FC2ブログ

損切り考

2018/07/01 Sun

■運動不足問題

個人の専業投資家になって大きな問題になるのが運動不足です。
周りを見ていても、トレーダーになって体調を壊すという人が結構多いのですが、その主な原因が運動不足です。
個人投資家というのは、究極の職住接近でもありますし、主婦のように家事もしないので、歩くということも無理しなければほとんど歩かないで済ますことができます。
まさにお地蔵さんです。
座ったきりの状態で、何年もいると、体を壊して当然という結果になるのです。
運動を意識しないでいると、究極の運動不足状態となって、個人の専業投資家となって数年も経つと、体のどこかがおかしくなってしまいます。

周りのトレーダーに聞いてみると、ランニングをしたり、スポーツジムに通ったり、それぞれ色んな工夫をしています。
私の場合、何をしているのかというと、踏み台なんです。
例に漏れず、色んな運動を試してみたものの、長続きせず、その中でここ数年ずっと続いているのがこの踏み台なんです。
何故続くのかというと、次の理由からです。

①強い負担ではなく気軽にできる
②コストがほとんどかからない
③テレビを見ながらできるので楽
④外に出ることがなく手軽にできる
⑤あまりしんどくないが、効果は目に見えて出る


踏み台を始めたときは、15分もやると、ハアハア息が上がるし、翌日は筋肉痛になるし、と言うぐらいなので、結構な負荷がかかっていることがわります。
今では、左右5分づつの3セットで30分ほど家にいるときには毎日やっています。
夏になってきたので、結構汗をかきますので、いい運動になっているのだと思いますが、そんなに負担ではありません。
これによって、例えば、駅の階段を走って登るとかしても、息が上がらないので、下半身の筋肉強化だけでなく、心肺機能も向上していることがはっきりと自覚できるのです。

さて、踏み台運動にあたって、必要な設備投資は、私が愛用してやまない次のものだけです。

EGS(イージーエス) エアロビクスステップ 踏み台昇降運動 EG-3086

投資金額2,209円は他のどんな運動よりも安いと思いますが、その効果や続けやすさは群を抜いていると思います。
散歩とかなら、この何倍も時間をかけないと同じ運動量にはならないので、テレビを見ながらの30分は、オススメです。



■損切り考

このブログでご紹介していることは、私が究極の短期売買であるデイトレを主として、損切りによるリスク管理をベースにしながら、勢いに乗っていく、というアプローチを取っていることから、その観点から見たトレードのポイントに集中してしまっています。

しかし、一方で、株を売買するということは、色んなアプローチがあるのです。

この損切りということについてですが、私のような短期売買をベースにすれば、損切りをしっかりしないと、成立しないものとなります。
だからといって、何でもかんでも損切りありきなのか、というとそうではありません。

時々質問があることですが、

「何%になれば損切りすべきでしょうか」

というものです。

これは、全くといってナンセンスな質問と言わざるを得ません。

損切りは、投資にとって必要不可欠なことですが、機械的に決めることのナンセンスさは何故なのか、など考えてみます。



そもそも、損切りとは、どうしてやる必要があるのか、何故損切りありきなのか、ということを考えてみます。

まず、損切りとは、

思惑と反対のことが起きたから切る


という理屈に基づくものです。

思惑が間違っていたと判断できるポイントが損切りのポイント


ということになります。

つまりは、

何故エントリーしたのか、そのエントリーの根拠が間違っていたと認定できるところが損切りポイントとなる

ということです。

これに資金管理上で、ロスカットのまでの距離を逆算して、ロット数が決まる、という計算になるわけです。


この思惑とは何か、というと、これはトレードアプローチに基づく思惑、なんです。

短期売買の場合、何らかの理屈で上がると思ったから買った、しかし、思惑に反して下げてきた。
この下げが目先のブレ以上に下げた、ということは、もう上がると思った想定が間違ったということになるので、そこが損切りポイントとなります。

日足によるトレンドに乗ろうとした場合は、その日足のトレンドが逆に行ってしまった、というポイントが損切りとなります。

レンジによる売買なら、レンジを抜けてトレンドが出てしまったら損切りです。

決して、機械的な%による損切りではないんです。

ファンダメンタルによるアプローチですと、業績が伸びると思っていたら、逆に減益になった、という時点で損切りです。

つまり、単に値幅がいくらとか、資金管理上のことではなく、何故エントリーしたかによって、損切り幅というのは全部違うものとなるのです。

もちろん資金管理は絶対ですから、損切りの値幅との整合性は、ロット管理で計ることになります。



■損切りありきのトレード

さらに損切りを突き詰めて行くと、ある別の考え方にたどり着きます。

それが、

損切りありきのトレード

です。

これは、損切りまでの幅が近いから、勝負してみる、とか、サポート近辺での抵抗が強そうだから、ここは抜けにくいと考えて手前で勝負する(抜けたら切る)とか、エントリーの根拠そのものが損切りにある、というものです。

いい損切りができるポイントが見つかったからトレードする

というものです。

何のこっちゃ??

こういう考え方は、ほとんどの人はしていないと思います。

普通は、上がるか下がるかを期待して、エントリーするものです。

これは当たり前の感覚です。

しかし、ここでは、そうではなく、

どこで損切りするのか、をベースにトレードを組み立てる

どちらかへ行くのかを期待して勝負するのではなく、ここに損切りを置けるのだったら勝負する価値があるというポイントを見つけてエントリーする

いい損切りポイントが見つかったから勝負する

という損切りベースのエントリーをするのです。

ほとんどの投資家の概念には無いトレードの考え方ですが、私はどちらかというとこのアプローチを取ることが多いと思います。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

仮想通貨取引所においてはその逆アプローチの逆をすることになるのです。というのは逆指値がいつ機能するかわからないのですw。ここで逃げらるのだったら勝負する価値があるというポイントを見つけてエントリーするのですw
鍛えられますよ~。一応あるOCOやSTOPを無邪気に信頼してこれまで破産多数。STOP注文=どこで約定しても文句いいません注文でほんとにとんでもないところで約定。相場の急変時には約定と注文欄が一致しないのであせって板叩いても指値扱いだから約定せずスルーと思って連打したらとんでもないロットを持たされる。消した注文が約定していて後から上がって来ていったい何がどういう注文になっているか大混乱で大損
嘘だと思ったらTwitterでワード検索して下さい
腕に覚えのある猛者はぜひ〇ットフライヤーFXへw

No title

〇ットフライヤーの「名誉」のためにいうと、この「酷さ」はフライヤーだけのものではありません
〇UOINEでは指値を入力し発注クリックに手を掛けると指値が成行に変わるバグで億単位の損をした人を見かけました。〇aifは有り過ぎて一つ二つ言うのは野暮ですね検索して下さい。わたしはこの3つしか開いていないので他は知りませんが推して知るべしです
みずほ証券のトラブル?。なんであの「程度」で株の人は騒いでんの、という感じです

はじめまして

いつも、いつも、あらなみさんのブログ 楽しみしております。

勝てるトレーダーになるには 勝っているトレーダーのマネをする事。

手法は マネできなくても
あらなみさんの考え方をマネしたい。

大至急 アマゾンで踏み台買って
明日から実践します。
そして、損切りありきの考え方を
常に考えるようにします。

No title

サッカーW杯、日本-ポーランド戦の日本の時間稼ぎ行為がいろいろ言われておりますが、リスクとリターン、自分と相手の実力と状況、セネガルとコロンビアの実力と状況、様々なファクターを考慮したうでで、自分はどうするのか?という戦略をしっかりと定め、そしてそれをブレることなく貫いたことは評価できるのではないかと思います。

しっかりと戦略を定められなかったが故に、ぶれが生じて現場に迷いが出て、立て続けにやられてしまったという、今回の逆の例が2006年のW杯第一戦の日本-オーストラリア戦だったと思います。

残り時間10何分、1-0でリードの状況でこのまましっかり守って逃げ切れば大事な初戦を取れるという、現場にはそういう空気があったと思います。そこでジーコ監督は攻撃的な小野伸二選手の投入、ここで現場の混乱、選手に迷いが生じたと想像します。1-1になった後も、ドローに持ち込むのか点を取りに行くのか混乱があったかと思います。どうすればいいのだ、何をすればいいのだ??? で、なければ10分で3点も奪われませんよ。

相場も自分が何をしようとしているのか?これがはっきりと分かっていないとどうしようもないと思うのですね。損切ラインがはっきりと見える、というのは、自分がどういう戦略で行こうとしているのかがはっきりと自覚できている、ということです。

無理やり話題のサッカー繋がりにしてしまいましたが、通じるところはあると思うのですね。

つい最近やったことあります

こんばんは。
前の安値で反発するか買い玉を建てました。その安値を割ったので翌日すかさず損切りしました。

No title

あらなみ様
初めまして。2週間ほど前に、あらなみ様のブログを知りまして過去のyahooブログなどから読んでいます。
かなりのボリュームで、まだすべて読み切れていませんが、楽しみつつ勉強しつつ、拝読しております。

さて、こちらのコメント欄でいいものかな?過去の記事にコメントさせていただいても読まれないかな、と思いましてこちらにコメントさせていただきます。

私もいわゆる「当てる方法」ばかりを探していた手法コレクターです(笑)。かれこれ3年ほどになりますが…運よくあらなみ様のブログに出会えまして、手法コレクターから足を洗うことができました。


まだ頭の中が整理しきれていない、ということもありましてコメントもおかしなものかもしれませんが、どうぞご容赦いただけましたら幸いです。

あらなみ様の今のトレードスタイルはデイトレ、環境により場所や銘柄を変える、と認識をさせていただいているのですが…そしてトレードスタイルはダウ理論。
これで合っていますでしょうか?
私は手法コレクターをしている最中に、ダウ理論の勉強DVDを手に入れまして、結局はダウ理論しかないのでは?と思っていたところにあらなみ様のブログを拝見しました。

それまでは移動平均線命でトレードしていまして、それをもとに当てる方法ばかり探していました。
でもなぜかコツコツ損が増えていく…コツコツ利益は増えるが損も同じように増えていく状態で、常にプラスマイナスゼロ状態です。

何とかしなければ!とブログを徘徊していました。
そして、当て方ではなく技術を身につける、あらなみ様の1000本ノックに出会い衝撃を受けました。

それ以後は、デイトレで1000本ノックをやっているところですがなかなか厳しいですね。

いまだに迷走中の状態で、ダウ理論というのも手法になってしまい、当て方ということになってしまうのでしょうか?
どこからが当て方の考えになるのか、なんだかすっきりしていない状態です。

長々とコメントを書いてしまい申し訳ございません。
ずうずうしいお願いですがお手すきの時にでも、何かアドバイスいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Re: No title

そして、さん、こんにちは。

仮想通貨は、売買したことがないのでわかりません。
黎明期の市場というのは、概ね取引環境が整備されておらず、
はちゃめちゃなことが起こりがちです。

ただ、それは悪い面だけではありません。
ハチャメチャであるが故に、値動きが洗練されておらず、
単純な一方通行になったり、簡単なテクニカルが通用したり
するものなんですね。
その両面をどう見るか、です。

Re: はじめまして

匿名さん、はじめまして。

踏み台からスタートなんですね。
真似をするなら、そこまでやる、という心構え
が必要かもしれませんね。

中途半端にいいところ取りというのが、
上手く行かない原因でもあるので。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

サッカーですが、これは私は微妙だと感じました。
勝負事とは言え、エンターテイメント性もあるもの
ですから、どうなのかなあ、と感じたりしました。

ただ、相場においては、

卑怯者上等!!

なんですね。
正々堂々真っ向勝負する必要性など微塵もありません。
相手が強そうなら、コソコソ逃げる勇気。
これを持てるかどうか。
そして、
相手が弱いと見れば、弱い者いじめをする。

とことん卑怯者であれ

ってことかもしれません。

そう考えると、相場では、男気は邪魔にしかなら
ないものかもしれませんね。

と言いつつ、
極道の妻たちの最後のシーンで、勝てるはずがない
巨悪に一人立ち向かう岩下志麻に感情移入したりし
ている私です(笑)

Re: つい最近やったことあります

幕田硝子さん、こんにちは。

損切り上等

ですね。

Re: No title

ありんこさん、はじめまして。

まず、みんな手法コレクター出身ですから、気にしない
ことです。
手法コレクターを続けている限り、なかなか勝てるようには
ならない。

手法以外にも、相場で必要な要素がある、と気がつくべき
なんですね。

3つのMといって、①method、②mental、③money management


この3つが揃っていないと相場で勝つことはできません。
どれ一つとして欠ければ負けます。
このうち、手法にこだわる人は、他の2つをいい加減にしていて、
意識すらしていないのです。


>あらなみ様の今のトレードスタイルはデイトレ、環境により場所や銘柄を変える、
>と認識をさせていただいているのですが…そしてトレードスタイルはダウ理論。


デイトレ中心ですが、スイングも環境によってはやることがあります。
ダウ理論がスタイルと言われると、それが何を意味するのかよくわかりませんが、
私は、自在流ですから、下げているところを買うこともありますから、
そういったルール的なものは、自在流だと思います。

そもそも、ダウ理論がスタイルと言っておられますが、それは、
スイングハイロー(高値安値)を起点として、トレンドを判断し、
抜けや戻りを狙う、という意味で使っておられるのでしょうか。

そうであれば、それは非常にポピュラーな相場の見方、だと思います。
そういう相場の見方をベースに、何をいつ、どのように売買するのか、
というトレード戦略・取引手法は、また人それぞれになると思います。

手法をベースにするのは全然構いませんが、手法で当てることだけが
目標になっては、ダメなんです。

相場は当てるだけでは勝てません。
神業のように全部当てられれば別ですが、必ず勝ちと負けが交互に
来るものです。
その時に、損失を如何に制御して、利益を伸ばすか、という工夫によって、
トータルで勝つ、という方向に持って行かないと、トータルで勝つのは
難しいのです。
その時に必要なのが、メンタルと資金管理なんです。

ところが、みんなこの逆をやってしまって、利益をちょっとで利食いして、
損失を引っ張ってドカンをやるものだから、トータルで負けてしまうのです。
何故そうなるのか、というと、心理的な問題がそうさせてしまいます。

当て方にこだわっている人は、ここが見えていないのです。

これで答えになっているでしょうか。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR