8:59

2013/10/11 Fri

本日は、SQでした。
FXで言う雇用統計のようなもので、月に1回のお祭りです。

SQでは、波乱を乗り切れば非常に大きなリターンが狙えるイベントである反面、リスクも非常に高いです。

今日の8:59分の心境は、まさに、

地獄の黙示録

のヘリに乗って戦場に向かう兵士のようだ、と感じていました。

緊張が極度に高まります。
頭の中で、あらゆる想定と対処、そして一瞬のミスも許されない緊張感で一杯です。

怖いか怖くないか、と聞かれれば、間違いなく怖い。
相場が恐ろしい。

手に汗がじっとり滲みます。
できれば、こんなことはしたくない。
しかし、これを職業としている限りやるしかない。

やりたいか、やりたくないか、ではなく、やるべきか、やるべきでないか、が問題なのです。

秒単位のミスが命取りになります。

頭の中で、何度も何度も値動きのシミュレーションを繰り返し、どう動けばどう対処する、こう動けばこう対処する、と繰り返し繰り返しやるべき対処を確認します。
8:00から8:59まで、当日気配の変化と戦いながら、この想定を繰り返します。
特にギリギリ5分間の値動きでやることをがらりと変えないといけないこともあるので、極度に緊張が高まります。

どうなるのかは、基本的にわからないのですから、あらゆる想定とその想定に対する対応を練っておかねばなりません。

リスクは背負いたくない、しかしリスクを取らないとリターンも無いのです。


さて、

場が始まってから、のこのこ出てきて「今日はどうしよう」などどねむたいこと言っている連中がたまにいますが、そんなので値動きの早い朝を制することができるはずがありません。
その時点で、もう「お前はもう死んでいる」です。
そういう人は、朝一のトレードは避けるべきでしょう、というより避けないと確実に死亡します。


確率の問題だ、ということは100も承知していても、一瞬の判断ミス、操作ミスということはあります。

一瞬でも迷ったら、その時点でゲームオーバーです。
そういう迷いは、想定できていなかったことが原因であることが多いです。

また、やるべきことをやっての敗北は、仕方がありませんが、防げる損失、ミスによる損失というのは、できればやりたくありません。

短期であればあるほど、瞬間の操作ミスが命取りとなるのです。

このように、朝を得意とするデイトレーダーが最も緊張するのは、8:59です。
頭の中で、何十、何百通りもの値動きの想定が駆け巡り頭はパンク寸前です。

相場が始まってしまえば、もう値動きに対応するしかありません。
頭で考えることよりも、体で動くという感じです。
値動きを受け止めて、事前の想定しておいた対処をするしかありません。
年間250日、もう10年近く繰り返し繰り返し戦い続けているので、9:00過ぎれば大した緊張感はありませんので、後は作業です。

しかし、SQ当日は、特に緊張感が高まる朝です。

そういった気持ちが交錯して、9:00スタート。


結果・・・今日は、何とか少しだけの成果で残念でしたが、生き残ることができました。

なによりも、生き残ること。
そして、生き残れたのは、相場のおかげです。
値動きが私に歯向かってこなかったから生き残ることができました。
ちょっと残念な値動きとなり、想定された利益は出せなかったのですが、それでも被弾はしませんでした。
ありがたいことです。

しかし、仲間のトレーダーは、被弾して重傷を負いました。

私と何がちがったのか。

一番大きいのは、



です。

こればかりは、防ぎようがありません。

次は、恐らく私が被弾する番でしょう。

しかし、今日のようなことを繰り返せば、運に関係なく「必然」が待っていることを知っている者としては、またヘリに乗って戦場に赴くしかないのです。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

これは

あらなみさん、おはようございます。

デイトレーダーの場が開く直前の緊張感、すごいですね。
ここまで深く考え抜いて行動していることに驚きました。

旧ブログで執行の重要性について何度か記事になっていましたが、今回の記事の様な緊張感は全く想像できていませんでした。

あらなみさんを含め、デイトレのプロはみなこの様な準備をしているわけですね。
ちょろっとトレードをかじっただけでは、運で勝つことはあっても回数を重ねるごとに負けの必然が待っているんでしょう。

やはり自分のレベルにあった戦場で戦いながらレベルアップするのが大切ですね。
以前スライム倒して経験値を上げるといった話がありましたが、ここ半年程パズドラにはまって似たような経験をしました。
虹の番人のステージがなかなか攻略できなかったのですが、あるキャラをチームリーダーにするとあっさり攻略できました。
今まで珍しいキャラや攻撃力の高いキャラでチーム編成していたのですが、なかなか勝てない。
とうとうネットで攻略法を見たのですが、なんと、今まで雑魚として扱っていたキャラのスキルが一番有効であったという衝撃の事実が発覚しました。
弱すぎてホントに大丈夫か?という感じなのですが、戦略としては有効だったんですね。
パズドラって適材適所のキャラを選択しないとなかなか攻略できないゲームだと気づいたとき、トレードも同じだと気づけました。
この時はじめて旧ブログの猿山の記事がしっかりと理解できました。

今回の記事は、こういったプロの相手はしてはいけないと改めて認識した次第です。
以前なら、あらなみさんすごいな~、自分はまだまだだからもっと練習しないとって思ってたと思うのですが、上を目指すより今は足元を固めようと思えた自分をうれしく思います。

Re: これは

歳三さん、おはようございます。

いつもコメントありがとうございます。
こうやって買いていただくと、ほんとうに助かります。

今回は、トレードにあたっての「空気感」を書こうと思いました。
その空気感を読み取ってもらえたので、とてもうれしくコメントを読みました。

用意周到なのは、「勝つためには当たり前のこと」を積み重ねているだけです。

「適材適所」というのは、いい言葉ですね。
実は、パズドラはやったことがないのですが、弱いキャラが意外な魔法を使えてそれが突破口になったりするものですが、トレードも最初は無視していたようなポイントが実は重要だった、というようなことが結構ありますね。

職業トレーダーというのは、いわば「訓練され、完全武装したグリーンベレー」でしょう。
用意周到なのはもちろん、持っている武器も半端なくすごい。
そういう兵士相手に戦いを挑むのか、ってことです。

相手にするなら、こういう兵士を相手にするのか、それとも、「年に数回証券会社に電話するじっちゃん、ばあちゃんの注文」を相手にするのか、ってことですよね。

グリーンベレーは、基本的に商いが盛り上がっているところにしか出現しませんから、逆に言うと、それ以外がねらい目でもあるのです。

戦場を自分でいかようにも選べること、これが個別株の最大のメリットです。
エッジは「やり方」にだけあると考えている人が多いですが、とんでもない勘違いおっさんです。

おっと、書きすぎましたね(笑)

No title

こんにちは、あらなみさん。

ある所で以前から、相場はギャンブルなのか、ギャンブルではないのか・・・・と、散々議論?されてきました。
ちなみに私は、相場はギャンブルだよ~派です(笑)

だって勝つか負けるか判らないエントリーを、毎日毎日延々とし続けるんですモン。
自称システムトレーダーとしては、一回一回のエントリー自体がギャンブルです。
それを100回、1,000回、1万回・・・と繰り返せばプラスになるはずだよ、少なくとも過去検証から始めて今の今まではね、と。
ですが、これから先も自分の手法の優位性が続くとも限く保証はありませぬ。

現にたかが・・・です、たかがボラティリティの増減によって優位性が顕著な時期、いったいドコに優位性があるの?という時期、どちらも経験してきました。

エントリー毎にギャンブルです、優位性の継続を信じるのもギャンブルです。
ええ、私にとっては二重の意味でギャンブルです。

考え方によっちゃ~自分でギャンブルだと言い切っているモノに頼って生活しているんですから。
たまに何だかなぁ~と思っちゃう時があります。
気の持ち様とも思いましたが、自分で選んだのだから諦めませう、でしょうかね、はははは。

Re: No title

たつじさん、こんにちは。

良いコメントいただきました。
ありがとうございます。
せっかくですので、私の見解は記事にしました。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR