FC2ブログ

予想とリスク管理

2020/05/26 Tue

非常事態宣言が解除されました。
すごく喜ばしいことだと思います。
日本の状況は、欧米各国と比較しても、ダントツでいい状況で、感染者数、死亡者数ともに欧米の100分の1程度と、驚異的な結果になっています。
これについては、ハグ・キス・握手をしない文化であるとか、日本人の清潔好きが原因と言われることもありますが、それで100分の1に収まると本気で思っているのだろうかと私は思います。
この中で、日本人は清潔好きという説は、欧米に対して失礼じゃないかと思います。。

また、日本政府の方針がよかったという説もありますが、欧米各国は、ロックダウンが一般的だったので、世界一ぬるい非常事態のおかげとも思えません。

100分の1というインパクトは、相当なものです。
日本や台湾の感染状況を見ると、どう考えてもファクターX(未知の要因)の存在があると思わざるを得ません。
それが、BCGであるのか、過去の季節性コロナ風邪の影響であるのか、はたまた別のファクターなのか、それは後の検証を待つ必要がありますが、何かのファクターの要因があったことは間違いないでしょう。
このファクターXが無ければ、日本も欧米並みに今の100倍の感染者がいても全くおかしくないどころか、日本のぬるーい緊急事態宣言だったので、より悪い状況もあり得たと思います。



さて、こういう状況ですが、私自身、2月初旬ごろに、どう考えて行動していたのかというと、

最悪に備える

ということをやっていました。
最悪とは、感染者数100万人以上、死亡者数数万人、というシナリオで、ほとんどの物流網が破壊され、食料入手すら困難という事態です。
最善でも、感染が収まるのは夏以降だと思っていましたので、結果は、最善のシナリオ以上の好結果に終わりました。

これを

予想

ととらえれば、見事に外れたことになります。

大外れ

でした。

では、今日あることを予想して、何をそんなに恐れてるんだ、と大した備えも無く行動していた人は、予想を見事的中して、素晴らしい、ということだったのか、ということを考えたいと思います。

私自身は、予想をしていた、というよりも、リスク管理をしていました。

その両者の何がどう違うのか、わかりにくかもしれません。

私の考えでは、そもそも将来を予想することは不可能だと思っています。

なので、いくつかの可能性のあるシナリオを構築し、最善から最悪までを立てて、もし最悪になれば、どういう備えが必要なのか、その備えをしながら推移を見守る、という行動をしていました。

どうなるかを予想するのではなく、複数のシナリオからリスク管理をし、最悪に備える

これが私の行動パターンでした。



友人は、台風が直撃する、となると、台風が来ている間は、市内の丈夫なホテルに宿泊しています。
ところが、これまでは、ずっと肩透かしに終わっています。
彼は、予想大外れで、無駄な行動をしているということになるのでしょうか。
予想ベースで言えば、毎回予想が外れているまぬけで、無駄なお金を使っている、ということになります。


自動車の任意保険。
予想ベースでは、事故が無くて、使わなかった結果、「無駄な」経費を払っているということになります。
予想から考えると、結果として事故が起こらなかったのだから、保険を掛けたのは間違いだった、失敗だったということになります。
今年事故が起こりそうにないと予想したら、保険はかけなくてよい、というのが予想をベースにした考え方です。



実は、これらの行動は、万が一のリスク管理に備えての行動であって、結果を予想してやっていることではありません。

このように、

①予想すること

②リスク管理すること


この両者を明確に区別することが、投資においても必要なスキルなんですが、これをきちんと理解し、明確に区分している人はすごく少ないのじゃないかと思います。

予想すること と リスク管理をすること

多くの投資家は、予想することには血道を上げる一方で、リスク管理は歯牙にもかけない、ということを平気でやっています。

そして、

結果論で投資を論じ、

結果オーライで、

勝てば官軍負ければ賊軍

という思考パターンを繰り返しています。

これは、すなわち

無保険車で車を運転し、事故が起こらなかったから正解、ということを繰り返しているのと同じです。

台風が来るたびに、ホテルに宿泊する友人を見ると、このことをいつも思います。


人気ブログランキングへ

お得なセット【新インジケーターVictory.verも入ったチョーお得な4点セット】めっちゃお得な4点セット!!今までになかったシリーズが全て入ってこの価格! | GogoJungle

コメント

Secret

No title

欧米人はロックダウンを守らなかっただけでは?
日本人は自粛を守り、中韓は統制で抑えたのが真相だと考えています。

No title

あらなみさん こんにちは。
感染症の流行、台風、事故、そしてトレード。リスクに備えるということでは、違いなど無いのですね。
ごく身近に起きていることを通してリスク管理ということを考えると、実感をもって捉えられました。
トレードでのリスク管理の重要性は、わかってはいると思っていましたけれど、こちらの記事を拝読して、認識不足のあやうさを感じました。ありがとうございます。

地味なリスク管理

あらなみさん、こんにちは。

コロナ禍において、わたしが出来たリスク管理は、手洗いうがいの徹底、人混みに行かないなどの、地味なものです。

相場においても、大胆に大きな値幅を狙えない性格なもので、
小さな損切り、損切りより少し大きな利益を目指して、勝率が高くなるエントリーポイントを見つけること、
これがわたしのリスク管理かなと、思います。
実際には、勝率の高いポイントを見つけるのに悪戦苦闘していますが‥。

No title

>どうなるかを予想するのではなく、複数のシナリオからリスク管理をし、最悪に備える


 |    |
 ∥ _/>∥
 ||/∧/ ||\   「戦いとは、常に二手三手先を
`|ヽ|∥/ | ヽ          読んで行うものだ!」
`/\_/Vヽ_/  |
|∠_\L∠_>、_|
||<二> <二>\ヽ
//レ―-个ー―-、」\\
/ |  ヽ   レリ)  ̄)
\ヽ ヽ二)  イ /
  ̄\ ー /| ̄
   /トー―" /|
 __F三∥三T人|__
/ ̄ ヽ]∥匚_/   ̄
ヽ二勹 T厂フ厂二7


・・・

結果オーライは必然死への切符なのですが、そうそう自動車事故を起こすもんでもないように、相場も多くの期間においては、結果オーライでも割となんとかなったりするもんです。

で、多くの人がぬるま湯に慣れきった頃にドミノ倒しがやってくるという・・・

コロナショックのような一方通行の下げ、ああいうのは相場の位置が高いから起こるわけです。皆が警戒して冷静な時期はああ云うのは起こりません。

(´・ω・`)「悲しいけどコレ、戦争なのよね」



そういえば前の記事のコメントで、事実認識である程度危機は認識できる、みたいなこと、カキコしましたけれども・・・

上げ相場に乗った酩酊状態ではセンサー鈍りますね。

偉そうな事カキコしましたけど、私も割とお調子に乗り易いほうだし、長らくトレンドに乗りきってなかったんで忘れてましたね。


 |    |
 ∥ _/>∥
 ||/∧/ ||\  「認めたくないものだな
`|ヽ|∥/ | ヽ   自分自身の、若さ故の過ちというものを」
`/\_/Vヽ_/  |
|∠_\L∠_>、_|
||<二> <二>\ヽ
//レ―-个ー―-、」\\
/ |  ヽ   レリ)  ̄)
\ヽ ヽ二)  イ /
  ̄\ ー /| ̄
   /トー―" /|
 __F三∥三T人|__
/ ̄ ヽ]∥匚_/   ̄
ヽ二勹 T厂フ厂二7


・・・

GWは家に篭ってずっとyoutubeでガンダム観てました(笑)

リスク管理

相場をしない人にとってリスク管理としてわかりやすいのは、自動車の任意保険でしょうね。若いころ友人で走行距離がすごい人がいました。彼は長く乗っていると事故を起こしてしまうのかもしれないと、考えていたけれど起こすべき人が起こしている。そんなようなことを言ってました。また大手運輸会社も任意保険には入っていないそうです。これは保険料が非常に高く。現実に起きた事故に保証したほうがはるかに費用が安く済むからだそうです。事後を起こす属性の高い人だけでは保険が成り立たないでしょうからある意味健康保険に近い状態なのかもしれません。相場での保険はやはり損切と掛け方という考え方でいいのでしょうか?今回の相場で、林先生の株式上達セミナーで、荒れているときは高度な技術を要求されているわけで・・・むしろ上手な人ほどやらないというのが現実ではないかと思います。可能性と危険性を考えて危険性を重く見るわけです。という記述について少しは理解できたというところです。
 それにしても予想という人間の行為は日常生活のほとんどすべてに存在していて、予想しないで対応するという行為自体がむしろ例外かと思います。そして相場ではリスク管理を徹底しない予想が重大な悲劇を生むわけです。まあ何事も死なない程度に痛い目に合うことは大切なんだと思います。

Re: リスク管理

銀次郎さん、おはようございます。

>相場での保険はやはり損切と掛け方という考え方でいいのでしょうか?

ご質問の件ですが、長くなったので記事にしました。

リスクを取るということ

先ずは、このような回答をいただくことを想定していなかったので恐縮しています。
 「リスクが拡大したから逃げる」。はたしてそれを意識し行動できる投機家は、どの程度いるのでしょうか。ただ生き残っている人は意識の程度に差はあってもリスクの拡大という視点を持っているのでしょうね。
 台風の例えばなしはとても分かりやすく、予報で台風がくるだろうと言われれば、まず予定は延期するはずです。しかし今回自分を含め命を落とすような目にあった人は、10年ほど前に玄倉川というところで大雨のなか消防団の何度も何度も逃げろという声を無視して小さな子供女性を含む大勢の人が中継カメラの映像の中で滝に流されていった人たちと同じでした。人の愚かさは、わかっても自分の愚かさに気づかない事実。
 ただ今回の動きの中で、あらなみさん(先生)が利益のでかたはホールドの時間と枚数によるが危険を避けるために保有時間を少なくする。という点は以前にも提示されていましたが、ホールド時間の短さの大切さは身に染みましたね。「自分でコントロールできるリスクの管理」自分を含め大けがをする人は、ここのところが言葉ではわかっていても、完全に守れていないということがほぼ全ての原因だと思います。ただしとるべきリスクの程度ということも、またかなり難しい部分だとは感じます。
 普通の勤め人にとってリスクを取りに行くという場面は基本的にはほとんど無いと思います。そういうレベルの人が相場ではリスクをコントロールしなければならない。このあたりの事情も、社会では成功者でも相場では勝てない原因というか、根底に異質な考え方、対応があるのかなと感じます。
 荒れてきたら降りる。いずれまたその時は来るでしょうからリスクの拡大について自分なりに意識していきたいと考えています。
 

あらなみさん、しばらくです。

ある人のコメントを見てましたが?
上手い人は逆指値をしてなくても、
暴落を回避するスキルがあるとか?

私は、それは無理だろうと言う意見
です。もし、3連続ストップ安に捕ま
ったら暴落どころでは無いですね?
本当に命綱が無かったら助からない。
あらなみさんはどう思われますか?

Re: タイトルなし

みならいさん、おはようございます。

ご質問の趣旨が今ひとつわかりにくいの
ですが、リスク回避の考え方という意味で
お話を進めます。

リスク回避は、損切りさえすればという
ことではありません。
簡単に書くと、①損切り以外にも、
②レバレッジ
③ボラティリティ
に注意してリスク回避します。

レバレッジを掛けずに、小さくやっていれば、
不意の急落を食らっても傷は浅くて済みます。
また、そもそもハイボラの銘柄に手を出さなけ
れば、3連続ストップ安を食らう可能性も低い
でしょう。

具体的には、
100万円の資金で300万円建てれば危険
ですし、急騰中の新興株を買えば危険だって
ことです。

一方で、こうやって守りを固めれば固めるほど、
みなさんが理想としている1年で資金を10倍に
という話は遠くなります。

大儲けを狙う限り、ハイリスクがついて回るので、
このトレードオフの関係をどう調整するかがリス
ク管理のポイントだと思います。

訪問者カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter: @aranami718

旧ブログ:
あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人


あらなみの相場技術研究所別館

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
相場本検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相場格言
amazon

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR