FC2ブログ

勝ち方のお作法

2019/06/22 Sat

目の前のトレードに勝つ

ということに、多くの方がすごくこだわります。

当たり前と言えば当たり前のことでしょう。
誰だって負けるのは嫌です。

そして、

どういうやり方でやって、どこで買うのか、どこで売るのか

という

やり方

にもすごくこだわります。

これもよくわかります。

この両方が掛け合わされて、

当てる方法を探して、次々に相場を当てて取る

どうやって当てるのかだけをひたすら考えている


これが相場の目的になっているわけです。

気持ち的には、エントリーしたものを全てを勝とうとする

これがいかに非現実的なものだと理屈ではわかっていても、
気持ちがこれを実行しようともがく。


なので、何とか目の前のトレードを勝とう勝とうとする心理
が極端に働き、結果、次のようなトレード内容となるわけです。


買って、すぐに上がったので素早く利食いして1万円の利食い

買って、じりじりと上がったが、下がりかけたので3000円の利食い

買って、買値で上げたり下げたりしたので、上げた時に、素早く
利食いして1000円の利食い

買って、下げて1万円の含み損となったけど、我慢して、
戻ってきたのでトントンで逃げた

買って、少し上がったが、すぐに下げたのでトントンで逃げた

買って、じりじりと下げて、含み損が次第に拡大し、3万円の
含み損になったが、しばらく我慢して、トントンまで戻ったので決済した

買って、じりじりと上がってきたので、1万円の利食い

買って、少し儲かったが、もたもたして不安になったので決済し、2000円の利食い



これで、5勝0敗3分けです。

凄い、全勝なのか

勝った負けたという意味では、この人は、

負けないスーパートレーダーだ


ってことになります。

これは、見る人が見れば、

勝ちにこだわったトレード履歴

だということが一目瞭然でわかります。

勝率にこだわる人のトレード履歴は、概ねこういう状態

ですが、ここで、何か、疑問がわいてきます。

勝てば官軍負ければ賊軍

相場なんて、勝てばそれでいいんだよ

何をやっても、勝てばそれでいいんだ


そういう考え方を持っている人も大勢おられます。

でも、本当にこの履歴は、

勝ちまくっている素晴らしいスーパートレーダー


なのか、何か腑に落ちない気がします。





実は、みんな、

勝つことにこだわり、やり方にこだわる

わけですが、

勝ち方

にこだわる人は少ないのです。

勝てばいいんじゃないか、トレードなんて結果が全てだろう

そう思っている人も多いです。

そもそも、目の前のトレードで勝つために全力で戦う

一勝一勝を積み重ねていく

その繰り返しが勝つことなのだ


そう思っている人がほとんどだと思います。

心理的には、

とにかく、目の前の勝負に勝ちたい、勝ちたい

そして、負けたくない

10円でもいいから勝ちたい

10円でも負けたくない

10回エントリーしたら10回とも勝つ


今、目の前の勝負でとにかく一勝すること

それが目的だ


そういう、とにかく全部勝ちたいという心理的な思い
がものすごく強いです。

というよりも、ポジを買って持ってしまったら、

上がってくれ~というお祈りモード全開に突入

という人が大半でしょう。

その結果が、最初に書いた5勝0敗トレードになるわけです。




実は、、この思考パターンには、大きな問題が隠れています。

相場で勝てない大きな原因となる考え方の問題がある
のです。



どんな手法を使っても、勝ち方というものがあります。

この勝ち方が大きな問題で、

勝ち方にも、上手下手がある

そして、勝ち方には、

勝ち方のお作法

があるのです。

上手な勝ち方、下手な勝ち方

というのがあります。

そして、この事例のような勝ち方が、

下手な人共通の勝ち方

となります。



勝つことと勝ち方

は、全く違います。

勝つことは結果、勝ち方はプロセス

結果がどうあれ、プロセスが問題になるのです。

ここに、勝てば官軍負ければ賊軍ではない、
結果論ではない、プロセスの問題が潜んでいるのです。



相場で実際に勝てている人は、こういうトレードはほとんどやりません。

私の知る限りで、勝っている人が、このようなトレードをして
いるのは、見たことがありません。

実際、相場で勝っている人がこれを読めば、
読んだ瞬間に、この人はダメだとわかるでしょう。

勝てない人特有の勝ち方

をしていることが見た瞬間わかります。

もう瞬間的にわかります。

もし、こういう勝ち方をしていて、

俺は勝っているんだ、連勝してるんだ

と自慢したいのなら、やめたほうがいいです(笑)

勝った勝ったと自慢したいのはわかります。
上手な人は、愛想笑いはしてくれるでしょう
けど、これは下手自慢をしているだけだという
ことがわかっていないのは本人だけです。

これは、どういうやり方であるとか、
どういうエントリーをしているのか、
ということは問題ではなく、

こういう利益の出し方についての根本的な問題

があるのです。

こういう利益の出し方を続けている限り、
どんなやり方をしても、どんな時間軸であっても、
その人は、決して勝ち組にはなれないと私は思います。





もし、

この売買履歴を見て、何が問題なのかわからない、
勝っているのに、何が悪いんだ


と思われるのであれば、
相場の理解度が浅いと私は思います。



では、実際、何が問題なのか、ここについては、もう、
このブログで散々書いてきていることなので、
もし、あのことか、とピンと来ないとしたら、
記事を本当には読めていない、ということになるかと
思います。
今回の記事は、見る角度を変えただけのものだからです。

今回の問題の答えは、

損切りの考え方シリーズ

に完全に書いていますので、読んでみてください。

私のブログの古い読者であれば、読む必要はありません。




損切りが下手だ、上手く損切りできないという人は、
ものすごく多いです。

損切りで悩んでいる人も実に多いです。


しかし、実は、損切りが上手く行かないという理由
の多くは、勝ち方にあるのです。


損切りが下手な人は、損切りが下手なのではなく、

利益の出し方が悪い

のです。

勝ち方のお作法を心得ていないのです。




勝ち方と損切りは表裏一体

見る角度が違うだけで、同じことです。

これを切り離して考えることはできません。

決して、結果オーライではないのです。

損切りだけの問題だと考えているから、いつまでたっても
上手く損切りができず、コツコツドカンを繰り返すことに
なるのです。




ちなみに、

勝てば官軍負ければ賊軍

というのは、私の一番嫌いな格言です(笑)



我々投資家は、

結果をお祈りで左右することはできません。

お祈りモード

ではダメなんです。

一方で、

プロセスはコントロールできる


我々投資家のやるべきことは、

コントロールできるプロセスに全力を尽くす一方で、

コントロールできない結果は、素直に受け入れる


やるべきことをきちんとやって、結果を受け入れる

制御可能なことを制御し、お祈りをしない

ことが大事なんです。

つまりこれこそが、

人事を尽くして天命を待つ

ということなのです。



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

相場では多くの人が退場しますが、実はその大多数は、負けるべくして負けている、のですね。

非常にエラソーなモノ言いしてますし、ムカッとくるのもよろしいと思いますですが、よくよくそこを考えるべきなのですね。

負けるべくして最終的には負けてしまう。

大変なことです。

大変なことなんですよ。

何が大変って、何がどうあれ途中経過がどうあれ辿り着くところは退場であって、しかもそれが必然ってんですから大変なことに決まってます。

しかもどうやらそれが相場の真実っぽい・・・、と、いうのは何年か相場をやってる人は薄々感じることでしょう。

よくよく考えてみないといけませんね。


・・・・・

感覚的に相場をやってみるって、結局そういうことになるんですね。

デイトレで負けまくるのはそういうことですよ。



あと、、、

損失がキャパを超えると自分で踏ん切りがつけられなくなる傾向が人にはあるんじゃないかと思います。
油断とかなんやらで損失が思わずキャパシティを超えてしまうって状況はあると思います、そこで自分でケリをつけることができるかって話です、これも超重要。リスク管理は理屈じゃないんですね。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

>相場では多くの人が退場します


これは、真実です。
途中経過がどうあれ、大半の人はどこかで
爆死して、消えて行くことが統計的に明らかです。

世間で、相場をやっている人を見れば、
「いずれどこかで大損してひどい目に合うはずだ。」
と陰では笑われているのです。

相場師という言葉自体が、大損とセットと言っても
いいでしょう。

そして、その世間の期待は、ほぼ現実化します。
ほぼ全員が、どこかで退場するのです。

タカユキさんのおっしゃるとおり、
自分だけは例外と思わずに、
本気でこのことを考えるべきなんです。

退場のメカニズムとは何か

退場せずに生き残るためにはどうすればいいのか


私のブログの最大のテーマはここにあると
言っても過言ではありません。

相場に30年も関わっていると、
こういう退場する人たちの連続こそが、
相場だということがよくわかるんです。


それと、損切りできなくなる限界というのは、
確かに存在していて、それは、

10%

これを超えると、心理的に損切りが一気に
難しくなります。

それと、おっしゃるとおりの

キャパ超え

これは、人それぞれ違いますが、
キャパを超えた瞬間、人はフリーズします。

そして、何も行動ができなくなる。
動けなくなる。

ただただ、涙をこらえて、震えながら、
相場を見てお祈りするだけのモードに
突入します。


こうなる前に処置するべきなんです。

最も重要なテーマです。


私の実践的投資スキルを要約せよ、と求められたなら、
ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。
まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。
(George Soros)

No title

こんにちは

ここ最近大損しまくりで
先日、プラスにこだわる考え方に
変えたところで
この記事をみてびっくりしております
おおむね 薄利撤退
上記の感じでトレードしています
ただ損切りだけは徹底せなあかんなと思いました
このところ
利を伸ばそうとしても、すぐ含み損になるので
利があるときに 利食いしようと悟ったところなのですが
間違っているかもですね

損切りの考え方シリーズ 勉強になりました
肝に銘じたいです

ただ利に関してはまだまだ勉強不足です

例えば100円で買った銘柄の目標値が110円だとします
損切り設定が97円だとします
103円まであがってもたもたして場合
101円~100円まで下がったら
一旦撤退しようと考えています
97円でカットになって3円が惜しいからです
当然98円まで下がって110円になることも
ありますが
97円の3円負けを3回負けして9円連続負けるより
同時撤退で0円の方がいいかなと
思ったのです

損小利大

おはようございます、あらなみさん。

人間は自然に考えると、利益を大きく取ることよりも、利益を得る回数を増やす事を選んでしまうそうですね。

損切りは嫌ですけどまだ機械的に出来ますが、含み益が消えるのを覚悟しながら利益を大きく育てるのが難しいです...
損切りも、利益を育てる為に含み益を見逃す事もどちらも期待値のある行動と思いますが、私にとっては利益を育てるという事の方が難しく感じます。

コツコツ損切りが積み重なってくると、尚更利益を取り逃がしたくない!という気持ちから難しくなってくる様にも感じます。

損切りは何度何度も繰り返す事で上手くなって来ている部分もあるのですが、利益の最大化はどうやったら上手くなるかなぁと考えながら試行錯誤しています。

あらなさんは利益を最大化するにあたって、心掛けて来て良かったと思う事はありますか?

Re: No title

フィアレスさん、こんにちは。

まず、記事で書いている事例は、トータルで
こういうことをしていてはいけないと書いている
ので、単体の事例をそれぞれ拾い上げてみる
ものではありません。

当然、個人個人のトレード戦略とセットで
考えていくべきものです。

トレードが上手く行かないのは、今回の記事で
書いた利益の出し方もありますが、
当然のことながら、戦略、環境もセットです。
この総合力で決まります。

2013年のアベノミクス相場なら、
何でも上がるのに飛びつけば上手く行ったわけで、
環境の問題は何よりも大きいのですが、
これをあまり意識していない人が多すぎます。

それでも、損切りばかりになるということで
あれば、タイミングが悪すぎるのでしょう。

自分がエントリーしようとするタイミング
をすかして、自分が損切りするタイミングで、
エントリーしてみるなど、工夫が必要でしょう。

概して、伸びたところで飛びつくとか、
下げ止まったと思って反転したところで
飛びつくとか、損切りばかりという人は、
飛びつきのタイミングの悪さが原因と
なることが多いです。

また、急落狙いの落ち葉拾いとか、
今ではみんなが群がるようなことを
やっても、昔のようには上手くは行か
ないなど、戦略上の問題もあるかと思
います。

言い古された戦略が機能するのは、
抜群の環境下にある時だけだと
認識すべきです。

今回の記事のテーマとは違いますが、
ご参考になれば。

Re: 損小利大

鳩屋さん、こんにちは。

おしゃること、全てよくわかります。

恐らく、全投資家の悩んでいるところでもある
と思います。

ノービス段階では、損切りに悩みますが、
中級とベテランは、利食いに悩みます。

利食いは、恐らく、永遠のテーマになると
思います。


利食いの目処は、
①目標値
②トレーリング
③値動きのパターン

に概ね分類されるものですが、どれを
取るのかは、好き好きでしょう。

しかし、ある程度機械的にやらないと
考えてもどうしようもない、と思います。
そもそも天井で売ることなど不可能なの
だから、不可能に挑戦する意味はありません。

それと、小さな利益もきちんと取って、
大きな利益も狙う、という両立も不可能に
近いんです。
だから、大きな利益を狙うのなら、小さな利益
は捨てるしかない、と思っています。
逆もしかりです。
中途半端が一番ダメな気がします。


もう一点は、
日々3%も動かない重たい銘柄で10%狙う
ことはナンセンスでしょう。

一方で、アベノミクス相場のような時は、
10%、20%と大きく狙うべきです。

つまりは、

環境認識と銘柄選別


ここが非常に重要になるわけです。

どの程度の利食いをするのか、ここは、
決まったものではなく、こういうファクターを
総合した結果によるものだと思います。

No title

相場は負けたら仕舞いのトーナメント戦ではなく得失点差のゲームだって少し前の記事でコメントされておりましたが、けだし名言だと思います。

根本的なところでの理解の違いが大きく響いてくるのですね、土台がズレてるというか。

それと自分のコメですが、やはり環境認識というものについて、ナチュラルに意識の外に行ってしまいがち、というのも改めて感じます。

やり方が先に来て、環境はナチュラルに意識の外・・・。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

>相場は負けたら仕舞いのトーナメント戦ではなく得失点差のゲーム

これは、トーナメントだと思ってやっている
人がすごく多いですね。
ここが間違いの根源になる土台のずれ、という
タカユキさんのご指摘のとおりだと思います。


さて、FXと株の大きな違いは、
株の方がより地合い(環境)と銘柄選別の
重要性が高いということだと思います。

確かにFXにおいても、レンジとトレンド
の時期というのがありますが、これが株だと
極端なんです。

アベノミクス時、
過去にこだわる人、やり方にこだわる人は、
全然乗ることができませんでした。
過去を見れば、こんなに上げるはずがない
ということでした。

そして、リーマンショック時、
過去にこだわる人達は、全滅しました。
こんなに下げるはずがない、ってことでした。

まあ、これらは極端な事例ではありますが、
こういった地合いを無視して、売買することは、
その時点で、
お前はもう死んでいる
だと私は思います。

No title

こんばんわ。
「損切りの考え方」を読んで、自分がトレードしてるつもりで、「ただの遊びをしていたのだ」と思い知りました。
まずは、「外れたらすぐに切る」というシステムの手仕舞いのような具体的に簡単なルールを決めたので、それを使って、損切りできない体質を月曜日のトレードから変えていきます。
ガツンと利確し、よしっと株数を増やして、ドカンとやられる相場師もどきのトレードもやめて、「相場はレンジとトレンドを繰り返している」と言うことを胸に刻み、長期的視点に立って理解できるよう、体質改善に励みます。

Re: No title

ikechandesuさん、こんばんは。

損切りなどわかっている

そう思っている人が多いです。

でも、本当にできているのか、
と言えば、ほとんどの人はまともにできてはいない。

知っていても、できてない。

わかっていても、できない。

ものすごく多いです。

No title

今回の記事はあらなみさんの今までの主張に今一ピンと来なかった方もそういうことだっだのかと分かるはず
相場技研時代を含めてもしかしたら一番の珠玉の回だと個人的に思います
あらなみさんの今回指摘された売買こそ「裁量の理想形」だとおもってそういう方向で努力してしまっている人はきっと大勢おられます
ユーチューブで見かける先生でもこの典型売買をしているぐらいですから

Re: No title

ya_さん、おはようございます。

ご評価ありがとうございます。
また、古くから同士でもあったのですね。

今回の記事は、色んなやり取りをしている中で、
ふと気がついたことがきっかけでした。

物事には、裏と表があって、
表からだけ見ていては、気がつかないことも、
裏からみれば、
「あっ、そういうことだったのか。」
と気がつくことがあるのです。


今回の記事は、正にこの裏と表の関係を
損切りの裏から見たもの、という位置づけに
なろうかと思います。

私自身も今回大変勉強になりました。

物事には、裏と表がある
陰陽があり、陰陽師の陰陽太極図の思想のように、
万物の陰陽が表裏一体であること
陽極まれば陰に転じ、陰極まれば陽に転ずる
http://onmyoji.ayakashi-web.com/category3/entry16.html
など、裏表を常に意識することによって、
物事の本質が見えてくる
といことを理解できました。

No title

>小さな利益もきちんと取って、
>大きな利益も狙う、という両立も不可能に近いんです。
>だから、大きな利益を狙うのなら、小さな利益
>は捨てるしかない、と思っています。逆もしかりです。
本当にそうなんですか?
すごくがっかりです。
環境を考えて、重たい時は細かく取って、
大きく動いた時にその癖が抜けずに
生まれた赤子を大切に育てるか
指を加えて見ているだけですか…

Re: No title

猪苗代湖さん、おはようございます。

言葉足らずでした。
環境と戦略によって使い分けることは
可能です。
心理的には、難しいですが。。

しかし、あくまで使い分けることであって、

使い分けることと同時に狙うこと


は、違います。
言いたいことはそういうことです。

No title

相場の勝ち方、負け方、これは身体で納得するべきものなんですよね。読んで理解するものではないです。

今この勝負に絶対勝ちたい、と、いうよりは損を確定させたくない、という気持ちから来る場当たり式トレードは、身体で納得できないと改革できないです。

だから、実験売買的な感じで一寸取り組んでみれば良いかとは思うんですけどね。

まあ・・・、やる人あんま居ないでしょうけど。

読んでそれで終わり。

読んで、フムフム、成るへそ~、で、終わり。

No title

>小さな利益もきちんと取って、
>大きな利益も狙う、という両立も不可能に近いんです。

自分は売買判断はほぼテクニカル派、環境認識に関してはファンダ・ニュースetcの総合
みたいなスタイルですがこれはその通りですね。
同時に実行はできません。
先が読めない以上、利確条件の切り替えは前もってできないですから。
そんな離れ業ができたら世界でも屈指のトレーダーのような気がします。

自分は大きく狙う派なので
伸びてきたと思ったら半端なところで折り返され
INポイント付近で確定する みたいなことは度々ありますが
何度やっても後味最悪ですねw
収支的にプラスでも戻ってこられた幅を損した気分になっています。

だからといってその気分を売買の判断に持ち込みはしないのですが
そういうことがある度にトレードの難しさというものを感じます。

Re: No title

タカユキさん、おはようございます。

勝ちたい、負けたくない、人は、みんなそう思いますが、
その気持ちと、本来あるべき姿とは、矛盾するところ
があるわけです。

その矛盾から、知っていてもできない。

だから相場は難しい!!

Re: No title

次郎さん、おはようございます。

私も基本は、大きく狙う派ですから、
書いておられることはよくわかります。

言い方を変えれば、みんなが目指している
ところの

高い勝率と損小利大

これを両立させることは、通常は困難です。
トレードオフの関係にあることは、
理屈から考えても明らかでしょう。

逆に言うと、これを実現しようとして
無理をするから負ける、とも言えます。

最初から、どちらかを捨てると割り切れば
いいんですが、それができないのが、
相場の難しさ、とも言えるでしょう。

No title

こんにちは。

このブログの読者の方でハルトモさんという方がいらっしゃったはずですが、この方は一度も負けたことがないのですよね?ハルトモさんの手法はアホがやる手法なんですか?それとも長期投資であれば全勝を目指すのは正しいのですかね?

投資では勝つことよりも負けないことのほうがはるかに重要なのに、あらなみさんは真逆のことを言ってますね。

Re: No title

nortyさん、こんにちは。

nortyさんがおっしゃりたいことは、
この記事で最初に私が緑の太字で書いた
トレード内容は、勝っているのだから正しいのだ、
ということでよろしいのでしょうか?

どんな勝ち方であっても、勝てばよくて、
負けなければそれでよい、ということなのですね。

貴重なご意見として伺っておきます。

淡々の境地

あらなみさん、今晩は。

わたしは自分が判断できる1番近い抵抗で利確するようにしているのですが、まだまだ目利きができていないので、そのラインを超えて伸びてて行くことが、割りと起こります。
伸びて行ったものはしょうがない、と淡々とした境地で次のチャンスを待てば良いものを「あ、これも取らんといかん!」と焦ってエントリーして高値掴みで損切りになってしまいます。上手い人はこういうのも、ちゃちゃと取れるんやろうなーと、思ったりしていましたが、同時には無理だとあらなみさんが書いているのを読んで、吹っ切れました。
無理にでも、淡々の境地に持って行こうと思いました。

No title

違いますよ。私は「勝つことよりも負けないことのほうがはるかに重要」と書いているわけですから、たとえ勝てなくとも負けなければいいということです。引き分けでもいいということです。それを続けていれば、結果的に勝つのがふつうですからね。

勝ち負けを繰り返すような手法の場合、その勝ちが偶然なのか必然なのかわかりません。しかし、一度も負けないのであればそれは偶然ではなく必然ということです。必然であればそれはやり方として正しいということです。

一度も負けないなんてあり得ないというのならハルトモさんの存在は何なのですか?株のことを何も知らない未熟者とでも言いたいのでしょうか?あらなみさんはハルトモさんの手法を汚いやり方だと思っているのでしょうか?

Re: 淡々の境地

猫耳頭巾さん、こんばんは。

あれもこれも取りたい、というのは、結局、
無い物ねだりなんですね。

上手い人は、小さな利益もきちんと取る一方で、
大きな相場にも乗って行く


そう思っている人は多いと思いますが、
それは、幻想ですよ!!

Re: No title

nortyさん、こんばんは。

私の書いていることを読めば、私が、勝ちと負けが
表裏一体と考えていることはおわかりだと思います。

ハルトモさんを引き合いに出されていますが、
そもそも人のことを私がわかるわけがありません。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人


あらなみの相場技術研究所別館

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR