プロフェッショナル羽生善治

2013/12/02 Mon

トレードは、最終的には、勝負、というものです。

結局、勝負強いかどうか、によって、大きく結果が変わります。

いくら、理論武装しても、分析が完璧であっても、エッジを知っていても、勝負弱い人は、勝ちきれないのです。  



西原宏一のシンプルFXトレード

この西原メールを購読していますが、これで西原さんを見ていると、この人は本当にめちゃくちゃ勝負強い人だなあ、と思います。
ここぞ、という時に、一気呵成に攻める迫力は半端ないものです。

勝負強さ、というのを勉強するために、ということで西原メールを購読してもいいのかもしれません。

西原メールはシステムではないので、西原メールをフォローしていても、勝ちきれない人というのは、この西原さんの勝負のポイントを外しているのだろう、と思うのです。




以下のことに身に覚えがある人は必見でしょう。

勝てるようになったけれど、どうも結果がふにゃふにゃしていて、勝ったり負けたりを繰り返してしまう。

ここぞという時に結局腰が引けてしまって勝ちきれない。

ついだらだらと売買してしまって、トレードのメリハリがなく、結果としてトントンになってしまう。

勝った後に負けるを繰り返す。

負けたときにムキになって自滅してしまう。



これらの例は、勝負弱い人の典型的なパターンです。

NHKがどこまで勝負の要諦に迫って取材してくれているのか、楽しみですが、羽生さんに外れは無いと思いますね。

私は羽生さんのファンですので、特に羽生さんが必見です。
羽生さんの話は、トレードの勝負のポイントに通じるものが本当に多いのでびっくりしています。
今回は特に「年齢を経ても・・・」というところが私的にとても気になっています(汗)
 


12月2日(月)22時~

プロに学べ!勝負の極意スペシャル

どんな仕事にも、絶対に外せない「勝負の瞬間」がある。
これまで番組で紹介してきたプロフェッショナルたちは、そんな失敗の許されない極限の状況にさらされながらも、勝負に挑み続けてきた。そこには、勝負を勝つためにそれぞれが独自に編み出してきた、厳しい時代を闘い抜く知恵がある。

呼吸器外科医・伊達洋至の「平常心を保つ準備の極意」。
棋士・羽生善治の「年齢を経ても勝ち続ける戦略」。
そして、サービスマン・宮崎辰の「勝負のディナー その舞台裏」。

番組では、最新のインタビューも交え、それぞれの勝負をめぐるドラマを伝える。

<登場するプロフェッショナル>
  呼吸器外科医:伊達洋至
  棋士:羽生善治
  サービスマン:宮崎辰
  心臓外科医:天野篤
  サッカー監督:岡田武史
  宇宙飛行士:若田光一
  映画監督:堤幸彦
  転職エージェント:森本千賀子


後記:番組見ました。
残念ながら、過去の番組のダイジェストでしたね。
しかも、そんなにピンとくるところがいまいちなかったような(汗)
ご紹介しておきならが、半分損切り、ということで・・・



人気ブログランキングへ

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

北海道からの方へ

管理人のみ閲覧に変えて、嫌がらせのコメントを何度も投稿されているのですが、せめて、管理人のみをやめて、みんなに見える形にしませんか。

ご意見あるなら、正々堂々意見を書いていただければよいと思いますよ。

相場には、多様な意見が存在し、その意見のぶつかり合いが相場そのものです。
ですので、私のブログにも、アンチの方が大勢おられることもわかりますが、アンチの意見を書いていただくか、ご自分のブログで主張されればいいと思うのです。

私もその意見に対して、意見を書かせていただきますよ。

そうすれば、お互いに建設的な意見交換ができると思うのです。

No title

これはなかなか難しいテーマでして、私もドル円一本で6年目ですから、値の動きが手の内にあるような感覚の時もありますし、そんな時にガツンとぶち込んでガツンと利益を掻き取る、何て言う経験も多々ありますが・・・。

いざ鎌倉、も、やはりそこは、玉のサイズは許容範囲内、身の丈に合ったものにしないとだめだと思うんですね。
身の程知らずのサイズでは勝っても負けても悪影響が大きい、心が揺れすぎて、遊びに堕す面があるように思えます。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

おっしゃっていることは間違いなく正しいと思います。

いくらチャンスとは言え、口座資金をブッ飛ばすようなリスクを取れ、という意味では当然ありません。

許容できる範囲は、やられたとて、問題ない範囲内に留まりますよね。

ただ、少なくとも、裁量であれば、メリハリなく平面にやっていては、なかなか取り切れない、という思いは常に持っています。

コンスタントである一方で、どこかでがっつり、というのが理想だと思っていますが。

No title

持越し売買と、デイ、専業と兼業でも話はまた違ってくるんでしょうね。

私は持越し有りの兼業トレーダーですから、冴えない時期は、待つ、とか、売買ペースを落とす、サイズを小さくする、とか縮小方向でメリハリをつけたほうが良さそうな感じです。

これは私のセリフではないですが、「常に打診的売買で良い」という教えがありまして、

今までの売買を振り返って、これを守れていればなあ、と、いう思いもあるんですね。

余計なことですが

管理人のみ閲覧可という設定は
個人的相談などのために、
あらなみさんが特別につくったものと解釈しています。

管理人のみ閲覧という条件で
嫌がらせめいた発言があるとすれば
そんな卑怯者は相手にする必要はないと思います。

反対意見はけっこうですが、
やり方がきたないね。卑怯者で弱虫の典型だと思う。
あらなみさんの優しさと誠実さにつけこむ
どうしようもない人なんでしょう。

以上は、わたしの推測ですが、
相場がヘタで卑怯なやつほど
己の未熟さ、愚かさをを知らないということだから、
相手にする必要はないと、個人的に感じます。

以上、余計なことでしたが、
ひとごとながら頭にきたもんで・・・・。

Re: No title

タカユキさん、こんにちは。

兼業の最大のメリットは、「焦らず待てる」ということでしょうね。
専業だと、どうしても日銭欲しさに焦ってしまうことがあります。

それと、チャンスというのは、焦って探しても見つからず、意外と何気なく見ている時に来る気がします。
自分から迎えに行ってもだめで、向こうから来るのをひたすら待つ、って感じでしょうかね。

Re: 余計なことですが

虚無僧さん、こんにちは。

余計なご心配おかけして申し訳ありません。

まあ、私がニセモノだそうですが、そうであれば、虚無僧さんが真っ先に気がついておられることでしょう(笑)

これは見る人が見ればわかることですから、特に問題はありません。

ただ、あまりコメント欄が荒れると、いいご意見が書きにくくなる雰囲気になるので、その前に手は打ちます。

今見ると、この北海道の方は、ご自分でコメント消されたようですね。どうしたんだろう。

この北海道の方も、繰り返し嫌がらせを書いてこられますので、私がどこかでこの方を不愉快にさせるような失言をしたのでしょう。
そう考えると、申し訳ないと思います。
せっかくこの広い世界でコンタクトを取れたのにこんな関係になって残念です。

ただ、うらみつらみでは、道は決して開けません。
結局、回りまわって自分を傷つけるだけなのです。
大望を持ってこそ道は開ける、そういうことに気が付いてほしいと思います。

羽生

こんばんは、あらなみさんのおすすめですので録画してみました。
確かに過去放送の編集もので、それに羽生はほとんど出てこなかったですね。

羽生はわたしも好きな棋士ですが、彼とやる相手は勝てるはずの勝負なのに間違えてしまうことが多いと、他のプロ棋士が言っていたのを聞いた記憶があります。

これはそういうものを彼が持っているってことなんでしょうね。それが勝負強さかと。

嫌がらせのコメントが来ているとのことですが、放っておいて気になさらなければいいのではないでしょうか? 立腹するまでもない。
わたしなんか、何言われようが全然腹など立ちませんが、、、と言いつつ、何もいわれないのですよ。笑 わたしのブログはサイレントリーダー中心ですので。

ご紹介の番組

わたしは毎週見ているのだが、役立たなかったですか?
かなりよかったと思うけど。

いくつかの言葉だけでも、相場対応の心構えに
充分に通じますよ。

心臓外科の「事前準備が大事」
岡田監督の「小さな部分が70%」
羽生名人の「大局観」「直観は過去のエッセンス」など。

他にもあげればあるんだけど、
ちょっと思いついただけで、上記くらいはある。

どれも相場対応に
必要なことばかりではないでしょうか。

見る人、聴く人の態度次第で、
なんでも役立つとは思うんですけれど。

みんな、さすがに勝負師ですよ。
羽生さんの目つきは、圧巻でしたねえ。
あれが勝負師の目つきですよ。魅力的だった。

若いころに比較して記憶力・反応力は衰えても
それに代わる総合力は増してくる、なんてのは、
あらなみさんのおっしゃる言葉と、そっくりじゃないですか。

損切りじゃないと、個人的には思うけど・・・・。

Re: 羽生

ハルトモさん、こんにちは。

過去放送を見ていない方はよかったかもしれませんね。

ハルトモさんにも色々とご心配おかけします。

Re: ご紹介の番組

虚無僧さん、こんにちは。

私の舌足らずでした。
羽生さんについて、私は、新たなインタビューを期待していたのですが、過去のダイジェストに終わりました。
他も過去分が多く、ちょっと残念、というところでした。
今回の放送分は、ほとんど見ていますし、羽生さんにところは、もう10回以上繰り返し見ています。
ほとんど覚えているぐらいです。
一言一言が宝石のような言葉だと思っています。

ただ、期待したのが、新作だったので、という意味でした。

まあ、羽生さんについては、本でも読んでおきましょう。
新刊も出ているので。

No title

あらなみさん、こんにちは。

プロゲームプレイヤーの人が書いた「勝ち続ける意志力」という新書がありまして、得るところ大だったのでイチローとか羽生とかの本も読もうと思い、”羽生善治・トレーダー”で検索したらこちらが最上位に出ました。

さすがですね^^

Re: No title

パンさん、こんにちは。

なるほど。
羽生さんの本もかなり私は気に入っていますよ。
動画の方がやはり心に入るものが違いますがね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR