FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の兆し

2018/01/30 Tue

またしても超お久しぶりです。
短くても、時々更新をと考えているのですが、ついつい筆が遠のいてしまって失礼しました。



さて、昨年末のビットコインを筆頭とする仮想通貨ブームと、今年に入ってからの急落劇には、驚かされるばかりです。

昨年末には、マスコミを巻き込んだフィーバーになっていた感があります。
NHK神話というものがあって、NHKで特集をやりだすと、終わる、ということが今回も当てはまりましたね。

株やFXの多くの投資家は、ほとんど仮想通貨には手を出していないでしょうから、仮想通貨で踊っている人たちの報道を苦々しく見ていたこともあったと思います。
それだけに、今年に入ってからの急落劇には、それ見たことか、と少し溜飲を下げたような気持ちになってしまいますよね。

私は、例によってこの仮想通貨ブームには乗ってはいないわけですが、といって、仮想通貨をやっている人たちだけで踊っていた徒花だとも思っていません。

実は、こういう引きつったような急騰と急落というのは、投資ブームの末期に起きる現象として過去から繰り返し起きています。

古くはオランダのチューリップ・バブルから、日本の土地ブームまで、繰り返し起きては弾けているわけです。

ビットコインの急騰急落は、仮想通貨という小さなマーケットの中で踊っていただけですから、これが他のマーケットにどれほど影響があるのかはわかりません。

というより、マーケット全体への直接的な影響度はほとんど無いと言ってもいいでしょう。


それでも、前兆として、このような動きには注視しておきたいところとなんです。

花火のクライマックスに、一斉に打ち上げるようなことが起きて、しばらくしたら、全体に及んでくる、ということが起きるのがお金の流れというものなので、仮想通貨バブルと崩壊を単なる

対岸の火事

として、自分たちには関係の無いことだ、という立場では見ていないのです。

つまり、

これが金融マーケット全体崩壊の兆しになる可能性を感じて、注視しています。

仮想通貨の崩壊が狼煙となって、株式市場や他のマーケットのリスクオフシグナルとなる可能性を感じています。

金融相場における投資ブームの動きには、一定の法則があって概ね、先行しているものから順番に崩壊する、というものなのです。



マーケットで長く生き残って行くには、こういう兆しに敏感であることが重要だと私は思っています。

後で考えれば、あれが引き金だったのか、ということは間違いなくあります。

これを後で考えたらではなく、リアルで感じる感性が大事だと思うのです。

これが兆しではなく、単なる徒花であったなら、また買えばいいだけです。



仮想通貨崩壊で苦境にある人たちは、そこで踊っていた対岸の人であって自分は関係ない。
普通はそう思っているわけですが、対岸の火事だと思っていたら、いつの間には自分の家にも火がついていた、ということが起きるのがマーケットなんです。

株の投資家は、株しか見ていない、自分の損益しか気にしていない、という人が多いのですが、それでは、逃げ遅れてしまうということになります。

マーケットのどこかでのろし、兆しが上がっているのです。



FRB、ECBの欧米金融当局は、これまでの緩和スタンスから、引き締めスタンスに変化を見せていますが、日銀の緩和継続もあって、足元の金融市場は上昇トレンドが未だに健在です。

ただ、いつもですが、先駆したマーケットの影響というのは時間差を伴ってドミノ倒しをしてくるものです。

平成元年に日本株は突如として崩壊しましたが、土地ブームの崩壊は、1年以上もも遅れてやってきました。
凄いタイムラグですので、兆しを注視してさえすれば、逃げることもできたのです。
この時言われていたのは、日本の土地は供給に限りがあるから、株が下がっても土地は下げることは無いというものでした。
しかし、結果として土地崩壊は、遅れてやってきて、しかも、株よりも酷い下げが待っていたのです。

2008年の10月に起きたリーマンショック時においても、既に2008年の1月頃からサブプライム問題については言われていましたが、マーケットは無視し続けたのです。

このような時間差は、兆しに敏感な投資家にとっては、逃げられる猶予を与えてくれている、ありがたいものです。

今、自分がやっている目の前のマーケットだけを見ていると、全く見えないことであっても、他のマーケットを常に監視し、兆しを探す気持ちで見ていることで、ちょっとした兆しを見逃さないことができます。

これこそが、環境認識のコツの部分だと私は思っています。

兆しというのは、必ずあります。

お金の流れというのは、グローバルに回っていますから、リスクオンからリスクオフへの流れは、先行しているマーケットから見えてくるものです。

それに気がつくか、つかないか、で結果は大違いになります。

ということで、引き続き兆しには注意していきたいところです。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

金融危機?

いつも優良記事の執筆ありがとうございます。
今回は感想だけ述べさせてください。

わたしは、仮想通貨がバブルの可能性は高いと思いますが、現状では金融危機には発展しないと思っています。

現在は仮想通貨を担保にとった信用創造が活発には行われてないからです。

過去の事例をみると、LTCMの取引は、バブルとは言えないと思いますが、金融危機をもたらしました。
ドットコムバブルは、バブルではありましたが、金融危機はもたらしませんでした。

これらを踏まえると、信用創造が活発化しない限りは、さほど金融システムには影響しないと考えています。

とはいえ、セキュリティの向上が間に合わず、ハッキングによる破綻などが頻発する場合には、相応に影響が出るのでしょうね。

Re: 金融危機?

ねこさん、こんばんは。

ねこさんの書かれていることと、私の書いたこのとニュアンスはかなり違います。
私の書き足らずが原因ですね。

私の書きたいことというのは、そういった直接的な影響ということではないんですね。

リスクオフの前兆というか、さきがけ、というか、そういった予兆的、象徴的な現象、ということが言いたかったわけです。

直接的には、仮想通貨の下落というのは、金融市場全体から考えたら、取るに足らないことなのですが、その予兆という意味で、こういった崩壊が起きることがある、ということなのです。

金融危機?

あらなみさん

確かに、一つの暴落が、直接的ではなく、一種の前兆として機能することはありますね。

リーマンショックのときにも、事前の国債市場の異変が前兆になっていましたね。
これは直接的な関係は全くありませんが、原因は近いものがありました。

失礼しました。

Re: 金融危機?

ねこさん、こんばんは。

直接的には、ねこさんのおっしゃるとおりなんですね。

ねこさんのおっしゃるとおり、火山性微動とか、そういう直接的なものは、気がつきやすいわけですが、そうでない兆候みたいなものもあるわけです。

私の書いていることは、地震の前にはネズミが逃げ出す、みたいなものでしょうかね。

ねずみが騒いだからどうした、ってことですが、後で考えれば、それが予兆だったのだ、という感じです。


余談ですが、リーマンショックは、2008年10月だったわけですが、既に2008年の1月からサブプライム問題は話題になっていました。

これは直接的なことだったわけですが、それでもマーケットは半年以上にわたって無視し続けていたのです。

意外とマーケットの値動きというのは、鈍感なんですよ。

だから、値動きだけ見ていてはダメなんです。

これは、リバモアも本で書いているところです。

こういうマーケットが無視している予兆を見つけ出せば、一歩早く行動を起こすことができるのですね。

目の前の相場が強いからといって、それだけを見ているよりも、マクロ的視点で前兆を探すということも環境認識として私は重視しているのですね。

No title

あらなみさん。こんばんは。
更新記事ありがとうございます。
お待ちしておりました。
仮想通貨バブルはすごいですね。私は仮想通貨の優位性が全く分からず、
そもそも仮想通貨はファンダメンタルズがあるのかさえ分かりませんが
価格はたまにチェックしています。
ただ私は長期トレンドというのは、ファンダメンタルズでしかありえないと思います。
チューリップや土地に限らず、全く同じサイクルではないがバブルは繰り返して起こり、変わるのはバブルに参加している顔ぶれだけやなーと思います。今回のあらなみさんの記事を読み、この暴落の影響は対岸の火事ではなく明日は我が身と思い、壊滅的な損失は出さないように兆しが見えるようにしたいですねー。

No title

はじめまして。過去の記事を何度も読み返して勉強させてもらっています。ところで、経験値とよく書かれていますが、経験から得られた知識という意味では、経験知の方がいいと思いますよ。これからもためになる話を、よろしくお願いします。

No title

横やりで失礼ですけれども、経験値は言葉の誤用ではないと思いますよ。ゲーム(RPG)に親しんでいる人達にとっては非常にポピュラーな言葉なのですが、そうでない方々には馴染まない、誤用に感じられる造語と受け取られるのかもしれませんね。場数の積み重ね、と、いう意味では、値、が適当なのかなと個人的に思います。このことに限らず、如何に気を配って文章を書いても、受け手に真意がずれて伝わってしまうということはございますね。違うんだよ、そうじゃないんだって、みたいな。書き手が至らない場合もありますし、受け手が色眼鏡で見ていて捻じ曲がっている場合もございますし、互いの配慮が必要なのでしょうね。

・・・・・

さて、マーケットの値動きというのは、もうすでに周知のことは織り込みますし、その先まで見据えている場合もございます。方や >>意外とマーケットの値動きというのは、鈍感なんですよ。 と、いう場合もございまして、値動きを理解しようとしてもなかなか難しいのですよね。

前者の場合で印象的なのは、バーナンキもうすぐ前々FRB議長になりますが、そのQE2表明の時ですね。
QE2が実施される数か月前から導入をアナウンスしておりまして、これによって当時のドル円は価格革命を起こしてしまいまして、80円前後の値動きになってしまったのですね。
まあ、それで、実際にQE2が実施されたのでもう織り込み済みでこれ以上下がることもないだろうという、とあるアナリストの意見もありまして、私も今までよ~落ちたからそろそろ反発警戒もしておくべきなのだろうな、とか思っていましたが、実際にはそこからも、もう執拗にねちねち下値を伺う値動きを繰り広げたのですね。sell the fact なんてことにはならなかったのです。

あれは、量的緩和は単発では終わらんぞ、目的を達するまでとことんやるぞ、というFRBの強い意志を受けた値動きだったのですね。その先のQE3まで見据えていたわけなのです。

今のドル円が120円を超えられないのは、ここら辺の肩透かし感が多少影響しているとは思うのですね

話は変わって、その鈍感な場合ですね。

相場は適正プライスを求めて動くとは言っても、人の心が動かしているわけですから、慣性がついてしまうのですね。行き過ぎたり、もたつき過ぎたり。

基本的にトレンドの尻尾、は、行き過ぎですからファンダからはズレております。
このズレをもってして予想が当たれば評論家としては優秀な部類ではあると思いますが、実践家としては、タイミングが重要なのですね。尻尾の部分は強いベクトルがついておりますから、ファンダだけで判断してポジとっても意外とやられてしまうことも多いのです。
例えばサブプライムローンの危険性は2chとかですら2006年頃にはちらほらか書かれておりましたし、日本のバブル崩壊も予兆するような投資レポートもあったようです。でも値動きに表れたのは1年以上後ですからね。

ここら辺の難しさを私も一度コチラで書き込みしたことあるのですが、どうも意図がズレて伝わってしまったみたいな反応がありまして、文章を書くのは難しいなと思った次第でありましたね 笑

まあそれは置いておいて、巨大タンカーが方向展開するようなものでしょうかね。慣性がついておるので機敏に転換できないのですね。大きく環境が変わる場合、時としてそういうことがありまして、ズレが生じますが、そういう時には、表題のとおり変化の兆しが現れたりすることもあるのですね。

・・・

なんだかんだ書きましたが、実際にポジション取ってしまえば、あとはもう値動きが絶対なのですね。こんなバカな、そんなはずでは・・・、というのは如何にも死亡フラグ的ですね 笑

そういう場合は、何か自分の思い余らない理屈で相場が動いているということもありますし、大きくフェイントをかけてから、当初の方向へと動くということもありますが、何にせよ含み損を想定以上に膨らませない、と、いうのは、相場をやるうえでの共通の業、なのですよね。

Re: No title

ざわ・・ざわ・・さん、おはようございます。

>私は仮想通貨の優位性が全く分からず

同じく(笑)
わからないから、手を出さない、ってことで、隣の芝って感じて見てましたね~

記事では、隣家の火事と書きましたが、使った意図から用語としては、対岸の火事が正解ですねえ。

記事を修正しておきます。ありがとうございます。

Re: No title

savers19さん、はじめまして。

経験知という言葉は、実ははじめて知りました。

私が使っている意味は、経験から得られた知識ということではないのですね。

経験を積み重ねたことによって得られる目利きや感覚を言っています。

知識であれば、勉強すれば得られるものですが、知識ではなく、経験しないとわからないことを経験値とよんでいます。

Re: No title

タカユキさん、おはようございます。

読み手というのは、常に自分の情報武装によって先入観をどうしても持って読みますから、書き手の意図とは違う読み方をしていしまうことがどうしても起きてしまいます。
なので、そういう誤解が生じないように念入りに書くと記事が長くなってしまうのですね。
言いたいことは、数行でまとめられても、理解してもらうには、多くを語らないと難しいわけです。
特に、本質に関わるようなことはそうなります。
言葉は簡単でも、腑に落とすのは大変難しいことですので。

今回は、珍しく短くまとめられたのですが、そうすると、舌足らずのところがどうしても出てしまう、ってことでしょう。
これからも、記事はできるだけコンパクトにということを意図して書いて行こうと思います。
誤解されるところは、コメントでフォローするってことで。


価格というのは、最終的には価値を反映したものに落ち着くわけですが、その過程では、オーバーシュート(行き過ぎ)やアンダーシュート(出遅れ)が起きることがある、ということだと思います。

そのオーバーやアンダーこそがエッジの源流となる、ってことになりますね。

そうすると、どうしてもファンダメンタルを見ないと始まらない、という理屈なんです。

そういう意味で、仮想通貨というのは、私には何故こんなにも上がるのか、何故下がるのかが、金融相場におけるバブル末期の現象という以外は全くわかりません(笑)

わからないから手を出さない、って理屈ですね。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

今夜はスーパー・ブルー・ブラッドムーンです。実際に見てみたらネットの解説の通りの時間にピタッと皆既月食が起こりました。もうすぐ終わります。こちらの変化は予測通りに起こりました(^^)。しかし、相場はこうはいきませんね。。。

休日にもう一度読み直しました

2/2、NYダウが665.75ドルの大きな下落となりました。日足チャートを見てみると下げ転換したのかと思ってしまいます。環境が変わるのでしょうか。

Re: 休日にもう一度読み直しました

幕田硝子さん、こんばんは。

まあ、それがわかれば相場で苦労しないわけで。。

全ては可能性ですので、小さな亀裂を見逃さないことですね。

こんばんは

あらなみさん、こんばんは。
コインチェックの事件は驚きました。顧客が急に増えたのでトラブルが起きるかと思い別の業者にしたので被害はありませんでしたが、まさか杜撰な管理をしていたとは思いませんでした。規制が少ないということは業者そのもののリスクも大きいということなのですね。

Re: こんばんは

こんさん、こんにちは。

私が驚いたのは、コインチェックが損失を補填する、ということです。

仮想通貨の取引上というのは、ポジを持ってマーケットメイクもしているのですね。
全然知りませんでした。
日経によると、この会社は、昨年12月に1ヶ月で300億円儲けていたとか。
これは、昔証券会社が外貨建てワラントで大儲けとか、FX黎明期にFX会社が大儲け、
とか、そういうことで、黎明期のどさくさ紛れの儲けっていうのは凄いものだ、
と改めて思いました。

おはようございます

あらなみさん、おはようございます。
仮想通貨はまさに何でもありという状況です。年末のバブルは全く乗れなかった下手くそですが、ブロックチェーンについて興味が出来たので新しい知識や考えを知るのは面白いです。投資としては仮想通貨の将来がどうなるかは分からないので慎重にしていくつもりです。

Re: おはようございます

こんさん、おはようございます。

私も仮想通貨については勉強不足で手が出ません。
そのうち勉強してとも思いますが、わかるまで仮想通貨が投資して意味のある状態で残ってくれてるかどうか(笑)

おはようございます

おはようございます、あらなみさん。
仮想通貨が投資先として存在できるかも未定のような状態ですね。それぞれの仮想通貨ごとにコミュニティがあるのも入りにくいです。自分はITに詳しくないので別の方向から楽しむことにしました。
ブロックチェーンの未来は明るくても仮想通貨がこのまま存続するのか何が生き残るのかも絶対といえるものは無いような少ないような気がします。
自分の考えでは生き残る仮想通貨は数種類はあるとTwitterなどで記事などを読む限りは思います。情報は英文のほうが早いです。日本語になるまでに半日から一日は遅れます。為替のように仮想通貨も中央銀行などをみています。投資先としては短期から電子マネーの代わりまで目的が様々なので人によって参加の仕方が違うようです。
自分は電子マネーとして使いたかったので去年の終わりは呆然と見ているだけでした。少し後悔です。
問題点としては業者の選び方と思います。取引所と販売所の違い、購入した仮想通貨は業者口座に保管か自分の手持ちのハードウォレットに保管するかと選択に困るのも悩むところです。ただ世界中どこにいても取り出せるのがSFみたいで面白いです。

Re: おはようございます

こんさん、おはようございます。

そもそもから考えてみると、仮想通貨というのは、希少価値だとか、安定性だとかを評価されるものなんじゃないのかな~、と思っています。

そう考えると、金だとか美術品とかのように、リアル通貨が不安定になったインフレ時などに、資金の逃避先として消極的に買われるリスクオフ商品だと思うのですね。

それが、今は、投機対象となっているので、株式以上のリスクオン商品になっているのが現状です。

現状は、バンジージャンプで飛び降りた直後の状態なんで、未だに激しく上下を繰り返していますが、今後は、再び投機対象となるのではなく、いずれ本来の役割に落ち着くんじゃないかと思います。

そうなれば、買って儲けるという投機対象ではなく、価値の保全という役割を担ってくれる金のような存在になるのかなあ、と思います。

まあ、金融バブル末期には、投機ブームというものが毎回起きるので、たまたまその投機対象となったってことだとは思うのです。

投機対象は、みんなで祀り上げることさえできれば何でもいいんですね。チューリップの球根であっても何でも、東京の土地であっても、ネット株であっても、希少価値さえあれば、何でもいいんです。

こういう理解なので、今の仮想通貨の動きを仮想通貨独自の仕組みとか構造から理解しようとすることは意味が無いんじゃないか、と思っています。

おっしゃるように、いずれ通貨に変わる交換価値として安定したものになるのか、それとも誰も見向きもしなくなるのか、どちらかだと思っています。

実は、こうやって一度大きな土がつくと、再び投機対象となることは、過去の事例からしてほとんどといってありません。

チューリップの球根、昭和最後の日本の土地、ネットバブル時の光通信、ライブドアなどなど、当時の輝きを再び取り戻した事例は無いのです。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。