXTS-TRADERを使ってニュースを見ています。
それでも、言われているようなニュースに即座に対応しているのか、と言われれば、やはり難しいですね。
ただ、証券系や無料のものと比較すると、圧倒的に早いです。

マクロニュースについての内容の確認や解説については、西原さんの有料メールサービスを利用しています。
後、ヤフーファイナンスのVIPなど有料のものも使っていますが、早くはありません。
こちらは、銘柄情報などですね。

結局、ニュースというのは、早さや質に価値があるので、おっしゃるように、無料で探しても、ご希望の答えは見つからないと思いますね。

いつも本当に為になる回答をして下さりありがとうございます。いつか本当に恩返しが出来ればよいのですが。。。

FXTS TRADERは口座を持っていたのでチェックするようにします。西原宏一さんのメルマガもとってみます。
おそらくこういう新しい情報を取り入れると大概それに引っ張られ過ぎて最初負けることが多いのでしばらくは枚数を落としてトレードしてみようと思います。


こんばんは

あらなみさん、こんばんは。
年末から投稿がエラーで出来なかったです。
今回の記事を読んで将来のことを考えました。
英語が出来るようになれば役に立つと考えていますが、なかなか上達しないので焦っています。ツイッターをしていると英語が出来ると役に立つことは分かりますので、勉強を毎日続けるようにします。

Re: タイトルなし

nobuoさん、おはようございます。

情報は大事ですね。

ここをケチる人が多いわけですが、情報の価値をわかっていないか、使えていないということだと思います。

情報とて、使いこなすまでに時間がかかるのです。

その馴染むまでの時間を待てずに「使えない」となるのだと思います。

トレードは、何事も、普通の人が想像する以上に慣れる時間を要するものなんですね。

Re: こんばんは

こんさん、おはようございます。

投稿エラーとのことですが、他の方もそういうことが起きてるのでしょうか。

もし、投稿エラーが続くようなら、メールフォームでこちらにご連絡頂ければと思います。
FC2カウンター
プロフィール

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR