ブラック・スワン

2012/12/01 Sat

2012-12-17.jpg

このチャートは何のチャートでしょう。

引用した本の解説を転記します。

感謝祭前の七面鳥。1000日にわたる過程の積み重ねも、次の1日についてまったく何も教えてはくれない。こういう過去を延長しただけの安易な予測は、どこにでも現れる。

七面鳥がいて、毎日エサをもらっている。エサをもらうたび、七面鳥は、人類の中でも親切な人たちがエサをくれるのだ、それが一般的に成り立つ日々の法則なのだと信じ込んでいく。政治家の連中がよく使う言葉を借りるなら「一番の利益を考えて」くれている、というわけだ。感謝祭の前の水曜日の午後、思いもしなかったことが七面鳥に降りかかる。七面鳥の信念は覆されるだろう。

七面鳥は、昨日の出来事から、明日何が待っているか推し量れるだろうか。たぶんいろいろわかることはあるだろう。でも、七面鳥が思っているよりも、わかることはちょっと少ない。そして、その「ちょっと」で話はまったく変わってくるかもしれないのだ。


私の経験してきたことをすべて振り返っても、私は一度もとりたてて言うほどの事故には遭わなかった。海で過ごした歳月で、遭難した船を見かけたのは一度きりだ。難破船を見かけたことは一度もないし、自分が難破したこともない。災害になりそうな窮地に追い込まれたことすら一度もない。
(1907年、E・J・スミス、RMSタイタニック号船長)



これは、

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

からの引用です。

2009年の出版時には多少話題にもなったので、ご存知の方も多いかと思います。

今では、ブラック・スワンと言えば、何を指すのか、投資家同士であれば一般用語として使われるようにもなってきています。

(映画のブラック・スワンとは関係がありません(笑))


さて、

本当のリスクとは何でしょう。

果たして、本当のリスクということを自分は理解できているのでしょうか。


こういう疑問に、答えてくれている本だと私は思います。

アマゾンの批評を読むと、翻訳がダメとか、回りくどいとか、結構ボロカス状態ですが、私は、リスクの本質、ということを考える意味で、トレーダー必読書だと考えています。
他に類書は見当たりません。

この本では、過去の大事件、大惨事などを紐解き、如何にそのほとんどが、予見されていない状態で起こったのか、ということが解説されています。

よく考えれば、今わかっていることの延長線上に起こることなど、たかが知れています。

リスクとは、そうでないから恐ろしいのです。

特に、金融に携わっている投資家であれば、なおさらに一般の方よりも、このリスクの本質、ということがわかっていないと、

自分が七面鳥にされる

可能性が高いのです。

過去のパフォーマンスだけでなく、自分のやっていることの潜在的リスクはどこにあるのだろうか。
などなど、考えておかないと、何かがあったときにはもう間に合わないという事態が想定されます。



1997年に発生したアジア通貨危機から、1998年に起こったロシア財政危機により、LTCMは破綻しました。
ノーベル賞学者が金融工学を駆使して計算したところでは、こんなことは100万年に3回しか起こらないような確率だ、ということであったにも関わらず、です。

そしてその10年後、2008年のリーマンショック、誰もが考えもしないことが再び起こりました。

いずれのショックでも、多くの投資家がマーケットから強制退場させられました。
特に、リーマンショック時には、あの人までもか、という人までもがショックに巻き込まれ、投資家生命を絶たれた記憶はまだ生々しく残っています。

では、こんな大変なことは、もう起こらないだろう、でいいのでしょうか。

リーマンショックほどの酷いことは、最悪であって、あれ以上のことはもうないだろう、でいいのでしょうか。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

リスクですか・・・

こんばんは。

今回の記事は難しいですね。
僕はまだリスクについて表面部分しか考えていないかもしれません。
新興銘柄で3度危機に陥りました。
それからはポジションを落として一発退場を食らわない様に気をつけています。
新興のボラで資金の8割を投入するのは危険だと経験しました。
今はまだこの程度のリスクしか見えてません。

とにかく資金を確保しないと専業は無理ですので、この3度の危機で資金を守ることの重要性は再認識しました。
損切りはしっかりできるようになってますが、こんなの当たり前のことと今は思います。
あとは自分の思考と行動パターンを大きく逸脱しない様に気をつけてます。
良い方向に変化があれば良いのですが、悪い方向の変化だとちょっと危険かなと。
通常よりも大勝した後、特に気をつけてます。
気が緩んで甘いトレードしたりしてますが、もしこの時に何か突発的な出来事が発生したら果たしてしっかり対処できるのかは疑問です。

専業になって意識したことは、果たしてこのままトレードを続けて自分はいつ最後のトレードを迎えるのだろうか?と考えました。
株であれFXであれ兼業でトレードしている人はいずれ専業に近い状態になるわけです。
そういった人はいつトレードをやめるのか?
退場でやめざる得ないというのは厳しいですよね?
勝ってきっぱりやめることが出来る人はどれだけいるのでしょうか?

自分はどうなのだろうか?と考えると怖くなる時があります。
ただ早い段階で色々と経験していることはプラスなのかなとも思ってます。

兼業時には意識していなかったことが、専業になって気付くことがぽつぽつ出てきてます。
トレード方法・エントリーポイントで悩んで彷徨ってた自分はなんだったのだろうか?とふと思う時があります。

今は自分を見つめる時間が増えたので、自分のトレードスタイルをシンプルにすることを意識してます。
シンプルにしていればイレギュラーが発生しても対処し易いのではないかと考えてます。
専業になって自分で考える時間が飛躍的に増加しました。
まだまだ考えていかなければいけないことは多そうですね。

Re: リスクですか・・・

歳三さん、こんにちは。

ブラック・スワン・リスクは、少々難しいものかもしれませんが、とても大切な概念だと私は思っています。
今回は、ブラック・スワンについての概念だけに留まりましたが、もう少し具体的に書ければと思っています。

リスクコントロールについては、損切りということはもちろん第一ですが、他にも留意すべきポイントがいくつかあります。
また、記事で書いて行こうと思います。

専業の場合は特に、どんな局面であっても、最後は生き残ること、死なないこと、が大切ですから、リスクについては。何よりも第一義に考えざるを得ませんね。

No title

この本を図書館で見つけて、少し立ち読みして次に借りようと思っていたところで他の人に借りられてしまいました。
あらなみさん推薦の本ということで返ってきたら読むのを楽しみにしています。


話は変わりますが、今年の前半のユーロスイスの防衛ライン突破などもまさにこの通りですね。たぶんこういったことが腐るほど今まで経験豊富なトレーダーは見てきたのかなと思います。

まだ全て読めていませんが、

「実るほど頭を垂れる」

姿勢がなぜ必要なのかを論理的に説明すればこの本の内容なのかなと思いました。


Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

この本の考え方、持っている人は少ないですね。
というより、考えたくないんだと思います。

こんなことを考えていたら、恐ろしくてトレードなど出来ないようになる、ってことなので。

人は、今の延長線上に未来も存在する、と思ってしまうものなんです。

それが、習慣になってしまうから。
しかし、その慣れこそが相場をやる上において、ものすごく邪魔をするんです。

変化に対応できない体質になるからです。

とんでもない未来を想像するのは難しいですが、例えば、今年年初に考えていたことと、実際とがどれほと離れているのか、と考えると、如何に未来予想などあてにできないことかわかりますね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR