FC2ブログ

資金を遊ばすという誤解

2018/05/27 Sun

昨日、友人と食事をした時の話です。

彼は、私の相場観の影響もあって、今年に入ってから積極投資を控えているのですが、その彼からこういう話がありました。

「資金を遊ばせておくのはもったいない。何かやらないと無駄だ。」




これは、多くの投資家が持っているマインドだと思いますので、これに対して私が話したことを書いておこうと思います。


投資家が持っている考え方というのは、多くの場合、同じようなものがあって、この

資金を遊ばせておくことは無駄である

というのも、その共通したマインドの一つです。

なので、

いついかなる時であっても、何かに投資し、運用していないといけない

資金を運用もせずに遊ばせていることは無駄である、いや、怠慢である


という妙に追い詰められた気持ちを持っていて、常に

どげんかせんといかん!!

と感じてしまうのです。

だから、何ヶ月も現金でスタンバイすることには耐えられない、となってしまいがちです。

遊んでいてはいけない、という真面目な日本人の勤勉さが出ている、とも言えます。


ましてや、これが専業ともなると、日々の支出をどげんかせんといかん、という気持ちに
間違いなくなります。

ここが大きな落とし穴なんです。



そもそも、投資による利益とは、どこから来るものか、というと、

相場が勝たせてくれる

のです。

決して、自分で勝ったものではありません。

私はこう考えます。

なので、利益が出たときには、相場がいい動きをしてくれたから勝てたと、
相場に感謝するのです。

トレンドフォローなら、相場にいいトレンドが出たから勝てたのであって、
トレンドが出なければ、絶対に勝てません。


すごいトレンドフォロー戦略を持っていて、相場にトレンドが出なくても、
勝てるのだ、ということなど絶対に無いのです。

どんなにすごいトレンドフォロー戦略をもってしても、相場が持ち合いに
終始するのなら、絶対に勝てないのです。

当たり前のことです。

すごいやり方で勝てた、というのではなく、相場がやり方に合った動きをしたから
勝てたのです。

主語は、全部 相場 なんです。自分ではありません。


一方で、損失は自分の責任です。
特に、不必要に大きな損失を出したのは、100%途中で切らなかった自分の責任です。

相場は、相場の行きたいように行くだけなので、自分のポジとは何の
関係もありません。


このように、

相場が勝たせてくれる

ので、もし、

相場が勝たせてくれない時期

だったらどうするのか、といえば、

何もしない

ということになるだけです。

これは、相場が勝たせてくれるという理解だから、当然の帰結となります。

それを、今月の生活費を出さないといけないであるとか、
遊びに行くお金が欲しい、だとか、先月負けたから、であるとか、
お金が現金で遊んでいる、とか、寝かすのはもったいない、とか、
負けを取り戻そうとか、
そういう理由でトレードをしたら絶対にダメです。
ほとんどの場合、負けに終わります。

何故なら、それらは全部自己都合だからです。

そんなこと、相場には、何の関係も無いんです。



こういう話をしていると、友人は、

「では、あとどのぐらい待てばいいんだろう。秋までなのか、年内いっぱいなのか。
2年後には考えないといけないのか、きちんと目処を持って計画しておいた方がいいと思う。」


このように言いました。

これも考えがちなことだと思います。

資金を寝かす期間は、期限を切って、きちんとルール化しておいたほうがよい、
という考え方で、一見すると、論理的できちんと規律を作ろうとしているように見えます。



しかしながら、これこそが、

自己都合

なんです。

何故なら、

相場は、あなたの資金がどれだけ寝てようがどうしようが関係ないんです。

相場は相場に聞け

とは、よく言ったもので、

投資すべき時期というのは、明日来るかもしれないし、半年後かもしれない、

もしかしたら、3年間待たないといけないかもしれない。


この

いつ再開すべきか、というのは、すべて相場の都合で決めることです。

あんたが休もうがどうしようが俺の知ったことか!!

というのが相場の言い分です。



このように、投資家が勘違いしている最大のものとは、

利益を、自分の都合で取ろうとする

ことなんです。

だから、ものすごく手法にこだわったり、色んな自己都合を振り回して、
自分ペースで投資をしてしまいます。

ボーナスが入ったから、それで投資を始める

定年で退職金が入ったから投資をする

負けたから取り戻さないといけない

勝ったから、もっとガンガン行く


とか全部自己都合の典型でしょう。

あんたが定年でお金を持ったからって、そんなこと知らねえよ!!

って話ですよ。相場から見れば。


なお、今、その方がお休みしているというのは、相場がいい悪いというのではなく、

今は、相場の環境が、買いの好きなその人に合っていない


というのが理由です。

そもそも、相場の動きに、いい悪いという概念はありません。
その人が取れる動きが出るかどうか、ということになります。



環境認識が重要であるとか、休むも相場、という言葉はみんな理解
しているはずです。

しかし、実際に、現金を持って待つ、ということになると、

資金を遊ばせておくのは無駄だ

という認識になってしまうのです。

環境認識とは、相場の都合をお伺いすることです。

そして、相場の都合が自分と合っていないと感じるのなら、

やらない、何もしない

ということが最良の選択なんです。




林先生の本のどこかに次のように書かれていたのを時々思い出します。

「小器用にやろうとしてはいけない。器用に立ち回ろうとして、
結局、失敗してしまう人が多いのだ。」


やらないとなれば、

どんと構えて、腰を据える

こちょこちょしない、ことなんだと思います。

勝てない人というのは、とかく、こちょこちょこちょこちょ手を出して、
いらんことを続けて、しょうもない損失を繰り返すものです。




待つ

ということの重要性はよく言われており、耳にすることも多いと思います。

しかし、実際の現場で待つということは、突き詰めれば、

何もせずに現金を持っている、ただ寝ている

ってことなんですね。

働き者の日本人のマインドからすると、これは耐えられないことなのかもしれません。

平日に、公園でブラブラと散歩している罪悪感のようなものかもしれません。

ただ、投資の現場で、これを無駄だと感じるのなら、

結果として、環境認識もへったくれもなく、いついかなる時にでも、ポジションを持ち続ける


ということになってしまうのです。


待機して待つ、ということは、個人投資家最大の武器である

常に運用しなくてはいけない機関投資家には真似ができないんです。


資金を遊ばせておくのは無駄だというのは、

消防隊員が、火事が起きていないのに、消防署に出勤するのは無駄だ

と言っているのと同じなんです。


私は、待てない、ということこそ、相場で負ける大きな原因の一つだと思っています。



最後に、私が心の師匠としているジェシー・リバモアの名言を書いておきます。


ただの愚か者は、いつでもどんな時でも誤った行動をとる。しかし、いわゆるウォール街の愚か者の場合、常に相場に参加していなければならないという脅迫感念から過ちを犯すのだ。毎日売ったり買ったりすることの正当性を説明することは誰にもできないし、そもそもそんなやり方には知性の片鱗もないと言える。

良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。


知性の片鱗もない投資はしないでおきましょう(笑)

やり方ではなく、待つことが秘訣である、ってことです。
今は、絶好の時 ですか。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

座布団二枚

お久しぶりです。

>資金を遊ばせておくのは無駄だというのは、

>消防隊員が、火事が起きていないのに、消防署に出勤するのは無駄だ

>と言っているのと同じなんです。

いやあ、うまいこと言いますね。これだけで十分で引用はいらないんじゃないでしょうか?

わたしは株歴は20年ほどですけど、そのうち10年はノーポジですね。今も数年ノーポジ。休むとか遊ばすというのじゃなくて、ノーポジがオリジナルポジションですね。チャンスがあれば出て行く。でもぼけっとしててはチャンスに動けない。消防隊員の例え、素晴らしいです。

Re: 座布団二枚

ハルトモさん、お久しぶりです。

座布団二枚、ありがとうございます!!

>ノーポジがオリジナルポジション


これもけだし名言ですよ。


消防署員というのは、普段は、ぼけっとしているのではなく、
常に訓練とスクランブルへの備えを怠らない、わけです。
でないと、いざ鎌倉では動けない。

普段、くだらんことをこちょこちょやっていたのでは、
いざ鎌倉でも、その延長線でお茶を濁す (ありがち)笑


消防車が、火事でも無いのに、サイレンを鳴らして走り回っている

っている逆パターンもありますね 笑

待つ

 いつも貴重な記事ありがとうございます。
 今回副題を付けるとすれば待つ。でしょうか
 あまり知られていない作品だと思いますが太宰修の作品に待つ。という3ページ程の短編があります。解説者のあとがきがまたすばらしく、人生の本質を凝縮した作品で・・・といった内容だったかと思いますがそれを思い出しました。
 ただあしたのジョーもクロスカウンターで待てなかった訳だし、平均的な人間の本質は時は今を待つのが苦手なんじゃーないでしょうか。
 ところで消防員の方は走ったりしてその時に備えている訳ですが、長めの時間軸で時を待つ間に短期の相場に係るのかひたすら待つのかその辺についてアドバイスがあればよろしくお願いします。
 
 

No title

>>利益を、自分の都合で取ろうとする

ここがもう本当に、ホント~~~、に、多くの投資家の抱えている問題なのだと思います。

ここが如何に腑に落ちるか、ですね。

相場が勝たせてくれる・・・

理屈は子供でも分かる理屈なのでしょうけれども、投資の世界の渦にどっぷり巻き込まれた大の大人達は、そんな簡単な真実さえ見失ってしまうのですね。私も気をつけたい処です。


>>普段、くだらんことをこちょこちょやっていたのでは、
いざ鎌倉でも、その延長線でお茶を濁す (ありがち)笑

割り込みコメで失礼しますが、まあ、反省するところではあります 笑

ホント~、に、これも、ありがち、です 

こちょこちょ感覚に馴染んで、染みついてしまうのですね。

まあ、いつかは反省を活かす機会が来てほしいところです。

No title

>最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていること

この絶好の時というのはその人それぞれですから、己を知るということにつながりますよね。

全部あらなみさんが言っていること、それも繰り返し、に帰着しますね。

難しいですね

おっしゃる通りだと思います。

問題は、『いつ・どのタイミングで仕掛けるべきか?』ということが分かっているかどうか、ということに帰結されるかとも

相場に自分を合わせる。
合わせ方が分かっていれば、わからない時の参加=無用なリスクは取らないことが賢明なことは誰でも分かるとも思います。

でも、朧げながらでも分かるようになるまでは損失が膨らむ一方でした。
右も左も分からないで市場に乗り込むんだから、損して当たり前といえば当たり前ですよね

Re: 待つ

銀次郎さん、こんにちは。

待つというのは、わかっていても、資金を遊ばすとか、
何もしない、というと無駄に思えるわけなんですね。

長期で待つ間に、短期で仕掛けるかどうか、ですが、
これは、それぞれ次第だと思います。

長期の人が、やることがないからといって、短期で
仕掛けては、負ける可能性は高いでしょう。
つまり、これは自己都合。

短期の人が、長期もやるけど、今はお休みというの
だったら、普段の短期をやればよいというわけです。

自分の庭を守る、ということは、大事なことです。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

自己都合取引というのは、あらゆる局面で顔を出すものです。

ちょっと気が緩むとすぐに出てきて、損失の元となりますね。

あと、メリハリも結構難しい。
心が、習慣的惰性トレードを求めているからです。

Re: No title

ハルトモさん、こんにちは。

そういうことですね。
自分にとって、出来ることと出来ないことがあるので、
背伸びをして爆死、ということが多いです。

カリスマの真似をして大損失、というのがこの典型でしょう 笑

Re: 難しいですね

タグさん、こんにちは。

環境に対して、自分なりにどこが得意なのかが
見えているか、見えていないか、ってことなん
ですね。

自分にとって今はフォローなのか、アゲンスト
なのか、どっちでもないのか。

海の家のオーナーは、夏が得意ですし、
スキー場のペンションオーナーだったら冬が得意。
そんなに難しくないものですが、この季節を見るという
ことを意識しない人が結構多いのですね。

だから、冬に海の家を開いてしまうようなことを
してしまうわけです。

すみません本文の肝と無関係ですが

次回次々回も登場するだろうと思いまして…

どげん「か」せんといかん

です。

Re: すみません本文の肝と無関係ですが

九州男さん、こんにちは。

私の思い込みですね。次から修正しますね。

No title

リバモアの言葉はいいですね。

いつも参考になる記事ありがとうございます。

Re: No title

翁小僧さん、こんにちは。

リバモアいいですよね。
私は、リバモア本を何度読んだかわかりませんが、
それでもまた読むと新たな発見がありますね。

あらなみさんの客殺しの記事を読んで、自分が全ての資金を失った理由が分かりました。信用二階建てをしていて正に満玉を張っていたのです。それでも株はやめられず今はカードローンでトレードを続けています。しかし、流石にきちっと勉強を始め、幸運にも林輝太郎氏やあらなみさんを知りました。それからは片玉三分の一、ツナギ三分の一を心掛けてています。借金した資金でのトレードですが心理的にとっても楽です。資金に余裕を持たせる(見方によっては遊ばせる)事が必要なことにとても納得します。

Re: タイトルなし

幕田硝子さん、こんばんは。

そういうことですね。
業者が客に向かって資金を巻き上げる方法は、客が外すという
ことではなく、満玉を張らせることによって、100%負ける
ことがわかっているので、これをやらせるわけですね。
これによって、何回勝ったとしても、一敗すれば全財産が
没収ですからね。

今回の記事からズレたコメントでしたが、満玉を張っていない、イコール、資金を遊ばせていると考えていた時期があったのでご容赦ください。

“やらない”というのも技術だと思います。しかも、とても高度です。(受け売りですが肝に銘じたいです)

あらなみさんのブログは中級機以上向けってかんじてすねえ。

待つことが大事だと気づく事はもうすでに上級者という事なのかな。

「最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。」
とありますが、勝てない人は絶好の機会がいつなのかそれすらわからない。
または今が絶好の機会だと特攻してみんな死んでいきます。

初心者はさらに、経験の蓄積がないから休んでる間に全てを忘れます。

いざという時になにをすればいいんだってという状態。

初心者のうちはたくさん無駄弾を撃って痛い目にあって、そしてだんだん効率的なやり方を身につけていくしかないとおもいます。

血を流さないと勝てるようにはならないですね、

そういえば元村上ファンドの村上さんがよく、会社に余剰資金があるのは良くない、ドンドン投資しろと迫ってましたが、投資する目的もない、投資する時期でもないのちに最初に投資ありきとはどうなのかなと思いましたね。この人投資以外の実業やったことあるのかなと。

話が脱線してすいませんでした。今回のブログの内容で思い出したので。

Re: タイトルなし

納豆さん、こんばんは。

私のブログは、ある程度の経験がなければ、読んでもわからない
だろうと思います。
色々と試行錯誤して、どうしていいのかわからなくなった、という
人がたどり着いてくれれば、道筋が書いてある、という感じなん
だろうと思っています。

待つ、と言われても、一体何を待つのかがわからない、という人も
おられると思います。

一番簡単な見分け方は、みんなが儲かっている時期、ですね。
新興株さえ買っておけば、誰だって儲かる、という時期がある
のです。
そういう「誰でもが買いさえすれば儲かる時期」をただ待つ、
ということができれば、売り買いのタイミングがどんなにヘタッピー
だとしても、相場で負けることはありませんね。

しかも、そういう時期がいつかは、毎日相場を見ていれば、
絶対にわかります。
ツイッターで、みんなが儲かった、儲かったと言っている
時期です(笑)

いつでも儲けなくてはならない、資金を遊ばせてはいけない、
という強迫観念を多くの投資家は持っていますが、その
多くの人が負けている大きな理由がこれだということに
早く気がつくべきなんです。

Re: タイトルなし

納豆さん、追伸です。

上手い投資家というのは、難しい相場で難しく取る人ではなく、
誰でもが簡単に取れる時期に簡単に取る人を言うのです。
それはすなわち、難しい時期には、手を出さない、ということになる
わけなんです。

戦いの秘訣とは、次の孫子の言葉とおりです。

善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり


「誰にでもそれとわかるような勝ちかたは、最善の勝利ではない。また、世間に もてはやされるような勝ち方も、最善の勝利とはいいがたい。例えば、毛を一本 持ち上げたからといって、誰も力持ちとはいわない。太陽や月が見えるからといっ て、誰も目がきくとはいわない。雷鳴が聞こえたからといって、誰も耳がさとい とはいわない。そういうことは、普通の人なら、無理なく自然にできるからであ る。それと同じように、むかしの戦上手は、無理なく自然に勝った。だから、勝っても、その知謀は人目につかず、その勇敢さは、人から賞賛されることがない。」

No title

本当に欲の管理、惰性の管理はいつもいつも考えさせらます。
トレードを面白くなく淡々とやる。ごく普通に。単純に、簡単に、感情をはさまず、何事もないようにやる。あるいは、やらない。嬉しくもなく、落ち込みもせず。

まだまだそうなれていない>自分。
相変わらずおもしろい記事をありがとうございます。

No title

環境認識的に言えば来週は重要イベントが目白押しで、金融政策的な流れの話で言えば米欧日の中央銀行の会合がありますし、政治的な流れの話では米朝会談もありますし、相場の流れが変わったり、アクションが出る可能性もありますね。

こういったイベントが相場の流れを変化させることは私の経験でも多々ありまして、最近の例で言えばトランプ大統領のサプライズ当選ですね。

もっと極端な例で言えば、イベント、ではありませんが、3.11の地震が起きたときですね。

相場のテンションが一瞬にして変化したのを覚えています。取引画面みりゃ、点滅のピコピコが一気に騒々しくなりましたからね。視覚的にもタダ事ではない、と、わかるわけです。 笑

が・・・、

ヒトの感覚というのは変化に対して弱いのですね。タダ事ではなくなった相場に対して、それまでの通常営業の相場のやり方、感覚を持ち込んでしまうのです。

当時の私は、震災時は、鉄壁のドル円80円をちょこっと割った79.5円くらいでロング入れてしまいましたからね。これは通常時の値ごろ感覚ですね。30分後くらいには76.3円まで一気にぶち破りましたけれども。

惰性的、習慣的売買はいつか怪我する元となりますが、逆に言えば、多くの人が怪我する相場の急激な変化は、いち早く対応できればそれは利益の源泉となります。まあ、なかなか難しいことなのですが。

相場の変化、というものが、待つべきポイント、着目すべきところではあるでしょうね。

No title

今週のイベントを経て、個人的には、来週は、地味に陰線を更新する上海総合に注目したいところです。3000という大きな節が目前ですしね。

なにか相場に変化がでるのかどうか?ですね。

Re: No title

無名のトレーダーさん、こんにちは。

大きく負ける、大きく勝つというのは、当たり外れではなく、
メンタルが大きく左右しますから、この部分の克服が
道を切り開きます。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

人は習慣の奴隷である


ということもありますから、とにかく変化に弱い。
恒常性維持機能は、肉体的だけでなく、精神的にも
すごいんですね。
個人差も大きくて、頑固で意固地という性質の
人は尚更に変化に激弱い。

ところが、相場は、変化することが過去からずっと続いて
いるわけです。
この人の習性と相場の習性の矛盾こそが、相場を難しく
している要因なんでしょうね。

返信ありがとうございます。

善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり

これは相場で勝つ為に絶対に必要な考え方ですね。

「誰でも勝てる時に勝つ。」

また自分なりに付け加えるならば

「相場を無理に追いかけるのではなく、自分が得意な型になるのを待つ。」

も入りますでしょうか。

まあしかし、待てないで余計な事をしてしまうんですよねえ。

自分の型が少ないうちは特に。

稼ぎたいと焦って相場を追いかけてしまう。

まあそういう時は大概負けますね。

返事めちゃくちゃ遅くなり大変申し訳ありませんでした。
よければまたコメントさせて下さい。






Re: タイトルなし

納豆さん、おはようございます。

納豆さんとのやり取り、大変大事なことで、みんなこれが
できないから負けると言っても過言ではないぐらいのこと
なんです。

>相場を無理に追いかけるのではなく、自分が得意な型になるのを待つ。


そういうことですね。

焦って動くから負ける。

とにかく、

いらんことをしない

徹底していらんことをしないことです。

相場は、いらんことをするから負けるのです。

そしてこれも孫氏ですが、

速き事、風の如く 静かなる事、林の如く 侵略する事、火の如く 動かざる事、山の如し

相場流に解釈すれば、

勝てるとなったら一気に動く、しかし、ほとんどの場合、山のように動かないこと


ですね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR