スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場で勝つということ・・・1

2013/11/04 Mon

コメントに、「検証」ということを書いていただいています。
私は、「検証」という言葉を聞くと、ピクンと反応してしまいます。
実は、とても苦い思い出があるのですが、それに触れたいと思います。



相場を始めたきっかけというのは人それぞれですが、知人の紹介や本を読んでなど、とにかく何らかのきっかけで相場を始めたのでしょう。

私の場合、もうはるか昔のことで、今思い出しても何故始めたのか、よくわかりません。
親がやっていたので、その影響だったか、とにかく二十歳過ぎのころです。

あのころ、どういう気持ちだったのか、何がきっかけだったのか。

とにかく、ちょっと相場をかじってみた。

何も知識もなくて、経験もない、始めるということは、誰しもはそういうことだと思います。
誰にでも最初はあるのです。

ちょうど昭和のバブル相場に向かっていくところだったので、ちょこちょこ利益になったりしました。

すると、こう考えたのです。

「こんなに知識もなく、経験もないのに、これだけ儲かったのだから、もっと勉強して知識を増やしていけば、どんどん儲かるはずだ。」

少なくとも、私はそう考えました。

親は、相場が本当に下手でした。
単に博打を楽しんでいる、というだけだったので、何の教えを受けるということもありませんでした。
ですから、当時は、もっぱら本をせっせと読んで、懸命に勉強を始めました。

当時は学生でしたが、一生懸命相場の勉強にいそしむ変な学生でした。
経済学部でしたが、学校の勉強などほとんどせずに、どんどん相場の勉強にはまっていきました。

そうこう勉強していくうちに、1982年暮れのころ、いつものように梅田の旭屋書店の相場本コーナーをあさりに行っていたとき、衝撃的本に出会いました。
林輝太郎先生の書いた脱アマ相場必勝法という本です。
読んだ瞬間に、目からうろこという状態になって、それから毎日毎日その本を読む日々が続きました。
そして、もっと古くから出ている林先生の著作を研究所に直接注文し、5万円の中源線の本やバラコピーまで全てを買いました。
全部で10万円以上だったと思います。
今考えても、旺盛な知識欲だった、と思います。
林事務所の研究部会報の会員にもなって、商品相場レポートも購読しました。

翌1983年、伝説の立花本が出版されます。
(リンクのトレーダーズショップでは1987年4月出版となっていますが、これも再販時のものです。私の手元にあるのは1983年の初版本です。)
もうむさぼるように読みました。
今も手元にこの本がありますが、本の真ん中部分が手垢で薄黒くなっています。
もちろん本はボロボロでバラバラになりそうなほどですから、再販されたものをもう一冊持っています。
子供の頃、百科事典の科学のところを背表紙が千切れるぐらい毎日毎日読んでいたので、結局同じパターンが相場に移ったということだったのかもしれません。
知識欲だけはとにかく旺盛でした。

小学生のころ、家に、友人を呼んで実験を繰り返して、二酸化マンガンに希塩酸をかけて、塩素ガスを発生させてしまい、それを吸って病院に担ぎ込まれたという武勇伝もあるぐらいです(笑)

興味があることについては、何でも知らないと気がすまないという性質を持っているのですが、これは今も変わりません(笑)

さて、これだけ勉強したのですが、当初目論みであった「勉強すればするほど儲かるだろう」ということにはなっていませんでした。

相場を始めた当初は、素直に相場に接していたのですが、知識が増えるに従って、迷いが増えてきて、どうしていいのか、わからなくなったのです。

知識が増えたことで、迷いが深まったのです。

普通の勉強だと、知識が増えれば増えるほど、理解度が増して、正解にたどり着くことが多くなります。
また、学習が進めば進むほど、学力がアップし、入試にしても、大学の専門課程においても、上のランクに上がれるのですが、相場の勉強もこれと同じと考えていた私はどんどん迷宮にはまりはじめました。  

相場の勉強の難しいところはここにあるのですが、当時の私が知る由もありませんでした。



さらに混迷度を深める事件が起こります。

それは、当時珍しかったパソコンを使ったテクニカル分析にはまったことです。
前に書いたので詳しいことはここでは書きませんが、とにかくはまってしまいました。
中学のころからパソコンが好きでプログラムとか書いていたこともあって、すっかりはまってしまいました。

林先生の本にも興味を持ったのですが、私は、同時期に出会ったこのテクニカル分析に完全にはまってしまったのです。
手書きチャートを旨とする林流をダサい、夢がない、と感じたのでした。

それよりも、

コンピューターを駆使して、相場を制覇するのが時代の最先端だろうが!!

と完全に思い込んでしまいました。

ということで、私は、せっかく出会った林先生を捨てて、チャート分析に没頭することとなりました。

それ以来、休みの日は、朝起きてから、夜眠るまで、検証、検証、そして、検証、の毎日でした。
平日も深夜まで検証。
自分の持てる時間は全て検証にかけていました。
命がけ、と言えば大げさですが、そんな感じでした。
全ての時間を検証に賭けたのです。
夜間は、時間のかかるプログラムを回して寝る。朝起きたら検証結果が出ている、という状況でした。
(今ではちょっとしたテクニカルの検証など数秒~数分ですが、昔は、簡単な検証でもものすごく時間がかかったのです。)

とにかく、100を超えるチャート分析手法が組み込まれているチャートシステムを使って、あらゆる組み合わせ、あらゆるテクニカル指標を用いて、当たるサインを探し出す、という

検証の鬼

になりました。

同じソフトを使う仲間もできて、そういう人たちも「鬼のように検証」を続けていました。
私など学生の端くれでしたから、仲間といっても私だけ断トツのペーペーでした。
というのは、1985年当時ですから、PCといっても当時50万円ほどしましたし、チャートソフトは一式で150万円とか、そんじょそこらの投資家にはとても手が出るようなものではありませんでした。
私は、学生でしたが、何とか相場で儲けた金をつぎ込んで買ったのですが、他のユーザーさんはレベルが違いました。

仲間には、資金何十億という仕手筋の方もおられましたし、専用のトレーディングルームを持って事務員を何名か雇ってチャートを書いておられる方もおられました。
仕手筋の作戦本部である事務所におじゃまさせてもらった時は、圧倒されました。
いつか自分だってこうなりたい、そう憧れを持ったものです。

また、数台のPCを24時間フル稼働させて、過去データから、勝てるチャートパターンを見つけようとされている仲間もおられました。
その方も、トレード専用ルームを作っておられました。 

年齢はみなさん私よりも10~20は上の方ばかりで、資金量も億を超える方が大勢おられました。
やっとPCとソフトを買った私とはレベルが一桁、二桁ほど違いました。

しかし、思考パターンは同じで、

みんな、テクニカル分析一辺倒でした。

みんな、勝てるパターンを見つけよう、型を探そう、手法を見つけ出そう、と必死でした。

私はダントツの若手で、ペーペーだったこともあって、そういう人たちにかわいがられて、とても楽しく頑張ることができました。

月に一回ほどある交流会で、お互いに成果を発表しあうのが何よりも楽しみでした。

そんな日々が数年続いたのですが、それほど寝食を惜しんで頑張っているにも関わらず、成果はイマイチだったのです。
 
バブル期に向かう昭和の相場ですから、数か月下がったところを買って持ってさえいれば、儲かる相場だったのに、今から考えれば、何をやってたのだ、と歯がゆくなるぐらいです。

相場は3か月下がれば必ずその後に新高値を付ける、ということを繰り返していました。
高度経済成長を続けていた日本ですから、ファンダメンタル的背景が違い過ぎたのです。
今考えれば当たり前のことですが、当時はまるでわかっていませんでした。
こういう当然理解しておかねばならないファンダメンタル的背景をなんら理解しようともせず、ただチャートしか見ようとはしていなかったのです。

FAIの人たちが次々に億を作っていた時代背景でした。


検証上では、上手く機能するはずのものが、何故か実践においてはまるで機能しない、ということが延々と繰り返されたのですが、当時、そういうことを理解できるような知識もなく、何故そうなるのか、ということがまるでわからないままに、

努力が足りないのだ、もっともっと努力すれば、勝てる方法が見つかるはずだ

とさらに朝から晩まで検証する、という日々が続いていました。

また、あれほど努力を続けているPC仲間の皆さんも実は、私と50歩100歩だったのです。
一時的に儲かることはあっても、継続して利益を出す、ということがなかなかできずに四苦八苦されていました。

しかし、みんな何故なのか、わからずにもがいていたのです。



妙な若者でしたね。今考えれば。
当時バルブ景気真っ最中ですから、ディスコだ、酒だ、と世の中浮かれていた時です。
周りの同世代の若者が、車だ、女だ、と遊んでいる時に、せっせと検証ばかりしていたのですから(笑)
職場の同僚は、仕事が終わったら、毎日スナックだ、ラウンジだと酒と女三昧です。
その中で、一人、仕事が終わったら、一目散に家に帰って、検証なんです(笑)

しかも、付き合っているのは、10も20も上のおっさんばかり(笑)

今から思えば、もう30年近くも昔昔の話。
しかし、こんな昔から、こんなことをしていた集団があった、ということも驚き桃の木、でしょう。
年をとると、昔話が好きになる。
もう少しお付き合いください。次回。


いつも、しょぼいブログなのにブログランキングや拍手にポチしていただきありがとうございます。
コメントも励みになりますが、ポチもとても励みになっています。感謝します。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

集中力の塊りだったんですね

わたしも、さんざんな目にあって現在に至っています。
みんな回り道するんだなあ、って思いますが、
回り道も、できるだけ短いほうがいいとは思いますし、
あらなみさんのブログを、ちゃんと「読み込めれば」
ずいぶん違うと思います。

オムレツを上手に丸めらるだけで、町の洋食屋さんはできますよね。
そして、町の洋食屋さんだって、十分に商売になるし儲かるんです。
やさしい、だれだって知っていることだけをやっていっても、
技量次第で、儲かるんだと思います。

さて、わたしは教室のHPは更新するんだけど、ブログは
あまり熱心にやっていません。

ですが、ある面白い話がありますので、あらなみさんなら、
どういう解釈をするのかな、と思って紹介します。
長くなるので、わたしのブログページに書きました。
おヒマなおりに、ご一見ください。

なお、今後は、そのブログに、わたし自身の投資に関する
考え方を述べてみたいとは思っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/komunext99/MYBLOG/yblog.html

ここにあります。「笹の葉投資雑記」と名付けました。
わたし、尺八の芸歴50年で、一応指南免除をもっているんですが、
「とっても竹にはなれない。笹の葉程度だ」ということでの
名称ではあります。

まあ、笑ってやってください。あらなみさんなら、独自の見解で、なにか相場のためになるのかもしれません。

Re: 集中力の塊りだったんですね

虚無僧さん、こんにちは。

まあ、散々な目にあっていることだけは確かです。
しかも、結構悲惨です。
今だから、こうやって書けますが、何年も何年もですからね。
実際にリアルでその場で続けている時はかなり悲惨の一言でした。
それでも、めげずに24時間戦っていたことだけは大したものでしたかね。
集中しだすと他のことが見えなくなるタイプなのかもしれません。

ご紹介のブログ訪問しました。難しい・・・

理由がわからないですよね

でも人間だけでなく、生命の不思議というか
社会性の必然というか、不思議というか、感じれらるものがある。

相場では二大心理、恐怖と欲望のコントロールが大事だけど、
完全にコントロールしきれるものでもありません。
多少なりとも他者や置かれた状況に影響される。

人間は弱い存在ですよね。
相場では、まず、それを受け入れて、認めておかないと
とっても危ないと思うんです。

もしかすると自分は流されて「ダメな20%にはいってしまう」。
そういうリスクを内在していることを、常に意識している。
そういう必要があるような気がします。

「いつでも謙虚にやろう」ということを
意識的に心がけること。そして自分のおかれた位置を
常に確認していること。
相場の海での羅針盤を、いつでも見ておくこと。
あらなみさんのいわれる、環境認識って、
この羅針盤認識に近いような気もしますが。

その程度しか、対応は具体的には浮かばないんだけど、
「働きアリ、遊びアリ」という現象があることを
知っていると知らないでいるとでは、
実践行動が、若干違ってくるとは思えるんです。

実践行動というより、心構えかな、それが違ってくるような気がします。
どうしようもない力が働くことがあるんだ、ってこと。

謙虚にやる。流されやすい自分をいつも確認しておく。
その程度のことしか、わたしには具体的対応は
わからないですが、面白い現象ですね。

混乱させてごめんなさい。
ご訪問ありがとうございました。
今後は、相場についての私見も述べてみたいと思います。

No title

お久しぶりです、あらなみさん。

とてもとても、私もあらなみさん程ではありませんが、朝から晩まで検証作業に没頭していた時期がありました。
遊びに行く事は勿論、風呂に入るのも飯を食う事すらもったいない時間だ・・・などど(笑)

変な言い方になりますが、私はFXは株式以上に買いと売りの優位性に差がない商品だと思っています。
値動きの幅が小さい分、高いレバレッジが許されている商品は全て当てはまるのではないか、と。
知り合いに説明する時に出す例えが、個別銘柄が一ヶ月で2倍になる事は珍しくないが、ドル円やユーロドルがたった数ヶ月で2倍にはならんよ、だけどヤラレる時の金額は同じだよwwと。
なので買いも売りも全く同じように扱えるFXこそ検証の対象としてふさわしいのだ、と。

今ではテクニカルのための検証よりも資金管理の検証が趣味になってきています(大笑)
同じ期待値・数値を叩き出す手法であっても、資金管理によっては結果がまるで違ってくるんですよね。
当り前の事でしょうが、お金の世界は奥が深いです。

Re: 理由がわからないですよね

虚無僧さん、こんにちは。

生物の歴史は淘汰の歴史でもあるので、適者生存が常に繰り返されていますよね。
毎年、絶滅している種がものすごくある、ということを聞いた覚えがあります。
人類は、自爆しなければ生き残れそうですが・・・

微妙に話は違うかもしれませんが、プロ同士の共喰いは避けたいのですよね。
できれば、じっちゃん、ばあちゃんとか、年に1回売買するかしないか、とかそういう人たちの注文を受けたい、と願っています(笑)

Re: No title

たつじさん、こんにちは。

検証は、好きな人にとっては、もう夢中で没頭する作業なのですよね。
子供のころにやった、プラモ作りとかに似ています。
やりだしたら時間を忘れてしまって、気が付けば朝になっていた、などなど。

おっしゃるとおり、株は売りと買いが明らかに違います。
FXは、裏を返せば同じこと、ですからね。

今日は、寄付きから30%下がった株を見つけて「スゲー!!」と驚いていました。
今日1日で寄りから30%下落はさすがにすごすぎます。

あらなみさん、こんばんは

そうですねえ・・・・上手同士の食い合いなんて、避けたいなあ。
あらなみさんとは、時間軸が違うし、扱う分野も違うから
バッティングしないと思います。

仕込について、自分のブログに、すこし書いてみました。
お時間のあるときにご一見ください。

Re: あらなみさん、こんばんは

虚無僧さん、こんばんは。

仕込みの記事、読みました。
私は、利食い、損切りのエクジットで分割することが間々あります。(といってほとんど一発が多いですが)

分割するのは、ちょっと違った理由もあって、トレーダーはみんな「板読み」をしてくるので、大きな板を見せると食いついてくれない、ということと、自分が外せる板がないのでちびちびぶつける、ということがデイトレならではの分割の理由なんです。
もちろん、通常の売り上がり、買い下がり、もやりますが。

エントリーは短期の場合、乗せは目先で不利になることが多く、また、ナンピンに染まると、損切りが下手になる、という弊害もあります。
逆行したら、一旦切って、数秒後にまた建てる、ということも日常です。
どちらかというと、そちらですね。
逆行したらとにかく逃げることが先決になります。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。