fc2ブログ

テクニカル分析についての考察 その1

2021/06/01 Tue

ブログ更新をサボりまくってました。

テクニカル分析について、色んな書籍やブログなどで解説されていますが、私が読んだ時に、しばしば、首をかしげるような解説がされていることが多いと感じていました。
テクニカルの解説を読んでいて、強い違和感を感じることがすごく多いのです。

ですから、一度、私自身が考えるテクニカルについての考え方を書いておこうと思います。
今回は、色んなところで解説されていることと真っ向勝負になることも多いと思います。



まずは、第一弾として、

テクニカル分析は、それを見ている人が多いから機能するのだ

テクニカルは、大勢が意識しているから有効なのだ

という考え方についての考察です。

この見ている人が多いから機能する、という解説をされている本やブログは結構多いです。
しかも、そこそこ実績のある人や人気のある人、有料でテクニカルの解説をしている教材などでも、そういう意見を書いているのをよく見かけます。

より具体的に書くと、例えば、

サポートレジスタンスについての解説では、
サポートレジスタンスは、サポレジを意識している人が多いから、サポート近辺で買いが入ってきてそこで反転する

RSIは、これを見ている人が多いから、買いゾーンに来れば、買い注文が入って反転する


もっと極端に書いているものを読むと、

テクニカル分析は、多くの人が使っているものがよい。
何故なら、多くの人に注目されているからこそ、そこで機能するのだ。
なので、誰も使っていないテクニカルは、機能しないのだ。


となります。

これは、大勢が意識しているからこそテクニカルは有効なのだ、という考えを突き詰めればこういう結論になるということになります。


そして、

テクニカルは、投資家の心理を反映する

と書いていて、その理由として、

テクニカルは、そのテクニカルに大勢が注目し、意識しているから、投資家心理を反映し、意味があるのだ

という考えが書かれています。

大変、もっともらしい解説です。

私は、本やブログで、こういう考え方を度々目にするので、みなさんも一度はこういう意見を読んだことがあると思います。






では、私がテクニカルについて、どう考えているのか、というと、次のとおりです。

テクニカル分析は、それを見ている人が少なければ少ないほど機能する


どひゃー、多くの解説と真っ向勝負になりました。

喧嘩売ってるのか、って感じになりそうですが、色んな意見があるのだ、妙なことを言い出したものだ、程度で読んでください。

私が見た限りですが、私の意見は少数派なんだと思います。

というより、私のような意見を書いている本やブログは、あまり見たことがありません。



さて、このテクニカルについての考え方が、何故大切なのかというと、ここのところを深く考えることによって、テクニカルの本質、ひいては、相場の本質が見えてくるからなのです。

そもそも、テクニカルとは何なのか、そして、テクニカルは何故機能するのか、さらに突き詰めれば、相場とは、結局何故動くのか、という何故を突き詰めることによって、相場の本質が見えてくると思うのです。

これによって、本当の値動きの意味が見えてくると思うのです。

権威のある誰々さんが言ってるから、とか、常識だから、本に書いてあるから、とかで頭から自分で考えることを放棄しないこと、が私は重要だと思ってます。



今回は、とりあえず触りということで、ブログを長くすると、また更新をサボってしまいますので、コツコツと短く書いて行こうと思いますので、早い機会に次回に。



人気ブログランキングへ

テクニカル分析についての考察 その2

2021/06/19 Sat

前回、定義を忘れてたので、一応定義しておきます。

ここでテクニカル分析と書いているのは、ファンダメンタル分析に対するもので、チャート分析全般を意味すると理解してください。
ここでの定義なので、他とは違うかもしれませんが、ここでは、これで行かせてもらいます。

それと、テクニカルなど役に立たない、という話がコメント欄で盛り上がっているので、次回のテーマにしたいと思います。



さて、前回、

テクニカル分析は、それを見ている人が多いから機能するのだ

という考え方に対する疑問を書きました。

これは、

チャートの自己実現

とも言われています。

ここで、チャートの自己実現に関して、いくつかの疑問が湧いてきます。



■疑問その1:鶏が先か卵が先か


そういう分析がなければ、そのポイントは機能しなかったのだろうか。

例えば、

サポートライン

そこにサポートを引く人がいなければ、そこはサポートにはならず、そのまま抜けるのか。

じゃあ、そもそも機能していなかったところに、誰かがサポートラインという線を引いて、その線の引き方が広まったから、そこはサポートになった、という話なのだろうか。

RSIというオシレーターは、ワイルダーが発表したのですが、ワイルダーが発表する前は、RSIは機能しなかったのか。
機能しない相場で、どうやってワイルダーはRSIを作ったのか。

さらに言えば、相場といっても、株やFXだけではありません。
例えば、卵相場というのがあって、検索するとチャートが出てきました。
そこには、一定の下限と上限があって、サポート・レジスタンスが見えます。
トレンドもあります。
卵相場に、テクニカル分析で勝負している人が多いから、サポートが機能しているのでしょうか。
スーパーで卵を買う主婦は、卵価格のテクニカル分析をしていて、サポートラインを引いて分析しているのでしょうか。



■疑問その2:需要と供給

コメント欄にも書いてもらったとおり、そもそも相場の価格が付く、ってことは、そこで売り手の数量と買い手の数量が一致したから値段が付くのです。

もし。チャートが自己実現するのなら、サポートを見ている人が多ければ多いほど機能するわけですから、この売り手と買い手は常に一対一という相場の本質に逆らわないか。



■疑問その3:手法との相関性

テクニカル分析は、手法として取り入れられることも多いものです。
RSIが30を下回ったら買い、とかそういうものですが、もし、そういう手法を多くが取り入れたら、その手法はより有効性を増すってことになるのか。

例えば、サポートの有効性を信じて、大勢がサポートで買うということを実行したら、よりサポートで買うという手法の有効性は増すのか。





さて、こういう疑問に対する面白い話が、今から、20年ほど前にありました。
それは、タートル手法騒動です。
今では、20日間ブレイクアウトという誰でも知っている手法になっていますが、昔は、秘密のベールに包まれていて、その手法を知るためのセミナーは、100万円したとか言われているものです。

20日間の高値というテクニカル分析のサポート・レジスタンスを抜けたら買う、という方法ですが、実に興味深い実験がありました。

その実験場は、

日本の小豆市場

で起こりました。

かつて、日本の小豆市場というのは、過去検証上、世界を見渡しても、最もトレンドフォローが機能する市場でした。
これは、私もリアルで見ていた市場ですから、よくわかるのですが、上げだしたら上がる、下がりだしたら下がる、ということで、この市場で、林研究所の中源線建玉法が検証されて、大いに利益を上げたのは、トレンドフォロー系のやり方だったからです。
この中源線建玉法は、逆張りと書かれてもいますが、ドテンブレイク売買と、押し戻し売買をミックスさせたものなので、今で言えば、トレンドフォローになります。

その小豆市場ですが、そのトレンドフォローに適した市場特性に目をつけたタートル軍団がいよいよ参入してくることになったのです。

当時、世界を席巻していたタートル軍団の青い目のシステムトレーダーがついに日本に上陸したのです。

タートル軍団が参入して、数ヶ月、彼らの手法が20日間の高値安値を狙ってくることが次第に明らかになってきました。
なぜなら、20日間の高値安値のブレイクで巨大な注文が入ることが手に取るようにわかったからです。

さて、ここでクイズです。

その後、タートル軍団は、日本の小豆市場で大儲けできたでしょうか?





結果は、タートル軍団は、負けて撤退することになりました。

うーん、何でだろう、何でだろう。。。

高値をブレイクして、買う人が多ければ多いほどブレイクは機能するのではないのか?

そもそも小豆は、検証上トレンドフォローに適した特性があったのだから、そのまま儲かっておかしくないはずだ。



しかし、そうならなかった理由は、青い目のタートル軍団に立ち向かった、日本の地場筋である小豆のプロ軍団だったのです。

日本のプロ軍団(黒い目筋)は、圧倒的資金量のあるタートル軍団(青い目筋)にどう立ち向かったのでしょうか。

まず、タートル軍団が売買するポイントはすぐにバレました。
その資金の大きさと20日の高値安値という単純さから、数ヶ月しないうちに何をやってくるのかがプロの間ではコモンセンスになったのです。

ここで日本のプロ軍団は考えました。

「とにかく前の20日間の高値まで担ぎ上げればタートル軍団が買ってくる」

このことを理解した日本の小豆プロ筋は、20日の高値安値まで担ぎ上げては、タートル軍団に押し付けて手仕舞いする、という

新たな手法

を開発したのです!!

これで、

高値を買い上げては、20日の高値まで押し上げる

安値を売り叩いては、20日の安値まで押し下げる


というのが、小豆プロ軍団のコンセンサスになったのです。

これによって、20日のブレイクまで持っていけば、タートル軍団が受けてくれるのだから、楽勝で儲かる、ということになったのです。

しかも、さらにさらに、タートル軍団が、損切りするポイントまである程度見えてきたのです。

それは、10日の高値安値、もしくは、20日高値安値のセンターラインでした。

日本のプロ軍団は、20日高値をブレイクさせて、タートル軍団が買ったのを見て、今度は、一気に10日安値まで押し下げました。

これで、タートル軍団は、

のこぎりの刑

に合ったのです!!

つまり、

20日の高値を買わされて、10日安値で損切り

20日の安値を売らされて、10日高値で損切り


大資金で売買してくるタートル軍団の手口がバレたことで、タートル以外の市場参加者は、みんなでタートルを餌食にするようになりました。

これによって、小豆の市場特性と値動きは、一気に変わってしまいました。

それは、

ダマシの連発で、世界で最もトレンドフォローで稼げない市場

へと180度転換したのです。




チャートで売買するような連中がいない市場では、本来あるべきブレイクアウトによって、ブレイクから綺麗なトレンドが発生します。

しかし、チャートで売買する連中が増えたことで、

本来ブレイクすべき局面ではないところでブレイクが多発するようになった

のです。

市場とは、そういうところです。

知ったらしまい

何をしてくるのかが読まれてしまうということは、後出しジャンケンをされるのと同じことです。

テクニカル分析とは、あくまでも自然体でいるマーケットにおいては、本来あるべき値動きを示現してくれます。

しかし、テクニカルで動く連中とそれを利用しようとする連中によって、自然な値動きが歪められてしまうのです。

だからこそ、私は、テクニカルは、使わない人が多ければ多いほど機能するのだ、と理解しています。


こいうことは、今でも現実に毎日目にするところです。






チャートを見ていると、

ダマシ

ということが頻繁に起きます。

でも、そもそも

ダマシって、何に対するダマシやねん!!


って思いませんか。

何が正しくて、何がダマシなのか。

そもそも、チャートとは、値動きとは、勝手に動いているだけなんです。

それを、正しい値動きとか、ダマシとか、勝手に定義しているのは、分析者の知識なんです。



人気ブログランキングへ
訪問者カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人


あらなみの相場技術研究所別館

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR