スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの趣旨など

2012/12/15 Sat

頂いたコメントの御返事代えて、記事でブログの趣旨など、コメントのお返事を書いておきます。


私のブログにコメントしてもらえる方は専業の方が意外と多くて「世の中、意外と専業投資家がこんなにも多いのか」とか思ってしまいます(笑)

林本に関しては、色んなご意見があるのは、私のブログの経緯を辿ってもらえればおわかりのとおりです。

しかし、私が林本に会った30年前の話、とすると、実は、今とは、環境がまるで違っていたのです。

当時、相場本と言えば、もう「大儲け。情報、当て物」「日経が5万円時代到来!!」程度の今ではお目にかかることも難しいぐらいの「低レベル」なものがほとんどで、その中では、キラリと光るダイヤモンドのような存在だったのがいわゆる「林本」だったのです。

その林本から、どう読み取るのか、というのは、残念ながら、

「資金管理を無視して、無限ナンピンの勧め」

と読んでしまう人が多発した、という実態があったにせよ、愛情を込めて本を書かれていることは、読めばわかることだと私は思っています。

特に後半に出版された本だけを読んでいると、FAIなどに傾倒されていたのでそう感じてしまうのかもしれませんが、初期に書かれている「商品相場の技術」という本などを読むと、技術として、順張りも紹介されていますし、出処進退について、相場師が弟子に教えるように丁寧に丁寧に書かれているものだと思い、今でも時々読み返している貴重な本です。


そもそも、相場で儲けられるかどうか、については、資金管理ができるかどうかにかかっています。
林本にも、資金管理の記述がありますが、ほとんどの人は読み飛ばす部分(笑)なのでしょう。
大切な部分だからもっと強調しろ、ということもあるかもしれませんが、それは「読み飛ばす方の責任」もあると思います。

林本を単なる「ナンピンの勧め」と取ってしまう・・・確かに、それは、逆張りナンピンを強調したい、という気持ちが本の前面に出てしまっていることは確かなので、「手法本」として読んでいる多くの読者には、それしか届かなかった、という悲しい現実もあるわけですが・・・

ただ、セミナーをやっている方に聞くと、資金管理の話をすると、セミナーをやっても人が全く集まらない、ということらしいですね。
まあ、面白くはないし、興味もわかないのでしょう。

まあ、坊主の念仏のようなものなんでしょう。

そもそも、人は、自分の興味のある部分しか読まないし、聞こえていても聞こえないし、頭には残りませんから、いくら強調したとて、結果は同じなのだろうと思います。

(一番人気は、当然ぶっちぎりで「相場の手法解説、当て方解説セミナー」です。)

ただし、最近は、雑誌などを読むと、今では、二言目には

損切り、リスクマネジメント

という言葉だけが、金太郎飴、のように乱舞する時代ですので、もう一般化はしてきているのだと思います。

(きちんと理解し、実践できるかどうかは別にして)

30年前ですと、林本の読者以外は誰もそんなこと意識すらしていないかった時代でした。

株を買って、負けたら塩漬け。戻るまでひたすら頑張る、それが投資法でしたので。
それでも、バブル経済でしたから、それで結構勝っている人もいたのだと思います。


そもそも、今でも、世間的には相場を当て物と見ている人がほとんどですから、それは仕方がないことだと思います。



それから、マーケットには、色んな多種多様な意見の方が大勢集まってこそ、マーケットであるのですから、投資家が二人集まれば、ケンカになる、ということは当たり前でもあるのでしょう。

そういう違った意見があるからこそ、同じ値動きを見ても、売り手と買い手がいるわけです。

視点として持っておかねばならないと私が意識しているのは、

マーケットでその値段がついた、ということは、その時点で売り手と買い手は、常に一対一のイーブンである

ということです。

つまり、その値段がついたということは、売り買いが同一だ、という事実です。
この理屈がよくわからない人もかなり多いと思います。


ただ、私のブログのコメント欄であまりケンカをやられても、一般のご訪問者からすると、抗争事件が勃発していては、コメントが書きづらい、とも考えますので、こちらのブログでは制限することとしました。

(といっても、何故か専業の方など、腕利きのみなさんの書き込みが目立ちますが、是非初心者の方の声も聞かせていただけるとありがたいです。)



それから、

>今年の春に旧ブログを初めて知り、それこそ繰り返し繰り返し読みました。読んでは実戦、凹んで己を知り、また実戦。血肉になるまで。

>まさかまたあらなみ様の記事を読めるとは感激です。私のトレードにおけるメンタル面は以前のブログに頼っているといっても過言ではないのです。


とてもありがたいコメントを頂いております。
それこそ褒め殺しなのか、とも思えるようなものですが(笑)
一所懸命書いたことではあるので、こうやって読んでいただける方が一人でもいる、とわかれば、とても励みになります。


私は、ブログを書くことを通じて、

相場とは一体何なのだろうか

相場の本質とは何なのだろうか

相場で勝つこと、相場で負けること、とはどういうことなのだろうか


という単純な疑問を解決したい、という自分の欲求をレポートとして書き綴ってきた、というような感じなのだろう、と思います。

誰かに押し付けようとか、誰かに教えてやる、といったような恩着せがましいものではなく、単純に、自分のそのような疑問に対して、答えを求める「求道者」「修行僧」といった意味合いが強いのだと思います。

ですから、何故勝つのか、ということと同じぐらいに、何故負けるのか、という情報も重要だと考えています。

そういう考え方だからいくら努力しても、何をやっても負けるのだ

そういう考え方だから、損切りもきちんできている、手法も勉強している、それでも勝てないのだ


ということもあります。

このように、記事を書くことによって、自分の考えをまとめようとする努力をしている、という感じです。

なので、ひとりごとでもあり、独善的なのかもしれません。


そういう中ですから、

あらなみのブログには答えが書いていない

というありがたい(笑)ご批判も多数頂いていることは重々に承知しております。


ただ、答えとは何か、

具体的やり方なのか

投資手法なのか

相場の当て方なのか


もし、そういう答えが欲しければ、今では、

死ぬほど投資雑誌とか、パンの本とか、情報商材とかに書いてあります

から、死ぬほど読んでもらえばそれでいいと思います。

損切りが大切

ということも、今では、死ぬほど雑誌を読めば書いてあります(笑)

いちいちここでは書きません。

ここで書くのは、そういった戦略や資金管理の背景にある考え方を紐解いていこう、実際に実践者としてやっている中での実体験として、

何故それは意味があるのか

何故それが必要なのか

何故そういう考え方は間違っているのか


というような

何故

を追求する研究をしている一人の投機家のつぶやきだ、という感じなんです。

つまりは、

答えというより、何故を考えている投機家の試行錯誤の記録である

といった感じなのでしょうかね。

私は、評論家ではなく、投機家ですから、ひたすらの実践の中で何故を見出そう、そう考えているのです。

答えを探しているみなさん、答えは見つかりましたか。

とても残念なお知らせですが、私は答えを探して30年、未だに見つかってはいません。
ただし、探す答えと儲けとは大して関係ない、ということだけはわかりましたが(笑)


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

林本

あらなみさん、おはようございます。
ここ数回いつも1番のコメントで気が引けますが、今日もコメントします。

林本は数年前に読みました。立花さんの本もです。
その時は「ナンピンの勧め」として読んでました。
やり方ばかりを意識していたからでしょうね。
そして実戦でもナンピンやりました。そして自爆しました。
その後ちょろちょろトレードしながら彷徨ってた時に、2年半前あらなみさんのブログを見つけました。
その時の感動はすごかったですね。
でもやっぱり続きませんでした。
そして昨年もう一度やり直すために1000本ノックをクリアし、現在に至ってます。

専業になって林本を図書館で借りて読み直しました。
(自爆した後使えないと判断し売った為です)
そしたら過去に読んだ時は違った印象を受けました。
特に印象を受けたのは「休む」ことです。
未だにこれができません。
自分でも休みを入れた方が良いとわかっていながらトレードしてしまい、無駄な損をすることがあります。

分割での玉の入れ方を書いてあるのでナンピンと判断していましたが、相場の様子を確認しながらの建玉なので、自己管理をきっちり出来る人であれば、これは有効な方法なんだろうという印象を受けました。

あとよく書かれている「変動感覚」。
これを昔は値動きを予測する感覚と思っていました。
場帳と手書きグラフでこの感覚が身に付くと思ってました。
この「変動感覚」なるものが最近ぼんやりと見えてきたような気がします。
きっかけは今回の選挙です。
衆議院解散後、市場に大きな変化が出ました。
トレードしていても何か手ごたえが違うというか、うまく説明できませんが、何か違う感じがしました。
毎日株価や為替レートを確認しているからこそわかる変化というのでしょうか?
場帳と手書きグラフではなくエクセルとチャートソフトですが、何かを感じました。

この「変動感覚」というのは「環境認識」と似ているような気がしますがどうでしょうか?
どちらも市場を観察し、観察した結果からどういった行動を取るのかを決めるという点では同じように思うのですが。

あらなみさんはどの様にお考えでしょうか?

Re: 林本

歳三さん、いつもコメントありがとうございます。

ご質問のところですが、私は変動感覚というものがよくわかりませんでしたので、答える権利がないと思いますが、敢えて本から読み取れる部分では、変動感覚でつかみたいのは、「下げ止まったかどうか」「コツンと来た感じ」などと表現されています。
これは、感覚的なもので、主観的表現だと読んで取れます。

一方で、環境認識、というのは、「認識」であって、感覚的なものではなく、より客観的なものです。
というより、主観を排して、「客観的であろうとする努力をすること」と捉えてもいいかと思います。

つまり、感覚的に何となく強い、とか弱い、というものではなく、客観的なデータを背景にした、あくまでも「認識」だ、という意味です。

なので、両者はかなり違うものだ、という理解を私はしています。

ただ、環境認識といっても、人それぞれ定義しているものも違うとは思いますから、感覚的なものとして捉えている、と考える方がいてもおかしくないでしょう。

あくまで、私の考えは、というお答えでした。

No title

前回の私のコメントには傲慢さの香りがしてました。
あらなみサンの新しい記事を読んで再確認した次第でございます。
申し訳ありませんでした。

今の私は株式は全くやっておりませんが、株とFXの似たようなチャートを見て思う事・・・私個人の事ですが。
株は下がれば下がるほど、反発期待・反発があった時の欲深さで下値を拾おうとする下心が出てきます。
FXですと不思議と下がれば下がるほど、騰がれば上がるほど、そのままの方向性を期待します。
何ででしょうか、自分でもよくわかりませんw

今でも林本は書棚に鎮座してますけれど、現在の私にとってどうしても理解できない記述が一つありまして、その部分だけでの判断が前回のコメントに出てしまったのだと思います。
底に近いか?と感じた時に試し玉を入れる、そのまま騰がったとしたならばソレはソレで良しとし、素直に利益が出たと喜びなさい・・・・うーーーーん。

もし、大きなトレンドが出たとして、そのトレンドに試し玉というポジション量で付き合う事で満足するのか?
今までのLC、これからのLCをそのポジション量での利益でカバーできるのか?

FXでは窓空けは事実上週初に一回しかありません。
人間には判らない底に向かっての買い下がり、天井に向かっての売り上がり・・・の場合と
自分なりの底を確認してからの買い上がり、天井を確認してからの売り下がり・・・・の場合
ポジションの平均単価は似たようなものではないか、と思いますし、
間違ったら切る、のポイントが誰の目にも判るのが後者だと思うのです。
何より、トレンドが出た場合のポジションの量は前者の場合は運不運で左右され、後者の場合は自分の計算通りの量を取る事が出来ます。
もちろん間違った時に切る場合の損失額は後者の方が多い場合があるかもしれません。
が、窓空けリスクの小さい市場であればリスクコントロールもピラミッディングもし易いと思うのです。

色々な所で色々な人たちの考え方、やり方を見てますと、ナンピン分割エントリーは間違えた時に切るかわりに文字通りのナンピンで何とか助かりたい・・・としか見えないのです。
9勝1負でも甚大な損害を被る方法なのですが、やはり林先生の教えを曲解しているだけなんでしょうね。

私はあらなみ初心者ではありますが、記事を読んでいて感じさせられる事ばかりです。
今後ともよろしくお願いいたしまする。

ヒヨっこが生意気をスミマセンでした。

Re: No title

たつじさん

相場には、色々な意見があって、それがぶつかっているものですから、誰が間違いで、誰が正しい、ということは本来無いものだと私は思っています。

私は、意見を聞かれれば、自分はこうだ、というものはあるものの、それが絶対ではない、と絶対に思っています(笑)

特に、ナンピン議論になると、私は「ヘタッピー」で、すぐに切りたくなる症候群になりますので、これは残念ながら私の範疇を超えています。

ただ、書いておられることを読むと、多少「理屈偏重」に感じました。
確かに理屈では、そう感じるのかもしれませんが、林先生の言う技術論は、基本の技術を学んで、それを実践で練習し、マスターするという実践を重視されておられます。

林本を全て読んでいる私から、林本としての意見として書けば、おしゃるような「引かされナンピン」は絶対に林先生は書いてはいません。
あくまで、相場を点で捉えるのではなく、ゾーンで捉える中で、分割売買の技術の1つとして、ナンピンを位置づけされておられるのです。

そもそも、林先生は、ナンピンの勧めではなく、「相場技術論の中核としての分割売買の勧め」をしておられるので、ナンピンはその一環ということに過ぎません。

林派の方から、物言いがかかるかもしれませんが、私はそう理解しています。

私自身は、実は分割売買をやります。
ただ、これは、試しで確かめてから本玉への移行に使っているとか、利食いを分割するとか、自然なものです。
特に、ナンピン、乗せ、と意識するのではなく、要するに「分割売買」としての位置付けです。
(よって、ナンピン、乗せの両方をやります。)
場合によっては、2~5分割とかすることもあります。
また、大きな板を出すと、値動きを止めるので、小出しに利食いするため、とか別の理由もあります。

デイトレの場合は、一発で入れることも多いですが、私の場合、リスク管理のために、あえて分割する、ということであって、決してリスク拡大のためではありません。
一発必中の方が、遥かにリスキーだと私は思います。

ハッキリ言って、「引かされナンピン」など論外です。
ただ、被害者(?)続出に対して、そういうことに、「念を押しておかなかった」から悪いのだ、という理屈が通るのかどうか、ですよね。
ここは、正直、よくわかりません。

なるほど

こちらにも連投でコメントです。

僕は現在以下の数値をエクセルで管理してます。
日経平均
TOPIX
売買高
売買代金
寄り前外資系注文数と金額
33業種ランキング
ドル円
ユーロ円
ユーロドル
豪ドル円
ダウ
ナスダック
CME225
米国2年金利
米国10年金利

原油

個別銘柄のデータは記録してません。
これは環境認識なんでしょうか?

また林派では1銘柄固定よりも他銘柄を場帳・グラフで売買している方が多い印象を受けます。
数十銘柄の場帳・グラフを書いていてれば、おそらく色々なセクターの銘柄になると思うので、多くが同じ方向に動き出した・動きが止まったタイミングなども把握できるんじゃないかと思ってます。
これが環境認識に似ているのではないかなぁと思ったのです。

このようなことをきっちり分類したからといって売買にプラスになるとは思いませんが、林本が世間で言われているほど悪い本とは思えないというのが今の僕の感想です。
あらなみさんがブログを再開されたので他の方の意見も聞いてみたくなり、あのような質問をしました。

以前のブログで派閥の記事がありましたが、今の自分は一体何派なんだろうかと考えてます。
まあ、何派であろうと自分のスタイルを構築していればそれでOKなんでしょうが、考える癖がついてしまったので、ついつい考えてしまいます。

しかし、あらなみさんはやはり以前とは違う印象を受けます。
以前は技術に重きを置いた内容のブログでしたが、今はより上方から相場を捉えた内容になっているという感じがします。
僕が以前のブログを読み切れてなかっただけかもしれませんが。(笑)

Re: なるほど

歳三さん

コストコへ行くと、何かあるのでは、とちょっとドキドキしたりして、余計なものまで買ってしまうのが、悪い点です(笑)

データ記録だけでは認識とは言わない感じです。
それを客観的データとして、利用して始めて環境認識と言えるのだと考えますが。

私は、林派ではないので、何ともコメントが難しいです。正直よくわかりません。他の方の意見ということなので、林派の方が出てきてもらえれば、ということで保留しておきます。

私も1年も経過すると、ちっとは成長したのかもしれません。
そうでないと、厳しい相場で生き残ることは難しいので。。

昔は、技術論に傾倒していましたが、今は、それよりも、興味のポイントが変化している、ということだと思います。
そうなると、どうしても、ブログの内容も変わってきてしまいます。
昔の自分のブログを読むと、「こんなこと書いてたんだなぁーー」と自分のブログながら思うことも多々あります。

派閥の記事など、面白い企画ではありましたが、また続編とか書いて見れば、今の視点ではまた違った見方ができるかと思います。

なるほど2

ちょっとコメント連続で申し訳ないです。

データ管理については説明不足でした。
TOPIXは時価総額の大きい銘柄が動かないとダメだと思ってます。
ですので動くにはそれなりの売買代金等が必要なんじゃないかと考えてます。
売買代金1兆円以下だと動くだけのエネルギーが足りないのではないかと考え、では小さな売買代金で動くのは何だ?と考えた時、時価総額の小さい銘柄はどうなんだと思ったわけです。
そこで新興銘柄に目を向けてみると、動いてました。
しかもダウや日経の動きと連動していなかったです。
だったらスイングで値幅を狙おうというプランを立てました。
これが新興銘柄に目が向いたきっかけです。
あとは悪いニュースが出てもあまり下げなくなってくると、そろそろこの関連ニュースは市場で関心なくなってきてるのか?とか。
33業種ランキングの動きでどのセクターが人気・不人気なのかとか。。。

こういう場合は環境認識なんでしょうか?
それとも目利きの分野になるんでしょうか?
環境認識にこだわってるみたいになってますね。(笑)
こだわってるつもりはないんですが、せっかくの機会なのでつい質問してしまいます。。。

Re: なるほど2

歳三さん

言葉の問題で、標準で定義されているものではないので、それぞれが理解していればいい感じではあります。
書くと長くなるので、また記事でテーマとしたいと思います。

No title

私が株を始めた頃、林輝太郎氏は、株の本は全く書いていなく、もっぱら商品相場の技術の本専門でしたね。だから、私も林氏の売りが有利という説に従って最初は米国産大豆の空売りから相場をはじめたものです。林氏の理論は根本的に商品相場を前提にしていると思いますよ。商品相場は基本的に波動が緩やかに循環していて、逆張りが効果的だったと思います。だから、ナンピンが有効だったのでしょう。その後、私は株へ移ったのですが、株では上下の変動が商品に比して、何十倍も激しくてナンピンしては、塩漬になり、とうとう、うねり取りは不可能という結論になったのです。その代り、現物ツナギ売りコストダウンという林氏の優れた理論を応用し、塩漬け株を種株にツナギ売りを繰り返し何とかデイトレードの時代でも生き延びています。結論として、林理論は株には向いていないが、その相場に於ける平均値重視とヘッジ重視の理論は間違ってはいないのではないでしょうか?

Re: No title

初期団塊世代の林的投資家さん

林先生についてのご意見ありがとうございます。
ご意見読ませていただきました。
私の考えを書くと、ここでは長くなるので、また記事に書きたいと思います。

こんにちはー

また性懲りもなくコメントですw
自分だけは違う・・・意識していようがいまいが、相場に入ってくる人のほとんどはそうかもしれませんね。
今思うと、私もその中の一人で極めつけの大馬鹿でしたもん。

変動感覚でしたっけね?掴める人もいるのでしょうし、私やあらなみサン(一緒くたにしてスミマセヌ)みたいに何やよう判らん・・・・掴めない人もいるのでしょう。
ツナギで保有コストを下げる、という考え方は私にとっては目から鱗みたいな考え方でした。

私は、あらなみサンの御指摘通り理屈先行・偏重のトレーダーです。
自分の相場感覚を信用しないルール100%のシステムトレーダーですから、仕方ないんですわ~~アハハッ

今のロジックに行きつくまでには、ベースのどこかに林本の影響はあったと思います。
うねり取りとツナギの考え方が大きかったでしょうか。

ただ、シストレとなりますとテクニカルよりも何よりも資金管理がキモになります。
リスクとは保有ポジション数などではなく、想定したポイントでの損切が想定内のコストで収まるのか、損切の損失をカバーし尚且つプラスの持っていく利食い方法とは!?
長く続けていくうえで破綻確率をどのようにして捉え、制御できていくのか・・・等々きりがありませんが。
特に私は破綻経験者ですから、もう資金管理については自分の感覚は信用できないのですw

変動感覚やナンピンについて上手く出来る人は羨ましいなーとは思いますが、林本は一般向けに出版された本でもあるのですから、資金管理について理論建てた記述がもっとあれば良かったのに、と思ってしまいます。
稚拙なトレードよりも稚拙な資金管理の方が、とてつもなく危険であるからだと思っているからです。
勝ち負けはともかく相場をやっている人、何かを求めている人なら林本を読む機会があるのでしょうから・・・・惜しい・・・・惜しいなぁ、と思ってしまいます。

Re: こんにちはー

たつじさん、コメントありがとうございます。

林本については、昔は議論も盛んでしたが、最近はあまり見かけませんね。
私もほとんどの本は読んでいますし、バラコピーや研究部会報もかなり読んでいましたので、そこそこの知識はあります。
また、連載で林本について、私なりの記事を書いてみたいと思います。
書いていただいたこと、参考にさせていただきます。

変動を受け止める感覚

いつも、興味深いブログを読ませていただいており参考になりありがとうございます。
議論に出てくる変動感覚について、ちょっとした経験をしました。私は、ここ10年ほど、ほとんど低位株(いつも100円台のS電線)だけをツナギ売り買い戻しを繰り返していたのですが、数年前、これからは、デイトレード向きの値嵩株に切り替えようと思って、立花氏のまねをして、パイオニアを売買したのですが、買玉も売り玉も全く効果的な分割ができず、ほとんどダンゴ状態な建て玉になっていて、平均値を有利にできないため大損をしてしまったのです。あとでよくよく考えると、自分の分割値幅が低位株の感覚に慣れきっていて、100単位の売買単位の株を1000円単位低位株の感覚で操作したからだと気がつきました。このとき林氏が常に銘柄を絞って、自分の専門を持つべきといった意味がよくわかった気がします。変動感覚とは、ある特定の分野に慣れた時に脳にしみついてしまうものだと思いました。

Re: 変動を受け止める感覚

初期団塊世代の林的投資家さん、コメント遅くなりすみません。
おっしゃっていることよくわかります。
私は、逆に値がさ株が得意で、低位株が苦手ですので、そういう感覚的なものは誰しも持っているものだと思います。
ただ、それが変動感覚なるもの、というより、慣れ、得手不得手、というものだという感じです。
変動感覚、というのは、「こつんときた感じ」とか「波動のリズムを受け止める」とか、あくまで値動きの受け止め方に限定するものじゃないか、という理解を私はしていますが。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。