ディープインパクト発生

2013/09/26 Thu

今朝の話題は、6988日東電工でもちきり。

225銘柄入れ替えに伴うパッシブファンドのシステマチックな買いにより、昨日引け間際残り30秒で大暴騰となり、結局ストップ高で引けました。

わずか30秒で10%もの大暴騰となりました。

2013-01-172.jpg

まさにディープインパクトです。 これだけの大型株でこれだけのインパクトは本当にびっくりです。

事前にわかっていることで、時として、こういうことが起こるというのが、株式市場の美味しいところでもあります。

作戦としては、

①引けに買い注文が入ることがわかっているわけですから、その手前で買い、引け成りで売り

②翌日下げることが多いので、ちょっと上の引け差しで売り、翌日寄付き買戻し

の2戦略が知られています。

こうやって知られているにもかかわらず、これだけのインパクトが出た、というところが、今回のイベントのすごさでしょう。

今回のインパクトを計算すると、最低単位の100株で買うとして、必要担保は20万円ほど。
利益は、約7万円となりました。
30秒ほどの仕事としてはいい利益です。
売りもやるとすると、必要担保は40万円ほど。利益は往復なので14万円。
一泊二日の利益としては悪くありません。

前に、「何故流動性の低い株をやるのですか。」という質問がありましたが、今回のようなタダ取り山のホトトギスが多いのがその理由の一つなんです。
チャートだけでやるのなら、チャートがギャップだらけで汚い個別株をやる意味はないのかもしれません。

今回のように、株式市場の仕組みの理解が収益につながることは他にも多いです。
専門的知識があるのか、無いのか、ファンダメンタルを見ているのか見ていないのか、これは、チャートしか見ていない人との決定的違いとなります。



ただし、次回どうなるのか、というと、これが微妙なんです。

というのは、これだけのインパクトが出たことによって、私を含めて大勢のトレーダーにしっかりと今日認識されました。
次回からわかっている作戦を大勢のトレーダーが実行してくる可能性が強いわけです。
そうなると、もうその作戦は通用しない、もしくは、そこで溜まったエネルギーが逆に狙われる可能性すらあるわけです。

これは、開拓時代のアメリカのゴールドラッシュと似ています。

どこかの町で金が出たぞ!!

という話は、一気に大勢の山師を集めます。
一人で掘っていたら十分に稼げるものも、100人、1000人と山師が押し寄せた時点で、もう自分の食い扶持は残されていません。
 
資源は無限にあるわけではないのです。

資源は有限である、ということは、相場で絶対に覚えておかねばなりません。

遅れてのこのこ押し寄せた自分ですら理解できたおいしい蜜を人が放置しておくはずがないのです。


過去有効であったパターンが何故通用しなくなるのか。

そういうことを考えながらこのチャートをしげしげと眺めていました。



今回、私がどうしたか、って?

9月6日に公表された時には「注意しないと」と覚えていたのですが、昨日はすっかり忘れてしまっていて・・・後で気がついて、とほほ、という状況でしたね。

結局、ボーナスステージをみすみす見逃してしまいました。

こういうちょとした注意、ちょっとした気遣い、ちょっとしたアンテナ、これがどれほどの利益になるのか、ってことをまざまざと見せつけられたものでした。

これを見て、「225入れ替えに伴う戦略がいいのか!!」という「戦略ありき」の人が多いと思いますが、そうではなく、相場に取り組む考え方として、今回を教訓にする、ということが大切だと私は思います。

しっかりと、反省し、次に同じことをしないよう対策を建てておくこと、これが何より大切です。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

ゆがみ

あらなみさん、こんばんは。

日東電工すごかったですね。
一気にストップ高とは。
イベントトレードメインの人はかなりおいしかったのかもしれません。
日経平均が安値引けしたのとは対照的でした。
何か因果関係があるのかもしれませんね。

自分の監視・保有銘柄でこういった動きになって欲しいものです。
でも実際こんな動きがあったら冷静に対処できるかどうか。。。

Re: ゆがみ

歳三さん、こんばんは。

私はメインではありませんが、こういうボーナスステージを見逃してはいけませんねえ。

まだまだです。

No title

お世話になっております。
株人です。

ブログランキングのパンセミナーDVDとは
0素0氏の事でしたら私は直接聞きに行ったのですが
とても空振りした内容でした。

225入れ替えの戦略については非常に勉強になりました。
ありがとうございます。

Re: No title

株人さん、こんにちは。

株式系の人のセミナーは、空振りが多いですからね(笑)
せっかく足を運んだのに残念でしたね。

ぎらぎらした目でセミナーを聞きに来ている守銭奴を見るのもセミナーに足を運ぶ楽しみの一つです。
まあ、自分もその一人なわけですがね(笑)

昔、野川氏のセミナーに行った時、大切な考え方の話の時にウトウトしていた人が、最後の質問コーナーになって、「株は今は買いですか」という質問をして、周りのウトウトしていた人が急にメモを取り出した、というギャグのような人間模様も見ていて面白いですね。
また、大事なところではぼぉーっとしていても、オシレーターの使い方とか、手法の話になると、急にメモを取りだす、とか、みんなが何に興味があって、何を求めてセミナーに来ているのか、ということがよくわかるほほえましい光景です。

私は、みんなが前振り、とか、余談として片づけついでに聞くような話を一番真剣に聞いていますから(笑)
具体的なところはあまり興味がないので。

良い季節になってきましたね

あらなみさん、わたしも個人投資家のはしくれとは言え、あらなみさんとはほぼ別世界の住人ですが、あらなみさんの記事とかコメント読んでいると、身近に共感を感じることが本当に多いです。

観察力の話で言えば、視点の多様さであり、またあらゆることを新鮮に受け入れる度量であったりして、まさに賢者は愚者から学ぶの格言通り。自分が学ぶ体勢ができていれば、何からでも学べる。まさに自分次第なんですよね。

あらなみさんは、たぶん、(個人でするものであれば)おそらく他の仕事でもきっと成功した、と思います。相場で勝つだけではなく、何もやっても人をうならせるような人間が相場でも勝つのだとそう思います。

わたしも性向としては、本当は個人でする仕事をしたいと思っていましたが、図らずもビジネスを長年本業としてしまい、また今でも組織に属しています。(投資はあくあままでも副業)

ずっと組織にいながら組織内ではアウトローを自認してきましたがが、本物のアウトローのあらなみはわたしの一歩先を行っている気がします。

わたしは一人でやるぜひやりたい仕事があるので、数年のうちに始めるめどを立てたいと思っています。その時は、あらなみさんの取材に大阪まで行きたいなと思ってます。笑

長々失礼しましたが、ここのコメント欄はすごく長いのが入るんですね。

No title

先日は返信を頂きありがとうございました!
お馬鹿なので有意義なやりとりは出来ないのですが……
FXトレーダーには、株は難しくて手が出せないって人が多いと思います。

ちなみに僕もアイドル好きです!(笑)

Re: 良い季節になってきましたね

ハルトモさん、こんにちは。

私も、ハルトモさんとは、多くの共通点があることを意識していますよ。

文章を読むと、考え方なり、人となりとか見えてきますから、「こいつ、只者じゃないな。」というにおいを漂わせておられます(笑)

私は、組織にいる時には、アウトローではなく、好んで人間関係のドロドロに飛び込むタイプでしたので、ここはハルトモさんとは違いましたが。

実は、ビジネスシーンでの能力を育ててくれたのは、「相場」だったのです。
相場で勝とうと必死で努力し、勉強し続けていたことで、力がついて、ビジネスシーンでも大いにそれが役だったと思います。
わからないものです。

今は、一匹オオカミとなりました。
完全な、「野良」です。飼い犬ではありません。

相場師というのは、

死して屍拾う者なし

です。

組織の応援なし、仲間なし、頼れる人なし。

全てを自分で責任を負う。

そのため、強い自己規律と強い精神力は必須ですね。

Re: No title

はたけさん、こんにちは。

株は、銘柄が多いので、経験による土地勘を磨くのに時間がかかるのかもしれません。
それが、「株は難しい」ということにつながるのではないでしょうか。

逆に言うと、

「土地勘さえもってしまうと、読める局面も増えてくる」

ということになるのでしょうかね。

私は、ハロプロファンなので、AKBとか、モモクロとか、最近のトレンドとは外れているアウトロー組ですが(笑)
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR