FC2ブログ

石が流れて木の葉が沈む

2020/03/23 Mon

17日から19日の3日間にかけて、マーケットでは、驚くべき現象が起きました。
それは、アンワインドという現象で、石が流れて木の葉が沈む動きです。

過去の急落時にも、時々起きていた現象でしたが、これほど大規模に起きたことは見たことがありません。
正に、歴史的アンワインド旋風が3日間にわたって、突然吹き荒れました。

アンワインドについての説明は、こちらの五月さんの解説が大変丁寧にされておられますので、こちらを読んでください。

市場の崩壊には表と裏の顔がある

私は、17日の銘柄の動きが奇妙な動きをしていることに気が付いて、何かおかしなことが起きている、と思っていましたが、これが、18日、19日と続くこととなります。

よほど大きなファンドの巻き戻しが起きていると推測されます。
ロングショートの巨大ヘッジファンドが、運用停止などに追い込まれた感じです。


これは、同一セクターの動きとして、

9437ドコモ-9433KDDI

8766東京海上-8630損保ジャパン

9502中部電力-9503関西電力


などでも散見されていましたが、それよりも大きいのは、セクター横断の解消でした。

買いセクター

地銀、運輸、3099三越などの百貨店・8267イオンなど小売り 

売りセクター

8035東京エレクトロン、6857アドバンテストなどのハイテクセクター

などが大規模に行われたようです。

他にも、中小型株においても、色んなところに、巻き戻しの動きが出ています。

このように、先週は、日経平均などインデックスの動きは、やや下げ渋りの動きとなっていますが、銘柄間では、強烈な売りと買いが組み合わさった動きが展開されました。

歴史的な巻き戻し相場であったと言えます。

ファンダメンタル的に悪いと言われているセクターがめちゃくちゃに買われて、ファンダメンタルがいいと言われているようなセクターがめちゃくちゃに売られる動きが出ました。
そうなると、信用売りが多い銘柄が上がり、信用買いが多い銘柄が下がる、という動きにもなっています。

それとリートの売りがすさまじい勢いで出ています。
地銀の売りと言われていますが、ここにもロングショートのヘッジファンドの売りがかんでいるように思えます。
もしかしたら、リートと内需株などを組み合わせていたのかもしれません。

もう一つは、9984ソフトバンクの売りがすさまじかったことです。
これは、9437ドコモの強烈買いとペアというよりも、ソフトバンク単体での材料売りと思われます。

ついでに、サウジアラビアの逆切れによる原油の暴落。
そして、NY州に外出規制が出るなど、アメリカでの止まらない新型コロナの感染拡大が起きています。

COVID-19 Coronavirus Pandemic

そもそも昨年までのアメリカ株の上昇がすさまじかったため、これが反落の動きとなると、相当なところまで下げる可能性があります。
今朝のモーサテでは、失業率が30%になるなどの予想が出てきており、相当深刻な状況になりつつあります。

この材料に加えて、今週は、このアンワインドの動きが続くのか、それとも終わるのか、これが一番の注目点となる、そう思って見ています。

全体が下げ基調にあることから、特に買われ過ぎ銘柄については注目です。


人気ブログランキングへ

コメント

Secret

No title

呑みクリックのVIブルみたいに、ほかでもレバ1倍勢以外を殺す瞬間最大風速が来たりして

No title

お約束的というかパターン化というかセオリー通りというか、そういう風に多くの人が感じているのだろうな、という状況になれば、何かしら危険な匂いを感じる、そういう風に感じるところは私にもございます。

例えばリスクオフ=円高とか。

ドル円もコロナショックの初動で101円まで円高が進みましたが、その後は強烈なドル買いによって111円後半まで巻き戻しましたですね、今また円高になってますが。

ダウや日経が1000円、2000円安の状況の中、ドル円がもたもたして下がらない、というのは、明らかにリーマンの時とは異なる動きでありまして、妙に嫌な予感を感じて抑えるようにはしておきましたが、結果的には抑えておいて良かったです。ああいうのは、意地になって、こなくそ!、とやりがちですからね。

リスクオフ=円高とかダウ>日経とか悪材料=下げ、とかは、培われた固定観念ですからね。そういう状況なのにそういう状況になってないというのは、巻き上げられの可能性を考えたほうがいいのでしょうね。

・・・

初動が円高で、その後に円安というよりはとにかく有事のドル買いというかドルへの逃避があって、各国がじゃぶじゃぶに金融緩和してコロナショック対策を行う中での先週のアメリカ・新規失業保険申請件数328万件という数字が出ましたが、これはびっくり仰天、こんな数字見たことないよって感じです。

このブログでは環境変化の重要性をよく説いておられますが、環境変化とは何ですか?と問われれば、まさにここ1か月あたりの状況が環境変化というものです。

2月前半あたりまでと今の状況は全く違うのは誰の目にも明らか・・・って、何を当たり前のことを言っとるんだって話ですね。(笑)

ところが、この当たり前の環境変化に対して、我々相場をやる側というのはいうほど変化についていけてない場合が多々あって、しかもそこに無自覚ということがあるのですね。習慣的、惰性的に今まで通りの相場感覚を持ち込んでやってしまっているというか。

環境が変わればやり方を変えないと死にます、ズバリですが。

ファンダメンタルズ的には、欧米の新型コロナの感染と死者数(なんとも嫌な話ですが)が抑制傾向に転じるまでは、とんでもない下げの動きが降ってくる、そういう可能性があると警戒したほうが良いのでしょう。後はコロナ後の動きというか、これをきっかけにリセッション入りしているのかどうかという、まあこれは先の話ですね。私もマスク手洗いうがい不要な外出は控える、これくらいしかやれることないですが、何とかこの騒動が収束してほしいものです。

No title

先々週のドル上げはドルへの逃避というよりは、ドルに換金せざるを得ないという動きの印象です。読み返してちょっと違うなと感じたので訂正しておきます。
新規失業保険申請件数の過去最高は69.8万件で、前週が28.2万件ですから、これはびっくり仰天したのも当然です。
実態経済が突然変異的に急激に悪化ということで、それは今の状況を考えればそれも頷けるのですが、過去に例がないパターンの景気後退ということになりますので、過去検証は意味を成さないということにもなります。
金融緩和も景気対策もすべてはコロナ騒動が収束してこその話であって、また騒動は継続中、継続中という認識です、今だ継続中・・・
繰り返し言うのはここがポイントだからと思うからです。

No title

どうもコロナショックは、突発性のアクシデントによる一過性の混乱、というものではなく、真綿でじわじわ首を絞められるような状況になりつつあるという印象です。

つまり、リセッション、です。

前回のリセッションはリーマン前年の2007年8月、BNPパリバショックから端を発しておりまして、リーマンを経て米は2年半年、日はアベノミクスまでの5年半程度、低迷が続いたということになります。

勿論、コロナの状況次第ですから、過去検証は当てにはならないのですが、少なくとも、2年半、とか、5年半とか年単位という、その、年数の長さ、というものは意識すべきというか警戒すべき段階に入ってきているように思います。

つまりは、今安いと思って株を買っても、3か月後には「何であんな高値で掴んでしまったんだ・・・」と頭を抱える状況になる、年単位で時間と資金を無駄にする、そういう状況です。

勿論、コロナが収まって、過剰流動性の狂乱相場が来ないとも限りませんが、そこは環境認識によって、今、それが期待できる状況かどうかというところでしょう。

グダグダとじりじりと、真綿で首を絞められて、改善する気配がさっぱり見えない、これがリセッションでありまして、今、その状況に入りつつある可能性が日々高まっているように思います。

低迷するその年数の長さ、ここが本格的下げ相場の本当にキツイところなのですね。
訪問者カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人


あらなみの相場技術研究所別館

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR