スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場技術研究所_探訪-1

2012/12/24 Mon

私は、自分の書いたブログを読み返す、ということはあまりしないのですが、1年ぶりにブログを再開して、「そういえば昔どういうことを書いていたのかな。」と思いながら、今日は久しぶりに昔の記事を読んでいました。

まあ、手を変え品を変え、よく色々と書いていたものだ、と自分の記事ながら感心しながら読んでいたのですが、当時の記事には、何か勢いのようなものを感じました。

これは、数名の仲間がいたことで、記事を書いて、コメントもらって、また、その仲間のところへ訪問したり、とフィードバックを繰り返していくうちに、また別のアイデアが浮かんで、という好循環ができていたように思います。
この相場技術研究所でこうやって熱い記事が書けたのは、熱いコメントを入れてくれていた仲間がいたからだった、と改めて思い起こしました。
本当にありがとうございました。 


とは言え、当時と比較して、今の自分の状態はどうか、と言えば、相場の理解、という点においては、圧倒的に今の方が理解が進んでいます。
特にブログをお休みしていたこの1年で、自分の中では大きな変化があった、と思っています。

ところが、だからといって、ブログを書くにあたって、当時のような「切れ味鋭い切り口」という感覚が出てこない感じです。

前は、もっとギラギラと「相場を突き詰めてやろう」というような情熱のようなものがあったのですが、今はどちらかというと「枯れてきている」という表現がピッタリするのかもしれません。

昔は、考えて考えて考えて、理屈を建てて、理論構築して、と熱があったのですが、今は、というと、表現が難しいのですが、「粛々と実践をこなす」「ルーチンとして相場に日々取り組む」といった感じが強いのです。

前のブログ名は、相場技術研究所、という意欲的な名前ですが、こちらは、「あらなみの里」という既に、隠居ジジイかい!!、という感じですが(笑)



といった感じで、昔の記事を読んでいましたが、探訪という今回の手抜き記事(笑)でのご紹介として、今回第一号のテーマは、

「相場に取り組む覚悟」

ということに関するものです。

多くの人が、安易な儲けの手段として、そして、なによりも「自分だけは違う」という気持ちで相場に取り組み始められます。

その「自分だけは特別」という人に向けたメッセージとして書いたものがこちらです。

相場山の掟

改めて読むと、面白く書いていますね。
(すみません、自分の書いたものなのに・・)

似たようなものとして、次の記事もあります。

バンビーノ

覚悟(本気度)を持つということ その第二巻

今、このように書けるか、と言えば、難しいな、と思いました。

今、相場に感じていることと当時の思いはかなり違います。
しかし、一方で、2007年のころから、もうこういう思いを持って相場に取り組んでいたのか、とも懐かしく感じます。

相場に対する理解や思い、考え方、というのは、基本は同じだとしても、日々変化し続けています。
その流れの中で、今どう感じているのか、などなど、過去を振り返りながら、新たな観点から記事を書ければ、など昔書いたのを読んでいて思いました。

また、前のブログを読んでいると、色んなテーマに取り組みながらも、どれもこれもが中途半端に終わっていることがわかります。

色々食い散らかしながら、次の興味に移ったら、そこへ移動する、という粘りが無い私の性格を表しているようなものだな、とちと苦笑しながら読んでいました。

(短期の集中力はあるが、淡白で粘りが無いのは、デイトレーダー向きなのかもしれません。)

その中でも、

野川ブートキャンプ系

の記事が、懐かしく、面白く読めました。
これも途中で終わっているので、これなどは、続きを書ければと思ったりします。

10年以上相場に取り組みながらも、儲からない投資家だった私が、ブートキャンプを通じて、何を学び、何を感じ、そして、どう成長したから勝てるようになったのか、など、面白そうだ、と勝手に思いました。
また、多くの人が、興味があるところではないでしょうか。

などなど、過去の記事探訪第一回目でした。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

おお!

あらなみさん、こんにちは。

日本国債を見終えてコメントを書こうと思ったら新記事の更新があったので、こちらにコメントします。

そうです。新旧ブログを比較すると雰囲気が変わってます。
ブラックスワンの記事の時に「何か昔と違うな~」と思ってました。
その後僕の勘違いもありましたが、やっぱり違うと思ってましたよ。(笑)

あらなみさんの旧ブログは"上達のプロセスこそ秘訣"から以降の記事は約30回は読み返してます。
僕の1000本ノックのよりどころでした。
あとコメントされていた方々のブログも何度も読みました。
お○○○さんのブログは削除されてますが、僕は記事を記録してたので今でも時々読み返してます。

あらなみさんのブログを知った時は野川ブートキャンプ系の記事が面白いと思ってましたが、時間の経過とともに他の記事の方により興味が移りました。

相場山の掟やパチンコ理論、待合室で暴れるな等は自分のトレードがうまくいかなくなっていた時とても参考になりました。
料理人やイチローの記事はトレード以外の分野に目を向けるきっかけになりました。

一番ショッキングだったのは、"古典から学ぶ"シリーズでの猿山の話でした。
あれを読んだ時の衝撃は凄かったです。
自分は食物連鎖の一番弱いランクなんだと実感しました。

書けばキリがないのでこの辺でやめておきます。(笑)

僕がコメントするのは、少しでもあらなみさんが記事を更新するきっかけになればという思いからです。
旧ブログであらなみさんがコメントしてましたが、「コメントがきっかけで記事のネタを思いつく」とあったからです。
僕のコメントではほとんど効果はないと思いますが、やらないよりやった方が何かしら影響はあるだろうと思い、コメントしてます。

今後もとんちんかんなコメントもあるかもしれませんが、ひよっこのコメントとして受け止めて頂ければと思います。

祝!

ブログ再開されて、うれしいです。

思えば、以前のブログでは生意気なコメ連発しておりました・・・

私は兼業トレーダーですが、周りに相場を本格的にやっている人も居ないですし、ほとんどの投資ブログやサイトが消えゆく中で、長く変わらず相場を続けている、というその姿だけで、もう励みになります。

新たなあらなみさんの記事に期待しております。

Re: おお!

歳三さん、こんにちは。

熱心に読んでいただきありがとうございます。
書いてもらっていること、記事のヒントになります。
「サル山」の話などのご紹介ありがとうございます。
自分で書いたものですが、いい話ですねえ。
前のブログでこれはよかった、というものをまたご紹介ください。
追加で書けることがあるかもしれませんので。

Re: 祝!

タカユキさん、こんにちは。

ブログは、ゴタゴタとかしていて、ちょっと面倒になったということでもありました。

投資ブログは、結構閉鎖したところも多いようですね。
特に、株ブログについてはとにかく元気が無いです。

時々ですが、更新するつもりですので、また寄ってください。

あらなみさんこんにちは

24日のお話をみていると、あらなみさんは「ゾーン」の心境に達しているんですね。
わたしは、あの本が一番好きです。

投資に対する姿勢って、体験に応じて多少の変化をするようです。

いつかご指摘いただいたように、わたしは林さんの書籍には、大分影響されました。ご本人にもお会いしましたしね。

あの方の本を単純に読めば、逆張りナンピンが前に出過ぎて
下手をするとトレンドに逆らうことになってしまいますが、
要は解釈次第、読み方次第。
表面の表現より、作家が本来主張したいことを読み取る力量も必要でしょう。

ゾーンの心境に近いとはうらやましい限りであります。

借金大国のわが国、新政権の方針って、少し危険かななどと
多少の危惧をおぼえつつ、自分の生活は自分で守らないとならないと思っています。

来年もよろしくお願いします

太字の文
ブログ再開で来年も楽しみにしております。
今のわたしは養護施設の子供ために自分の時間を投資しています。
この投資はわたしにでなく、日本の未来に返ってくると信じてます。
では来年もよろしくお願いします

Re: あらなみさんこんにちは

虚無僧さん、お返事遅くなってすみません。
お休みゆっくりしていたもので・・
まあ、ゾーンというより、慣れ、とか、熟練、といった感じでしょうかね。
繰り返しの日々ですから、これが日常になってくるものですので。

林先生のご本は、ご指摘の通りだと思います。
あまりにも「逆張りナンピン」が前に出てしまって、読み手からすると、それだけなのか、と受け止めてしまうのですよね。特に経験の浅い人はそうだと思います。

借金大国、ちょっとびびりつつ。

Re: 来年もよろしくお願いします

ハルトモさん、お返事遅くなりました。
ご訪問ありがとうございます。
私もどこかでおっしゃるような志をどこかで持って生きねば、とか思いつつ。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。