独創性

2014/02/01 Sat

STAP細胞の作製に成功した小保方晴子研究ユニットリーダー、すごいことやりましたね。

私も、ニュースを見て、本当にびっくり仰天し興奮してしまいました。

人への応用はまだということですが、人類史の歴史的快挙となる可能性が大きいです。

何がすごいといって、「従来になかった発想」であり、まるで誰もが考えていなかった、こんなことは起こらないという前提を覆した、というところだと思います。

まさに、コペルニクス的転回独創性がすごすぎる、ってことです。

人は、この「独創性」というのがものすごく苦手で、基本、誰かの真似、パチモン、パチリ、みんながやっていることの延長線上、オーソリティの言っていることのコピー、が大好きです。

権威者が、「そんなことは起こらない」と言えば、自分で検証したわけでもないのに、もう「それは起こらない」ことを前提にして物事を考えてしまいます。


彼女に関連しての名言も数々出ています。とても参考になるので、メモっておきました。

「誰も信じてくれなかったことが、何よりも大変だった」

当時の実験データだけでは証明することができず、周りの研究者からは「きっと間違いだ」と言われた。くやしくて、泣き明かした夜は数知れないという。

「お風呂のときもデートでも四六時中、研究のことを考えていた」

「やると決めたらやり切る」

「100年後の実りを信じて頑張りたい」

動物の細胞は外からの刺激だけで万能細胞にならない」という通説から、「研究が『これまでの生物学をばかにしている』とさえ言われたこともある。

「やめてやると思った日も、泣き明かした夜も数知れないですが、今日一日、明日一日だけ頑張ろうと思ってやっていた ら、5年が過ぎていました」

「化学系の出身で、生物学の先入観がなく、データを信じて独自の考えをもっていた真実に近づく力と、やり抜く力を持っていた」と分析する。

これほど常識破りだったため、昨年春、世界的に権威ある英科学誌ネイチャーに投稿した際は、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評され、掲載を却下された」。

「最初に会ったときは失敗続きで絶望感にうちひしがれていた。自分の研究を実現するために、よりよい環境を求めて、まさにわらをもすがる思いで訪ねてきた。第一印象は一般の学生と変わらない印象だったが、研究を進めていくうちに知識も勉強量も人一倍で、並みの学生ではないと思った。何度も何度も失敗しても思いついたありとあらゆることを徹底的に試していく粘り強さは研究者として段違いだと思った

「何をやってもうまくいかず、もうダメかと思ったときは何度もあった。しかし、どんな局面でも、彼女は『この方法はどうですか』と新しい方法を考えて、ギブアップすることがない。実際に今回の成果が出たときはありえないことが起こったと震えがきた。あまりにも信じられないので、彼女の研究を確認する自分がミスをしたのかと思ったくらいだ。はっきりした結果を誰が見ても間違いないというところまで突き詰める姿も研究者としてあるべき姿だと思った」





トレードにおいても、人まね、パチリ、二番煎じ、本に書いてあること、どこかで読んだ手法、勝っている人のコピー、付和雷同、そればっかりを考えている人が多いのが現実です。

要するに、パチリ屋を自ら目指している、ということです。

しかし、もう一般論になってしまって「人口に膾炙したようなテクニック」が本当に通用する、と思っているのなら、それは疑問です。

1000円の本に書いてあるやり方で儲かるのなら、世の中に相場で負ける人など1人もいません。
というより、何故1億円稼げる方法を1000円で売るのでしょう。

多数派である負けている人が、何を勉強して、何をやろうとしているのか、という「負け組」の勉強には使えるのかもしれませんが(笑)




独創性、という小保方さんの話に関連して、相場においても、この独創性ということが重要なキーになると私は考えています。

マーケットは、基本効率的です。
上か下かなど基本わかりませんし、チャートとにらめっこしても、当たるも八卦当たらぬも八卦となっています。

みんなが気がついている部分については、効率的であり、エッジなどほとんど存在しません。
ですから、効率的市場仮説はほとんどの部分においては正しい、と私は考えています。

マーケットには、儲けのチャンスなど殆ど残されていない。

これが、私のマーケットに対する理解のベースです。

ほとんどの値動きは、ランダムであり、儲けのチャンスなどありはしない、と考えています。

(この考えも、人とは違うかもしれません)

しかし、一方で、全ての情報がすぐさまに行き渡るわけではないので、極僅かな隙間がどうしても残ります。
 
効率的市場仮説においては、「情報は発信された時点ですぐさま市場に反映される」ということを前提にしていますが、現実には、それは不可能です。

どうしても、マーケットには、隙間が残ってしまいます。

それがエッジです。

エッジの本質とは何か、というと、特にシステムにできるほど強力なエッジについては「隙間」という表現ができると考えています。

エッジとは、マーケットの非効率の残骸、とも言えます。

本来は、効率的であるべきマーケットが、そうでない状態が残されている部分を鞘抜きできる状態、とも言えます。

これは、裁定できる隙間、とも言えます。

一方で、常にマーケットは、その非効率を埋めて、効率的に戻ろう戻ろうとする性質を有しています。

ところが、何故、それが残ってしまうのか、というと、人が気がついていないからです。
だから、隙間が残っているのです。
人が気がつかないから、それは隙間として存在しています。
それを大勢の人がやりだしたら、もうそれは隙間ではありません。

昔、「抜け道脇道地図」というのがありましたが、販売されなくなりました。
抜け道が本になったら、抜け道にならない(笑)
生活道路に多くの車が入ってきて、クレームも出たのでしょう。

隠れ宿、本になったら、隠れない。

自分だけが知っていて、他の人が知らないからこその、抜け道、隠れ宿。

自分が知っている、という条件以上に大切なのは、人が知らない、ということです。

というより、相場の本質が、「金の取り合い」「資金戦争」であるのだから、

そういうことを知らない人からむしり取るのがエッジ。

みんな(対戦相手)が知ったらむしり取る相手がいなくなる。

マーケットの隙間を自分だけが知っている状態をエッジという。

蜘蛛の糸は、1人でつかまったら登れるのですが、大勢が押し寄せたら切れる。

株式市場においては、インサイダー取引は、違法行為ですが、これは確実に儲かる最強の手法(?)です。
なぜなら、人の知らない情報を自分だけが使って売買できるからです。
もし、みんなが知った時点では、既にインサイダーではありません。
逆に、為替市場では、インサイダー情報ということの定義がありません。
定義がないので、何をしても自由という点において、見えることも出てきます。


このように、強い有効性がある投資戦略については、本にされた時点で終わりとなります。

本によって、マーケットは、隙間が消えてまた効率的になった、ということだけです。

こういう理屈をわかっていない人が、時々エッジを本にしますが、そういうエッジを使っている人にとっては「迷惑千万」でしかありません。

情報商材にしてもそうで、隙間に依存する限りにおいては、商材にされた時点で終了します。

それが、少数に販売されたとしても、その少数が「その手法」によって大儲けしたとすると、「その少数の規模がどんどん拡大していって」終いには、マーケットを席巻するようになります。
そうなれば、その手法は、「隙間」ではなく、メジャーなものになってしまうのです。

何故そういうことが起こるのか、自分に当てはめればわかります。

商材を買って、ガンガン儲かった、とします。
100万円が1億円になりました。
そこでやめるでしょうか。
さらに上を目指します。
こうして、購入者が100名であっても、実際に利益が出るものなら、その運用資金は無限大に大きくなるのです。
そうして、マーケットを席巻した時点で、その手法の有効性は消えます。

タートルの手法などが、まさにその典型でしょう。
最初は、少数であって、資金もマーケット規模からすると限定的であったものが、今やマーケットを席巻するほどの資金となっています。
CTAと呼ばれるヘッジファンドのほとんどはこのタートル的手法で運用されていますが、その優位性はどんどんなくなっているのは、当然の結果でしょう。
知らない人も多いでしょうが、昔、タートルたちというのは、大儲けしており、投資業界のスーパースターで、黄金時代がありました。
それら、大儲けしていた「タートルたちの手法」を1億円払ってでも知りたい、と大勢が探っていたわけですが、今では1000円の本に書かれて売られており、誰でもが知っているようになりました。
今では、一般常識程度の話です。
そうなれば、逆にもう有効性は消えてしまうのです。


昔、禁じ手である逆張りを引っさげてカリスマになったトレーダー。
手法を公開して、気がつけば、自分が儲からなくなった・・・(笑)
自分が買おうと思っている逆張りポイントが、今では大勢の他のトレーダーに板を取られてしまう。
だから、これまでのように下がらない。
一方で、利食いしようと売りを出せば、他のトレーダーが先に売ってくる。
だから、利食いもできなくなる。
禁じ手、という世間の常識があったからこそ、通用した逆張りをコモンセンスにしてしまった悲劇です。

秘すれば花

本やブログによって潰された「投資戦略」は私の短い投資歴の中でも多数存在します。

乗車定員5人、10人というエッジに、数千人が大挙押し寄せるのですから、そんな隙間などイチコロで消えてしまいます。

例えば、持株会を使ったテクニックなど、アホがブログで公開した瞬間に蒸発しました。
どう考えても、出来高から見て、乗車定員10名までだったので、そこに1000名が押し寄せて、爆死、共食いが始まったのです。
唖然として見ているしかありませんでした。

他にも、海外マーケットを利用した先物の逆張り。
これも、アホが本にしたことによって、消滅しました。
本には「225先物は、流動性が高いので、この本によって優位性はなくならない」って書いていましたが、それを読んで「本が何冊売れるとおもってんねん!!」と絶叫したものです。
1人1枚としても、1000冊売れれば、1000枚ですよ。
もし、それで儲かれば、「お一人様1枚限定です」とはどこにも書いていない(笑)
しかも、これは最悪なことに、システムにできる戦略でした。
ヘッジファンドは、1人で1000枚でも、2000枚でも入ってくるのを知らないのか、このドアホウ!!
ヘッジファンドのトレーダーは、本を読まないとでも思っているのか。
先物の出来高、どれだけあると思ってんねん、ドアホウがと言いたい。
余談ですが、この戦略をシステムとして、この本以前から何十万で売っていた業者のシステムも破綻した(笑)

それらの超迷惑本以前から、細々とそこに書いてあるエッジを利用していたトレーダーにとっては、迷惑千万な話でしかありませんでした。


ここで問われるのは、何よりも独創性、だと私は考えています。

権威者の言うことなどクソ食らえ。

マーケットの常識とは、負け犬の行動指針である。

先入観こそ敵だ。

というところでしょうか。


パチリでなく、その独創性を身につけるためには、「何故マーケットはそのように動くのか」という何故を理解することが大切だと思います。


そもそも、相場で勝つためには、先を読まないといけない、上か下かを当てないといけない、という、ほぼ全投資家が持っている常識こそ、まずは最初の最強の敵でしょうね。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

あたなたの言ってることはB級トレーダーの考えですね。

独創性とか、限られた手法に執着してる時点でレベルが低いです。

勝てる手法なんてものは存在しないのです。

常に荒れ狂う川の流れのように、変化し続けるのが相場です。

その流れの中で一瞬の平穏な流れを探して川を渡りきることと同じ状態です。

難しいことを考えないで川の流れに身を任せればいいんです。

おぼれない程度に。

無理に渡りきらなくてもいいんです。


Re: No title

シンガポール投資家さん

このご批判があることは承知して、敢えて書きました。

それでも、私の経験上、「勝てる手法など存在しない」という意見には賛同しかねます。
それは、勝てるシステムは事実存在している、からです。
これらは全てエッジ依存です。
大手では、ルネッサンス・テクノロジーズなどが存在します。

それと同時に、「そういう手法を知らなくても勝つことはできる」という考えも持っています。

ただ、ここで一番言いたかったことは、「存在はするが、勝てる手法を本やネット上、商材で探しても見つからない」という理由です。

No title

こんばんは。
『常に』勝てる手法の話なぞ誰もしてませんよね。
B級だろうがC級だろうがS級だろうが、検定や格付、免許のある世界の訳じゃなし、退場せずに食って行ければ上等じゃないでしょうか・・・
ああ〜早く食えるようになりたい(爆)

私も相当なひねくれ者なので、あらなみさんを含め『成功者』らしき方々についても自分の目でつぶさに見ない限り(全面的には)信用しない事にしています。
が反面、小保方さんの『気付き』ではないですが、そこらの飲み屋でクダまいてるおっちゃんの一言にすら真理のカケラが含まれている可能性もあるので、常に注意深くありたいとも思っています。

これからも面白い記事を宜しくお願いします m(_ _)m

あ、それからジム・サイモンズは物理じゃなくて数学者です!

No title

横入り、ごめんなすって

私は勝てる手法は存在すると思いますよ。
知り合いの短期FXトレーダーですが、環境が変わろうと取引ペアを変えようと、確実に勝ちきって毎週・毎月を過ごしていますよ。
その人達はネットで自分の手法なるモノをさわりの部分だけにせよ、晒していたりもします。
ですが、それを見た人たちが真似をしても、最初に書いた環境の変化について行けないんです。
その手法が何を基にして成り立っているのか、何をどう考えて手を出したり出さなかったりしているのか。
そこまで親切丁寧には晒していないのでw騙されたぁ、と言い立てる人も出てくるわけです。

さて、あらなみさん、こんばんは。
今回の記事は・・・今回の記事も大変面白く読まさせていただきました。
いつも思う事ですが、あらなみさんの記事には怒りにも似た愛情がこもっているように感じます。

ふむ、誰に対する何のための怒りや愛情なんでしょうね。
共感、あはははははははははは。

Re: No title

gr8さん、こんばんは。

私は、読者の期待を裏切る記事を書くことこそ喜びと考えているところがありますから、いろんなご意見があって当然だと思っています。
今では、あっちこっちに書いてあるようなありきたりのことならわざわざ書く必要も無いと考えています。

ひねくれ者とのこと、トレーダーとしての素質十分ですね!!
常々思うのは、普通の人と同じ発想で、付和雷同タイプでは、相場で成功するのは難しいんじゃないか、と思います。

チャンスの芽というのは、みんな目の前を通りすぎているのですよね。
ただ、それに手を出してつかみとることができるかどうかが難しい。
常識という先入観のフィルターを通してしまうと、見えなくなります。

また熱心に勉強している人ほど「相場の常識」によるフィルター武装してしまうので、掟破りができなくなるのですね。

ジム・サイモンズは、数学者でしたか。失礼しました。
ソロス超えとも言われていますが、すごい人です。

Re: No title

たつじさん、こんばんは。

手法神話にこだわっている人がいる一方で、勝てる手法など存在しないのだ、という人もいます。
しかし、私の考えるトレードって、「all or nothing」 の世界ではなく、ありとあらゆる可能性がある世界だと思っています。

いつも書くように「たかが手法・されど手法」って感じでしょうかね。
ただ、強いエッジは無いよりは、やはりあったほうが絶対に楽(笑)
システムにできればもっと楽。
また、この件記事に書きます。

環境により最適化されたものもあるし、難しいものの全天候型のものもあります。

「怒りにも似た愛情」ですか、かなり鋭い指摘ですねえ。
普段、周りにいる人と話をしていて、ストレスになるのは、なかなか話が伝わらない、言いたいことをなかなかわかってもらえない、ということです。
1時間、2時間と話をしていて、やっと「ああそうだったのか、そういうことだったのか」とか言われるとガクッときたりしますからね。
「最初から何度も繰り返しているだろう!!」と叫びたくなります。
とにかく、説明するのに、アホみたいに時間がかかります。
これも「固定観念」「常識」「自分のフィルター」にガチガチに固まっているからだと思うのです。
最初から理解しようと努力してくれよな、と思いますねえ。
その裏返しかもしれませんね。

はじめまして!

前に渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラムを高評価してましたが渋谷高雄の株式投資大百科はどうですか?買っていませんか?

Re: はじめまして!

辻斬りペイジさん、はじめまして。

渋谷さんのプログラムについては、評価のところでも書いたように、私的には、ありきたりな内容だと思っています。
ただ、初心者の方の話を聞くと、「知らないことが多く、とても参考になった」、という声が多いものですので、初心者向けという限定で評価したものです。
自分で試行錯誤する時間の節約という感じでしょうか。

ということで、内容的には、渋谷さんの本を詳しく説明したもの、という領域にとどまっていますので、これを読んだからといって、宣伝文句にあるように、すぐにでも理解が深まって、利益が出る、というものではないと思います。

株式投資大百科もその延長線上だと思っていますが。

はじめまして!

まだまだ初心者で
どうこれから勉強していくべきか悩んでいたのですが、
今回の記事で何か見えてきた気がします!!

Re: はじめまして!

トシさん、はじめまして。

普通に言われているようなありきたりに毒されてしまうと、自分もいつのまにはありきたりを当然と思ってしまうので、そこからの脱出の突破口になれば、と思います。

No title

どんなに予測しようとしても値動きを当てることは不可能
(たまたま当たっちゃう場合を除く)
この不可能なことをどうにかして可能にしようとするのではなく、値動きなど所詮は分からない、

「分からないということを分かる」

この考えを前提にトレードプランを組み立てる事が大事だと考えています。

上下当てれるようになる=相場で勝てる

危険なまやかしですね。


No title

おはようございます、あらなみさん。
> 普段、周りにいる人と話をしていて、ストレスになるのは
まず損切を決めて建玉数を調整してから買うでしょ?
・・いや、損切りなんかせんよ。下げたらまた買えばいいじゃん。
一年も二年も塩漬けだと自分の資金を殺してるのと同じでしょ。
・・いやいや、損しなきゃいいし損しない方法じゃん。
強いものが上がって弱いものが弱いまんまのメカニズムは云々
・・うーん(目が死んでて聞いてないw)
投信が詐欺商品だという両建屋鵜が云々
・・プロが運用するのに何で詐欺なんだっプンプン
投信や営業マンに任せた資産の成績を見てみたらいい
・・・・・・無言(心の奥底に鍵を掛けて封印してるw)

こういう会話がなされた時です。
こういう人に限って衆人の前で声高に相場を語っていたりします。
判ったよ、もう・・・・人柄としては良い人が多いんだけどねぇ。

Re: No title

株人さん、こんにちは。

確かに、未来のことはわからないことが前提となるのですが、時として隙間が見える瞬間がある、と私は考えています。
次の記事がヒントになれば。

Re: No title

たつじさん、こんにちは。

おっしゃっていること、よくわかります。

私は、ストレスにはなりませんよ。

何故なら、「普段、周りにいる人」の感性が、「標準、普通」であって、自分は「異常」だと理解しているからです(笑)

多数決であれば、自分は、「ボロ負け」です。


ボロボロに損している株を

「売ったら損になる」

というのが、多数決の勝利者の意見です。

(もうとっくに損してるじゃねえか!!という意見はレアな意見です。)


空売りについて

「無いものが何で売れるんだ!!株は買うものだ。売るなんてとんでもない。」

という人たちが「普通の人達」なんです。

自分は、異常だと早く理解することです(笑)

異常者は、黙っておくこと。

沈黙は金。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR