流浪の民

2012/12/03 Mon

FXをメインで取引しているGFTから、先ほど次のような案内が来ました。


お客様各位

GFT本社の決定としてアメリカでのビジネスの停止を決定いたしました。お客様のFX口座、もしくはCFD口座は日本支社を経由でアメリカにおいて口座を開設していただいていることから該当いたします。以上の決定はGFTのアメリカにおいてのFXビジネスを撤退によるものです。お客様の口座を別のブロカーへの引継ぎを行えるオプションを用意しております。
詳細に関しましてはおってご連絡いたします。

以上の決定として、日本時間12月3日午前9時よりポジションの決済のみご利用いただけます。また、すでにお持ちのポジションはこのままお持ちいただけますが、新規のポジションを建てることはできません。


また、何かの取引関連のちょっとした通知だろう、とポイしようと思って、軽く読んでいると、

なっ、なんじゃぁ、これはぁぁぁぁーー!!


要するに、やめるらしい。

そういえば、先日も、口座だけ作ってもう使っていないところから、やめるというお知らせが来ていたばっかりだったのに、まさか、メインのところからこれが来るとは・・・

証券もよれよれだけど、この業界も厳しいのですねえ。

あーあ、せっかく気にいって使ってたのに。

ここも安住の地とはいかなかったようです。

とりあえず、速攻で全額出金手続きをしました。

また、流浪の民になってしまいました。

とりあえず、サブのクリックに引越しするけど、ここもいくつかの点で気に入らないところがあるので、また業者探しで転々としないといけなくなってしまいました。

2ちゃんとか読んでも、大した話題にはなっていませんでした。

誰もこんなところ使ってないのかなあ・・・(笑)

あーあ。とにかくがっかり。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

ビックリ!

こんばんは。

今日の記事はちょっとびっくりです。
あらなみさんがFXをやっていたとは!
3年前の記事では「肥沃な大地を捨てて他のマーケット~」という話があったと思います。

やはり今の株式市場は相当に厳しい市場になったんでしょうか?
僕は本格的に相場に向き合ったのが昨年からですので今の環境がベースとなっています。
何となくデイトレは取りづらいなぁとは感じてましたが、自分が未熟だと思ってました。
実際未熟ですが・・・。
そこで途中からデイトレのタイミングで入って利益が伸びれば持越して、更に勢いあれば乗せで付いていく方針に切り替えました。
決済は逆指値で損切りか利食いをするスタイルです。
1日で動きが止まれば結果デイトレになっているし、動きが継続すればそのままといった感じです。
もともと1000本ノックはブレイクアウトで練習やってましたので、この方法の延長で調整しながらやってます。
取れるときは取れるんですが、取れないときはさっぱりです。
ですので精神的に焦ることも多いです。

ブログ再開時に
>今、自分が始めたと仮定すると、3年間生き残れる自信はありません。それほど昔と比べて厳しいと思います。
と書かれていたので、昔のブログの内容と少し違うなぁと思っていました。
あらなみさんが厳しいと感じているのであればかなり環境の変化があるんでしょうね。

Re: ビックリ!

歳三さん

私がFXをやっているのは、「株が厳しいから」、という理由では全くありません。
トレードの幅を広げようと思いやっていることです。
株は、長年やっているので、ある種、「日常化」してきており、思考の幅が広がらなくなってきている、ということもあり、「相場とは」ということをより深く考えるために、FXもやってみることにした、ということです。

ということで、FXを見だしてから、もう2年以上になると思います。
FXをやるようになって、やはり株だけでは見えてこなかった海外環境のことなど、「そういうことか」、というイメージができてきたのは成果だったと思います。
ただ、裏表まで知っている株式市場とは違って、勝手違ったFXですから、なかなか馴染めない部分は多いですね。
特に、業者選別に関しては、辟易とすることが多いです。

失礼しました

こんにちは。

僕の早とちりだったようですね。
申し訳ありません。
FXですが以下のブログはご存知でしょうか?
全てのFX業者を掲載しているそうです。
http://kuchikomi.miraifx.com/

Re: 失礼しました

歳三さん

いろいろと口コミなどあることは知っていますが、やはり口座を開設して自分でやってみるまではわからないものですね。

No title

こんばんは、初めまして・・・です。
あらなみサンのブログは、つい数週間前に引っ越し前のを知人から教えてもらって読ませて貰いました。
とは言っても、まだ全部は読み切れていませんし、地下格闘技場でのコメントまで入れると読み切るまでは時間が掛かりそうですw

私は、昔は趣味の株式個別銘柄、今は専業のFXのシステムトレーダーです。
まぁシストレって言ってもEAを組んでる訳ではなく、日足と8時間足の手動でやってます。
シストレには、まず自分ルールが必要なんですけれど、やはり自分の性格や生活リズムに合ったルールじゃないとダメなんですね。
私はチャカチャカと売ったり買ったりが性に合わないと感じていますので、自分の時間軸でのスイングとフォローに特化してます。
FXを初めて破綻の淵に立たされた時に、初めて真剣に勉強したのが資金管理なんですが、パンローリングに代表される欧米の相場本に出てくるのが資金管理とテクニカルなんですよね。
個別銘柄の時に林先生の本はほとんど読みましたが、いま思えば初心者にはずいぶんと敷居が高いように思えます。
資金管理の範疇には、複利での資金増大のためのリスク配分、破綻確率を下げる為の思考・試行や、乗せとナンピンの違いの考察が大きなウェイトを占めていると思います。
特に大事なのが破綻確率に対する向き合い方なのではないか・・・と。
俗にいう林本では不親切というか・・・・今の私から言わせると万人に在り得ない夢を持たせる、誤解をさせるような記述が多いな・・・と。

私が出没するネット上では、株式からFXに転向してくる人も多く見受けられるのですが、残念な事にほとんどの人のコメントに資金管理の概念がスッポリと抜け落ちているように感じられます。
分割エントリーやナンピンの記述で判るのですが、おそらくその人自身には確たる資金管理の概念がないのでしょう。
これは、どのような証券会社のセミナーだろうが、どのような株式相場本であろうが、資金管理についての説明がスッポリ抜け落ちているか、或いは中途半端にしか語られていない事も影響しているのだと思います。
自分の大事な『お金』を訳の判らん相場に突っ込むのであれば、まず最初にリスク・負け分ありきでしょう。
株の世界の相場本・セミナーでは全く語られていないのと同じだと思います。

追伸。。。。前のブログでは、カンカクさんとT1サンのコメントばかりが目に留まりました。
まだ全部に目を通したわけではありませんけれど、なんでお二人があの様にやりあっているのかとても不思議でしたーー
単に一つ二つのロジックで相場を乗り切ろうとしている人と、幾つかのロジックで裁量度が大きめの人と・・・・の違いでしかないように思いましたけどねw周りの人が煽りすぎなのかしらん。

追伸②。。。念のため申し添えますが、私は証券会社に知人・友人はいますが、セミナーの類に参加した事はございませぬ。

追伸③。。。私のトレードに乗せはあってもナンピンはありません・・・・・・が、計画ナンピンはあります。
最小のリスク金額で最大のリターンを得るためにやりますが、成功率は高くありませぬwえへへへ。

嬉しいです

ブログ復活!?されたんですか?
おめでとうございます。いえ、ありがとうございます。

今年の春に旧ブログを初めて知り、それこそ繰り返し繰り返し読みました。読んでは実戦、凹んで己を知り、また実戦。血肉になるまで。

まさかまたあらなみ様の記事を読めるとは感激です。私のトレードにおけるメンタル面は以前のブログに頼っているといっても過言ではないのです。

またお邪魔しますのでどうぞよろしくお願いいいたします。


Re: No title

たつじさん、はじめまして。お返事遅くなってすみません。
私のブログの更新頻度は高くありませんので、のんびりと構えてもらえれば助かります。

専業さんなのですね。
私のブログにコメントしてもらえる方は専業の方が意外と多くて「世の中、意外と専業投資家が多いのか」とか思ってしまいます(笑)

お返事は、コメントが長くなるので、記事の方に書いておきました。

Re: 嬉しいです

落ち葉さん、はじめまして。

熱心に読んで頂いたとのこと、恐縮です。
ありがとうございます。

少しでもお役に立てば、書いている方も励みになります。

非難批判はよく届きますが(笑)こうやって読んで頂いている方が一人でもいる、ということは、書く気力につながってきます。

今後共時々立ち寄っていただけるような意味のあるブログにしたいと思います。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR