セミナーに行ってきました 1

2013/09/23 Mon

土曜日、朝、西野流呼吸法に行って、昼からセミナーに行ってきました。

FXトレードの実践セミナー in 大阪 【会場】 9月21日(土)開催

大阪梅田で開催ということと、無料だからということで、そんなに期待していなかったのですが、とりあえず申し込んでおいたものです。

ところが、今回、セミナーに参加して、多くの刺激と成果を得ましたので、このセミナーにまつわる話題を書きたいと思います。


まず、会場には、約400名ほどの投資家が集まっていました。
驚いたのは、女性比率の高さです。
約4分の1以上は女性だったと思います。
女性の平均年齢は30台後半ぐらいだったでしょうか。
それに対して男性の平均年齢は40台前半ぐらいだったと思います。
自分よりも概ね若い。ということは、体力、反射神経において自分は劣っている、ということになります。

さて、この会場に集まった400名は、明日から自分とお金を取り合う対戦相手なわけです。

このライバルたちが、今回の話を私と同じように聞いて、勝とうと必死で戦いを挑んでくる、ということになります。

明日から、この400名が戦いの相手となるわけです。

みんなが、ここで話された内容を理解し実戦したとすれば、少なくとも、今回レクチャーされた作戦はこの会場の400名には通用しない、ということになります。



ちなみに、作戦(戦略)とは何でしょう。

そもそも、作戦とは、相手を出し抜くために、自分を有利に持っていくにはどうするか、というものです。

ミッドウエー海戦においては、日本軍の暗号が解読され、アメリカ軍に筒抜けであった、ということでした。
日本軍が何をしようとしているのか、相手にわかっていた、ということです。

そうなると、

圧倒的に不利になるのは、作戦を相手に知られた立場の方です。

つまり、相手が作戦を知っている、というのであれば、その作戦は基本的に使ってはいけないのです。

こんなことは、戦いのイロハのイ でしょう。

逆に、真珠湾攻撃は、相手に不意打ちを食らわしたからこそ成功した作戦でした。

作戦が成功するかどうかは、作戦そのものの良し悪しも確かにありますが、相手がそれに備えているかどうか、ということの方が重要度が遥かに高いのです。

この考え方は、相場のあらゆる点でとても重要になるものです。



闘技場(相場)で相手となる剣闘士たちの顔をしっかりと見定めておくことはモチベーション管理としても重要です。
自分が遊んでいる間も、相手は訓練に励んでいるのかもしれません。
相手は、こうやって必死でセミナーなどで理論武装しているわけです。
自分は、遊んでいていいのでしょうか。
自分が劣れば、その瞬間死が待っているわけです。

相手の技量を自分が上回ってこそ、闘技場での勝利が見えるわけです。

相手の血潮こそが、自分の糧となる、そういう闘技場を自分の職場にしているわけです。

セミナーの話を聞いた後で、相手の剣闘士が、どこでエントリーしてくるのか、どこで利食いするのか、どこで損切りするのか、それを周囲に座っている剣闘士の顔を見ながら想像していました。

相手の知識が変化するのに応じて、そのポイントは一刻一刻変化します。

当たり前です。

自分が新しい知識を得たということは、当然、周りの剣闘士も新しい知識を得るわけです。
自分だけでなく、周りの剣闘士も、生き残るために必死で戦いを挑んできます。
必死で、戦略を練ってきます。
従って、自分は、そのさらに上に行かないと勝つことなど不可能なのです。

そういうライバルの剣闘士の顔をまずは、しっかりと見ておきました。

トレード技術とはそういうものです。
永遠に進化し続けなければ、勝ち残ることはできません。

大勢の人が勘違いしているのは「勝てるやり方を見つけたらそれで勝ち組になれる」と思っていることです。
その考え方というのは、アップルが新型iPhoneを作ったらもうそれで永遠に勝ち続けられる、と言っていることと同じなのです。

そんなことなど絶対にありません。
それだと、まるで相手のことなど考えてもいない、ということになります。
ライバルとて、勝つために必死で頑張っているのです。
そうであるからこそ、ライバルがすぐに追いついて、半年後、1年後にはすぐにキャッチアップしてきます。
その時に、アップルがさらに進化していなければ、アップルは時代に遅れて滅びるだけです。

自分だけが進化している、という自己中な考え方だから、手法にこだわるのです。

会場を見回しながら、そんなことが感じられました。

みんな、勝とうと必死なのだ!!

ってことです。

自己中な人は、自分のことしか考えていませんから、人のことなどお構いなしです。
自分が世界の中心だと確信していますから、自分以外は変化しないのだ、と勝手に思い込んでいます。
とんでもない勘違いです。

自分だけが、今日のセミナーで新たな作戦を一子相伝で伝授されたのではなく、400名が聞いているのです。
実際、こうやって400名が、新たなる知識を戦略を授かって、明日の戦いに参戦する、という現実が目の前にあるのです。

しかも、この会場には、大勢の初心者とともに、プロトレーダーも間違いなく混じっています。
目立たない、ただのおっさん風の受講者が、実は、毎年勝ち続けているプロトレーダーである、ということが間違いなくあるでしょう。
横に座っていた女性が、実はプロの女剣闘士であったかもしれません。
プロの剣闘士が間違いなくこの中に数名はいるはずです。
まあ、私もその一人だったわけですが(笑)

戦略のヒントを探すため、ライバルの情報を得るため、とプロはプロなりの目的を持って、セミナーに参加しています。

どいつがプロなんだ

とちょっとそういう視線で周りを見回しました。

このように、セミナーが始まる前から、既に戦いはスタートしています。

相場というのは、一見すると相手の顔が見えにくいのですが、今回のようにセミナーに足を運ぶと、敵の顔を見ることができます。
会場を見渡して、私も心を引き締められる思いがしました。

昔だったら、投資家セミナーといえば、ほぼ全員男性というのがお決まりだったのですが、最近はその傾向も変化しています。

女性剣闘士が増えた

時代の変化を感じます。

そういえば、最近はセミナー参加の意欲も衰えてきてあまりセミナー会場に足を運ぶこともありませんでした。
昔は東京までよく足を運んでセミナーに参加したものです。
最近は、無理にセミナーに足を運ばないでも、後でDVD化されることが多いので、それを買うことが多くなりました。
しかし、会場で、このように雰囲気を味わうことは、モチベーションを上げる絶好の機会となることを改めて感じました。



さて、余談が長くなりました(笑)
余談でブログが終わってしまいそうですが、セミナー開始前からこれぐらいのことを考えていた、ということでした。

本題のセミナーの話に移りましょう。
最初に目についたのは、司会の女性が美人だったこと(笑)
女優の仕事もしているということで、アイドル好きとしては、とても好感が持てました(笑)




最初の剣闘士養成所の講師の登場です。
えつこ氏が登場しました。

セミナー中に彼女が何度も何度も繰り返していたのは、

トレードルールをしっかり持っていないと、資金を失う

お金を賭けるトレードなのだから、絶対に何となくトレードしてはいけない

ということでした。
何度も繰り返していたということは、よほど何となくトレードしている人が多いということの裏返しなのでしょう。
私も同じことを強く感じていることは、このブログでも書いているとおりですが、何故いい加減にトレードする人がこれほど多いのでしょう。

目をつぶって適当に剣を振り回したら当たるのだ

それで勝てると思っているところが不思議です。

そして、彼女のトレード哲学に入ります。

彼女は、とにかく、動くタイミングを見定めて、そこだけをトレードする、という哲学を持っています。

そのために、色んなツールを使ってタイミングを探す、ということをやっているのです。

FXにおいては、1日1回は動いている=チャンスがある、と彼女は言います。

それをどのように探して、どのようにエントリーするのか、そして、どのようにエクジットするのか、それを具体的にしっかり説明してくれていました。

私はオシレーター類を全く使わないのですが、目的を明確にしながら、基準をはっきり持つためにオシレーターを使うのも悪くないな、と思えるお話でした。

「目利き」が難しい初心者ならなおさらにオシレーターを「ものさし」として使うことは有効なのでしょう。

実に、明快で、わかりやすいセミナーだったと思います。

そして、何故彼女が勝てているのか、ということがはっきりわかるセミナーでした。
これはまた後で説明します。


彼女が会場に向けていくつかアンケートを取っていました。

メタトレーダーを使っている人は、という問いに半分ぐらいが手を挙げていました。

そして、ファンダメンタルを使っている人は、という問いには、ほとんどの人が手を挙げていませんでした。

メタトレーダーを使っているのが半分というのはわかりますが、ファンダメンタルはほとんどの人が見ていないのだ、ということには、私もちょとびっくりしました。
ほとんどの人が、テクニカルだけでトレードしている、ということでした。

えつこ氏は、ファンダメンタルを重視しておられました。それは、次のバカラ村氏も同じです。
何故、ほとんどの投資家がファンダメンタルを見ようとしないのか、恐らく、理解するのが難しいからだと思いますが、それでは飛車角抜きで将棋をするようなものだと私は思うのです。




さて、次にバカラ村氏の登場です。

ちょっときざっぽい風貌なので、キザ男の雰囲気と思いきや、こちらもとても親切丁寧で、しっかりとしたセミナーになりました。

65分のセミナーでテキストが65枚という鬼のような枚数ですので、1枚1分でどうなるか、と思っていたら、案の定最後は新幹線モードに突入となりました。

それでも、やはりえつこ氏と同じく、旬な通貨を選ぶ という話から始まって、トレンドに乗る ということ、そして、基本的には、ブレイクではなく、押し戻しを待つ というエントリーポイントを探すこと、など、ポイントを押さえた内容でした。

そして、具体的エントリーテクニックとしては、サポレジの活用と、ダマシの活用の2点を事細かに説明してくれていました。

こちらも、教科書的ではなく、実践的な説明を詳細にしてくれていたので、私もとても参考になりました。
私自身、気が付いていなかったポイントがいくつかあって、とても参考になりました。
これは、私がよくやられているポイントでもあったので、この話を聞けただけでも10万円の価値があったと思います。
セミナーとは、そういうものでしょう。

トレードセミナーのいいところは、1つでも気づきがあれば、その1つの気づきに10万円、100万円の価値が見いだせる、ということでしょう。

ちょっとした気付き、ちょっとしたヒント、ちょっとした切り口が大きな価値を生むことが結構あるものです。
自分ひとりで考えていても、限界がありますから、こうやってセミナーで時々頭を揺さぶることが必要だと改めて思います。

バカラ村氏といえば、過去にはボリンジャーやオシレーターの説明をされていたので、またその話なのかと思っていましたが、今回はそうではなかったこともよかったと思います。
これは、私がオシレーター類を基本的に使わないことからそう思っただけかもしれませんが、バカラ村氏も、次のように述べておられました。

「オシレーターよりも、ローソク足の値動きそのものの方がよほど重要です。オシレーターだけ見て売買したら損しまくることでしょう。」

バカラ村氏というのは、ボリンジャーなどのDVDを出されているので、オシレーター大好きトレーダーかと私が勝手に勘違いしていただけでした。失礼しました。




ということで、今回のセミナーには、期待していなかったのですが、その期待は、いい意味で完全に裏切られました。

お二人とも、とてもしっかりと自分が実践でやっていることを説明されていたので、とてもよいセミナーだったと思いますし、とても実践的でした。

あまり内容を書くと著作権がありますので、具体的なことはこのあたりで止めておきましょう。
もっと内容が知りたい、という方は、またパンからDVDになると思いますので、それで見られたらいいと思います。
またこちらでもご紹介しましょう。
ありがたいことに、どちらのセミナーも数千円だと思いますので、お得感抜群です。
是非、ご覧になってください。
株式トレーダーにとっても、どちらも有益だと思います。
しょうもない何万円もする商材と比較すると、抜群のコストパフォーマンスでしょう。 


実は、セミナーに期待しない、というのは、この下にある人気ブログランキングの上位にいる某株トレーダーがパン主催でやったセミナーのDVDを以前見たのですが、具体的な話はただの一つもなく、儲けた話と一般論に終始していたのを見て、なんだこれは、と思ったことがあったからです。
そもそも具体的に何も話をする気が無いのなら何故セミナーなどやるのか、と思うのですが、まあ、儲けた儲けたという日記ブログが人気があるわけですから、儲け話を聞きたいという人も多いのでしょう(笑)

これは私の感覚でしかありませんが、概して株式トレーダーのセミナーよりも、FXトレーダーのセミナーの方が有益なものが多いです。
これは、私が株式トレーダーだ、ということを割り引いてもそうなのですから、かなりFXセミナーが有利な状況でしょう。

何故そうなるのか、という理由もある程度わかるのですが、株式トレーダーがケチだ、というのではなく「株式市場の流動性の問題」と密接にリンクしているのです。
FX市場と比べて、圧倒的に流動性が低い株式市場においては、敵に塩を送ること が自分の首を絞めることになる、ということはプロであれば誰しもわかっていることです。
というよりも、自分だけの流動性を確保することとて、日々四苦八苦しているのが現状なのです。

株式プロトレーダーにおいては、最大の敵は実は流動性なんです。

先ほど書いたように、セミナー会場には、「初心者限定」といったものはありません。
そこにプロも潜んでいるのは間違いありません。
そうなると、ただでさえ流動性に苦しんでいるのに、セミナー講師は、同じ船に乗っかる乗客をさらに増やすのか、しかも同業のプロであればとても厄介な存在になる、という難題にぶつかることになるのです。

実際に、株の助氏という有名トレーダーが、それまでは禁じ手であった短期逆張り手法をオープンにしたために、自爆した、という事例が代表的です。
彼が手法をレビューして、すぐにその逆張り手法は通じなくなりました。
これによって、本人が苦しむことになるだけでなく、セミナーを受けた人も誰一人としてプラスにはならなかったのです。
彼は、株式市場の流動性の低さを理解していなかったのです。


また、FXトレーダーが、スプレッドで文句を言っているのをよく耳にしますが、株式市場だと、そんな生易しいものでは済みません。
1%のスプレッドなど株式市場では日常的なんです。
元々そのように流動性が低いのですから、さらに同業者を増やせばどういう事態になるのか、容易に想像できます。

スプ1%とはFXではどういうことでしょう。
ドル円で1%と言えば、何と1円です。
レバレッジは違いますし、値動きも違いますが、もしドル円で1円のスプがあったら誰も勝てないでしょう。
株式市場ではそれが日常的なんです。
場合によっては、2~3%のスプを取らないと損切りできない、という最悪の事態も日常です。
同じトレーダー同士で食い合いになれば、さらに悲惨な損切りが待っていることになります。

トムソンガゼルを食うのではなく、ライオンやハイエナなど、肉食獣同士の食い合いに簡単に陥るのが株式市場の現実の姿なんです。

さらにそこに手数料や金利も乗っかってきます。
株式トレーダーは、そういうコストと流動性と戦っているのです。
私自身、大きくやられる時は、ほとんど流動性の欠如によるものです。



さて、セミナーも当たり外れが多いですし、実際には外れの方が圧倒的です。
セミナーを受けても、ほとんど参考にならない、というものが多数派です。
私のように熟練者となると、さらに外れの確率は高いです。
というのは、そもそもセミナーというのは、初心者向き、もしくは、数が圧倒的に多い勝てない人向き、のものが大多数だからです。
そういう意味でも、今回は貴重なサプライズであったと思いました。
逆に言うと、外れは損切りすればいいだけです。
ちょっとした時間とコストで済む話なので、損切りが多いからといって、セミナーなんて行っても意味ない、というのでは、損切りがあるから、トレードしない、と言っていることと同じでしょう。
また、勝てている人が「自分はもうすべてをわかっている」と思うことは、驕りです。
常に前進あるのみ。前進を止めれば、死あるのみです。



さて、今回お二人のセミナーを受けて、西原派の私から見て、数多くの共通点を見いだせたことが、一番の成果となりました。
次回、その成果について書きたいと思います。

続く


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

セミナーにいってるじてんでプロではない

ニセモノはとっととしねや

商材

あらなみさん、おはようございます。

セミナーに行ったんですね。
僕はポジション調整などの大枠のルールが弱いと感じていたので、この連休でFXのある商材を購入しました。
この商材はFXをカジノゲームに見立てて大枠のルールを紹介しており、デモトレードではありますが、実際のトレードも動画で紹介されていました。
手法などの説明はなく、ひたすらゲームルールの説明でしたが、資金管理・ポジション調整など、今まであやふやな部分だったことが少し解消されました。

趣味的売買の話がありましたが、トレードを仕事と捉えて実行するにはまだ土台が弱いのではないかと思い、ルール強化のために購入したのですが、思いのほか収穫がありました。

商材を購入するのはかなり久しぶりで少し抵抗もあったのですが、今よりレベルアップするには柔軟になった方が良いと考えのが、結果的に自分にはプラスになりました。

昔と違い手法オンリーの商材に興味が無くなっていたのではずれを掴まずにすんだのかもしれません。

Re: No title

お前はニセモノ さん

こういう批判をされるかたもいますね。
どう感じるかはそれぞれですから仕方がありません。
このブログの読者おひとりおひとりに感じてもらうしかありませんね。
偽物だと思えば、来ていただかなければいいだけのことです。
無理にかかわっていただく必要は全くと言ってありません。

Re: 商材

歳三さん、こんにちは。

商材もセミナー以上に外れが多いですからねえ。
概して、手法モノには要注意ですね。
それと「王道モノ」にも注意です。
王道モノとは、裏を返せば「ありきたり」ということですので。


さっそく試してみました

本日は株がお休みですので、FXで早速試してみました。
午前中で商材代金回収です。

エントリーは自分の従来のルール通りですが、ポジション調整を実践してみましたが、なるほどと感じました。
自分の今までの資金・リスク・ポジション管理はかなりアバウトだったようです。

1000本ノックでかなり前進したと思っていましたが、所詮我流なので自分の癖や甘さがそのままだったようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: さっそく試してみました

歳三さん

いつもコメント、またご配慮ありがとうございます。

商材代回収はよかった。
トレードで授業料を払うか、教材で払うかの違いですから、本などから吸収できた知識で実践できれば、とてもよい授業料になったと思います。

No title

あははははは、こんばんは、あらなみさん。
やはり顔の見えないネットだと、人は下らない書き込みでも平気で出来ちゃうんですよねぇ。
ま、こういうのは相手にしないのが一番でしょうね。

ネット上で知り合った知り合いのFX短期トレーダーがいます。
彼はトレードに関しては、私から見ても大した力量だと思えますし、何より素直な人です。
その彼は他人の話を聞く事、その人の手法の基となった思考を理解しようとする事に対しては貪欲としか言いようがありません。
当事者間だけではありますが、相手に聞くだけでなく相手に聞かれれば自分のロジックも晒します。
自分がコレッ!と思った人と会って話が出来るとなれば、どこにでも行く人ですw私も二度ほど付き合いました。
トレードが好きだからという事もあるのでしょうが、彼には自分自身の武器を増やしたい、深くしたいって考えがあるんだと思います。

まー、相場なんて波形の出方もしょっちゅう変わりますし、ボラティリティだって出たらどこまでも、出なくなるとこれでもかっ!ってくらい変わりますよね。

自分だけじゃ思いつかない他者の思考の末の・・・・素直に他人の話を耳を傾けなくなったら、その人はオシマイが近いのかもしれませんね。

リーマン前の人達の事も、今だから間違った成功体験だと言えるだけなんでしょうね。
私はセミナーや商材は・・・・うむむむ・・・の頭が固い方の人間でしたが、今回の記事で少し・・・・でした(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

たつじさん、こんばんわ。

いいお話ありがとうございます。
素直に人の話を聞く、というのは簡単なようで結構難しいものなのですね。
どうしても、自分というものを確立しているベテランになればなるほど、新しい考え方を受け入れることが困難になります。
ただ、自分の考えの中に留まっていると、先に進むことが難しいので、とにかく私は脳をかき回すような話が聞きたいところです。
そういう意味では、時分と真反対の主張をするような話がいいのかもしれません。
そういう意味で、本を読むというよりも、実際に話を聞けるセミナーという機会というのは、インパクトが違いますので、素直に入ってくる度合いも高くなるのですよね。
私もセミナーに出向くということは最近はご無沙汰だったのですが、たまにはいいものだと改めて感じましたね。

西原さんのオンラインセミナー

日時: 2013/09/24(火)19:30~21:00
http://www.cyberagentfx.jp/gaikaex/event/detail.php?id=203

時間が合えばどうぞ。

No title

株式トレーダーは何故その様な厳しい戦場をあえて選ぶのでしょうか。

No title

あらなみさん、こんにちは。

>それと「王道モノ」にも注意です。
>王道モノとは、裏を返せば「ありきたり」ということですので。

旧ブログから「ありきたり」の重要性を語っていたあらなみさんらしからぬ印象を受けましたが
ありきたりの事とは当たり前のように実行できるかどうかが重要なことであって、
お金を払ってまでそれだけを聞きに行く価値はないと私なりに解釈しましたが、どのようにお考えでしょうか?
ご意見を頂ければ幸いです。

Re: No title

はたけさん、こんにちは。

流動性などデメリットがある反面、大きなメリットもあります。

記事にしても書ききれないものですが、ポイントだけ簡単に書くと、

①多彩な銘柄群があるので、多彩な戦略が使えること

②為替と比較して、ボラが非常に高いこと(場合によっては1日で20%とか動く)

③銘柄数が多い(4000銘柄弱)ということは、どこかで自分の得意な動きがあるということ

④立会時間が短いために、朝の寄付き時などの短い時間に大きな値動きが期待できること

⑤板読み、銘柄の相関関係などFXとは違ったファクターにより値動きが読めること

などが主なところですね。

今、相場と言えば、FXと株が両壁ですから、それぞれのメリットデメリットを見て、自分がどちらのメリットの方が自分向きか、ということで判断すればいいのだと思いますね。

どちらの方が簡単ということは無いと思いますが、敷居は高い(資金面で)のですが、多彩さということから、若干なりと株式の方が簡単かもしれませんね。
中長期では、ファンダもよく効きますし。
(と私が株だから言うのを割り引いてください(笑))

Re: No title

翠と蒼さん、こんにちは。

舌足らずだったようですみません。

ありきたりは重要です。これに変化はありません。

私の言う「王道モノ」とは次のような商材を指します。

1000円の本にしっかりと書いてある同じことを4万円で売っている商材

です。

それだったら、1000円の本でよい、となりませんか。

つまり、「王道がいけない」という意味ではなく、「王道という美名の商材」がいけないという意味なんです。

確かに、多少のアレンジをしているように見受けられますが、どれとはいいませんが、私が読んで「何から何まで1000円の本と同じだ」というものも結構あります。

いい言い方をすれば「王道モノ」悪い言い方をすれば「1000円と同じ内容」となります。

そこで、何か特徴的な使い方やポイントを押さえたところ、ピンポイントがあればまだ救われるのですが、

最悪なのは、

「オシレーターの羅列商材」

です。

もうこれは最悪。

そうなると、正に「1000円の本と全く同じ内容、もしくはそれ以下」の王道品となるのですが、私の言うのは、そういう意味であって、

王道がいけないことだ

という解釈ではない、とご理解くだされば幸いです。

もちろん、1000円の本には価値はあります。
王道の紹介として。
王道を知りたければ、1000円の本で十分だ、ということなのです。
王道とは、そもそもそういう本でいくらでも紹介されているからこそ王道なのです。

「シュワッガーのテクニカル分析」

この本が王道テクニカル本としては、かなりおすすめです。
この本は、王道だけでなく、邪道(笑)の裏技について詳細に事例とともに書かれています。
古本なら1000円ちょっと。
4万も5万もするような商材よりはよほど秀逸な一品だと私は思います。
私のセレクト本の一冊でもあります。

長くなりましたね(笑)

管理者さん!まだまだ頑張りましょう!

No title

セミナー会場で「どいつがプロなんだ?」思わず笑ってしまいました。わたしが競輪場に通っていたときのと感覚を思い出しました。投資でもギャンブルでも商売でも、何にせよ、わたしが出会った、できる人間というのは、おしなべて観察力が、それも人間観察が鋭い、それも楽しみながらやるのも、さすがあらなみさんですね。

練習と勉強の継続ですから

いつまでたっても上手になりません。失敗だらけです。
その意味では、わたしなんか完全に「ニセモノ」でありまして、
ひとさまのことをニセモノ呼ばわりできるくらいの自信がほしいものです。

ああいうのは自信かな? 単なる思い上がりともいうけれど・・・・。井の中の蛙なんて言葉もあるし。

動いているエスカレータに乗っているようなもので
常に足を動かしていないと、たちまちに下にもっていかれる。
いつでも努力と勉強なんですから、
セミナーで勉強する態度こそ、立派だと思います。あたまが下がります。

エスカレータは、時に故障めいた動きで、急激に動いたりしますが、
だいたいは一定の速度ですから、
そんなところで走ってもしかたないと思うので、
こっちも一定のペースで歩いて、「少しだけ上にいく」という
そんなことを心がけています。

時にある急激なスピード違反はねえ、これは、
降りちまったりするしかないんですけれど。

それでは「いつ降りるんだ」と聞かれると、お答えはありません。
まことに適当といえば適当で、林さんの本の中で、すきな表現のひとつ「わたし流儀では」ということなら、
そうですねえ、適当で、おりたいときにおります、としか
いいようがありません。

ひとの考えを謙虚に聞くことは、自分の考えのブラッシュアップになります。
しかし主体的立場・考えを、ある程度確立していないと、
引っ張られすぎて、なにがなんだかわからなくなりもします。

ひとの考え・立場を、自分の方法のブラッシュアップの参考にできる程度。
それくらいにはなりたいものであります。

とにかく、ずっと勉強と練習なんですねえ。
いつになったら、ひとさまを「ニセモノ」なんていえるくらい
図々しくなれるんでしょう。
多分、なれないでしょうね、生涯。なる気もありませんが。

あらなみさんのブログは、とっても勉強と励ましになります。
いつもありがとうございます。

Re: No title

ハルトモさん、お久しぶりです。

私は、人間観察が結構好きですね。
大勢の人がいると、いつもきょろきょろと挙動不審しています(笑)
そして、顔を見ては、こいつ何を考えているんだろう、って感じで想像しているんですよね。
変人ですかね(笑)
どうしても、美人をガン見する癖が直りませんが(笑)

Re: 練習と勉強の継続ですから

虚無僧さん、こんにちは。

人それぞれですので、当然色々と批判もあると思います。
その場合、剣闘士のどちらが正当であるのかは、それを見ている観衆が判断してくれればそれでいいことです。
トレードに関して書かれている内容は、いくら背伸びしてもわかる人にはわかります。
ちょっとしたコメントでも、私の記事でも、読む人が読めばお里がわかってしまうんですね。
私もコメントを読んで、「この人は苦労人だなあ。」とか「やっと雲海を抜けて視界が開けた解放感のコメントだなあ。」とかと思って読んでいます。

さて、虚無僧さんのコメントを読んで、ちょっと考えたことがあります。
長くなったので、記事に昇格しました。

わたしは日常の料理が好きだから

やさしい銘柄しかやりません。派手な動きはきらいなんです。
セクターでいえば化学・金融・建設・電機はやりません。
理由はあるんですが、おおざっぱにいうと発明発見とか、技術革新なんかで
動く銘柄は避けているんです。

難しい銘柄を技術を駆使してとれるほどの技量はありませんから、どちらかというとひとが見向きをしないような地味な銘柄をやるんです。

繊維とか食品とかが多いですね。あとは素材関連銘柄です。
東証一部に限定。35銘柄を選択して監視。
そのうちの10銘柄くらいですかねえ、実際にやっているのは。

毎日の食事のおかずのほうが、大事だろうな、って思うし、
ときどき飽きたら、銘柄を入れ替えたりしますが、
それでも地味なのを選びますね。
月足をみると「なんだ、ぜんぜん動かないじゃないか」というような動きの少ないのをやっています。

投資の仲間がいるんですが、10人くらいですね。
先日軽井沢で家族ぐるみの合宿をやりました。
サロンみたいになっていて、いろいろ話し合うんです。
あらなみさんのブログは、その仲間たち全員が見ていますし
参考にしています。
この教室は、そうですね、12年経過していますか。
リーマンショックとか、その前のテロ事件とか
荒波の中を生き延びてはいる教室なんです。

ひとの視点って、とっても参考になるし、
あらたな発見があるから、いつだって歓迎なんですね。

ちょっと誤解されたかな・・・と思うんだけど、
完全に反対で、とっても地味なんですよ、わたし。
規律は、個的にはけっこう細かいところまで決めたりするんだけど、
教室に共有の規律は三つだけです。これは教室員に共通した規律で
あとは、各自が決めるんですけどね

徹底的な原資管理を行うこと。
一定の量を決定して、それ以上は売買をしないこと。
一回については1単元以外の発注をしないこと。

以上の三つなんですね。これだけが全員に共通している。

だから「基準は5玉まで」と決めたなら、
逆張りだろうが順張りだろうが(ひとによってアプローチが違うけど)
それ以上は買えない。売りもできない。

ゆえに、たとえ逆行しても、それ以上の損失はでないし、
「最後の玉が終値逆行なら翌日に成り行き損切を実行」という
絶対規律がありますから、損失限定なんですね。

でも、決めた量に達することは、あまりありません。
それ以前に利益確定してしまうか、損切ですねえ、実際は。

単純に、シンプルにということを心がけています。
技巧に走ると、結局迷いの世界に入ってしまうから、
「相場は日中・週間・月間・年間の、
どこかの時間設定の価格の差額をとるだけの単純行為」
と割り切っていくんです。

あとは設定の時間軸と量の問題だけになる。
量と時間と価格幅。この三つの相場の要素の相関のとり方。
それ以外に相場対応はないんじゃないかな、とは思っています。

そうなると、どうしても地味な銘柄のほうがやりやすくなってきて、派手にならないんですねえ。性格的にも地味ですから、
そっちのほう性格相性がいいと思ってやっています。
そんなに技巧派じゃないんです、わたし。シンプルにやるから・・・・。

所であらなみさんはセミナー、座談会などされる予定は無いんですか?

仮に開催された場合手法のしゅの字も出てこない事も努力もノックの本数も全然足りてない事を思い知らされるのも承知しています(笑)

それでも参加したいと言う人はきっと自分だけではないと思っています。

Re: タイトルなし

一読者 さん、こんにちは。

セミナーの予定はありませんね。

お話できれば、また印象も違ってくるのでしょうね。

仮に開催したら、手法のオンパレードとなる予定です。
手法大好きですから。
古今東西のありとあらゆる手法を知っていますので、いくらでもレビューできます。
ただし、それでは儲かりません(笑)
難しいものです。

私のブログは特殊で、手法のことを書くとすぐに「当て屋だ、手法探しだ」とクレームが入るので、書きにくいですねえ。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR