ファンダメンタルかテクニカルか

2013/07/04 Thu

今日は、昔からの株仲間と久々にお茶をしました。

今週末に控えた雇用統計や中国問題など、色々と意見交換をしました。

その後に雑談で、その友人が

「周りでも、もう株をやっている人がいないから、こういう話もなかなかできません。」

というので、

「そうですねえ、昔からの仲間は二人を除いてことごとく散っていきましたからねえ。」

と話をしていました。

もう30年近く前からの株仲間ですが、大勢いた仲間のほとんどは散っていきました。

こうした雑談をしている中で、彼が、

「でも、そもそもこうしたファンダメンタルの話をするのは、この二人だけでしたからね。」

というので、よくよく考えれば、そうなのだ、と思い当りました。

散っていった仲間は、みんな

テクニカルオンリー

だったのです。

チャートの中にすべてを見出そうと血眼になって十数年、いや、数十年の歳月が経過し、全ての人が消えていきました。

古今東西のあらゆる分析手法を理解し、寝る間も惜しんでチャートの勉強をしてきた人たちであったことを私は知っています。

しかし、結果として、生き残ったのは、ファンダメンタル重視の当時は、「超少数派」の二人だけでした。

私が、

「そう考えれば、ファンダメンタル派のレアな二人が残って、テクニカルオンリーの大勢のみんなは散っていった、とも言えるのですね。」

というと、

「そう言われればそうですねえ。」

と少々驚いた様子でしたが、テクニカル派の人は、みんな散ってしまって、もう現役ではありません。

奇妙な取り合わせに気がつきましたが、これがたまたまだったのかどうなのか。



私は、ファンダメンタル重視ですが、何故ファンダメンタルを見ないのだろうと思います。

前の記事でご紹介した西原さんもそうですが、ファンダメンタル重視です。

ところが、こういうファンダメンタルを見ている人というのは、株にしても、FXにしても、むしろマイナーなんですよね。

これは、昔からそうでした。

唯一、商品先物だけは、儲かっている人は、内部要因だとか、在庫などファンダメンタルを重視している人が多かったと思います。

昔の株仲間でも、チャートの中に全てを求めよう、とする人がほとんどでした。

株本も、チャート本は多く出版されていますが、ファンダメンタルというと、概念的な話が多く、実際の売買にどう使うのかが全く書かれていない学者の書いたようなものがほとんどです。

そもそもどう使っていいのか、まるでわからない。
重要なのかもしれないが、実際の売買に結びつかない、ということなのだと思います。

ファンダメンタルなんて、面倒なんですよね。
色々と難しいし・・・覚えることも多いし。
しかも、ワンパターンにできないし、みんなの好きな「儲かる手法」にならないし、みんなが求めている「パターン化」ができません。

結局、チャートだけでパターン化したい、というのが本音だと思います。

ある「ワンパターンなやり方」を求めて、チャートの中に答えを探している姿、というのが多くの投資家の姿なのだと思います。

ただ、何十年間にわたって、チャートの中に「パターン」「具体的やり方」を探して、そしてそれらの人たちが「誰もいなくなった」という事実にもちょっと目を向けてみるのもいいのじゃないでしょうか。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

少し納得です。

あらなみさん、こんばんは。

あらなみさんはファンダメンタル重視だったんですか?
先日ファンダメンタルについてコメントがありましたのでその時もびっくりしたのですが、今回の記事もまたびっくりです。

以前のブログではファンダメンタルンついてはほとんど触れられていなかったので、ついこの間までバリバリのチャート派だと思っていました。
1000本ノックやブートキャンプの内容からファンダメンタル重視とは誰も思っていなかったでしょう。
新ブログは旧ブログと雰囲気が違うと以前にもコメントしましたが、やはり旧ブログとは違うあらなみさんですね。

1000本ノックを実践している時、時々疑問だったんです。
ファンダメンタルを無視していいのか?
トレードの練習だけで本当に勝てるのか?

もともとリーマンショック前までは企業価値等のファンダメンタルで投資してました。
DCF(ディスカウントキャッシュフロー法)等のDVDも購入して勉強してました。
しかし損切りできなかったおかげで結構な損失を出し、彷徨っている時に偶然あらなみさんの旧ブログを見つけ、損切りとトレード技術の重要性に気づけました。

ただ順張り・トレンドに乗るという記事を見るたびに、トレンドはファンダメンタルの後押しがないと発生しないのではないのか?といった疑問がありました。
色々自分で考えた結果、個別企業のファンダメンタルだけでなく、企業をとりまく経済状況も加味したファンダメンタルが必要なのではないのか?という結論に至りました。

前回ファンダメンタルで失敗したのは、損切りできなかったこともありますが、企業を取り巻く環境が激変したことに気付かず、個別企業の情報にこだわっていたからだと思います。

この経験と検証のおかげで、今回の下落は無事切り抜けることができ、先週からこつこつ下値で拾ったポジションが育ってきています。

自分の中でファンダメンタルとテクニカルが少しずつ噛み合ってきている手ごたえを感じます。
トレードはホントに奥が深いですね。

No title

>結局、チャートだけでパターン化したい、というのが本音

この気持ち、すごくよくわかります。
激しく理解できてしまう自分がいます(汗)。
自分にもわかること、手の届く範囲のことでなんとかしたいんです。
ファンダというと、いったいどこからどこまでか、なにをどうとりついて行けいばいいのか、
本を手にとってもたいてい耳慣れない言葉や数字の説明に終始していて、読んでも読んでもつかみどころなくいっこうにわからないし、さらにだからなんなのかもわからないので、嫌になるのですよね。
とても自分の手におえる気がしないという感じで。

ところが、ファンダと比較するとテクニカルは非常にはっきりとしているし、勉強し甲斐があるように感じてしまいます。
小さい時からなじんだ学習スタイルにも合いますし・・・。


でもあらなみさんのお仲間のお話、ファンダの有用性を
時間が証明してくれたということなのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 少し納得です。

歳三さん

ファンダメンタルということに関しては、少々舌足らずだったこともあるので、記事で補完します。
それを読んでください。

ただ、どちらにしても、両方を見てこそ効率がよくなる、ということだと思っています。

Re: No title

くまもんさん

チャートのパターン化は、単純ですからね。

AならばB、という方程式が欲しいというのが本音なのでしょう。

しかし、そういう単純なパターンで儲かるなら、相場で損する人はいないわけで。。。

No title

どこからどこまでがテクニカルかは分かりませんが、私はテクニカル派だと思います。ファンダメンタルを意識するのはギャップと指標の後のり、逆張りをする時だけです。

ファンダ20パーセント、テクニカル80パーセントくらいだと思います。

FXは特にテクニカル派が多いと思います。
そこまでセミナー等に参加したわけではありませんが、
先ずほぼテクニカル派でした。

実情は実際に勝ってる人が教えても2,3%位しか勝てるようになる人は出ていないような状態のところがほとんどでした。

実際に勝てていない人が教えているところは0だと思います。

他の人から教えて貰って勝てている人の8割以上が女性でした。

男性の方で勝っている人は9割以上が自分のやり方を身に着けた方でした。

理由を考えたのですが、女性はテクニカルであってもAだからBと結論づけず絵で捉える能力が高いからなのかなと思いました。論理的な答えを見つけようするのではなくてテクニカルで相場の感情を見つけるのがうまいのかなと思います。

Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

nobuoさんはじめ、コメント放置してすみません。

何をもって投資しているのか、という根本的な部分ですね。

そういう意味では、私はテクニカル派ではないかもしれません。
トリガーやタイミングという点ではテクニカルを使いますが、テクニカルはあくまで判断材料の一部です。

個別株には、銘柄選別というものが大きくありますから、まずそこからですからね。
どのような銘柄を選ぶかによって、何から何まで違ってきます。

勝てている人の割合はそんなものなんでしょう。
実際に教えてもらっても、殆どの人は勝てるようにはならないのはわかります。
多くの人は、やり方のみにこだわっているので、せっかく教えてもらっていても、重要なところを聞き逃してしまうのです。
これは、野川氏も言っておられたことです。

男女間の感覚の差はやはりあると私も思います。
だからといって、どちらが有利ということもないのかなとは思いつつ、しかし、どうしても守ってしまう女性はやや不利なような気がします。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR