FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の反省を忘れる

2018/04/01 Sun

■環境認識

2017-01-869.jpg

いつもの環境認識です。
日経平均は、2月につけた安値を割ってしまいました。
そして今週はリバウンドになっています。
S&P500も下げた後に戻りとなっていますが、日経よりも弱い感じです。
この差は、ドル円のやや強い戻りの影響が出たのかもしれません。
2月からの下げの特徴は、NYよりも225の方が弱いという状態が続いていたので、ここ数日の戻りの強さは変化が起きているということになります。
米長期金利は、やや落ち着きつつあります。
これは、FOMCでの利上げ決定で、材料出尽くし感が出たことも目先影響しています。
今回の下げの震源になったのは、米長期金利なので、この変化にも注目でしょう。
何にしても、今回の下げは、米長期金利から、NY株、そこからの225という流れになっているので、引き続きFRBの動向と米長期金利に注目です。

さて、いつもの考察ですが、再び今は、上げ相場の押し目なのか、下げトレンドに入ったのか、ここが知りたところです。
客観的にチャートを見て、上昇トレンド継続というのには、無理があるチャートになってきています。
NYは、まだ2月の安値を割っていないのですが、もし安値を割るようなら、NYも下げトレンドが確定ということになります。



■過去の反省を忘れる

1月中に、もっと上がりそうだから買いという相場観を持っていてやられた、という人はかなりいると思います。

次に、2月上旬になって、大きく下げて、戻りかけたところで、安値を打ったから、買いだという相場観を持って買って、再び下げてきてやられた、という人も結構います。

そして、3月上旬に安値をつけて、また戻ってきたところで、買いだ、という相場観で買ってまたやられる。

そして、今・・・再び戻り歩調にあるわけです。


こうやって、何度も何度も相場観で失敗し、損切りもしくは塩漬けを余儀なくされている人の多くが、再び戻ってきたら、また

買いだ~!!

とやる。

これまで負け続けているという 強い実績 を完全に無視して、再び自分の相場観を信じて突撃するのです。

投資家というのは、かくも反省を忘れた人たちで構成されているのだ、とつくづく感じます。

過去の検証をするのなら、チャートなどではなく、まずは、自分の相場観の当たり外れを検証されることを強く強くお勧めします。



そもそも、何故こうなってしまうのか、というと、ここ数年間の上げ相場での成功体験が、がっつりと潜在意識に刻み込まれてしまって、下げても買い、上げても買い、の感覚が習慣的に身についてしまっているんです。

しかし、相場の環境は、一夜にして急変します。

相場は、真夏の翌日に真冬になる、というのが当たり前の世界です。

春が来て、徐々に暖かくなる、というようなぬるい変化ではありません。

なので、心は、環境変化に全くついて行けずに、一つ覚えの戻りでの買いを繰り返しては、爆死する、を本能的にやってしまう、ということになります。

上げ相場においては、下げからの戻りというのは、押し目からの上昇ということになります。
しかし、同じポイントでも、下げ相場においては、戻り天井を掴む、ってことになってしまうのです。

こういうことを繰り返せば、せっかく上げ相場で稼いだ利益の大半を吐き出すことになります。

仮に損切りがきちんとできていたら、下げの初動で負けたとしても、上げ相場の利益の大半は残せているはずです。
そうであれば、これは一連の相場で儲けられたということなのだから、大成功です。

ところが、その後、何もしなければいいのに、いちびって安値を買ってやろうと、手を出してはやられ、手を出してはやられを繰り返すから、上げ相場で得た利益の大半を失う結果になるのです。

これが、損切りができるようになった人が陥る相場の罠です。

下げたら、習慣から買いたくなる。

これは、

禁断症状

です。

環境が激変するのに、その変化に感覚は全くついて行けていないのです。


強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化する者が生き残るのだ。(ダーウィン)


環境は激しく変化するのだから、経験による学習で習慣になってしまった感覚ではまずいと早く気がついて、禁断症状を克服できるかどうか、これが変化対応能力です。

誰だって禁断症状は出ます。

そもそも、人は、変化に弱いのです。生き物とはそういうものなんです。

そういう弱さを如何に克服し、抑え込むか、そして、早く下げ相場に慣れるか、がポイントです。

ところが、この変化対応が実に遅い人が大半なんです。

相場サイクルによっては、
上げ相場に慣れたころにちょうど下げ相場になって爆死。
下げ相場に慣れて、売りが身についてきたところで、上げ相場に変化して、また爆死。
こういう笑い話のような状態に陥る人が多いんです。

リーマンショック時にあるトレーダーが、下げに慣れてしまって、売ったら儲かるということで、売って売ってをやっていたら、相場が変化して、気がついたら、上げ相場を売り続けてしまって、せっかくの利益を吐き出したばかりか、トータルで損失を出してしまいました。
せっかくのリーマンショックという絶好の売り環境で、売って負けたのです。

感覚の遅れというのは、そんなものなんです。

やられたままに放置プレイをして塩漬けにしている人は論外ですが、せっかく損切りして、ポジションをなくしたのに、再び底だと思って買ってはやられ、買ってはやられで、気がついたら、上げ相場の利益の大半を吐き出す。

そんなナンセンスなことは、そろそろ卒業すべきです。

どう見ても、相場の流れが淀んでいますし、環境認識的には下げ相場に入ってきています。

こういう時には、もっと泰然と構えて、相場の趨勢を見て、トレンドの変化が見えてくるまでは、

休むも相場

という史上最強の相場戦略を実行すればいいと思います。

今のような波乱相場で、こちょこちょやったところで、取れても知れていますし、取ったり取られたりの中で、再びドカンが来ればあっという間に爆死なんです。

まさに、ハイリスクローリターンの典型です。

まだ、上げの利益が残っていると油断していたら、気がついたら利益の大半が消えてしまった、ということが起きます。

こういう時に無理する必要などどこにも無いと思いませんか。

ノーポジで、勉強したり、資料整理をしたり、そういう時間の使い方をすればいいと思います。

または、旅行に行ったり、好きなことを過ごせばいいんです。



相場で勝っている人を見ると、世間では「どうせどこかで大損するに決まってる。」という評価が普通です。
そして、大半は、その世間の期待を裏切ることなく、きちんとどこかで爆死します。

その世間の期待を裏切ってみませんか。


そのためには、人の本性に逆らい、禁断症状を克服するという難題を克服せねばならないため、勝つための今回書いたような考え方を身につける必要があります。

勝っている人だけが持っている特殊な考え方になります。

小手先のテクニックでは、爆死を克服することは不可能です。



相場は、いつでもやっているのだから、相場が逃げることはありません。

不得意な相場環境だと感じたら、休めばいいだけのことです。

無理して、底を拾う必要などどこにもありません。

そして、誰でもが勝てる簡単な相場がやってきた時に、また買えばいいんです。

海の家は、夏に営業する。冬になったら休む。実に簡単なことです。

相場で勝つというのは、そういうメリハリの繰り返しです。

そうすれば、誰だって、どんな方法でも勝てるんです。

その場合、やり方なんてどうでもいい、ってことです。

難しいテクニカル分析や、数式なんていりません。

相場は、そもそも上げか下げが保ち合いか、しか無いのに、それをデフォルメした数式が魔法の答えになるはずなど無いんです。

ファンダメンタルだって、金利動向とか、大きなものだけで十分です。

要は、習慣的に、コンスタントにやろうとするから失敗するんです。

そうではなく、メリハリこそ秘訣なんです。

そして、勝ってノリノリだからやるのは自己都合。自己都合では相場は勝てません。




もし、今の流れが変わって、上げに戻ったら、また買えばいいだけです。


何をそんなに焦る必要があるのでしょう。

そんなに急がないでも、相場は逃げません。


トレーダーというのは、やり方が間違ったからやられるのではなく、休まないからやられるんです。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

休むも相場 は本当に重要ですよね。
資金管理の一部として欠かせないアクションだと思います。
誰が残した言葉なのか、知りませんでしたがあらなみさんご存知でしょうか。

地合が良い時は愚行を犯しても助かってしまったりしてしまうでしょうし
休憩の重要性に着目することがなかなか難しいのでしょうね。
そうでなくても人間は自分の外に物事の原因を求める傾向が強いですし。

あらなみさん、いつもありがとうございますm(__)m

あらなみさん、感謝です!!

年を重ねると、本当に心配したうえでのことを
言葉でいただく機会が、
だんだんと減ってくる気がします。

このようなお心遣いをしていただけるのは、
とてもありがたく、お礼の言葉もありません。

やっと損切
(と言ってもまだ一部残ってしまっています)
の決心をすることができました。
ダメな私***

こんなことを伺うのは、大変おこがましいのですが、
あらなみさんの、この究極のボランティアともいうような、
こちらのブログを綴られる原動力は、何でしょうか。

あまりに貴重な存在だと思い、
ぶしつけながら質問をさせていただきました。

Re: No title

次郎さん、こんにちは。

誰が残した言葉なんでしょうねえ。名言です。

売るべし 買うべし 休むべし

っていう格言もありますね。

Re: あらなみさん、いつもありがとうございますm(__)m

日雀さん、こんにちは。

このブログは、回りの色んな人とやり取りしたり、
自分の経験から感じたことをメモっているものがほとんどです。

今回の記事は、週末に会った投資家の友人との話がベースになっています。
言われた方は、大変耳の痛い話だと思いますが、利益を残すということにおいて、
今回の記事の話は本当に重要な相場の取り組み方、考え方なんです。

記事では、自分自身で感じていることや、人と話をしていてわかったこと、
ご質問のあったこと、コメントをヒントにしたこと、など色々あります。

なので「教えてやる」という大上段なものではなく、自分の勉強のために書いている事が多いです。
こうやって記事を書くことで、考えをまとめている、ということでもあるのです。
ブログで人に読んでもらえるレベルを意識しないと、ここまできちんとは、
書けませんよね。めんどくさくて。

また、こうやって書くことで日雀さんのように「役に立ったよ~!!」と評価してもらえると、
やはり嬉しいものなんですね。
人に何かをプレゼントして、喜んでもらえると嬉しいじゃないですか。それと同じですね。

ここだけの話ですが、こうやって書いていることは、自分の失敗談ということも結構多くて 汗

わかっちゃいるけどやめられない~、ということでもありますね (笑)

No title

私のコメントも大分、大上段構えですので、自分のコメントを自分で読み返してみると結構気恥ずかしいですね。まあ、読んでる方はお見逃しください 笑

・・・

記事の中にありましたが、

>>人の本性に逆らい、禁断症状を克服するという難題を克服せねばならないため、勝つための今回書いたような考え方を身につける必要があります。

禁断症状とは決して大げさな言葉ではなく、本当にそういうことなのですね。

自分がやりたい、駆り立てられてしまっている。

のであるのか?

相場に可能性があるからやる。

のであるのか?

そこをよくよく考えてみなければいけないですね。

懐の深い方

あらなみさん、ご返信ありがとうございます。
偶然のご縁、とてもうれしく、涙が出そう。。。

あらなみさんは、私にとって、いわば、ロールモデルなんです!(勝手にすみません)

今後とも、ご教授のほど、よろしくお願い申し上げます!!

No title

なぜ休まないのか、なぜ投入資金を抑えて様子を見ないのか、なぜ今この瞬間に全力で張ってしまうのか。

人は、時間的な面からも、資金的な面からも、無限に対して有限で挑んでいる。
大半の人にとっては相場など「本当の人生を生きるため」の手段に過ぎない訳です。

たしかに相場は逃げない。相場は何百年も前からあるし、百年経っても人類が滅亡しない限りあり続ける。
でも人生は今この瞬間しかない、自分の人生は後何十年ある?、こんな理不尽で苦しい状況をなぜ堪え忍ばなければいけないのか、ましてや身体が動き、頭がまともでいられる時間などどれだけあることか・・・
そういう実存の渇望が「己の都合」を優先させるんですよ。

意識で幾ら抑え込んでも駄目、どんな決めごとをつくっても駄目。実存の渇望の前に決めごとなど何ら無意味。相場はそのような己の都合から生まれる渇望を叶える場所ではないことを嫌という程失敗して身体で思い知って実存の側を改めるしかない。そうなった後に、初めてやり方などは機能するんですよ。

Re: No title

タカユキさん、おはようございます。

この休むってことは、はなはだ難しいのですね。

相場が始まると、勢子に追い立てられるように参加したくなる。

投資家の本能なんですねえ。

Re: 懐の深い方

日雀さん、おはようございます。

こうやって喜んでもらえるのが嬉しくて書いています。

そして、ブログを通じたご縁も大事だと思っています。

投資家って、実は孤独なんですね。

実は、私は孤独に弱いんですよ 汗

これもブログを書いている大きな理由です。

死して屍拾う者なし


でも、こういうご縁を持った仲間同士励ましあって、

進んで行ければ、相場の大海を航海する楽しみが

何倍にもなりますよね!!

Re: No title

砂人さん、おはようございます。

確かに 相場は自己実現の場所ではない のに、それを求めてしまうところがありますね。

それと同時に、やはり、休む=さぼる、という感覚が強いのだと思います。

休んだら、有給ではなく、無給だし(笑)

通常、相場以外のお仕事というのは、働く時間を増やせば、給料も増える、という比例の関係にあります。

なので、

相場を休む = さぼる、損をする

というイメージがどうしてもついてしまうのだと思ってしまうのですね。

休んで資金を遊ばせておくことは、もったいない。


そう感じてしまうのです。

特に、それまで儲かっていれば、

やれば儲かる

という気持ちが前に出ていますから、もうやりたくてやりたくて仕方がない。

なので、相場のコンディションや環境など気にせずに突撃してしまうのです。

特に、専業だと、生活費のプレッシャーが大きいので、どうしても、やらないと、稼がないと、と、

どげんとせんといかん!!

という毎日のプレッシャーから、ついつい手を出してしまうのです。

でも、それらは、全部自己都合のこと。相場の環境という相手都合とは全く関係ありません。

そういう心と現実の環境とがミスマッチするから、爆死、吐き出し、ということが起きてしまうのだ、ってことなんですね。

だからこそ、まずは 客観的な環境認識 からスタートする必要があるのです。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。