スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不調の原因とは

2014/08/22 Fri

朝早起きすると記事の更新ができます。
朝型なので朝は冴えています。
こういう自分の特性も、為替ではなく、株に向いているということなのでしょうか。
為替に比べて変動率が段違いに大きく、よーいどんの時間など特定の時間で動くことがわかっていますので、短期勝負がやりやすい、ということも株の特性でしょう。
決まった短い時間だけで勝負できる、ということも株を好きな原因になっていますね。


さて、

スランプとは何でしょう。goo辞書から引用すると、

「心身の調子が一時的に不振になっている状態。また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。「―に陥る」「―を脱する」」

ということだそうです。

一般的にスランプという言葉はよく使いますし、トレードでも、儲からなくなったらスランプに陥った、と言う人が多いです。

では、

儲からなくなった = スランプ

なのか、ということです。

トレードでは、非常に好調であったものが、ある日突然ダメになって儲からなくなった、ということが頻繁に起こります。

この波は自分の調子が落ちたからこうなるのか、というと多くの場合そうではありません。

ほとんどの原因は

環境要因

によるものです。

これが相場を難しくする原因にもなっています。
他のギャンブルやスポーツであれば、環境というのは大きく変化しないわけですが、こと相場においては環境変化という要因は非常に大きく結果に影響するのです。
しかも、たちが悪いことに頻繁に起きます。


自分では全く同じことをしていても、昨日まではガンガン利益が出ていたことが、まるで儲からなくなる、むしろ損失になる、ということが現実に起こってしまうのです。

ここでチェックしておきたいことは、「昨日までと全く同じことをしていた」ということです。

同じことをしたのなら同じ結論が出るはずだ、と頭では思っていても、結果がまるで違うので、「おかしい、こんなはずはない」とついつい思ってしまいます。

特に、やり方至上主義者、やり方原理主義者、の人には顕著にそうなります。

ということは、ほとんどの人がそうなる、ってことですね(笑)

そういう状態が続くと、何かやり方がまずいのだろうか、方法が間違っているのだろうか、という方向に行きます。

その結果、儲からなくなったことが原因で「何とか利益を出さなくてはいけない」と考えて、無理をしてフォームを崩すのです。

多くの人は、ここで無茶ぶりをして大きな損失を出してしまいます。

大きな損失を出してしまうという原因は、ダメな時に無理をするからなのです。

ここではじめて「スランプに陥った」ということになるのです。

結果に振り回されて自分を見失ったわけです。

しかし、そもそも結果が変化したのは、自分のフォームを崩したことが原因ではなく、環境が変化したことが原因なのですから、原因が違っているのです。



そもそも・・・

好調だった原因そのものが「自分が上手くなった」のではなく、好環境が原因だった可能性が非常に高いわけです。

儲かったのは、アベノミクスの絶好調相場や新興バブルが原因なんです。自分が上手くなったのではありません。

ですから、調子が悪くなった、のではなく、普通に戻っただけ、なんです。

人というのは勝手なものですから、調子が良くなったのは自分が上手くなった、という勘違いをします。

後ろからガンガン追い風が吹いてきている時の

追い風参考記録

が自分の本来の実力だ、という勘違いがあるものだから、儲からなくなると、スランプになった、という勘違いも起こる、というものです。


プロ野球の選手が高校生相手に試合をしたら、簡単に勝てるからといって、それが好調だと言えるでしょうか。

スポーツで言えば、「相手が変わった」というのが、相場で言う「環境変化」に該当します。



相場というのは、突如として簡単になったり難しくなったりします。

対戦相手が大リーガーになったり、小学生になったりといきなり変化するのです。


つまり、トレードというものは、

偶然と環境

の2つに結果が大きく振り回される、ということなのです。

この中で、

上手く行ったら実力、結果が出なければスランプ、という理解をしてしまうものですから、その理解が原因となって崩れる

ということが簡単に起きてしまいます。

全て、

自己中

の考え方です。



しかし、儲かったことは、偶然であって、たまたま環境がよかっただけだ、という理解さえしていれば、崩れることもありません。

なぜなら、元に戻っただけだからです。

今日はたまたま小学生チームが相手だっだけだ、という理解です。


ですから私は、利益が出た時、相場に感謝します。

何故なら、

いい動きが出てくれなければ、どんな高等技術を用いても利益など出ない

ということを知っているからです。



全ては、

マグロ様の気分次第
(大間のマグロ漁師)

マグロ様は偉いんです。

マグロが釣れるかどうかは、マグロ様次第ということ。



マグロが大量に現れた時におもいっきり漁をして、悪天候になれば漁を休む

相手が小学生のときに試合をして、相手が大リーガーだったら試合放棄する

という当たり前のことをしているのです。



そもそも、相場にコンスタントを求めない。


ダメな時は、休めばいいだけです。
ダメな時に無理をするから大損失につながるのです。

天の時を待つ

ってことです。

個人投資家にとって最強の武器とは、何もしない、というオプションが選択できることなのです。

待つことができればどこかで必ず天の時は来ます。

要は、待てるかどうか、です。



逆に言うと、上手く行かなかった時は、天候を読み間違ったのが原因であって、釣り方がおかしくなったわけではありません。

釣り方など、そんなに変わるものではないですし、人によってそんなに大きな違いがあるわけでもありません。

そういうことなのに、ほとんどの人は釣り方にかくもこだわるのでしょうか。

「エサに秘訣が、高級釣り竿がポイントなのか、針の形にコツが」

となるのでしょう。

やり方原理主義とは面白いものですね。

釣り方にこだわっている人は、結局、そもそも、何故、という原因を完全に外しているのです。


人気ブログランキングへ


コメント

Secret

No title

【要は、待てるかどうか、です。】

これ大事ですよねぇ。。。

特に日計りのような時間的制限がある場合値動きに関わらずその日の損益状態がマインドに刷り込まれてしまい
期待値に関わらず自分勝手な取引になってしまいがちです。


【いい動きが出てくれなければ、どんな高等技術を用いても利益など出ない】


前場の4829日本エンター寄ってからコツコツ取引して最後VWAP超え辺りからの一番伸びたところに乗れてないという、まさしくいい動きが出てるのに乗れてないという残念な結果でした(笑)

いや、実際は10:37分に736で買ったのですが瞬間フラされて738で売ってしまいました(涙)


マグロ様は偉いんです!!

Re: No title

株人さん、こんにちは。

今日は遂に来ちゃいましたねえ。
まあ、永遠にストップし続ける株も無いわけで、どこかでこうなることも定番中の定番でしたがね。

日本エンターをきっかけに、他も一時総崩れとなりましたが、今日はほんとに恐ろしいボラの状態が続きました。

No title

確かに昨日は日本エンタが寄った直後一時総崩れ的状態でしたね。

本日は所要で後場外出しておりましたが戻ってきて6143ソディックが反転しているのをみてがっかりしました。

No title

読んでハッとしました。

先月ソシャゲ関連でおいしい思いして傲慢になって、
夏枯れの今も同じ手法で臨もうとして失敗するところでした。

ダメな時は無理せず休む。難しいですが頑張ります。
あらなみさんの記事は、こういうハッとする事が多く勉強になります。
ありがとうございます。

Re: No title

トシさん、こんにちは。

今でも結構賑わっていますね。

ただ、永遠には続かないのがこの相場だと思います。

どこかで終わりがあるのですから、位過ごしてしまえば、地獄が待っているだけですよね。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。