スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場をやる真の目的とは何か 1

2013/09/08 Sun

友人のトレーダーとの会話です。


「先日、知人の人と話をしていて、その人は、野村証券の営業マンの言いなりになって、バイオ株とかを売買して、500万円の資金がここ数か月で半分になった、というのですが、何故そんなに損ばかりするのか、途中でやめないのか不思議です。」

まず、こういう人は、そもそも損ばかりはしていない、ということ。
営業マンは動いている新興株を客に勧めているので、飛び乗って結構しばらくは利益になったりしているはず。
するとすぐに売って利益を確定する。
デイトレになるか、数日後かはわからないけど、数万円でも利益になれば、すぐに利確する。
営業マンも儲かったら客に電話して、利確を勧める。
そうやって回転売買ができている間はいいのだけど、損になった銘柄は戻るまで売らないで粘る。そうすると、必然的にそうやって損した銘柄が徐々にたまってくる。
最初は、資金に余裕があって、回転できているのだけれど、1つ引っかかって、2つ引っかかって、3つ引っかかって、としているうちに、ついに資金全部が塩漬けになってしまう。
そうなると、何もできなくなって、塩漬けが完成する。
そうやって放置した株は、バイオ株などゲテモノであればあるほど下げもきついので、数か月で半分になるなどは普通のこと。
最初から、塩漬けばかりという人などいない。

時間をかけて塩漬けを作る・・のが普通。

儲かったらすぐに売ってちょこちょこ利食い、損したら塩漬け、というパターンが普通だから、最後は必然的に全部持ち株は塩漬けということになる。

そもそも、

相場というのは、下手に当たるから質が悪いのだ。
最初から損して全然当たらなければ、とっくに小さな損でやめている。

下手に間違って当たるからこそ、大損への道を作るのだ。



「しかし、不思議なのは、そういうことをやっていたら絶対に儲からないのに、何故やるのでしょう。」

じゃあ、逆に何故だと思う。



「わかりません。儲けようとしているのは当然だと思うのですが。」

実は、そこがそもそも違うのだ。

そもそもの相場をやっている動機が全く違うんだ。
 
本人は、儲けようと必死なのは確かなのだけれど、本当の動機は実はそうじゃない。

実は、

相場を楽しんでいる。相場で遊んでいるんだ。

もっと言えば、博打をやっているだけなんだ。
博打を打って、遊んでいるんだ。



「そんなことはないと思いますよ。相場をやっている人は皆儲けようと思ってやっていると思います。」

そうだろうか。
相場ではわかりにくいかもしれないので、別の例を考えてみる。

じゃあ、逆に聞くが、競馬。
一発当てて儲けてやろう、と全員が思っているのは間違いない。
損しようと思って競馬をやる人などいない。

しかし、本気で儲けてやろう。これで生活してやろう、年間を通じて儲けを出そうとしている競馬ファンがどれだけいるのだろうか。
競馬場に5万人とか押し寄せるけど、そこで本気で儲けようという人はどれほどの%いるだろう。

では、パチンコはどうだろう。
日本は、博打大国なので、どんなに小さな町にも駅前にはパチンコ屋がある。
どれほどのパチンコファンがいるのだろうというほど、多くのパチンコ屋が軒を連ねている。
しかし、そのファンの中で、本気でパチンコで儲けようという人がどれほどの割合でいるだろう。
これで生活しよう、パチンコで儲けて家を建てよう、という人がどれだけいるだろう。



「うーん、ほとんどいないと思う。」

そうだろう、ほとんどいない。
ほとんどの人は、競馬、パチンコで負けている。
というより、延々と負け続けている。
ファン歴10年なら、10年間ずっと負け続けていても、まだ続けている。
そして、「これはおかしい。こんなことを続けていてもダメだ。」なんて思ってもおらず、相変わらず週末には馬券を買う。
休みの日に、一日中バチンコをやっている。
じゃあなんで、競馬やパチンコなどを続けているのか。
どうしてだ。
それは、博打を楽しむため。博打が好きだから、博打を打って遊びたいから。
つまりは、遊びのためにやっている
本人は、「儲けるため」という大義を持っているので、否定するかもしれないけど、実際には、博打を打って遊びたいから競馬やパチンコをやっている。

本当の目的は、儲けるためじゃなくて、博打を打つこと。それが目的なんだ
 
ここで、手段の目的化が起きている。

つまり、

本来は、儲けるための手段である「博打」という行為そのものが自己目的化している、ということなんだ。



「なるほど。つまり相場も同じだということですね。」

その通り。

相場だけが違うのか。相場だけは特別なのか。

相場参加者は、全員が儲けるためにのみ動いているのか。
と言えば、それは絶対に違う。
ここでも、本人は断固否定するだろうけど、かなりの割合の相場参加者は、博打を打って遊ぶことが自己目的化している。

本来は、投機という儲けるための手段が目的化しているんだ。

だから、さっきの500万を250万にした人は、実は目的を達している。
博打を打ちたい、という目的を達成できているんだ。
そもそも、営業マンの言いなり。そして、ゲテモノ株を自分で調べもせず適当に売買するなど、客観的に考えて儲かるはずがない。
それを何故やるのか、と言えば、目的はただ一つ。
博打を打ってドキドキしたいから。
博打を打ちたいから。

人は趣味に金を使うもの。
女性なら、服を買ったり、宝石を買ったり。
男なら、”飲む打つ買う”で使う。
車を買って250万使うか、相場で250万使うか、何らの違いすらない。
キャバクラで散財するのか、相場で博打打って使うのか、同じ。
遊んで使うのだから、全く同じこと。

しかし、投資をしている本人に聞いても、全員が「自分は儲けるためにやっている」と言う。
遊び目的を否定する。
そんなことは当たり前だ。
競馬とて、パチンコとて、「みんな儲けるためにやっている」と思っている。
それと同じことだ。

競馬やパチンコから考えてわかることは、相場とて、実は相当な割合の投資家の真の目的は実は「博打目的」だということだろう。

延々と何年も何年の負け続けているのに、同じように売買を続けている人など、その典型だろう。



「博打目的というのは、損を続けているということだけからわかるものですか。」

それは違う。
同じ損をしている投資家でも、その損の質が違うんだ。
私から見れば、実際の売買を見れば「単に遊んでいる」としか思えないような売買を工夫もなしに平気で続けているんだ
売買の内容を聞くと、たぶんこの人は、相場で遊んでいるのだろうな、という売買を続けているのをものすごくよく見る。



「それはどんな売買なんでしょう?」


続く



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

久しぶりの更新ですね。

あらなみさん。こんにちは。

今回の話は思い当たることがありますよ。
いや耳が(目が)痛い。
つい先日もバイオ株トレードして冷や汗でましたね。
結局トータルではちょびっとの利益でした。
逃げ遅れていたら悲惨だったと思います。
バイオって値動きあるからついつい手を出してしまいます。
さすがに怖いのでもうバイオはやらないと決めました。
というか新興株は空売りもできないのが多いのでスパッとやめることにしました。

どうも銘柄絞りがまだ安定しないんですが、市場を絞ってみようと思ってます。
自分のやり方は固まりつつあるので、銘柄選択の範囲を狭くして、捨てる方針でいきます。

「戦略とは捨てること」とどこかで見たことがあります。
捨てることでまた違った何かを見つけることができるかもしれません。

しかし昨日ブログ見たとき新記事なかったような気がするんですけど、更新日は金曜ですよね?

Re: 久しぶりの更新ですね。

歳三さん、こんにちは。

バイオ株が悪いという記事ではないのですが、ゲテモノであるので、かなりの注意は必要でしょう。
ただ、バイオ株で死亡した人が結構いるものですから、人気があるのでしょう。

多彩な顔ぶれがあるところが、株式市場のメリットでもあるのですね。
多彩な顔ぶれがあるので、多彩な戦略も使える、という意味で。

ブログ更新の日付は、どうやら書き出して下書き保存した日付になっていたようです。
修正しておきました。

読んでて震えがくるほど本質をついていると思います

あらなみさんこんにちは

 相場のない日は、あらなみさんの過去ブログを時々見させていただいております。(相場のある日も、迷ったり失敗したときには見させていただいております。)

 いつもいつも、本当に参考になります。ありがとうございます。

 自分は相場歴20年以上(負け歴20年以上)のダメトレーダーで、それにもかかわらず5年ほど前から本気でトレードに取り組んでおります。

 今回の一連の記事は、恐ろしいほどギャンブラーの心理の本質をついていると思い、今回のブログで初めてコメント投稿させていただきました。

 すべてのギャンブラーは儲けようと考えて相場や他のギャンブルに参加しますが、ほとんどの人が負け続けるのですよね。
 それは、本気でそれぞれのギャンブルの全体像を理解しようとしないから、すなわち、あらなみさんが何度もおっしゃっている大数の法則を理解しようとしないからなのですよね。
 個々の勝負にこだわって、自分自身の意識では前向きに将来のために真剣に行動しているつもりでも、場の設定者から見たら、いいカモのままなのですよね。
 しかし、自分では前向きに頑張っているつもりだからやめられない、そこにギャンブル中毒の本質があるみたいなのですよね。

 個人的には、今回の文章は、エド・スィコータの名言 Win or lose, everybody gets what they want out of the market.以上の名言と思います。

 話は変わりますが、何年も前から毎回毎回、あらなみさんの文章に納得し、「もっと前にこの文章を読んでいれば」と思いましたが、現実には実行できませんでした。あらなみさんの文章を読んで、理解すること、共感すること、までは容易なのですが、そこから先の、おっしゃっていることを肚の底から納得し、行動することは非常に難しいのですね。まさにあらなみさんのおっしゃる「知行合一」の難しさを感じます。本気でトレードの取り組んで5年くらい、やっと少しずつですが、相場ではなんでも起こりうる。だから個々のトレードの結果にこだわらず、規律に従うことこそが重要なのだ。というあらなみさんが繰り返しおっしゃっていることが少しずつ実践できるようになってきた気がします(本当に少しずつですが)。

 読者の皆さんもおっしゃっていることですが、あらなみさんのブログは私たち負け組(それでも這い上がろうとしている)のバイブルです、自分のダメさ加減に打ちひしがれたとき、あらなみさんの文章が心にしみわたり、うるうるして、再び頑張ろうと決意したことも数えきれません。

これからも、マイペースで、末永く私たちに光を与えてください。よろしくお願いいたします。

No title

連続投稿申し訳ありません。

 あらなみさん自ら、エド・スィコータの言葉を引用されていらっしゃいましたね。最後まで読まずにピントはずれなコメントで申し訳ありません。

 しかし、エド・スィコータの簡潔すぎてわかりにくい表現よりも、はるかに心にしみわたります。
これからもよろしくお願いいたします。

Re: 読んでて震えがくるほど本質をついていると思います

欲豚さん、はじめまして。

コメントいただいてから、時間が経過してしまってすみません。
気が向いたら書く習性が治らなくて。。。

ご評価いただき感謝します。
評価されすぎで、褒め殺しかと思いましたよ(笑)


このコメントは、昔の記事のコメントなので、一連のシリーズを私も読み返していました。
こんなこと書いてたんだなぁ~~って感じで。

勝つのが難しいのは大きく2つのポイントがあって、

1つ目は、

トレードって心のままにやったら負けるように出来ているのだと思うのですよ。

人をそのように追い込むように動くようにできている。

何故なら、値動きそのものが大勢の投資家の総意だからです。


そして、2つ目は、記事にも書いているように、

多くの投資家が、目先の勝ち負けにばかりこだわって、トータルとしての長期的視点に欠けていることだと思います。

多くの人は、トータルで勝てばいいということと、目先の損益が、イコールだと思っている。しかし、実は、この両者は全く違うのです。
この違うという意味がわかれば、大きなものが見えるようになると思うのです。

色々書きたいこともありますが、また記事にしますね。

あらなみさん、ご返信本当にありがとうございます。

あらなみさん、こんばんは。

コメントへのご返信、本当にありがとうございます。

褒め殺しなんて、滅相もありません。
トレードを続けていて、うまくいかずに落ち込んで、もうだめかと思うようなときに、あらなみさんの文章を読むと、その時その時の自分の失敗の原因をきっちりと、優しい言葉で分析して、処方箋まで書いてある文章が見つかります。
本当に救われます。

トレーダーは、あらなみさんがおっしゃる通り、ごくまれな天才以外、皆同じような失敗の過程をたどって少しずつ成長していくのだと最近考えるようになりました。
私のような負け組(それでもあきらめずに前を向いている)が、失敗してくじけそうになった時に、あらなみさんのブログを丹念に読むと、必ずどこかに自分の失敗についても書いてあります。これは、あらなみさんが、ご自分の失敗をきっちり分析して、成長の糧とした上で、それをブログで書いてくださっているからなのですよね。

これからも、マイペースで、末永く、よろしくお願いいたします。

トレードって心のままに行うと、なぜかイワシの群れになって、追い込まれて、最高値付近で買ったり、最安値付近で売ったりになってしまうのですよね。
記事のご更新もとても楽しみにしております。

Re: あらなみさん、ご返信本当にありがとうございます。

欲豚さん、おはようございます。

頂いたコメントをヒントに、記事でちょと触れますので、また読んでみてください。

それから、一つアドバイスですが、欲豚さんというハンドルネームが気にかかります。

「名は体を表す」と言いますが、名前というのは、それがハンドルネームであっても、そこに「言霊」が宿るのですよ。

だから、ネガティブな名前は、ネガティブを引き寄せることになるので、こうやって書くことにも私は非常に抵抗を覚えます。

変更なさったほうがいいとすごく私は感じますのでおせっかいながら。

No title

あらなみさん

アドバイス本当にありがとうございます。

自分のみならず、他の方にもネガティブをまき散らすのは決して自分の意図するところでないので、ハンドルネームを変えます。

欲豚→克己復礼為仁
チョット座りは悪いですが、このネームなら、ネガティブをまき散らすことはないと思いますのでこれで行ってみようと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: No title

克己復礼為仁さん、こんにちは。

論語と来ましたか。了解しました。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。