スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りの考え方

2014/08/28 Thu

今日は、ちょっとタメ口、しかも大阪弁で書いてみますね。


「損切りは何%でやればいいんですか」

「前の安値を切ったら損切りですか」


こういう小手先のテクニックを知りたがる人は多いねん。


また、普段は損切りできていても、でけへんようになる瞬間っていうのは決まってるんや。

①大きな利益が出て奢ってるとき

②損が続いてブチ切れたとき

③何となくエントリーして油断してるとき

④損切りせずに頑張って成功した後

⑤いきなり大きな損が出て切るに切れない状態に陥ったとき

⑥もしくはこの複合


ってことなんや。

でも、こういう現象面だけを見ててもしかたありまへんな。

こういう表面的な現象面だけをいくら考えておっても、いつまで経ってもこれは治れへんてことや。

そんなことより、ほんまに大事なんは損切りの考え方と損切りの本質なんやで。

結局、損切りとはなんや、ってことや。

考え方がわからんから、いつまでたっても治らんのや。

それ何やって話やけど、損切りとは、っていう考え方をわかっていないと、いざ実践ていう場で動けなくなるんや。



ほんならどう考えればいいんか、って話やけど、

そもそも、損切りって、やった方がええんか、やらない方がええんか、って言うと、システム的にはやらない方に軍配があがるってこともあって、きちんとエントリーエクジットが決まってるんやったら、やらんほうがええ、という結論になるねん。

ところが損切りできない人って、結局、放置プレイする、っていう意味やから、それはエクジットが決まってない、ってことになるんで、それとは全く意味が違うねん。

まず、損切りがどうのこうの、という前に、エントリーするより前に、何処で切るのかということは、決まってんのが当然で、それが無くてやるトレードは、ブレーキの無い車に乗るのと同じってことや。

トレードにおいて、全てに優先するのはリスク管理なんやで。

これは絶対や。

そうすると、どこで切るのかわからんかったら、そもそもリスク管理的に言って、何株エントリーしたらええんかわからんやろ。

だったら、そもそもエントリーでけへんはずやな。

それをやってるってことは、そもそもメチャクチャなわけや。

損切るポイントがわからんでエントリーするんやったら、そのトレードでどのぐらいの損が出るのかもわからんでやるわけやな。

このトレードのリスク、つまり失敗したときの損失がどれだけ出るかわかりまへんわ、って、あんた、そんな怖いことようやるな、ってことやで。

わしやったら、そんな恐ろしいブラックホールのようなトレードようせんわな。


損切りという命綱なしのロッククライミングするようなもんや。



1万円ぐらい儲けようと思って始めたトレードで、100万円やられてどうすんねん、って話とちゃいまっか。

そもそもエントリーが怖いっていう理由は、損がどれだけ出るかわからんからでっしゃろ?

損失がいくら出るかわからんから、トレードをビビッとんのとちゃうか。

命綱なしのロッククライミングしてるんやから、ビビって当然やろ、違うか。

エントリーしてなんぼ損が出るかわからん、っていうのやったらわしかってビビるがな。

マインドがどうのこうのの問題やあらへんで。誰でもビビるで。



逆に、損切りポイントが最初に決まってたら、このトレードでどれだけ損するんか後は株数だけなんやから、確実やろ。

ここに確実があるんや。

不確実な相場の中で唯一確実なんが損切り限定なんや。

この確実を使わんかいな、もったいないで。

これは、命綱ありのトレードなんや、落ちてもロープが助けれくれるんや。

そしたらエントリーがどれほど楽になるかわからんで。

命知らずのバカタレクライミングが、一気に誰もがチャレンジできる健全なスポーツになるんや。

それは、ロープ1本の話なんや。


それから、命綱はロッククライミングをやる前に付けるもんや。
後で落ちてから付けます、ってお前アホかって話や。


エントリーが怖いんには理由があるんや。

損切りの決まっていないエントリーって、そりゃ、もうそれはトレードとは言わん。ただの遊びやがな。

競馬で馬券代の後払いで、請求書がいきなり10万円とか、考えられんやろ。

最初に賭けた額、つまり損切り幅×株数=損失予定額、がきちんと決まってから勝負すんのが、どんなバクチでも当たり前なんや。

この勝負で1万円だけ賭けて勝負してみよ、ってのがトレードやろ。

いくら損するかわからんような勝負するほうがどうかしてるで。


キャバクラ入って、料金わからんとドンペリ何本も開けてるのと同じやで。

時価、って書いてある寿司屋で適当に寿司食ってんのと同じや。

それは金持ちの道楽や。

自分にできることは、損失に限度を設けることだけやのに、なんでそれをせえへんのや。

応援してるだけやったら、、何もしてへんのと実質変わらんで。

そんなんで勝てるわけあれへんやろ。



じゃあ、これに関連して、そもそもとして、デイトレのメリットって何や、って話や。

何で利幅の薄いデイトレをやるんか、って話や。

それは、損切りがきちんとできるから、リスク管理がやりやすい、って話や。

これがデイトレ最大のメリットなんや。

スイングみたいに、ギャップっていう不可抗力の影響が無い分、自分の懐でリスクを管理できる、っていうんが、デイトレのメリットなんや。

デイトレはリスキーだ、って言うやつとか多いし、世間の評価はそうやけど、ほんとは違うんや。
自分の支配下で厳格なリスク管理ができて、確実に損を把握できる、ってことがデイトレの最大のメリットなんやな。

それを損切りでけへんやつは、放棄してるってことやから、そいつはただのアホや。

小さな損で切れる優待券持ってんのに、それを使えへんって話やから、ディズニーランドでファストパス持ってんのに、一般の列に並ぶんとおんなじことなんやな。

自分で損しているだけや。

損の限度を自分で設定できるから、そこからリスク管理ができて、あらゆるデイトレ戦略の組み立てが楽になるんや。

これができるからこそ、スイングするなら絶対に持てないような大きな金額を投入して、勝負できるって話や。

また、危ない高ボラ株、ストップ高銘柄とか、果敢に挑戦できるんや。

全部は、損切りがきちんとできるからやれる話や。

それをせえへんのやったら、デイトレなんかやめとけ、ってことにしかならんで。

放置プレイするんやったら、利ざやの薄いデイトレするメリットなんかどこにもあれへんで。

じゃあスイングやったら放置してええんか、って言うとそうではあれへん。

時間軸が違うだけで理屈は同じや。

せやけど、特にデイトレは、リスク管理しやすいのが最大のメリットなんやから、より損切りが大切になるんや。




次に、何で放置がアカンのやっていうと、

利益と損失の額ちゅうのは、そもそもポジションを持っている時間に比例するわけや。


ってことは、利益時の平均保有時間よりも、損失時の平均保有時間を短くする、という努力は当然せなあかんのや。

利益を放置プレイして、損は即効で切る、これがデイトレの基本なんや。まあ、スイングもやけど。

損失を放置プレイするってことは、田んぼで稲をさっさと刈って、雑草を育てるのと同じや。

雑草を育ててどうするんや。

時間をかけて損を育ててどうするんや、って話や。

育てるんやったら利益を育てんかいな。あんさん、アホでっか。

システムやったら、時間で終わるとか、ルールが最初から決まってて、損してても儲かってても機械的に切るわけやから、損切りルールが無くても、これは放置やあらへんわけやな。

そもそも引っ張るルールを持ってるんやったらそれでもいいんや。でも、損したからといって放置するのはダメやって話や。

要は、エントリー前に、何処で切るかは最初から決まってる、ってのが当然なわけやな。




もう一点、忘れてはいかんのは、

損切りして、切った方がよかった、っていう結果は殆ど無いんや。

損切りしても、10中8、9は戻ってしまうんや。

そしたら、損切りせえへんほうがよかったやんけ、ってなるやろ。

特に、損切りせんと耐えて、何とか利食いできた、っていうトレードが続くと、もう損切りなんかでけへん体質になるってことや。

ところが、損切りせえへんかったら、10回中に1回とか2回とか、破壊的な損失を出すトレードが出てくるんや。

それは、1日の利益どころか、1週間、1ヶ月の利益も一発で破壊するぐらいの損になるんや。

そのめったに来ぇへん破壊的損失を避けるための保険として損切りちゅうのはあるんや。

ええか、損切りなんか、ほとんどは切っても「損切り当たり」なんかせえへんのや。

それでも、切るんは、10回に1回あるかないかの破壊的損失を避けるためなんや。



損切りは保険みたいなもんや。

事故は基本起きへん。せやけど、保険かけるやろ。

その保険料が損切りなんや。

事故はめったに起きへんからといって保険かけへん、っていう話にはならんやろ。それとおんなじなんや。



結局、相場巧者は、損切り巧者とニアリーイコールって話なんやな。


相場巧者で、損切り下手なんて一人もおらん、って話や。



総括しておきまひょか。

そもそも何処で損切りするかは、エントリー前に決まっている話でそれを遠くに変更することはない

エントリー後に自分でコントロールできることは損失の限定だけ、だから、ここをきちんとやって、人事を尽くして天命を待つ

デイトレの最大のメリットは損切りによるリスク管理が簡単だ、ということにある

損益は基本、持っている時間に比例して育つのだから、損を持っている時間を最小限にとどめるのは当然である

損切りとは、めったに起こらない破滅を防ぐための保険であるということ
を理解する

この5点の考え方をきちんと理解しとかんと、実際には使い切れん、ってことやな。

表面的な現象ばかり追いかけてても、あかんで、って話やな。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

関西弁だとずいぶん印象が変化して面白かったです。

自分の場合は損切りが出来ない人と正反対の

「損切りをし過ぎてしまう」

という症状にずいぶん悩まされました。

ノイズのような所で切るという非常に痛い症状です。

当然切れなくなるパターンもありましたが圧倒的に

「早期損切りしちゃう症候群」でした。

「ここまでは持っとけよ!」

というところまで待たずに切ってしまう。

結果暴騰→ジャンピングキャッチ→死亡

定番のフルコースですね。

問題なのは自分が「早期損切りしすぎちゃう症候群」だということに気づくのに随分と時間がかかった事です。

Re: No title

株人さん、さっそくのコメントありがとうございます。

損切りしすぎ、というのは、現象面だけ見ればそうですが、

そもそも損切りさせられてしまうようなところを飛びつくことがどうか、という問題も含んでいますよね。

そのまま上がるという見込みで買うわけですから、それが一旦下に振られた時に耐えるべきか、切るべきか、これはエントリーポイントとの兼ね合わせなので、一概には判断が難しいものだと思います。

それをブレと見るべきか、それとも切るべきか、常に悩ましい問題ではあります。

ただ、どちらにしても、それをどう想定して、エントリー前に損切りポイントを決めておくか、ってことでしょう。

そして想定どおりに実行する。

もし、損切りが近すぎるのなら、エントリー前の想定に問題があったわけですから、それを調節する、その繰り返しになるということでしょう。

どちらにしても、エントリーしてから考えることではありませんね。

No title

不確実な物に対して努力をしたりリスクを取るのは不安でしたが、今回の記事で、自分の方向性が間違っていない事の確認ができました。ありがとうございました。これからも精進致します。

Re: No title

hikoさん、こんにちは。

人は確実なものをどうしても求めてしまいますが、相場は、不確実なことこそその本質でもあります。

不確実なことは、怖いのです。

そうなると、どうしても損切りというものについての考え方がきちんとしていないと、エントリーそのものに躊躇してしまうのです。

確実なことは、損失を限定できるということ(もちろん不可抗力の事態もありますが)

自分でできることは損失を限定することです。

ここまでの損だ、とエントリー時に理解できていれば、慣れれば怖くはありません。

だから、自分のできることを、やれるだけやって、後は朗報を待つこと、これがトレードです。

つまりは、

人事を尽くして天命を待つ

です。

それをブレと見るべきか、それとも切るべきか、常に悩ましい問題ではあります。


悩ましい所ですね。
分かりやすい節目などまでホールドしようと決めても分かりやすいが故ぶん投げてくる奴らもいるわけで相当下で売らされる事になってしまう可能性も秘めているわけで。。

Re: タイトルなし

株人さん、こんにちは。

勝率があまりにも低いということであれば、それは損切り幅の調整という問題ではなく、エントリーに問題がありそうですね。

思うところはありますが、この話は、また長くなりますので、そのうちに、ということで。

No title

よく損切り貧乏っていう言葉ありますね。
ノイズでバシバシ切りすぎてしまうみたいな(笑)
それと、ノイズだと思い我慢してたら損失が膨らみ、もっと早く切ればよかったのになぁ〜とか。悩ましい揺らぎですね。

①〜⑥って誰でも過去に皆経験してますね。
ほんと心当たりあります。
苦い思いをして、そこで自分なりの損切りルール作っていくんですね。きっと。
やっぱり痛み伴わないとルールなんて作れないですね。

自分ではルール作らないと相場の雰囲気とかに飲まれたり、時間が経ち過ぎて損切りを育ててしまうと甘い考えの自分が顔を出して来るのを防止する為だと思ってますが、損失ポジ保有時間中には
いろんな考え浮かんできたり、悪い自分が出てきたり・・・保有時間長いと危険ですね。ダメな自分が出てくる前に一度切って仕切り直すのが自分の考えなんですが。

確かに10回に1回のドカンは避けたいですね。

私みたいな弱少投機家でふだんコツコツで少額利益の積み重ねスタイルにとってはほんと避けたいです。

私もデイトレなので損切りルールは次のエントリーで必ず取り返せる金額にしています。
なので損切りは早いのですが、利食いの方も早くて伸ばせるとこで伸ばせないとこが課題です。

チキンなので損切りが早く利食いも早いので正直思った程利益に繋がりません。

いろいろ難しいですね〜




Re: No title

sakiさん、こんにちは。

損切り貧乏、ということは、他の方も指摘されました。

では逆に、

少なくとも、デイトレの現場で、損切りをしない、という選択肢はあるのか、と言えば、私は無いと思います。

損切りをせずにドカンを許容するならば、もう怖くて私ならデイトレができません。

私の知っている限りですから、そんなに大勢というわけではありませんが、デイトレで利益を継続的に上げている人で、損切りをそもそもしない、損切りが下手、という人は皆無です。

ここのところは、「損切り貧乏」という言葉で、じゃあ損切りしないほうがいいのか、という理屈に持っていくことの是非については考えないといけないと思いますね。

順張り、逆張り、いろいろと手法は様々ですが、損切りに関する限り、やらない、という選択肢があるのかどうか、ということです。

損切りばかりが続くという場合、そもそも損切りに原因があるのではなく、エントリーに問題が無いのか、ということは考えてみるべきだと私は思います。

他の方にも「損切り貧乏」と言われたので、そのように思っている人が結構いるのだな、と思ったものですので、ちょっとキツイ書き方になったかもしれません、すみません。


利食いについては、チキンかどうか、というよりも、感覚的にやっていないか、どのようなルールに基づくのか、ということだけだろうと思います。

利益になったら引けまで粘る、というルールなら、間違いなく粘れますので。

No title

①大きな利益が出て奢ってるとき

②損が続いてブチ切れたとき

③何となくエントリーして油断してるとき

④損切りせずに頑張って成功した後

⑤いきなり大きな損が出て切るに切れない状態に陥ったとき

⑥もしくはこの複合

これは自分のトレードを監視されてるのではと思いました。笑
自分の場合は損切り幅は買えませんが、上記のケースでランダムにエントリーし、延々と-10pipsを食らい続けるということをしてしまいます。マックスがスキャなのにー60pipsがあります。


ようやく最近、あっ俺もうすぐしたらブチ切れるわと思って、枚数落としたり散歩しに行ったりなんとか回避できるようになりました。

>>1日の利益どころか、1週間、1ヶ月の利益も一発で破壊するぐらいの損になるんや


とりあえずこれを先ずは避けて、将来的にはトレードしながらそれを修正で来たらなあと考えていますが、先は長いです。

実生活でも変化が出てきて、怒ることが少なくなったのですが、相場に要求される感情のコントロールはさらに高いものなので本当に大変です。

Re: No title

nobuoさん、こんにちは。

過去記事探訪、ご苦労さまです(笑)

みんな、自分だけがこんなことをしてしまう。
何故だ、と悩みますが、みんな同じなんです。

こういうことを如何にして防ぐのか。
自暴自棄にならないよう鍛えるのか。

こういうことが、練習であり、訓練の過程なのだ、ってことなんですよね。

だから、時間がかかるのです。

やり方だけだったら、15分ぐらいレクチャー受ければっていう話ですよ。
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所別館

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。